ちーママ さん プロフィール

  •  
ちーママさん: ちーママとスペクトラムな息子との日記
ハンドル名ちーママ さん
ブログタイトルちーママとスペクトラムな息子との日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/chi-2006
サイト紹介文絵が得意な小学6年生。 学校や息子に振り回されやけっぱちママの私は デローザで立ち直り中
自由文<7年ぶりのブログ>気が滅入りそう!どうすればいい?!
ちーママは、元気になって普通に過ごし、怒らないで、美味しい料理を作りたい。デローザで冒険して清々しい日々にしたいな。・・・7年前はマージャンに強くなる事(点数計算と役をきちんと覚える)なんて書いていましたが。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2015/12/08 12:21

ちーママ さんのブログ記事

  • 怒っているうちが花、かな
  • もう無理だわ。泣けて泣けて、テーブルにうつ伏せて動けない。主人が同情してくれるが、泣けてくる。最近、朝はまだ坐骨神経痛が辛い感じで起きるのですが、動いているうちに痛みが軽減されます。"ラジオ体操ジャンプ"は出来ませんが、かなり楽になっています。そんな中、地元のお祭りがあったので、5才ちびちびを連れて見に行きます。昼食を挟んで、スペクトラムな息子も行きますが、・・・ひとりでタッタカ行ってしまう!ちーマ [続きを読む]
  • 壁からプラレール出てきたら楽しいよね?!
  • ちーママがお風呂に入っている間にこっそり、また"別の"もうひとつの穴を開けていた!息子。最初の穴がプラレール「往路」で、次の穴が「復路」ということです。壁の宙に穴を開けて、部屋から部屋へプラレールを走らせたら、帰って来るトンネルも必要でしょう。。。ちーママが、虐待と言われても仕方ないほど怒り狂ったというのに、息子はもう1つ穴をあけようとしていた。。。翌朝、息子の登校後にこの事実を知ったちーママが唖然 [続きを読む]
  • それでもやるしかない・・・by 心理士
  • wiscの知能検査でわかった問題点。今までも何度か知能テストは受けた事があるのですが、ここまで問題点がはっきり出たのは初めてです。しかも"とてもいい"と言われていた知能だったのに、悪くなっている。平均を切ってる・・・。なぜ?知能には、流動性知能と結晶性知能がある。*流動性知能・・・生まれながらにもっている能力に左右される知能。30歳代にピークに達した後60歳頃まで維持され、それ以降は急速に老化下降していく。* [続きを読む]
  • 壁に穴を開けてプラレールを走らせようとした!
  • これが頭に来ない訳ないでしょ!!!!!!!!!!スペクトラムな息子に「死ね!」と本気で言うちーママ。はい、虐待です。通報してください。いなくなったらいい!!このアホーが、壁に穴を開けて、プラレールを通そうとしていた!!!2つの部屋を渡らせるために!!!壁土?壁・・・かけら?か何かが粉々に落ちてる・・・。無茶苦茶腹が立って、掃除をさせている間に、もう片方の部屋の壁の穴を紙を切って塞ぐちーママ。そして、今度はもう一方の [続きを読む]
  • 泥棒だらけ!
  • はぁーっ、本当に次から次へと・・・。スペクトラムな息子のベッドで布団をかぶってコソコソお菓子を食べていたふたり。息子と7才ちびちび。主人が買っていたお菓子を盗み食い。それを見つけた主人が怒るのですが、ふたりが罪をなすりつけ合う。それにまた怒る主人。「お菓子を見つけて盗ったのは7才ちびちび。オレはそれを一緒に食べただけ。だから、オレは悪くない。盗ってないから。」というまた発達障害の捻じ曲がった考え方。 [続きを読む]
  • 人気のデザイナー
  • 世の中に置いて行かれている感のあるちーママ。それでも、ふと見たテレビで知ってた!個性的なデザインのブランド。ご主人の方は、あのブランドのデザイナーさんなんだ。若い人や芸能人のファンが多く、全国展開されていて、色んな所とコラボしている。主人も「格好いい、欲しい!」と言っているくらい。Tシャツもインパクトあります。こちらは焼酎とのコラボ。昨日の挨拶でもちーママは「●●と申します。」と言いますが、「○○ [続きを読む]
  • ホントのリア充
  • 今回のブログは、本当のリア充!7才ちびちびの"大の仲良し"君のバースデーパーティー。1年振りの再会。高級タワーマンションのスカイラウンジで行われます。去年は本職のフランス人のシェフの方が腕を振るわれましたが、今年はご主人がいらっしゃり、手料理を振る舞われます。ちーママ大満足!だって無茶苦茶美味しい!遅れて参加したので、写真を撮り損ねましたが、一度お料理を片付けた後、第二弾のお料理はご主人の作られたタイ [続きを読む]
