ゆかり さん プロフィール

  •  
ゆかりさん: 二胡との時間
ハンドル名ゆかり さん
ブログタイトル二胡との時間
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yu-ka-ri-91
サイト紹介文二胡のレッスンや練習の記録を綴ります♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 345日(平均0.6回/週) - 参加 2015/12/07 18:33

ゆかり さんのブログ記事

  • レッスン(22)
  •  朝夕は、冷え込む日もあるとはいえ、過ごしやすい日が続いているこの頃。 秋は、何だか二胡の音色が似合う季節だなぁという感じがします(^^♪ 11月最初のレッスン。 まずは、移動の基本練習(D調)からです。・内弦の開放弦「D」を弾いて、その音を聴いてから、外弦、第1ポジションの人差し指「B」 → 第2ポジションへ移動して、同じ人差し指で、「D」の音を弾く。・外弦の開放弦「A」を弾いて、その音を聴いてか [続きを読む]
  • レッスン(20)、(21)
  •  しばらく放置状態だったブログ。 レッスンには通っていたのですが、つい日記を書きそびれてしまい、そのうち、そのうちと思いながら、日が経ってしまった・・・。 2回分まとめて更新です(-_-;) 10月1回目のレッスンは、1時間まるごと、F調「もののけ姫」。 7:「シ」(外弦のくすり指、E)を弾いたあと、5:「ソ」(外弦の人差し指、C)、さらに、そこから1:「ド」(1オクターブ高い印あり、外弦の小指、F)を [続きを読む]
  • レッスン(19)
  •  この間、少し涼しく、秋の気配を感じたような気がしていたのに、まだまだ残暑が厳しくて、何だか疲れが取れないこの頃です(*_*; 最近、2週間があっという間に過ぎてしまう・・・。 さて、今回のレッスンは、前半は、前回の復習でした。 譜面は、D調の読み方で、先生が口頭で読み上げていく音の綴りを弾いていく、というもの。 聞き取りだけでは、次、どの音を弾くんだったっけ? となってしまい、ややこしい。 うろ覚え [続きを読む]
  • レッスン(18)
  •  今回のレッスンは、新しい曲は習わず、ひたすら技術を身に付けるための訓練でした。 「草原情歌」の復習だったのだけれど、あまり通して弾かずに、部分的に、音程が合っていないところを集中的に練習したり、構え方や指の押さえ方の修正をしたり。 いつもは、たいてい、2曲ぐらいを部分練習してから、先生といっしょに通したり、ピアノ伴奏の中で弾かせてもらったりして楽しんでいたので、こんなことは、珍しい。 あまり曲を [続きを読む]
  • レッスン(17)
  •  前回から「F調」に入ったというのに、レッスン以来、あまり練習をしていなくて、前日に、慌てて二胡を手にしました(-_-;) まず、指を押さえる位置の確認です。 F調。 「1」= ド、F、内弦の人差し指 「2」= レ、G、内弦の中指 「3」= ミ、A、内弦のくすり指、外弦の開放弦 「4」= ファ、B♭、内弦の小指、外弦の人差し指(指を少し下げる) 「5」= ソ、C、外弦の人差し指 「6」= ラ、D、外弦の [続きを読む]
  • レッスン(16)
  •  真夏の日中、ジリジリとした、うだるような暑さの中、教室に到着。 思わず、「あつい〜」と、言葉が口をついて出てきます(*_*; 先生と、もう、この暑さ、嫌になってくるよね、と挨拶代わりの会話をしつつ、レッスンスタート。 さて、今回は、自宅で調弦をするときに、きつく回しすぎて外弦が切れてしまい、そのままになっていたので、まずは、弦を張り替えてもらいました。 予備の弦なんて持っていないし(持っていても、自 [続きを読む]
  • レッスン(15)
  •  久しぶりのブログ更新です。 夏の太陽が照り付け、ムワッとするような空気の中、レッスンに行ってきました♪ 毎回、音の確認のときに、弾き方の基礎をチェックしてもらいます。 最後まで気を抜かずに、きれいな音を作ること。 弾いている間は、弓を上げたり、下げたりせず、90度のまま、まっすぐに伸ばすこと。 さて、今回の課題曲は、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のテーマ、「いつも何度でも」(G調)。 1時間まる [続きを読む]
  • レッスン(14)
