シャイ さん プロフィール

  •  
シャイさん: 一級建築士シャイの「思うままに」
ハンドル名シャイ さん
ブログタイトル一級建築士シャイの「思うままに」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/archi_shy/
サイト紹介文建築士として過ごす日々の中で 見たこと、聞いたこと、感じたことを思うままに綴っていきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/12/07 21:14

シャイ さんのブログ記事

  • これまでの人生とこれからの人生
  • なんかタイトルだけみるとだいそれたことを書いているのかと思ってしまうが、とりあえずこれからどうしようかという不安が大きくなったきたから今までのこととこれからのことを文書にしてみようという程度のこと。小学生のころは記憶がほとんどなく、書くこともない。ただ流れにまかせて普通の毎日が過ぎていっていただけのこと。中学生のころは部活中心で部活が終わったころから高校受験のための勉強をはじめた。部活は剣道をして [続きを読む]
  • 差出人戻し
  • 新しく引っ越してきてまもなく前の住民宛に届いた封筒。はじめてのことでどうすべきか悩み、とりあえず大家さんに問い合わせてみた。すると、即答で、届いた封筒に「差出人戻し」と書いてポストに投函してくださいとのことだった。経験してみないと知らないことだが、賃貸する上ではこういったことは日常茶飯事なのだろう。それでもこういった対応を知っているか知らないかでは全然違うし、いい勉強になった。 [続きを読む]
  • 地盤改良
  • 木造住宅の地盤改良地盤改良が必要かどうか、地盤調査が行われ、地盤調査の結果より、工法を決定していく。木造住宅の場合は鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比べ、建物の重量が軽いことから、比較的大規模な地盤改良(大規模な杭工事)は必要ないことが多い。一方で、小規模な地盤改良は必要な場合がある。工法はさまざまで、その土地、その建物にあった工法を選んでいかなければいけない。工法を大きく分けると、土壌改良と杭打ちが [続きを読む]
  • 家のメンテナンスはなぜ行わないのか
  • 車は2年に一回車検があり、守らなければ違法となる。それは、命に関わる可能性があるため、整備不良による事故を事前に防ぐためだ。道路やトンネル、橋など、土木建造物についても、定期的な点検が行われている。不特定多数の人が利用する大きな建物も法的には定期点検が義務付けれらている。公園の遊具にしても、メンテナンスが行われている。家は個人が持つものでは一番大きなものだし、命に関わるものでもあるはずなのに、どこ [続きを読む]
  • 長野県 旧中村家住宅
  • 旧中村家住宅長野県大町市美麻17668国の重要文化財・入 館 料 大人300円 子供150円(小学生未満無料)・開館時間  9時〜17時(入館は16時30分まで)・休 館 日 月、火曜日(月、火曜日が祝日の場合は翌日及び翌々日) ※12月〜3月は冬期休館・連絡先  旧中村家住宅管理事務所 TEL:0261-29-2580       大町市文化財センター  TEL:0261-23-4760道中みつけた住宅あいにく休館日で内部は見ることができなか [続きを読む]
  • 富山県 黒部ダム
  • 黒部ダム(くっろべだむ)■住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺■河川:黒部川水系黒部川■型式:ドーム型アーチ式コンクリートダム(本体)+      重力式コンクリートダム(ウイングダム)■ゲート:バルブ放流設備(ハウエルバンガーバルブ)×5門      頂部余水吐(ゲートなし)×10門■目的:P(ダムカードの見方参照)■こだわり技術 下流の黒部峡谷の自然景観への配慮から、季節と時間を定めて 一定量の放流 [続きを読む]
  • 旅 6日目
  • 旅 6日目10月11日 火曜日この日のメインは黒部ダムただ、思いのほか冷え込んでいて、出発時は半袖でも大丈夫なほどあったかく、薄着メインで旅支度をしていて、厚着をほとんどもっていなかったため、すこしでもあったかくなるよう、ゆっくりめのスタートをきった。まず、朝起きて、ゲストハウスカナメ周辺を散策。▲ゲストハウス近くの中綱湖その後朝食をとって少し宿主と話しをして、10時頃ゲストハウスを出発。そして、念願の [続きを読む]
  • 旅 5日目
  • 旅 5日目10月10日 月曜日この日は早朝からひたすら車を走らせ、宿泊先の長野のゲストハウスカナメを目指した。途中、道の駅等で休憩しながらではあったが走り続けた。下道ということもあってか、7時頃出発し、到着したのは16時頃。ゲストハウスかなめの宿主はDX(デラックス)さんという若い女の子。とてもきさくで話しやすい子だった。この日は3連休の最終日ということで宿泊者は僕のみ。ということで、ゲストハウスのこ [続きを読む]
  • 建物はいつまで「もつ」のか
  • 建物はいつまで「もつ」のか100年住宅とは?でも書いたのだが、最近改めて思う。何をもって建物の「もち」が決まるのか。以前勤めていた事務所で最後にやったことが、ライフサイクルコストのまとめだった。その時は学会等で記されていた各部材の更新時期を利用して建物の改修時期、更新時期をまとめ、その時にどの程度費用がいるか検討した。結果からいうと、60年間の内、決められた改修や更新をきちんと行った場合、新築時と同程 [続きを読む]
