おせち大好き さん プロフィール

  •  
おせち大好きさん: おせち料理
ハンドル名おせち大好き さん
ブログタイトルおせち料理
ブログURLhttp://osetiryouri20162017.seesaa.net/
サイト紹介文日本の伝統的な食文化である「おせち料理」についての由来や習慣について紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/12/06 09:21

おせち大好き さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • カニ ふるさと納税で 
  • 1月も、12月同様に、新年会等々で、職場の部下や友人、知人を家庭に呼んでおもてなししたりする機会も多いですね。そこで、今はふるさと納税で寄付先の地方自治体からお礼品として、カニを扱っている地域もたくさんあります。寄附したお金は、2000円以外、全額が翌年度の税金から減額(年収により限度額あり)してもらえるという「ふるさと納税制度」、利用しない手はないと思います。納税で毛ガニが貰える!さとふるカニの [続きを読む]
  • おせち料理 2017
  • あけまして、おめでとうございます。昨日は、1月1日の元旦でした。関東地方は、素晴らしい快晴無風の穏やかな天候に恵まれました。わが家では、楽しみにしていた博多久松のおせち料理を食卓に並べました。これが蓋を開けて、テーブルの上に並べたばかりの写真です。↓まだ、ビニール袋から出すのをうっかりしてしまった品もありました。味つけは、私に合っていて、少し濃いめです。量は、昨年頼んだ匠よりも多く感じました。家族 [続きを読む]
  • まだ間に合う おせち料理 宅配
  • 2016年12月31日の今日。もう、無理かと思ったらまだお正月に宅配してくれるところがあるんですね。参考までに、ご紹介しておきます。   ?《1月1日〜2日お届け》京都「祇おん 江口」監修 おせち料理2017 予約「宴」三段重(盛り付け済み・冷凍)送料無料《1月1日に届いてそのままお召上がり可能!》北海道「北のシェフ」おせち料理2017 予約 洋風おせち 一段重 特大8寸(冷蔵・盛り付け済み)送料無料【Amazon.co.jp限 [続きを読む]
  • おせち料理 宅配
  • 予定通りです。昨日、12月30日に、大掃除をしている午前中に、「博多久松 洋風定番3段重」のおせちが到着しました。17900円でしたが、クーポンも使えて、安くなりました。中身はまだ見ていません。そのまま妻が冷蔵庫へ入れました。元日のお楽しみです。もう、心は、お正月気分になりました。やっぱりおせち料理が届くと、家族が一気にお正月気分になるものですね。大掃除にも力が入りました。 [続きを読む]
  • おせち 予約
  • おせちの予約は、10月から始まっています。12月の中旬になった今でも間に合うのでしょうか。わが家では、昨年、匠本舗で大満足していた私です。ところが、妻には、一切相談しないで決めてしまったので、妻はあまり喜びませんでした。そして、「今年の注文は、私にやらせてちょうだい!」というので任せておいたのですが、どうやら忘れてしまっていたようです。今日になって、聞いてみるとまだ注文していないというのです。私は [続きを読む]
  • カニ鍋
  • 年末年始によく食べられる料理は?おせち料理と並んで年末年始によく食べられるのがかに料理です。特に寒い冬は、忘年会や新年会でカニ鍋にして食べると最高です。わが家でも12月はカニ鍋の機会が増えてきます。カニ鍋では、ズワイガニが一番ですね。たまには、贅沢にズワイガニその他の必要な材料として、白菜、シイタケ、長ネギ、しめじ、スライスニンジン、白だし、だしの素。ここに醤油と日本酒が加われば出来上がりです。ク [続きを読む]
  • ひな祭り ちらし寿司
  • ひな祭りに食べる代表的なものの一つに「ちらし寿司」があります。なぜ、ひな祭りに「ちらし寿司」を食べるのでしょうか。その由来は何なのでしょうか。「ちらし寿司」を食べるのはなぜ?ひな祭りに「ちらし寿司」を食べるのには、明確な定説はありません。ただ一般的に、この「ちらし寿司」の具の中には、縁起の良い食材として、腰が曲がり長寿の象徴としての「えび」、穴が開いていて将来の見通しが聞くということでの「れんこん [続きを読む]
  • ひな祭り 食事
  • 3月3日は、ひな祭りです。日本では、桃の節句と言われてきました。歴史は古く、平安時代にまでさかのぼります。陰暦三月はじめの巳の日を悪日としていたため、紙で作った人形を川に流して、汚れ・穢れを祓う(はらう)という行事を上巳の節句と呼んでいました。この上巳の節句が、桃の節句の源流とされています。さて、この桃の節句であるひな祭りに食べるものは?と言ったら何があるのでしょうか。考えていきたいと思います。ひ [続きを読む]
