モトボサツvol2 さん プロフィール

  •  
モトボサツvol2さん: モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2
ハンドル名モトボサツvol2 さん
ブログタイトルモトボサツ勝手にブログセブ島編vol2
ブログURLhttp://motobosa2.club/blog/
サイト紹介文モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2です。セブ島の灼熱ローカルな生活をご紹介します。
自由文セブ島在住孤独を愛する47歳。血液型AB。灼熱ローカルな七転八起生活をご紹介しますのでよかったらご覧ください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2015/12/08 10:34

モトボサツvol2 さんのブログ記事

  • 【性教育】メイドが教会へ行く時にはコンドームを持たせろ
  • 土曜日の夜から突然体調に異変を感じ始めた。なんだか胃が張った感じで吐き気がする。食中毒?ティムがパークモールで買ってきたバーベキューが最有力候補だ。以前Iさんから頂いた胃薬を飲んでやり過ごしたが、夜中には激しい下痢が始まってしまった。そして、翌朝から後頭部の耳の後ろが痛い。熱を測ると38度。昨年デング熱にやられた時と初期症状が似ている。「ひょっとしてまたデング!?」久しぶりにドップリとした気分のま [続きを読む]
  • 【赤裸々】フィリピンメイド特集 骨の髄まで分かるまで。。。
  • メイドやドライバーの居る夢の南国生活。数年前そんな売り方でリタイヤメントを勧誘する業者がかなり目立った。ギスギスした日本を出て老後は気候の良い南の島でのんびりとリゾート生活。若くて純粋そうなメイドと忠誠心の強そうな屈強のドライバーにかしずかれる姿が目に浮かぶ。しかし。。。実際フィリピンで生活してみると1カ月もしないうちに夢に描いた幻想生活は音をたてて崩れ落ちる。住み込みのメイドの給料は月額3000ペソ [続きを読む]
  • 【重要】?セブメイド?紹介情報 保存版
  • フィリピンのメイドはこう言っては何だが、安かろう悪かろうの世界。私の近所の中流フィリピン人達もメイド選びには大変苦労し、回転率が物凄く早い。フィリピン人でさえ扱いに苦労するのに日本人だと即アウトだろう。達人いわく、10回に1回当たりがあるというメイド選び。うちの場合は現在9人目を現在進行中。関連記事:サンボアンガから来た女Easy Come Easy Go。簡単に手に入るものはろくなもんじゃない!いまカワイイちゃんの [続きを読む]
  • 【秘伝】俺のセブ島魅惑マッサージ 良店の見分け方教えます!
  • 「酒・女・たばこ・ゴルフ・マッサージが安いことだけがフィリピンの魅力」世間より少しだけ早くリタイヤし、得意の英語と現役時代にこしらえた富で魅惑の南国生活をわりきって謳歌しているI澤さん(60代)はこう断言する。「この国はね、酒と女とたばことゴルフとマッサージが安いのだけが魅了だね」他人事ながら本当に良い人生だと思う。人生これからの青少年にはぜひ「勝ち組」と呼ばれる彼のR18な人生の真実を見せてやりた [続きを読む]
  • 【人災】フィリピンのバカ野郎 2歳の子の死
  • 午前1時、ティムの妹の娘が亡くなった。享年2歳。死因はPnumonia(肺炎)。子供の死。フィリピンへ来てもう何人の子供の死と出会っただろうか。きっと日本なら死なずに済んだであろう。いつもそう思ってはこの国の現状に絶望し、諦める道をやるせなくたどるしかないのだ。しかし、深く沈痛な悲しみの中にもある種の怒りがこみ上げる。無力な幼い子供を死なせた周りの大人たちへの怒りだ。フィリピンのドクター。高級車にMDという偉 [続きを読む]
  • 【悪夢】ハイネケンとウォーキングデッド
  • 最近のマイブームは寝る前のウォーキングデッドとハイネケンビール。ウォーキングデッドとは2010年アメリカのケーブルテレビで放映が始まったゾンビドラマなのだが、ゾンビのキモさや、恐ろしさというものはともかく、わずかに残された人間同士の本性が極限状態で露わにされる人間の証明だ。セブでハイネケン?正直サンミゲルも10年飲み続けると精神的に疲れる。そこで高い輸入ビールに走ったわけだが、値段がサンミゲルの2倍以上 [続きを読む]
