チロリン さん プロフィール

  •  
チロリンさん: ザ コミックス・セブ (^^♪
ハンドル名チロリン さん
ブログタイトルザ コミックス・セブ (^^♪
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/liloan_namigiwa
サイト紹介文元お笑い芸人(ザ・コミックス)リーダーのセブ島リロアン、旅の宿チロリン宿と波際食堂の独り言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/12/06 21:08

チロリン さんのブログ記事

  • 8月16日(水)独り言
  • 連日降り続く深夜の雨しかし大した雨にもならず明け方にはピタリと止んでいる今朝はどんより曇り空今にもひと雨来そうなお天気模様・・・ようやく雨季らしい雰囲気になってきた。つまらぬ予想が当たり・・・間もなくほんとに一雨当るも八卦当らぬも八卦当らずとも遠からずでよかったものを・・・・・・・気になるほどの勢いでもなしと思った途端・・小雨に変り間もなくストップ!静かな波際に戻った昨日はシゲさんの快気祝いがホテ [続きを読む]
  • 8月15日(火)リロアンの戦い
  • 昨夜11時ごろ強烈な稲妻と雷の音が突如炸裂・・・稲光はリロアン一帯を暗い世界から明るい世界へきらびやかな閃光はあっという間に闇の中へ・・・間もなく元の闇夜となり一瞬の間を置き・・勢いよく天から雨がこぼれてきた。寝ようと思った矢先の出来事寝ぼけ眼に脳みそパチクリ・・・ついつい寝そびれ〜〜心は焼酎の方向へと・・・迷った時には迷わず焼酎どうせ答えは決まってるのだからぬっと手を出しグラスに焼酎水と青葉茶挿 [続きを読む]
  • 8月14日(月)独り言
  • 日曜日のお昼12時東京方面から久しぶりにキムさん・・・遠いチロリン村へわざわざ訪ねて来てくれた・・・その上たくさんのお土産までいただき・・恐縮しています。へナのOKMさんもたくさんの日本の食料品をいただいたと感激していた・・””一度もお会いしてないのに・・””キムさんいわく・・・””ケンさんのブログでいつもお会いしてます””などとしゃーしゃーと言う(笑)キムさんという名前のとおり在日韓国人ですが・・ [続きを読む]
  • 8月13日(日)独り言
  • 一度書いたブログPCの勝手な都合か・・わたしのPC音痴か・・アップしようと思いとりあえずトイレを先に済まそうと・・さっぱりして戻ったら画面が消えておりいつもは すれば簡単に戻るのに・・・何処を押しても しても画面が出ず・・困り果て・・・スタートボタンを長押しして一旦閉じ・・再生を試みたが見事に変なブログは消えていたシャットダウンした後でも新規投稿すれば今日書いたブログありますが見ますか?は [続きを読む]
  • 8月12日(土)独り言
  • 神秘的な今朝の海太陽は昇りきり空に浮かぶ雲々が光と共に海面を漂いリロアンの海は幽玄な世界と化している静かにたたずむ湖のようだ波際の彼方から現れる太陽に毎朝手を合わせ・・感謝の気持ちを無心に宇宙の彼方へ放っているOKMさんの母サッちゃん無心は神の心に等しくこの世の美醜を越えた世界我らの思考を超えた大海も刻一刻と姿形を変えて行きやがて朝の静寂も終わりを告げ・・・さわさわと潮風が波際へ吹き寄せ湖から海へと [続きを読む]
  • 8月11日(金)独り言
  • このところ夜中の雨が多く早朝には晴れるというお天気具合・・・夜の仕事人は大変だろうが昼の仕事人には恵みの天候かも知れないしかし・・日中の暑さは半端じゃないなにをするわけでもないのに・・干からびた身体から大量の汗が滴り落ちる。足踏み洗濯から開放されるのは週に1〜2度程度・・・ほぼ毎日のように精を出す洗濯爺・・これがなくなった時わたしの人生も終わりに近いいや・・そうとも限らぬあの世へ行っても洗濯が待っ [続きを読む]
  • 8月10日(木)独り言
  • 吸い込まれそうな青い空と海昨夜は調子に乗り少々飲みすぎ・・・老体は気だるくなにもする気が起こらず連絡船・・・ぼ〜〜〜!このまま青空へ・・・吸い込まれたい気分だ空は嫌がるだろうけど身体の中心部・・肝心要の腰のちょうつがいが緩み重ったるい鈍痛に襲われている。おまけに二日酔い気味・・フィーリングとしては100歳を迎えた感じだ・・・だる〜〜〜い・・いででで〜〜!慢性萎縮性胃腸炎にも見舞われてるのだから飲ん [続きを読む]
  • 8月9日(水)独り言
  • じりじり照りつける波際の太陽直射日光は肌を刺すように熱く痛い・・・・・・・・約一億五千万キロ離れた太陽が放つ光は地球へ8分後に届くらしい北チョンの核ミサイルなど足元にも及ばぬ自然のすさまじいパワーすでに数十億年燃え続けている。燃え尽きるのは50億年先?人間業では考えられぬ異次元の超スーパーパワー!誰が製作したのだろう・・・日立製作所じゃないし人間じゃないことは確かだ。表面の温度は6000度・・・中 [続きを読む]
  • 8月8日(火)独り言
  • 波際上空を通過した飛行機の音で目が覚め窓を開けたがすでに飛び去ったあと・・ミンダナオ過激派に向かう軍用飛行機か・・・どうやらこの戦いはドテちゃんの思惑通りに進まず長期戦になりそうだ。シャブ問題も国際人権委員会や国内の敵対する政治家などと戦いながらこちらも一筋縄ではいかずドテルテ大統領も頭が痛い政治家・・警察までもがシャブに関係する国柄・・・複雑に人間関係が入り混じったシャブ世界・・思いのほか根は深 [続きを読む]
  • 8月7日(月)独り言
  • 早朝・・雨が降っていたらしいわたしが起きた8時ごろ雨はすっかりあがり雲だけが空一面にまた降り出したら・・・SISさん最後のゴルフ困ったなあ〜と思いつつ朝の雑用淡々とこなしふと空を見上げたら明るい・・出掛け間際にはカンカン照りこれじゃあ〜暑すぎると贅沢言いながらSISさんとマクタンへ向かった・・・どうやら最後のゴルフ無事出陣できそうだ・・夢と希望がわいて来たSISさん嬉しそうに古すぎる鼻歌・・夢も希望も〜恋 [続きを読む]
  • 8月6日(日)独り言
  • このところ雨季の割には良い天気が続き・・・函館の人〜OKMさんの同級生YSKさんや一ヶ月チロリン村へ滞在のSISさんも大喜び・・・波際で泳ぎ散歩をしたりと・・大ハッスル〜〜〜函館では学校の先生現役中・・忙しい中でのセブ旅行OKMさんがいなかったら生涯セブに来ることはなかったとYSKさん2年後は退職なのでそしたらゆっくりまたセブへ来たいと話していた・・・2年後・・生きてるかな・・わたし?400年後は生きてるけど・ [続きを読む]
  • 8月5日(土)独り言
  • 今日も見事な青空と緑の木々や草花が生き生き活動リロアン波際メンテナンスのイキイキも糖尿病を患いながらも厳しい食事制限や飲物を自ら律し実行している太ってる割に偉いやつ・・・インシュリンはセブにもあるが庶民にとっては高嶺の花父親も糖尿病でイキは20代の頃から血糖値が高く若年糖尿病家系に問題があると言っていた姉ちゃんもデブで血糖値が高いけれど危険水域には達してないが黄色信号らしいだとすれば可哀想な一家だ [続きを読む]
  • 8月4日(金)独り言
  • すっきり晴れ間が広がるリロアンの海・・昨日にもましてキラリと輝く東側・・・わずかな風微妙に揺れる海面は今朝も黄金が散らばっている遠く一点を凝視しなければ目には映らぬ幽霊のような今朝のカモテス波際の天気が良い日は見えにくい・・なんでだが・・・・・・・ダナオ〜カモテス片道2時間を豪華客船へ乗り込んだOKMさんたち三人・・・初めて乗る人は少しショックを受けるかも知れない古い鉄くずの塊みたいな船日本のフェリ [続きを読む]
  • 8月3日木曜日・・独り言
  • まばゆい太陽の波際朝露がキラリとひかりちょっとしたダイヤモンドの大群にも見える・・・本物のダイヤモンドとどっちが価値あるかはわからないけど・・・目先の金銭で考えるなら当然ダイヤモンドだろうバカ高い金で取引されているしかしその価値を認めてるのは生物界で・・・人間だけ・・・・・・他の生物は無関心近寄ろうともしないだからダイヤモンド自身に価値があるわけじゃなくそれを欲する人間が勝手に価値づけしてるに過ぎ [続きを読む]
  • 8月2日(水)独り言
  • はなむらさきに〜りんどうの〜ゆかしくかおる〜このさとに〜ほこりもたかき〜???さて・・この不思議な歌詞の歌は何処のだれの歌でしょう?内緒でお教えいたします・・・昔々あるところに〜〜〜福島県伊達郡霊山村大字大石字院主部落の近くにあった・・・霊山村立中学校の校歌です。わたしが真面目に中学2年の夏あたりまで通った学校・・中途半端にしか行ってないので校歌も中途までしか覚えてない・・・だからと言ってなんの意 [続きを読む]
  • 8月1日(火)独り言
  • 少し無理をして出かけたゴルフ背中・・腰が張り詰め消化器官もいまいち元気がない朝食うすい食パン2枚のサンドイッチに玉子スープそしていつもの変態飲み物昼食は無し12時から下手の横好きゴルフの狂乱・・・大たたき大乱れショット後半腹が減ってるのに胃腸がもたれ気味・・食いすぎてもたれるのはたびたびあったが空腹なのにもたれる・・・おかしな現象若さゆえ心身のバランスが崩れかけてるのかも知れない近いうち日本へ行き [続きを読む]
  • 7月31日(月)独り言
