ヒストリア さん プロフィール

  •  
ヒストリアさん: 世界ヒストリア紀行
ハンドル名ヒストリア さん
ブログタイトル世界ヒストリア紀行
ブログURLhttps://ameblo.jp/iovehistory/
サイト紹介文歴史好きの主婦が、読んだヒストリアについて紹介します。他に、子育てやお出掛けについても。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/12/08 01:35

ヒストリア さんのブログ記事

  • 2017 ハワイ⑩ ワイキキ市内観光(6)
  • ワイキキ市内観光。イオラニ宮殿の後には、「タンタラスの丘」へむかいました。タンタラスの丘へは、実はこの市内観光ツアーの一番最初に来ていたのですが、午前中は雨模様で(後に晴れました)、タンタラスの丘からはほぼなんにも見えなかったんです。それで、ガイドさんが親切にももう一度連れてきてくださり、この絶景に出会えました。ダイヤモンドヘッド?パールハーバー?が遠くに見えると聞いて、目を凝らしました。拡大!飛び [続きを読む]
  • 2017 ハワイ ⑨ ワイキキ市内観光(5)
  • ハワイ記事、長いですが続きます。イオラニ宮殿の庭には、こんな巨木があります。ガジュマルの樹、バニヤンです。(お〜今回のお宿と同じ名前)ガイドさんが云っていましたが〜厳密にはガジュマルと、このバニヤンは違うものらしい。ガジュマルは、沖縄などの日本だけの言い方で、英名はチャイニーズ・バニヤン。バニヤン・ツリーは和名だとベンガルボダイジュで、兄弟だけど同じではないらしいです。ボダイジュって、あのお釈迦様が [続きを読む]
  • 2017 ハワイ⑧ ワイキキ市内観光(4)
  • ワイキキ市内観光の続きです。イオラニ宮殿。よく考えると、こちらはアメリカ唯一の宮殿。(アメリカ本土には王政はないもの)壺が並ぶ玄関ホールにはアンティークな階段があります。ホールわきの部屋は、「玉座の間」展示されていた孔雀の羽根のドレス。宮殿はほとんど復元みたいです。カメハメハ大王の血統が途絶えたあと、2回目の選挙で選ばれた王がカラカウア(左)で、このイオラニ宮殿を建てました。右の女性はカラカウアの妹、 [続きを読む]
  • 2017 ハワイ⑦ ワイキキ市内観光(3)
  • 更新〜遅れ気味ですが、ワイキキ市内観光の続きです。東海岸でキレイなビーチを眺めた後は、ワイキキに戻り、旧市街に向かいました。途中、チャイナタウンや官公庁街を通ったので車窓観光。旧市街、初めてだったので、興味津々。海岸のホテル街とはずいぶん雰囲気が違うんですね。(画像なくてスミマセン)やってきたのはこちら。カメハメハ大王像。背後の建物はハワイ州最高裁判所。ハワイに統一王朝をもたらした偉大な王の像は、例 [続きを読む]
  • 2017 ハワイ ⑥ ワイキキ市内観光(2)
  • 更新遅くなりましたホノルル市内観光半日コース。「モアナルア・ガーデン」の後には、東海岸へ向かいました。ワイマナロ・ベイ・ビーチ右手に見えるのが、通称・ラビット島のマナナ島。ちょっと砂浜が写っていなくてビーチの感じがしませんが〜静かでキレイなビーチ。少々治安が悪いという話もあるようですが、私たちが行った午前中は、散策の方々がほどほどにいました。マカプウ展望台からみた、マカプウ・ビーチ。マカプウ・ビー [続きを読む]
  • 2017 ハワイ ⑤ ワイキキ市内観光(1)
  • 夏休みハワイ旅行。今日からワイキキ市内観光の様子を紹介します私たちが申し込んだのは半日コース。まず、「♪この樹なんの樹〜」で有名な「日立の樹」で有名な「モアナルア・ガーデン」へ行きました。?駐車場側から見るとこんな感じ。花が咲いていました。樹の下をくぐって〜樹に触れたりしながら〜?反対側に出るとこんな感じ。こちら側が日立のCMと同じ向きです。「日立の樹」は、正式の名は「モンキー・ポッド」といいます。 [続きを読む]
  • 2017 ハワイ ④ クヒオビーチ
  • 今回のハワイ旅行は、ワイキキ・バニアンに6泊したのですが〜なぜこちらを宿泊先に選んだかというと、単にクヒオビーチに近かったからです。クヒオビーチは、ワイキキビーチ(8つのビーチの総称)のほぼ中央にある、ホテルでいうとモアナ・サーフライダーからアストンワイキキビーチの辺りで、ショップが連なる海岸通りの端にあります。防波堤があるので波がやわらぎ、安全で子供むきなビーチとされており、観光客には人気のエリア [続きを読む]
  • 2017 ハワイ ③ フードパントリー