  •  梅雨の晴れ間、蒸し暑い中、レッスンに行ってきました♪ レンタルではなく、自分の楽器を持ち運びする喜び(#^^#)  松ヤニを塗る頻度がわからなくて、結局、自宅では一度も塗らなかったのですが、先生に調弦してもらうときに見てもらうと、これでは音が出にくいとのことで、塗ってもらいました。 音の確認をするときは、長く安定した音を出せるように意識すること。 一応、D調も練習しているけれど、最近は、G調の方がパッ [続きを読む]
  • レッスン(13)
  •  レッスンに通い始めて半年余り。 ずっとレンタル楽器で練習していたのですが、ついに二胡を購入しました(^^♪ 教室では、楽器購入の相談も受け付けていたので、以前から、先生に予算を伝えて探してもらっていたのです。 「良さそうな楽器が見つかるまで待ってね」ということだったのですが、今回、レッスンに行ったら届いていて、さっそく弾かせてもらいました。 音色がどうか、とかはよくわからないのですが、落ち着いた茶 [続きを読む]
  • レッスン(12)
  •  早いもので、もう6月。 初夏の少し汗ばむような陽気の中、レッスンに行ってきました。 まず、D調とG調、両方で音の確認を。 そのあと、2つの曲を学びました。 1曲目は、先週に引き続き、「故郷」です。 今回は、もう少し具体的に、「最後は消えるように弾く」など、曲の流れに合わせた、それぞれの箇所での弓の使い方を教えてもらいました。 「弾く側」と「聴く側」の感覚は違うらしく、強弱を表現したつもりでも、感 [続きを読む]
  • レッスン(11)
  •  G調の譜読みで、なかなか指使いを覚えられなかったのは、「4:ファ」(外弦の中指、「C」)。 「6:ラ」(外弦の小指、「E」)も、1オクターブ下の印がある「6」(内弦の人差し指、「E」)と混同したりして、とっさに指を押さえられないことがあります。 最近、マメに弾くようにしているので、だいぶ慣れてきたんだけれど、G調の曲ばかりを練習していると、今度は、D調の譜面を見たときに、「あれ? この数字、どこ [続きを読む]
  • レッスン(10)
  •  久しぶりのブログ更新です。 急用が入って、4月後半のレッスンを休んでしまったので、今回は、1か月ぶりのレッスンでした。 あまり二胡に触っていなかったので、何日か前に、あわてて練習。 D調とG調、それぞれの数字譜の読み方をマスターしなくちゃ、ということで、自宅では、少しずつでも、両方の調を弾くようにしようかな、と思っています。 でも、やっぱり、ややこしい。 数字譜を見て、パッと頭に浮かぶのは、ここ [続きを読む]
  • 数字譜を読む練習(D調とG調)
  • 前回のレッスンから、G調の練習に入ったものの、どう練習すれば良いのかよくわからず、ろくに二胡に触らないまま、1週間が過ぎてしまいました。 そろそろ、何とかしないと、レッスンで、あたふたするばかりになってしまう(*_*; とりあえず、頭の中を整理するために、下記のように、書き出してみました。 「二胡での音の呼び名」、「チューナーに表示される音(ピアノ音)」、「どの指で押さえるか」の順です。 まず、D調。 「 [続きを読む]
  • レッスン(9)
  •  春の雨が、しとしとと満開の桜を濡らす中、レッスンに行ってきました♪ 今回は、練習曲が中心。 課題は、付点のリズムを正確に弾くことと、換弦です。 換弦は、とってつけたみたいになってしまうので、もっと自然に弾けるようになりたい。 内弦と外弦、どちらを弾くかややこしい場合、まずは、開放弦で、右手だけの練習をしてから、次に、左手を押さえると上手くいきやすい、とのことだった。 一番、むずかしかったのは、『 [続きを読む]
  • レッスン(8)
  •  少し肌寒いけれど、ちらほらと桜もほころび始め、春めく今日この頃。 今度は、どの曲かな? と楽しみにしているレッスンの日がやってきました。 まずは、音の確認。・弓を後ろに引っ張るクセがあるみたいなので、注意すること。・右手に力が入りすぎて、弓の毛がねじれると、音がおかしくなるので気を付けること。 そのあと、曲の練習です。 まずは、「今、ちょうど季節だから」ということで、春の田園風景を描く「おぼろ月 [続きを読む]
  • 春らしい曲
  •  週末、地元のアマチュアジャズバンド3組が出演するコンサートに行ってきました♪ ジャズは、ぜんぜん詳しくないけれど、色々な楽器の音色に興味があり、また、自分の中で楽しむ音楽の幅を広げたいと思い、足を運んでみました。 初めて聴く曲も多かったけれど、サックスやトランペットなど、それぞれの楽器にソロの見せ場があり、へぇ、こんな音がするのか、管楽器もいいなぁ、という感じ。 そのうちの1組が、「春」をテーマ [続きを読む]
  • レッスン(7)