  • 平行していた揉め事③どうしましょう
  • 困ったちーママ。う〜ん、これはダイレクトにちーママに宣戦布告?しているのでしょうか。それとも見せしめ的に他の親子に対しての言葉なのでしょうか。ちーママとしてもちびちび達にもっと真剣に取り組んで欲しいとも思います。ただ、様子を見ていると小さい故に5才ちびちびなどは、構えがしっかり出来ません。足もまだ内股気味なので、ぐっと外に開いて構えるのが難しくグラグラしてしまう。小さい子はもう少し筋肉が付かないと [続きを読む]
  • 平行していた揉め事②邪魔になるから辞めて欲しい
  • スペクトラムな息子の不登校でこんなにバタバタしているというのに、ちびちび達の習い事でも問題が勃発。"内臓出血のママさん"が、ご自分の子どもの邪魔になる他の子が許せない。真面目に合気道を習いに来ているというのに、他の不真面目な年少の子の面倒を見させられると。肩身の狭いちーママ。ちびちび達も真面目にやったりふざけたりと・・・どちらかと言うと不真面目?合気道・・・だけでないと思うのですが、部活動でも先輩が [続きを読む]
  • 平行していた揉め事①夢
  • 夢の中で、白血病で同級生が死にそうだと、ちーママは泣いている。病院まで行くのだが涙がこぼれてこぼれて会えない。あともう少ししか生きられないのにというのに。泣きに泣いているのに、知らない子がピーマンを料理して欲しいとちーママに要求してくる。もちろん、それどころではなく、気掛かりなのは同級生の事で、早く行かないと会えないで死んでしまう!のに。そうしている間に、教育委員会のあの"空気のような人"が死んだと [続きを読む]
  • ちーママが間違っていた
  • 私が間違っていたのかもしれない。"雰囲気ある医師"の診察で今回の事を話しながら、そう思ったのです。びっくりが続いていた事や息子がすぐ言わなかった事にイライラが募っちゃったかな。息子が支援員と対面をした翌日の今日。副校長先生は、今日も息子にも私にも優しい声掛けだった。一貫して息子を気遣ってくれている。「"息子"ちゃんに嫌な思いをさせて申し訳なかった。」って。朝、ちびちびを子ども園に送った後、校長先生にば [続きを読む]
  • 潮が引くように冷めてきているちーママ。サーって。
  • 休む連絡をすると、「"息子"ちゃん、待ってるからねと伝えてください。」と副校長先生。。。これは一体どういうことだと認識すればいい?学校は、当事者の担任と支援員が否定したので、そういう事はなかったと言う。息子はそうだったと言うが、証拠はない。受け取り方の問題であって、本人が今学校に行きたくないのなら仕方ない。学校は両手を広げて、万全の体制で待っています。そういう事?出来るだけ、親の感情は入れないで、今 [続きを読む]
  • 直接対面で言う息子
  • 支援の先生と向き合った息子。副校長先生とちーママが、言葉をアシストします。進行役は副校長先生。問題点の確認をして行きます。*給食時、牛乳などない「クラスのみんなも何か足りない事が度々あるので、"息子"君だけがないという訳ではない。気が付いた時は"支援の先生"も取りに行っていた。」*1学期の始めおかずがないままの給食を食べた。「ごめんなさい、知りませんでした。」*そういう決まりではなかったのに準備をさせられ [続きを読む]
  • 学校は違うと認識
  • 日光から帰ってきた後、校長先生や副校長先生、担任や他クラスの担任、それにお休みだった支援員の先生も呼んで事実確認。その前に、日光の宿でも、校長先生、付き添いの先生とで息子の話を聞いていたのでした。結果、担任は容器の底をつつくような事はない。ないときは自分の分を分けていたと。下級生から嫌な事を言われるというのは逆で、息子の方が暴言を吐いていたと支援員は言う。息子の話を鵜呑みには出来ないんだなと・・・ [続きを読む]
  • 弟たちへのしわ寄せ
  • 仕事から帰って来た主人が、カバンを置きながら、ちーママに尋ねる。この数日、ずっと"息子"中心の話題となってしまっている。こういう時、下のちびちび達は異変を起こす。「7才ちびちび」は鼻血が続く。元々、出易いのですが、ここ最近のは、昼も夜も夜中も朝も連続で、結構な量が出る。腕に血が滴るほど。寝ている夜中にも出血するのでシーツや枕も手洗いする日々。登校直前にも出て遅刻して行き、学校でも出ているくらいなので [続きを読む]
  • バカ野郎!何やってんだ!! by校長
