yskinng さん プロフィール

  •  
yskinngさん: 2016年サハラマラソンに向けての覚書
ハンドル名yskinng さん
ブログタイトル2016年サハラマラソンに向けての覚書
ブログURLhttp://borntorunsahara.blog.fc2.com/
サイト紹介文2016年、モロッコで行われる第31回サハラマラソンに参加するまでのランニング関連の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/12/07 05:24

yskinng さんのブログ記事

  • モンスター退治に行って返り討ちにあった話(3)
  •  モンスターの最後の首。大口を開けてこっちを飲み込もうと待ち構えている。 力不足でした。端的に。ニューサンピア埼玉おごせ〜桂木観音 桂木観音エイド予定:23:10 実績:23:45 ともかく1時間は余裕があるので、補給を済ませてしばし仮眠してから出発することに。補給は先ほどと同様のジェル摂取、ドリンクの補充。今回はシューズも脱いで体育館のブルーシートで横になり身体も休めます。外は朝の光、ライトをしまう。04:43 [続きを読む]
  • モンスター退治に行って返り討ちにあった話(2)
  •  モンスターの2つ目の首に挑む。どうにかねじ伏せるが、こちらのダメージも大きい。ニューサンピア埼玉おごせ〜桂木観音 桂木観音エイド予定:11:00 実績:9:34 ゆっくり休んで体が休息モードに入るとまずい、と思ったので、事前にエイドでやると決めていたことだけをきちんと済ませてリスタートすることに。ドリンクの補給、クエン酸とエナジージェルの摂取。まだ日が高いのでライトの準備は桂木観音まで先延ばし。軽くふくら [続きを読む]
  • サハラマラソン出発前夜の気分
  •  たった半年間だけど、やるべきことはやってきたと思う。装備も最終決定したし、あとは当日を待つだけです。 レイドライトのザックにHydrapakのソフトフラスク。お気に入りのジェル、HoneyStinger。補給食にSOYJOY、非常用にクリーム玄米ブラン。 脱水を防ぐ塩飴類。走行時間が長いので、疲労回復のクエン酸を混ぜるという芸の細かさ。今回バリエーション豊かなのは飽きない工夫です。 非常用のアルミシート、コンパス、地図、 [続きを読む]
  • チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン
  •  トレニックワールドin彩の国本番まで残すところ1ヵ月。昨日はチャレンジ富士五湖ウルトラマラソン、118kmの部に出走してきました。 前回3/26の伊豆大島(実は初の100kmレース)は冷たい雨の中11:52:05という結果でした。悪天候のわりに12時間は切れたので自信にはなったものの、最後のほうは歩いたりジョグったり、という状態だったので、「コンディションがいい場合の自分の100kmの実力はどのくらいなのか?」という疑問を [続きを読む]
  • 最後の公式試走会
  •  これまで4回中3回の試走会に参加してきましたが、今日が最終回、南ステージの後半部分です。 サハラマラソンX世界一過酷より過酷、の最終日でもあります。疲労がたまってますが、なんとか走ってきます。 せっかく買ったアルトラの型落ちスペリオールのデビュー戦でもありますし。アルトラ ゼロドロップ 靴 シューズ 一般 メンズ レッド Altra Zero Drop Footwear Altra Footwear Superior 2価格:18450円(税込、送料無料) (20 [続きを読む]
  • 新ルート開拓
  •  年末には、2017年の新コースが発表されました。 こりゃ大変だ、せっかくルート覚えてきたのに。 新しいマップが公表される前から、新ルートを推測しながら山中を彷徨する日々の始まりです。 12/9の北ステージ新コース探索に続き、1/15に南ステージ新コース分までの40kmを8:16、1/29には北ステージ一周を9:55、2/3にはロードto越生(夜間走)+南ステージ一周(計108km 20:13)。 そして、公式の試走会も3/18(南ステージ新コ [続きを読む]
  • 埼玉奥地のモンスターについて
  •  その怪物は、全長165.6km、体高9488m、全身の73.7%がトゲに覆われていた(オフロード)。しかも気が短くて、その身体に人間たちが取り付いていられる時間はわずか33時間。ちっぽけな人間どもは全員こいつの餌食になるのであった。 その名を、トレニックワールドin彩の国という。 世界には他にも同種のモンスターが生息している。たとえば、UTMBと略称される、学名ウルトラトレイルデュモンブラン。これは全長169.4km、体高9889 [続きを読む]