  • さて、今日はスーパー編です。ワイキキ・バニアンに滞在中は、頻繁にこちらのフードパントリーにお邪魔しました‼場所は、バニアンからだいたい5ブロック西。バニアンはあと1ブロックで動物園という東のはじっこにあるので〜ブランドショップが連なる中心部へ少し戻る感じ。斜めはす向かいに、2016年に生まれ変わったインターナショナルマーケットプレイスがあります。なかなか便利なところ!インターナショナルマーケットプレイ [続きを読む]
  • 2017 ハワイ② 初めてのコンドミニアム
  • さて、アストン・ワイキキ・バニアンに6泊した今回のハワイ旅行。初めてのコンドミニアムはいろいろびっくりで〜なかなか面白い体験でした。画像のあるところから振り返っていくと〜まずキッチン。おおきなキッチンペーパーが備え付けでした。ぶ厚くて大きくてたくさん使った!日本からダイソーのを持参していたのですが、使わずに持ち帰りました。冷蔵庫〜とにかく大きい!次女が「(おさるの)ジョージに出てくる冷蔵庫みたい」と [続きを読む]
  • 2017 ハワイ① ワイキキ バニアン
  • 更新が遅れましたが〜土曜日に帰国しました!ずっと忙しく旅!していたので……帰宅したとたんエネルギー切れしばらく寝てばかり。ちょっとスマホキーが叩けなかったです。さて、今回の家族旅行は〜ハワイ!ワイキキです。長女3歳、次女1歳のときに来て以来ですので〜5年ぶりかな?あのときは〜長女が早々に熱を出してしまい〜いろいろ大変でした。今回の旅は、その時を含めた思い出の地を、再びたどるのが目的のひとつです。も [続きを読む]
  • エアポート満喫
  • ほぼ1年ぶりにやって来ました〜!成田空港途中、酒々井PAでは「ツバメの巣」のヒナに会えて〜なんか良いことがおきそうな予感でっかいコカ・コーラ‼ (表です)と、思ったら〜自販機でした。(裏です)おやつタイムに遅い昼食。いつものFUJIYA。アロハー 気分先取り。展望デッキはだんだんと空が赤くなって、とてもキレイでした。西側?南側? 同じ時間で空の色が全然ちがう!夜の出発までだいぶ時間があったので、初めて空港を [続きを読む]
  • 古事記のひみつ ―歴史書の成立―
  • 古事記のひみつ ―歴史書の成立―三浦佑之 著 吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2007古事記のひみつ―歴史書の成立 (歴史文化ライブラリー)Amazonまたまた図書館で借りてしまいました。先日「日本神話」について読みましたので、そろそろ神話・歴史の総元締めたる、「古事記」「日本書紀」について読まなくては〜と思って手にした1冊です。著者の三浦佑之氏は日本文学者。千葉大学名誉教授でいらっしゃいます [続きを読む]
  • でんでん びっくり!
  • 今夜の夕食の支度をしていたら〜珍客登場!スーパーで買ったばかりの小松菜にカタツムリがお住まいでした〜たまにあるのよね〜こうゆうことやたら土が多いなぁ〜と思い、さらに念入りに洗ったら、ため水を捨てた後のシンクの上に「あ、カタツムリ!」と、枝豆を枝から切るお手伝いをしていた次女が見つけて叫びました。わたしはてっきり死骸だと思って、水道水を思いっきり掛けて流そうとしてしまったのですが〜頭が出てきて張りつ [続きを読む]
  • 神の島 沖ノ島
  • 「神の島 沖ノ島」藤原新也 (写真・文) 安倍龍太郎 小学館 2013藤原新也氏が手掛けた、沖ノ島の写真集です。巻末に、「信長燃ゆ」で高名な安倍龍太郎氏が宗像氏の世界を小説に書いていらっしゃいます。出版社の意向でなのか、その点はわかりませんが、おふたりは2012年に一緒に沖ノ島を訪れました。藤原新也氏といえば、放浪の写真家・思想する旅人のイメージがあります。もう10年以上前、わたしが友人とインドへ行った前 [続きを読む]
  • 古代を考える 沖ノ島と古代祭祀
  • 「古代を考える 沖ノ島と古代祭祀」小田富士雄 編 吉川弘文館 1988吉川弘文館から出版されている「古代を考える」シリーズ。共著作であるので、なかなか総合的に表題を分析している気がして、このところ気に入って数冊購入しました。いささか発行は古いので、最新の研究ではないかもしれませんが、素人でも勉強しやすいシリーズかと思います。今回紹介する「沖ノ島と古代祭祀」は、アマゾン古本でもお高かった [続きを読む]
  • 行きたい! 吉野ヶ里遺跡
  • 先日届いた某社のPR誌。表紙にくぎ付け〜あぁ吉野ヶ里だわ!すごく立派だわ〜憧れるわ〜なんかたくさんですね・・・こんなに復元されていたんですか?資料は読んでも観光案内は読まないので、よく知らなかったです。行ったことのある夫が行ったときには、こんなに復元されていなかったそうです。何年前か知りませんが・・10年以上前なのは確か(出会う前ってことね) なんで夫が行ったことあるの〜? なぜ私じゃない!(だだの嫉妬で [続きを読む]
  • 2017 七夕 & 10周年