  • 石川県輪島市 垂水の滝
  • 垂水の滝石川県輪島市町野町曽々木別名「吹き上げの滝」とも呼ばれているそう直接海に流れる滝海岸と滝という風景をみたことがなかったので、見つけたときは一瞬?が頭の中に浮かんだ。滝といえば山道とセットという感覚があったため、このような思いになったのだろう。 [続きを読む]
  • 石川県 塩田
  • 石川県の能登の方では、塩田が有名らしく、能登半島の先端部を車で走っていると結構塩田があった。揚げ浜式製塩法でやっている場所もあるそう。道の駅すず塩田村では体験塩田をしていたり、塩やにがり等を購入することもできる。また、その他でも道を走っているといろいろな場所で塩の販売所があった。▲塩田▲かわいらしい小屋 [続きを読む]
  • 石川県輪島市 白米千枚田
  • 白米千枚田(しろよねせんまいだ)石川県輪島市白米町日本の棚田百選、国指定文化財名勝、世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田すぐそばに道の駅があり、駐車場からこの景色が見えるのだが、この日は3連休の中日。車であふれていた。それでもうまいことタイミングがあい、待つことなくとめることができた。また、ここの棚田は10月〜3月頃にかけてライトアップがされているそうで、今回は時期が合わなかったのでみれなか [続きを読む]
  • 石川県輪島市 角海家(かどみけ)
  • 輪島市天領黒島角海家(かどみけ)石川県輪島市門前黒島町口の94番地2石川県指定有形文化財▲木で押えているのだが、何か意味があることを教えてもらったのだが、忘れてしまった。 単なる補強のためか、取り外しが簡単なためか、、、 せっかく聞いたことを忘れるとは情けない、、▲この一面は祭りの際、完全にオープンにできて、 内部の神棚だったか、(これもあまり覚えていないが、、)を見えるようになるそう。▲この楔を外 [続きを読む]
  • 石川県輪島市 門前町黒島地区
  • 石川県輪島市門前町黒島地区ここは、輪島市黒島地区伝統的建造物群保存地区となっている。海運業が盛んだった時代に、北前船の船主および船員の居住地として栄え、江戸後期から明治中期にかけて全盛を極めた集落。そのため、裕福な家庭が多かったのだそう。北前船(きたまえぶね)とは、北海道から大阪にかけて商品を輸送していた舟のことで、江戸時代あたりによく使われていたとのこと。商社ビジネスのための舟というイメージでと [続きを読む]
  • 石川県大沢町 間垣集落
  • 石川県大沢町間垣集落ここは海岸に隣接した場所で、海風が強く、潮風から家を守るための工夫として、間垣が使われている。明確な住所が不明で、大沢町内をぐるぐる廻っていて見つけることができた。ただ、海岸沿いを車で走れば出会うことができる。▲竹で作られた間垣で囲われた住宅が建ち並ぶ集落 2階建ての住宅が隠れるくらいなので、すごい高さで迫力があった▲集落の前にある海岸▲公衆便所にも間垣が使用されている▲公衆ト [続きを読む]
  • やりがいの搾取
  • ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)を観ていて出てきたことば。やりがい搾取この言葉を聞いて、ああ、ぼくの思っていたことはこういうことなのかとなんかすっきりした。設計事務所に勤めていたころ、ぼくが卒業したのは建築の大学ではなかったため、すごく引け目を感じていた。「給与をもらう」イコール「仕事をすること」、「知識がない」イコール「仕事ができない」イコール「給与をもらう資格はない」という思いがあっ [続きを読む]
  • 石川県 輪島のまちなみ
  • 石川県輪島市内の町並み輪島の朝市から少し外れると、輪島の町並みがある。▲輪島工房長屋 ここは輪島塗の交流施設 輪島塗の商品が販売されていたり、輪島塗の工房があり、体験できたりもする。朝市から始まり、周辺の散策も含めると、1日かけてゆっくりと観光するにはとてもいい場所のように思う。 [続きを読む]
  • 石川県輪島市 輪島朝市
  • 石川県輪島市 輪島朝市日本三大朝市のひとつ。3連休の中日ということもあってか、すごくにぎわっていた。日本海に面していることもあり、岐阜の高山の朝市と比べると、魚介系のお店が圧倒的に多かった。また、店主はお年寄りが多かったように思う。若者がもっといてもいいのにと思ったりもしたが、どうなんだろう。また、ここの朝市も完全に観光地化してしまっているが、地元にこういう商売のできる空間があることは、地域の活性 [続きを読む]
  • 旅 4日目
  • 旅 4日目10月9日 日曜日この日は能登半島をぐるっと周った。まず、輪島の朝市へ。その後、輪島市内を散策。その後、宿泊先のじんのびーとの方から昨夜聞いていた、竹を使って海風をしのいでいる集落があることを聞いていたので、その集落へ。ただ、明確な住所がわからなかったので、車でぐるぐる回っていると、なんとかみつけることができた。調べてみると、大沢・上大沢の間垣集落と呼ばれ、重要文化的景観となっているそう。 [続きを読む]
  • 金沢21世紀美術館
  • 金沢21世紀美術館石川県金沢市広坂1丁目2番1号TEL:076-220-2800設計者:SANAA(妹島和世、西沢立衛)くもりであることも幸いしてか、上部の白い外壁部分が雲と同化し、ガラス面がきわだっていた。鉄骨柱を薄くすることで、よりガラスの存在感を引き出しているのだと思う。ものは全然違うのだけれど、美術館と丘との関係をみて、フランスのポンピドゥー・センターを思い出した。なだらかな芝生の丘から建物をみると、より建物の [続きを読む]