  •  あたたかくなったり、寒くなったりだけれど、そろそろ、春の兆しが感じられるこの頃。 早春の陽射しに包まれながら、レッスンに行ってきました♪ 前回、リズムが合っていないまま終えた「ムーンリバー」。・ずっと正確なリズムで弾いていると、間違ったときに違和感があるから、ちゃんと拍数を数えること。・間違ったのかどうかわからない、というのはダメ。もしかしたら、今、間違ったかもしれない、と思ったら、身に付いてき [続きを読む]
  • 発表会を聴きに♪
  • 先日、二胡教室の発表会を聴きに行ってきました。 私は、まだまだ参加できるような状態ではないですが、いったいどんな感じなのかな? ということで、興味津々、地元の小さなホールに足を運びました。 20代〜年配の方まで、幅広い世代のたくさんの方が演奏に参加。 みなさん、お上手で、また、色とりどりのチャイナドレスを身にまとい、とても華やかな舞台でした。 2〜6人ほどのグループ演奏での発表。 ポピュラー、テレビド [続きを読む]
  • レッスン(6)
  •  今回のレッスンは、新しい曲は習わず、1つの曲にじっくりと取り組む1時間でした。 まずは、音階。 いずれ、音を伸ばしている間に、強弱をつけたり、弓のスピードを変えたりしたいので、そのためにも、ゆっくり弾く練習を、とのことでした。 弓を、横にまっすぐに伸ばすこと。 次に、小指の練習を経て、「ムーンリバー」を少しずつ弾いていきます。 「シラソファ」が苦手。 先生は、「ここは、音階を弾いているだけなんで [続きを読む]
  • 中国の曲♪
  •  ここ何日か暖かかったけれど、また、冬の寒さが戻ってきましたね。。。 こんな日は、ホットドリンクで、ゆったりしよう。 レッスンから帰ってきたり、日記を書いたりするときは、よくジンジャーミルクティー片手に温まっています♪ さて、練習をしていても、あいかわらず雑音が混じってしまう二胡ですが・・・。 レッスン課題曲の合間に、少し他の曲も楽しもうかな、と思い、「二胡を極めよう 第1集」の中から、「山谷回音 [続きを読む]
  • レッスン(5)
  •  レッスンは、たいてい隔週なんだけれど、今回は、1週間ぶりでした。 「1週間って早いね」とあいさつしながらのスタート。 音階のあと、スラーの練習を経て、「浜千鳥」。・ずっと一定の速度で弾くのではなくて、長い音は、ゆっくり動かして、短い音は、少し速めにして、弓をたっぷり使うこと。 先生の演奏をよく見て、弓がどのように動いているかを観察し、技術を盗むように、とのことでした。 チューナーとにらめっこしな [続きを読む]
  • レッスン(4)
  •  今回のレッスン日は、あいにくの雨。 けっこう、ザアザア降っていたので、楽器ケースを濡らさないように気を付けながら歩き、教室に入りました。 さて、まずは、音階でゆっくり弾く練習です。・雑音が出るのを防ぐには、弓の持ち方が重要。手のひらに弾力のあるボールを持つような感じで。 ということで、なるべくそれをイメージしながら弾いてみると、雑音が消えたように思えて嬉しかったけれど、あとで、曲を弾いたら、また [続きを読む]
  • レッスン(3)
  •  約1か月ぶりのレッスンです。 まず、音階で、姿勢や弓の軌道をチェックしてもらう。 弓が先の方にいっても、まっすぐ弾けるように、身体ごと横に移動させるような感じで弾くこと。 次に、小指で、弦を押さえる練習。・くすり指までは、指を上から押さえる感じだけれど、小指は横から押さえること。・手のひらを竿にくっつけるような感じで、親指を天に向けて、ひじを上げる。・小指を弾き終わったら、また、手の形を元に戻す [続きを読む]
  • 二胡の音とピアノの音
  •  「二胡を極めよう 第1集」の模範演奏CDで、「D調音階」を聴いたとき、何だか音が1つずれているような? と思いました。 「ド」が「レ」に聴こえる? でも、楽譜の記載やCD演奏は正確なはずだし、気のせいかな? とも思ったけれど、何だかしっくりこなくて、チューナーでCDから流れてくる音を確かめてみると、表示された音が、「レミファ#ソラシド#レ」。 ・・・楽譜は「12345671(・)」(「ドレミファソ [続きを読む]
  • 入門曲集♪
  •  年が明けてから、少し日にちが経ってしまいましたが。。。 明けましておめでとうございます。 昨年は、当ブログを訪問して下さり、ありがとうございましたm(__)m 本年も、よろしければお付き合い頂けると、嬉しいです。 さて、今月は、レッスンまでまだ少し日にちがあるので、市販の二胡曲集を購入してみました。 アマゾンで検索してみると、「二胡で奏でるクラシック、ディズニー」など、色々なジャンルの楽譜がたくさん。 [続きを読む]