  • 本日は七夕ですね。関東地方は晴れましたが、月はみえても星はあまりみえず・・・次女が「天の川、みえないね」と悲しそうに呟いていました。(毎年のことよ〜と母はドライに対応)次女が小学生になり、幼稚園と違い、学校から飾り類をなにも持って帰ってこないので、ついつい親子で忘れて昨日になって、あ〜七夕だ!と気付きました金曜はスイミングがあって工作の時間がないので、今年は七夕飾りやめよう、と言ったのに、どうしても [続きを読む]
  • 新版 日本神話
  • 「新版 日本神話」上田正昭 著 角川ソフィア文庫 20107月も3日になりました。前回の記事から一週間以上過ぎてしまいましたが〜本はサボらず読んでおりまして・・・なんとか読み終わりました‼上田正昭氏の「新版 日本神話」。文庫ですが内容はたっぷり。一行一句がとても興味深くて(付箋いっぱい付けちゃいましたよ〜)とても熱心に読んだはずなのに、なぜか時間がかかりましたひと言でいえばこの著作、かなりの名著かと思いま [続きを読む]
  • ヤマトタケル
  • 「 ヤマトタケル 尾張・美濃と英雄伝説       第2回 春日井シンポジウム 」  森浩一・門脇禎二 編   大功社   1995年初版ヤマトタケル―尾張・美濃と英雄伝説 第2回春日井シンポジウム (春日井シンポジウム (第2回)) Amazon2月以来初の歴史記事になります。ブログの趣旨に反する記事ばかり続いて内心、心苦しかったのですが〜なんとか復活です。そして久しぶりにPCからの更新でもあります。 思えば2月に [続きを読む]
  • シリーズ読破!・・・ではなかった
  • このところ歴史熱が下がり気味・・・と先日記事に書きましたが、ではなにをしていたかというと〜浅見光彦シリーズを読みまくっていました。昔から歴史本につまづくと推理小説や漫画に走る傾向があり〜このところは浅見光彦シリーズに走ることが多いです。浅見光彦シリーズというのは大変作品数が多く、某ファンの方のサイトによると〜115!その最終章といわれるものが少し前に発売されました。これがずっと読みたかったのですが、まだ [続きを読む]
  • 司馬遼太郎がやってきた
  • ご無沙汰しております。なんと6月初の更新です。次女の新生活やら、体調不良やらなんやらで〜と言い訳はいろいろあるのですが割愛。正直ちょっと歴史熱が低下していた感じですお陰さまで実家の両親の体調はふたりとも持ち直し〜元気になって身辺整理に精を出しています。特に父は〜思いきって車を処分。免許返上はまだみたいですが〜車が大好きで良い車に乗りたくて仕事を頑張っていた父だと思うと・・・ちょっとかわいそう。心臓が [続きを読む]
  • 運動会 2017
  • 先週の土曜は運動会でした。青空で写真は絵になったけれど、暑かった・・・少し風がひんやりしていたのが救いでした。次女が1年生になり、娘ふたりが同じ小学校の運動会に初めて揃い、同じ2組で同じ黄色。わかれなかったので応援が楽毎年同じだといいです。今日は振り替え休日だったのですが、長女が学校の眼科検診で再検査もらってきたので、眼科へ行ってきました。いよいよ眼鏡かな〜すっかり日常プラグで申し訳ありません。お [続きを読む]
  • 2017 母の日
  • 今日は母の日だったので、実家へ行ってきました。プレゼントはリクエストのあったコスメボックス。先に宅配で届けておいたのですが〜留め具が固くて開かない、と言われてしまった年寄りへのプレゼントは難しいです・・・娘たちからは、花とカードのプレゼントがありました。前日までにちゃんと作っておいたはずのカードが見つからなくて〜泣きながら朝になってから作っていましたが(長女です)実家から帰宅したら見つかって、ダブル [続きを読む]
  • GW2017 長瀞③ かき氷
  • 長瀞で岩畳を散策した後は、疲れた〜暑い〜とへたばる娘たちを励まして、ひと駅分歩いて天然かき氷の店「阿左美冷蔵」へ。やっと到着したら〜人がいっぱいざっと100人はいました。どんだけ待つか心配しましたが、約1時間待ちですみました。こういった?室内もあるのですが、お庭にもたくさんテープルとイスが置いてあり〜たくさんのお客さんがいっぺんに食べられるよう工夫されているようでした。注文も、列に並んでいる間に聞いて [続きを読む]
  • GW2017 長瀞②
  • GW長瀞〜博物館の後には川沿いに散策しました。公園のツツジを遠目に見ながら川沿いの道を探す。地図はもらってあったのですが、標識が見つからず〜具体的な散策路がわからなかった・・・けれど適当に歩いてみたら川沿いに出ました今まで川下りで何度か荒川を下りましたが、川沿いを散策するのは初めて。船から散策する人を眺めるのとは反対!なんか新鮮でした。上流のほうは川幅せまい〜岩畳って感じの岩だらけ。中州みたいになって [続きを読む]