  • おせち料理 通販の実物
  • 予定通り、12月30日に「匠本舗」で注文しておいた「岩元」監修のおせちが届きました。梱包もしっかりしていました。↓ 中を開けてみると↓このまま冷蔵庫に、元日まで入れておきました。↑そして、元日に、開けてみると↓日本酒がとっても合う美味しいおせち料理でした。私も妻も大満足でした。 [続きを読む]
  • おせち料理 通販 オススメ
  • <おせち料理 通販のオススメは?>おせち料理を通販で、予約購入する場合は、信頼できるところへの注文が一番大切なことです。信頼できるかどうかは、これまでの実績と購入者の口コミサイトを見ればわかります。そんな中で毎年人気上位にランクされるおせち料理の通販サイトを3つご紹介します。   1.オススメ 第1位【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>←完売御礼ここは、実績と口コミ評判、ともにトップランクの優良 [続きを読む]
  • おせち料理 いつまで食べるの?
  • <正月の何日まで食べるのか?>これは、特に習慣としても決まりはないようです。昔のように正月になると各商店から会社等々日本中すべてが休日だったころのような時代なら、日持ちの良いおせち料理で、正月の三が日を過ごしましたが、現在は、365日休みなしで営業している店も多くなりました。でも日本の伝統文化も楽しみたいものです。我が家では、正月の三が日で食べ終わるように量を考えて作っています。残して捨ててしまう [続きを読む]
  • おせち料理 いつから作るのか?
  • <おせち料理 作りはじめる日は?> おせち料理は、いったいいつから作り始めるとよいのでしょうか。大晦日一日ではできませんので考えてしまいますね。多くの家庭では、クリスマスが終わり、大掃除も終わり、正月飾りも用意した27〜28日ぐらいの家庭が多いようです。なぜなら、黒豆や数の子等、手間と時間のかかる料理もあり、とても一日ではできないものがあるからです。だからといって、煮物などは、あまり早くに作ってし [続きを読む]
  • おせち料理 いつ食べるの?
  • <いつ食べるの?>普通に考えるとおせち料理は、お正月の三が日に食べると考えている方が多いかと思います。ところが、本当は、おせち料理は、本来は、大晦日に正月を迎える料理としてできたのです。現在でも、北海道や東北地方には、その伝統と習慣が残っている地域もあるそうです。また、多くの地域では、大晦日の夜遅くに、年越しそばを食べますが、この習慣も江戸時代にはありました。この年越しそばについては、おせち料理と [続きを読む]
  • おせち料理 重詰め
  • <重詰めにする意味は?>おせち料理が、現在のように重詰めにされるようになったのは、江戸時代の末期ごろからと言われています。これは、めでたさを「重ねる」という意味での縁起をかついだものと伝えられています。重箱は外を黒塗り、内を朱塗りとしたものが正式とされていました。組重については、本来は五段重であったともいわれていますが、最近では四段重が普通となっています。しかし、三段重や二段重といった略式のものも [続きを読む]
  • おせち料理 レシピ
  • <おせちレシピを手に入れるには>現代では、男女共働きの家庭が多くなり、昔のように家で手作りのおせち料理をつくる家庭は少なくなっています。しかも、購入する方が、時間も節約でき、美味しくて結果的には安上がりの場合も多いからかもしれません。でも、その気になれば、時間はかかりますが、愛情のこもった手作りおせちを作ることは、そんなに難しい時代でもありません。それは、レシピ情報は、昔に比べて簡単に手に入る時代 [続きを読む]
  • おせち料理 意味
  • 1.おせち料理とは おせち料理とは、もともとは節句の日に食べる料理のことでした。その中で、もっとも大きな節句である正月に食べる料理そのものをおせち料理とかおせちと呼ぶようになったのです。2.おせち料理の由来  おせちは「御節供(おせちく、おせつく)」の略語です。その源流は中国大陸から伝わった五節供の行事にあると言われています。 日本では、奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われるようになり、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …