ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課 さん プロフィール

  •  
ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課さん: ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課
ハンドル名ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課 さん
ブログタイトルウォーターライン こちら艦プラ生活広報課
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/waterlineblog
サイト紹介文みんなで買おうプラモデル!おじさん艦隊発進!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/12/06 22:47

ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課 さんのブログ記事

  • 模型製作相棒のソニー「ICF−M260」
  • ながら世代、ラジオ世代で育った年齢なので、音楽同様、ラジオも模型製作には欠かせません。家に置くのは、テレビかラジオどちらか選べ!いわれれば間違いなくラジオを選びます。愛用しているのは1997年 に発売された「ICF-M260」名刺サイズのラジオに比べると大きいに決まっていますが、片手でつかめるので、出張のお供にも苦にならない適度な大きさです。本体の色は、黒ではなく、濃いグレーといったところでしょうか。最 [続きを読む]
  • アオシマさん「ましゅう」改修完了
  • 5月のホビーショーで我々モデラーの前にその姿をみせてくれたアオシマさんの新製品「ましゅう」このホビーショーでは、「ましゅう」のかっこいいボックスアートが公開されていましたが、なんと大きなミスが一点。その間違えた箇所の、F1からF2への進化が完了したようで、完成したパッケージが、アオシマさんのホームページに掲載されていました。。ホビーショーのF1バージョンがこれで貴重な資料になりました。今回は「ましゅう」 [続きを読む]
  • 「樫野」
  • 船内に、46センチ砲が積まれ、おだやかな瀬戸内海を最強戦艦の待つ港に向け航行する「樫野」実際には、護衛の艦もいたんでしょうね。出演キット=ピットロード 「樫野」 [続きを読む]
  • 相棒不調
  • 模型製作の相棒ZS-70の具合がよくありません。音は問題なく元気ですが、表示パネルが微妙に点灯し暗くなっています。カセットBのオートリバースもできなくなりました。スリープにすると、ちょっと暗くなっていたと思うのですが、そんな状態ですね。年齢が年齢だけに経年劣化と言うことでしょう。でも、何かモヤモヤしてしまいます。 [続きを読む]
  • イージス艦衝突事故
  • 17日に起きたイージス艦とコンテナ船の事故には驚かされました。舷側に穴が開いたということで、「コール」の件を思い出してしまいました。この件に関しての各局のニュースを、模型目線で見て見ますとどうなるか。プラモデル好きの松井康真さんが所属しているテレビ朝日では、キットを使っての詳しい状況を説明するのではないかなと思ってしまいます。過去にも、「万景峰号」を作ってニュースで使った記憶あり!「コロンボ エキ [続きを読む]
  • 「いずも」船体を組み立てた
  • 「いずも」の船体完成。以前のウォーターラインシリーズキットでは、船体を作るといった行為は皆無でしたが、左右分割タイプが主流になってきた今では、船体を作るだけでも時間を割かなければいけません。ハセガワさんは、桁に関してはウォーターラインシリーズでは先行をしているので、非常にがっちりとした桁を4ヶ所に備えています。縦だけではなく、艦尾に関しては横沖の桁まであって船体もガッチリと安定しています。左右分割 [続きを読む]
  • 「いずも」建造開始
  • ハセガワさんの「かが」が発売になったばかりですが、我が海軍工廠では「いずも」の建造に着手しました。「あしがら」といい、ニュースからの影響は否定できません。大型艦は「日向」以来。楽しみながら作っていきたいですね。艦載機などは、事前に作り始めていましたので精神的にかなり楽です。(笑)ボックスアートは、加藤単駆郎氏の作品です。上田毅八郎氏が描くとどんなパッケージになっていたんだろう・・・なんて、つい考え [続きを読む]
  • モンモデル「ミズーリ」1/700
  • 1/700 アメリカ海軍戦艦ミズーリ (BB-63) プラモデル モンモデル MENPS-004 【7月予約】スナップキットのミズーリがモンモデルから発売になります。パーツは色分け済で、塗装なし、フルハル・洋上モデルを選択ができるキットです。発売は7月。タミヤさんとバッティングしているけど、塗り分けのしやすさで買ってみるのもあり!ただ、高いなあ [続きを読む]
  • 「しまかぜ」大阪港に来航