  • 良い眠りができた朝は爽やかなものだったけれど何故か今朝は爽やか感がない・・・・・・・・少々冴えない体調・・青春の証かとも思われる。昔の例えで悪いけど夜明けのガス灯・・・ボ〜〜〜〜〜〜〜〜〜古い出船の合図のようにも・・霧笛が〜俺を〜呼んでいる〜わけわからぬ歌を口ずさみ昨夜作り・・用意していたぬるっこい変態飲み物とジョビーが作ってくれた玉子野菜サンドイッチをほお張りながら・・玉子スープをずるずる吸って [続きを読む]
  • 7月30日(日)独り言
  • うすい雲間をぬいながら照らし続ける朝の太陽此処は一年365日出かける方も迎える側も定休日なし・・・天災も9割9分9厘心配は要らない人災は大いに心配だけど四方を島に囲まれた内海最前線をカモテス島がその後方には大きく広がるレイテ・・サマール太平洋の彼方から来る荒くれどもを一手に引き受け身をもってセブを守り続けている意識して犠牲になってるわけではないだろうが・・結果的にそうなっている・・可哀想なのはレイ [続きを読む]
  • 7月30日(日)独り言
  • うすい雲間をぬいながら照らし続ける朝の太陽此処は一年365日出かける方も迎える側も定休日なし・・・天災も9割9分9厘心配は要らない人災は大いに心配だけど四方を島に囲まれた内海最前線をカモテス島がその後方には大きく広がるレイテ・・サマール太平洋の彼方から来る荒くれどもを一手に引き受け身をもってセブを守り続けている意識して犠牲になってるわけではないだろうが・・結果的にそうなっている・・可哀想なのはレイ [続きを読む]
  • 7月29日(土)
  • セブは雨季の真っ只中連日・・晴れ曇り雨また晴れめまぐるしく変る忙しい天気・・・幼子のように正直な気まぐれ天使たち・・・わたしの腸閉塞と似ていて少しの油断もできない・・油断大敵・・雨季、腸閉塞、今朝も山から温い木枯らし吹く波際で・・やってるやってる日本語スタディー熱い戦い!へナのOKMさん・・ありがとう・・・本来ならわたしが教えるべき立場なのに・・なにせ中学校もろくに通わなかったデクノ坊のわたしに教え [続きを読む]
  • 7月28日(金)独り言
  • 山から吹きつける心地良い風木枯らしじゃなくて幸い・・・群馬県は赤城山のふもと真冬に一週間滞在した経験があるけれど・・ほんとに寒〜〜い噂に聞いた赤城下ろしは本物だった。群馬名物かかあ天下と空っ風いつごろからそんなことを言われ言うようになったのか国定忠治の時代も言われてたのだろうか・・・””赤城の山も今宵限り・・ かわいい子分のてめえたちとも 別れ別れになる旅出だ・・・””何百回となく映画、舞台で上演 [続きを読む]
  • 7月27日(木)独り言
  • いきなりガバッと目覚めた早朝4時・・何事かと思いしばしもうろうとしていたがふと我にかえった瞬間・・単にオシッコ満タンだった雑多な夢が行き交っていた老脳みそ・・内容はすべて記憶にない・・・夢見ていたのは確かだけど起きた瞬間・・記憶喪失これってなんの現象なのだろう懸命に思い出そうとするが益々深い闇の中へ入り込み思い出せない・・・・・・・・・・・病気や怪我で過去を失った人たちも・・こんな感じになるのだろ [続きを読む]
  • 7月26日(水)独り言
  • 静かにリロアンの夜は明けた彼方から時おり聞こえる犬の遠吠え・・・耳を澄ませば国道の雑多な音と波際の静寂無音のハーモニー脳みそ内奥に流れ込む夢と現実がはっきりしない目覚めたばかり朝のひと時まるで南シナ海領海線何処まで行く気だキンペー号とりあえず・・行けるとこまで行くつもりだろう・・・・・・・七つの海を支配した大英帝国を見習って歴史は繰り返す・・・数え切れないほどの帝国が現れては消え消えては現れた・・ [続きを読む]
  • 7月25日(火)独り言
  • 朝もやのたち込める波際うすぼんやりと光が差し込み変にロマンチックな風景一週間後・・日本から友人がやってくるOKMさん何処を案内しようかと・・・悩んでた・・そこへカモテス島に行った事のあるSISさんが登場とんとん拍子にカモテス島の水先案内人として誘い込むことに成功・・カモテス出身ジョビーの夫エルマールに車の手配や今の現地情報などなど困った時のSOSも準備してもらいほっと一安心・・・丈夫な身体を持っているのに [続きを読む]
  • 7月24日(月)独り言
  • 今朝は見事なあっ晴れ天気嘘のような雨季のセブー一日続きそうな気もするが雨季の天気と女の心・・5分もすればすぐ変わるほれ・・この通り・・・・・・・・・・・・近頃の男心も当てにはならぬこの世自体がはぐれ雲確かなものはなさそうだ・・・豊田真由子先生じゃないけれど地位や名誉や財産なども時の流れに消えて行く・・・このーハゲ〜〜〜とともにああー無情・・人間社会一躍ハゲ〜も世に出たけれど消えて行くのは時間の問題 [続きを読む]