  • バカ野郎!!何やってんだ!!"息子"が今、それが辛くて学校に来れなくなっているのに!と、廊下で怒鳴って叱った校長先生。担任を。"副"校長先生から話を訊きたいとの連絡があり、学校に出向いたちーママ。核心の話を教育委員会の方にも説明します。副校長先生は何度も詫びられ、教育委員会の方も同調されます。そ、あの"空気のような人"。話を聞きながら、問題点を洗い出し、改善策を練ります。私も、問題点となるおそらく行き違 [続きを読む]
  • 日光出発当日
  • 横浜のソーシャルスキルトレーニングを中学生グループの時間に入れてもらって楽しく過ごした息子は、日光に行こうかなという気持ち80%までなります。が、練馬のお友達と遊んで帰って来た夜は、行きたくない気持ち100%になってしまったのです。そして、出発当日の朝、・・・息子は起きない。何度か私と主人が声を掛けるが、行くとも行かないとも言わない。取り敢えず起床させ、いつでも行ける支度だけさせるが、ゆっくり食事をする [続きを読む]
  • 日光行かなくてもいい!と怒る主人
  • 主人が怒り始めている。食べ物が絡むと私以上に怒るんだわ、この人。日光も行かなくてもいい!そんな惨めな思いをさせられていたなんて!なんで物乞いみたいにみんなに分けてもらわないといけないの?!嫌なこと言われながら!容器の壁や底にくっついているのを集めて食べさせられるなんて!と、怒りがどんどん湧いてくる模様。。。息子はボキャブラリーが少ないから、それとも惨めという気持ちを知らなかったからか、とにかく我慢 [続きを読む]
  • 核心は給食の時間だった
  • 日光出発前の晩、ちーママがお風呂に入っているのに、どうしても伝えたかったらしい。「日光、行きたくないから。100%。」と息子がドア越しに言う。「あーい。」とちーママ。練馬のお友達に給食の事を言うと、「お前の学校、絶対行きたくない。」と言われたそう。辛い給食の時間。退院してからずっと。特にこの2学期が始まってほぼ毎日繰り返される息子の給食がきちんとないこと。校長先生の取り決めでは、「給食は用意してもらえ [続きを読む]
  • なんで誰にも相談できなかったのか
  • いいえ、ただひとり相談していました。それは弟の7才ちびちび。にいにが登校拒否した初日も、なかなか理由を言わない兄にの気持ちを代弁するかのように、「兄にには嫌な人がいるんだよ。」と。支援業者さんを生理的に受け付けれないことも、ふたりにとっては内緒の話だったのです。その人から逃げるためにふたりで一緒に走って帰っていたことも。身近な人物に言わなかった理由は、*校長先生支援の先生の事を悪く言うと、オレが怒 [続きを読む]
  • 予兆の絵だった
  • 「日光終わったら、一カ月くらいオレいなくなるから。校長先生に怖い事されそうだから。転校するから。」と。日光へも学校へも行かないつもり。日光行っても、また一人分だけないかもしれない。行きたくない気持ちは100%!と言う息子。クラスメイトが一緒に行こうよって誘ってくれている事に言及すると、20%行こうかなって気持ちになるよう。友達効果が出ている。何が核心?探っていくと支援員の指導がマズイことが見えて来ました [続きを読む]
  • 行かなかったら、ただじゃあおかない・・・by校長
  • 「"息子"、男と男の約束だよなっ」と、息子と仲良さそうに校長室のソファでくっついて座り、とても和やかな雰囲気で言う校長先生。。。日光移動教室の事前健診に渋々来て、校長先生とふたりきりだった息子。「日光行くって!」と伝えてくる校長先生の横で「うん」と頷く息子。。。怪しむちーママが「何かあるんじゃない?言いたいことがあるなら今言っとかないと、もっと嫌になるよ。」と促すと、小さな声で何か言う。「何?」と副 [続きを読む]
  • イジメられてないのに、イジメられている
  • こうしてイジメじゃないことも"イジメられて不登校"となっていくのでしょうか。発達障害児は。夜に担任から日光への持ち物について連絡が入りました。そこで登校拒否についてこちらから触れることになり、話して行くうちに、担任が「(息子が)集団に入るのが辛いんでしょうかねぇ」という話の収まり方になったので、ちょっと待ったと。「今、話をしているところなのですが、どうやら給食が核心部分に触れるようです。何度も自分だけ [続きを読む]
  • ふざけんな
  • 早朝に欠席連絡した電話で、息子と話したいとおっしゃる校長先生。取り敢えず、日光直前の健康診断だけは受けに行くことになります。嫌がる息子。でも直接約束させられます。昨晩は、本人にもうこれ以上の追及はしないで過ごさせることにしていて、主人もちーママも積極的に問いませんでした。が、本人が学校へ行かない宣言をするので、なんで?という話になると、それが理由だとは言わないのですが口にする話があります。給食の事 [続きを読む]