  • 週末に大阪港で、海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」の一般公開がありました!来月には、タミヤさんから「島風」が発売されますし、古い艦船ではありますが同名つながりで、是非見に行ってみようと思い足を運びました。古い艦船とは言え、やっぱり威圧感がありますね。カッコイー!艦橋も見学ができる抽選をしていましたが、見事外れました。しかし、色々、艦船の一般公開を見てきましたが、今回の「しまかぜ」は色々なイベントが組ま [続きを読む]
  • 「あしがら」完成!
  • アオシマさんの「あしがら」が完成しました!作りやすいキット構成でめちゃめちゃ楽しかったですね。戦闘通路のデカールが当たり前になって、海上自衛隊のキットも作りやすく、ハードルが下がりました。ハセガワさんの「こんごう」型にくらべ、舷側には全くモールドはありませんが、さほど違和感はありません。プロペラガードはプラ材としては細くて非常に良くできています。艦橋部分と船体の右舷側が、面一にならなかったのが少し [続きを読む]
  • やっと購入しました!
  • 秋津洲のレギュラーバージョンをやっと手に入れました!上田先生のボックスアート最高ですね。鏡面のような静まりかえった海にうつりこむ艦影!キットを買ったというより、上田先生が描いた箱を買ったという感じです。しあわせーキットナンバーも565と書かれています!末永く売れ続けて欲しいですね。 [続きを読む]
  • アオシマ「おうみ」8月発売!
  • アオシマ 1/700 海上自衛隊補給艦おうみSP 諸島防衛作戦 プラモデル ウォーターライン 【8月予約】「ましゅう」と思い何気なく見逃していましたわ。さっそく、同型艦「ましゅう」が8月に発売です。一カ月違いで出るなんて!財布に優しくない?(笑)艦自体は同じキットのような気がしますが、付随するオマケキットに微妙な違いがあります。パッケージも楽しみです!アオシマさんありがとー! [続きを読む]
  • アオシマ「明石」1/700
  • アオシマさんの「明石」が8月に発売が予定されている事がホームページで公開されています。初回キットは、スーパーディテール版!注目のパッケージイラストは、空襲時のシーンが描かれるという珍しいボックスアートになっています。もしかすると、SD版だけの限定パッケージかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 黄色のおもいで
  • 写真=2010年のホビーショーでのカウンタック=今回の黄色の乗りの悪さで、あらためて、塗装の奥深さを感じました。その黄色の塗装作業をしていたときに、頭の中に40年近く昔の事が鮮明に浮き上がってきました。当時の世の中はスーパーカーブーム。スーパーカーと縁もない私のすんでいる田舎でもその波は押し寄せてきていたのです。中でもカウンタックは特別でしたね。走る音や、ドアの閉まる音のレコードまでも出ていた時代 [続きを読む]
  • ファンタシースターオンライン2 幻創戦艦・大和
  • 1/700 ファンタシースターオンライン2 幻創戦艦・大和 プラモデル[スカイネット]《08月予約》アオシマさんの「大和」1/700が、8月に手に入りそうです。昨年は、「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza 霧の艦隊 総旗艦 超戦艦ヤマト」が発売されましたが、船体と、艦底の分割に問題があり、キットをそのまま組み立てるだけでは、ウォーターラインシリーズとしては楽しめなかったのですが今回は違う!画像で見る限りは [続きを読む]
  • やっとここまで
  • 海上自衛隊艦載機セットもやっとここまで完成しました。完成といっても、ランナーから切り離せば完成!というキットというよりパーツもあり、どちらかと言うと、組み立てよりも、塗装作業が完成までの一番時間がかかる作業になります。艦載機関係は、ほぼ完成しました。中でも、オスプレイはいい出来栄えですね。折りたたんだ状態は、「カニ」を想像してしまいます。残りは陸上部隊を残すのみ! [続きを読む]
  • 「あしがら」建造順調
  • 完成した、各ブロックを船体に載せてみました。ほぼ完成状態です。塗装は、完成後に「シュー」で終わりです。透明部品が付属されていますが、いまいち、透明感を感じなくなってしまうのでもったいない気がします。 [続きを読む]
  • 乗りが悪い・・
  • 自衛隊艦載機セットの中でもっとも塗装が難しそうなパーツは、クレーンやフォークリフトなどの補助車両たち。黄色と言うのが非常にネック。白塗装と同じくらい?いやそれ以上の塗料の乗りが悪く、どうしても筆塗りは避けたいので、スプレーを購入しました。しかし、スプレーの塗装でも難しいですね。隠ぺい力があまりない上に、あまり長時間シューシューするとキットのモールドが埋まってしまうし、エッジの部分には塗料が乗らない [続きを読む]
  • ヘリ強引増強技!
  • ハセガワさんの「海上自衛隊 艦載機セット」を作る事にしました。「あしがら」の完成後の、「いずも」の建造をにらんでの先手を打ちます。このキットは、ウォーターラインシリーズではありませんが、「いずも」に付属しているパーツの別売り版となります。艦載機セットとは言え、クレーンやフォークリフト、PAC3など豊富なアクセサリーが入っているのが魅力な商品です。艦載機のヘリはSH−60Kが2機MCH−101が2機 [続きを読む]