  • 越生の化け物と出会う
  •  2016年9月、私はそいつと出会ってしまった。 トレニックワールド主催のトレラン大会がなかなかやり甲斐のあるものだったので、「次はもっと長いやつを…サハラマラソンで257kmやれたんだから、100マイル=160kmは行けるんじゃないか?」と、勘違いしました。 サハラマラソンは7日間のステージレース、連続で走るのは長くても80km程度。考えてみれば、私は100kmのウルトラマラソンすら、まともに大会に出たことはなかったのでし [続きを読む]
  • 中林のスマホポーチを使ってみた
  •  先日購入したスマホポーチにモバイルバッテリーとiPhoneを入れて、仕事中・ランニング中に使ってみました。 ベルト(付属品ではありません)を斜めに通すと、ランニング中でも揺れにくい位置に装着できてなかなかいい感じです。 問題は、防水性かな。取り出しやすい前面ポケット、ってとこは雨だと濡れるだろうから何か対策を考えておこう。 ていうか、トレニックワールドin彩の国の当日は晴れてくれ。 ところで、ナカバヤシ [続きを読む]
  • モバイルバッテリーを購入
  •  トレニックワールドin彩の国100マイル(160km)や、みちのく津軽ジャーニーラン(250km)でもiPhone 6 plusのGPSを道中ずっと使えるようにするため、大容量のモバイルバッテリーを調達しました。 AnkerというブランドのものAnker PowerCore 10000 (10000mAh 世界最小最軽量* 大容量モバイルバッテリー)マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】*2016年1月末時点価格:2999円(税込、送料無料) (2017/3/25 [続きを読む]
  • ランニング用の手袋を購入
  •  adidasのランニンググローブを紛失してしまったので、新しい手袋を購入しました。トレニックワールドin彩の国の練習に電車で向かう途中で駅に忘れてしまい、その日はコンビニで買った防寒グローブで走ったのですが、温かさは十分なものの汗が抜けず、ランニングには向きませんでした。 今回買ったのは「冬の低山ハイク用」と謳っているアクシーズクインのもの。 結構薄手なので初めは大丈夫か?と不安でしたが、走るとちょうど [続きを読む]
  • 月一トレーニングの日々
  •  その後、10/2に北ステージ一周(10:31)定峰峠なう。ここまで約5:30…これは今日も日が暮れるな…— yskinng (@yskinng) 2016年10月2日 11/12にロードto越生(夜間走47km 06:05)+南ステージ一周(14:07)、12/9にロードto越生(夜間走)+北ステージ一周(計105km 20:28)風もなく、月明かりのナイトラン日和。西所沢通過、ヤマザキで小休止。 pic.twitter.com/NMiDPxGJHk— yskinng (@yskinng) 2016年12月9日 県道3 [続きを読む]
  • 再起動の決意
  •  本番では高山不動尊奥の院でリタイヤしたので、通しで南コース一周再チャレンジしました。 結果、12:51かかりました。…昼間で! 当日一周目なのに! このあと虚空蔵尊に降りるところと、高取山から降りて最後ロードに入るところはうっかりショートカット。マーカーがない割には5回くらいしか迷わなかった自分を褒めてあげたい。 とはいえ、今のレベルでは到底ムリ。55km走った後に、夜間走行で11時間切らなきゃいけなかっ [続きを読む]
  • 挑戦、そして全滅
  •  二周目が夜間走になるため、ヘッドライトを準備。GENTOS ジェントス LEDヘッドライト 【HEADWARS】 HW-888H価格:2477円(税込、送料別) (2017/3/6時点) これは光量十分で正解でした。サハラでは軽量化重視で最低限のものしか使いませんでしたが、トレニックワールドは「本気で走らなければどうやっても関門に間に合わない」設定です。夜だからといって歩けません。 …という準備はしたものの、結果は一周目の途中でロストがあ [続きを読む]
  • サハラマラソン後の初レースはトレニックワールド飯能越生
  •  2016/6/12、ゆうパークおごせにキャンプ泊して、「トレニックワールド飯能越生50km」というトレラン大会に出場しました。これがサハラマラソン完走後の初レースでした。 前年の完走率が20%40%程度というなかなかタフな大会。サハラをやりきった感があって、ちょっと腑抜けになっていた私を奮い立たせるには十分なハードさでした。テント泊で翌日トレラン、というシチュエーションにひとりサハラを懐かしんだり。 前年ほどの [続きを読む]
  • 参考図書
  •  最後の最後に、参考図書を挙げておきます。「BORN TO RUN」 人類はまさに走るために生まれ、生きるために走ってきた、ということに深く共感しました。この本を読んでから、走るときはいつも「自分は今人類の歴史とともに在る」と感じています。「サハラを走る」 こちらはサハラマラソンの参加手記。レースの流れを一通り把握することができます。「マラソン中毒者」 サハラマラソンではなく、アタカマクロッシングその他の苛 [続きを読む]
  • サハラマラソン2016を振り返って
  •  サハラマラソン2016から帰国してほぼ半月。 振り返れば、同じテントのランナーの他、順位の近かったランナー、ホテルで初顔合わせしたランナーたち、それぞれに思うところがあり、感謝しています。私たちはそれぞれに、良い勝負を繰り広げることができたのではないでしょうか。順位争いやタイム争いであったり、自分の限界との闘いであったり、リタイヤした方も含めて、人それぞれに中身の濃い時間を過ごした一週間でした。 そ [続きを読む]
  • 装備の要否を振り返る
  •  レースを振り返って、装備の要否について考えます。 全体としては、必要最低限のものを選択して持って行き、うまく使えたと思います。思うところがあるものだけ、品目ごとにコメントします。パンツ(下着)→2〜3枚あると洗って使えて便利タオル→2枚持参、砂だらけでボロ雑巾色になったので1枚は途中で廃棄、2枚目もレース後廃棄トレランポール→スピードを求めるなら必須と感じましたグローブ(オーバーナイトの防寒)→使い [続きを読む]
  • レース中の献立表
  •  食料について、レース後の振り返りです。 当初、1日の献立を、朝食・行動食・夕食に分けて予定を立てていました。しかし、オーバーナイトステージでは寝ないで行動し続ける方針だったので、夕食を調理するタイミングなど7日間×3食で考えていると予定通りいきません。オーバーナイトで動き続けるなら、翌日は休養日にできます。そこで、休養日の行動食をオーバーナイト初日に詰め込みました。※それでもドリンクが不足したのは [続きを読む]
  • チャリティステージ 17.7km BOU MAKHLOUF→TAZOULAIT
  •  サハラ砂漠を走り納める、最後の日です。 他のランナーはチャリティステージなのに距離が長いとか、もう走りたくない、と話していましたが、私は、「最後まで本気で走って楽しもう。二度と来られないかもしれない場所で、本気で走らないでどうするんだ?」という心境でした。それに、この日は本戦とは別に順位付けされるので、日本人ランナー1位(ここだけ)を狙えるチャンスでもあります。 お土産の砂を集め、砂漠の植物の写 [続きを読む]
  • ステージ5 42.2km HASSI TARFA→BOU MAKHLOUF
  •  いよいよ本戦ステージの最終日、フルマラソンです。キャンプ地の夜明けが美しい。 この日は上位200人はグループ2のスタート、日本人ではSさんのみがグループ2でした。1.5時間後にスタートするSさんには抜かれないようにしよう、と目標をたてました。 一方、AさんやOさん、Hさんとは走行中に絡むことも多く、なんとなく総合順位争いの仲になっていました。そこで、この日はとにかく給水を必要最低限にして、負荷を軽く、できる [続きを読む]
  • ステージ4 84.3km BA HALLOU遺跡→HASSI TARFA
  •  この日から2日間でオーバーナイトステージです。 初めは平地で、空撮ヘリの写真も撮りたかったため、ストックをたたんで走り始めました。 やがて砂丘に差し掛かるところでストック使用にチェンジ。 いくつか山や峠を越えるが、山越えの猛暑(山の風下斜面を登る時、日差しが強いのに風がなく)には参りました。岩陰を探して数分の休憩。 途中、小さな集落にホテル(?)があり、井戸のそばに子供が数人集まっていました。通 [続きを読む]
  • ステージ3 37.5km MOUNGARF川床→BA HALLOU遺跡
  •  翌日からのオーバーナイトステージを控え、比較的短い距離…とはいっても普通に考えると「約40km」って丸めたらマラソンだな。 これまでも特にマップの確認は不要でしたが、右手に岩山を見ながら回り込むようなコースなので、迷うことなく進めそうです。 ルートは一本道でしたが、砂丘もあれば、岩山の峠越えもある、…という、バラエティに富んだコースでした。 快調に進み、05:55:29 230位でゴール。本番ステージではこの [続きを読む]