  • 【カンニング対決】インド VS フィリピン
  • フィリピンへ来て大学や日本語関連の試験等で試験監督を経験する機会が急に増えた。ここでフィリピンあるあると言えばカンニングの凄さ。日本でももちろんカンニングする奴は居るが、フィリピンのカンニングはレベルが違う。まずカンニングに対する姿勢が違うのだ。大学の中間期末試験で、もちろん開始前に儀式的に、カンニングやおしゃべりは禁止だと言っても全然効果がない。「あんた日本人だから舐められているダケ」日本人だ [続きを読む]
  • 【窮地】クジョー5匹 もう逃げられない 奴等がそこにいる!!
  • 犬のホラー映画といえばクジョー。大昔、この映画を観てイヌが大変嫌いになった。もう逃げられない 奴がそこにいる!!クジョーという説とクージョという説。。。一体どっちが正しいのだろうか?CUJOとKUJO。。。発音は同じだが、スペリングが違うバージョンもある。1983年公開のアメリカ映画。自動車修理工場を営むジョーは狂犬化した飼い犬クジョーに噛み殺される。そして車の修理に訪れた母子にも襲い掛かる。幸い工場にあった [続きを読む]
  • 【燃焼系】私が2時間以上かけてTOPSまで歩いた理由
  • 先日までセブ留学へ来られていた60代の男性。なぜか記憶に深く残る1人だ。それはきっと彼が毎朝セブの街をジョギングしているという話を聞いたからだと思う。私も出張や旅行先でも朝からジョギングをしないと気が済まない。知らない街を走る冒険心が止まらない。それから彼がセブの週末に何をして過ごしたかを聞くのがなんだか楽しみになった。知らない街に身を置き、自分と向き合う姿に昔の自分を重ねる。日本からセブへとドラス [続きを読む]
  • 【情報開示】ラブホ利用者の名前が思いっきり貼りだされた理由
  • 花の都マニラにはセブとは比べものにならないほど沢山のラブホがある。なかでも印象深いのはこのVICTORIA COURT。黒い帽子のご婦人が人差し指をたて秘め事を連想させるロゴマークでお馴染み。このVICTORIA COURTは今年30周年記念キャンペーンで30台のIphone7が当たるキャンペーンを実施した。Iphone7を持っているフィリピン人なんて富裕層か日本人のパパがいる援交ガールに限られる。そんな夢のガジェットが当たるかもしれないの [続きを読む]
  • 【秘策】カモられないための魔除けの呪文「Pila imong anak? Lalaki ? Babae?」
  • うちのカワイイちゃんも3歳になり、午前中2時間だけ近所の幼稚園みたいなところに通い始めた。月謝は3000ペソ。日本からすると激安かもしれないが、月収1万ペソ未満が平均の国で、3000ペソを幼稚園みたいな所に出せる家はちょっとしたオカニモチな部類に入るのかもしれない。子供の世話をするメイド(ヤヤと呼ばれる若くて田舎臭いフィリピーナ)が付き添ってくる子供が多い。うちに来たジュビ(反政府ゲリラの郷サンボアンガ [続きを読む]
  • 【盲点】成功する人間のたった一つの条件とは意外なことだった
  • 右へ倣えの島国根性が吸い寄せられる合言葉は1億円。なぜか1億円という単位が日本人の夢の象徴となっている。そして、検索キーワードで1億円と入れたらさいご似たような情報がわんさか出てくる。年収1億円を稼ぐ人だけが知る40のリスト年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人年収1億円を引き寄せる1%の人だけが実行している45の習慣年収1億円を稼ぐための3つの習慣結局、これをまとめると、たぶんこんな感じ。「あなたがダメな理由 [続きを読む]
  • 【消し忘れ】恥ずかし過ぎる自撮りが話題に。。。
  • 2017年7月21日午前10時、マニラのケソンアベニューのクリスピークリームにてiphoneの盗難事件発生。CCTVカメラに犯人らしき人物が映っているが、いつものごとく顔は特定できない。無意味な事の多すぎるフィリピンだ。もちろんここフィリピンでは警察が犯人を捕まえてくれるわけもない。しかし、その後犯人のアホ面が克明に分かることになる。犯人は盗んだipnoneで早速自分の顔を撮りまくった。暇があれば自分の顔を鏡に映し、うっ [続きを読む]
  • 【フェチ】英雄巨乳を好む 続荒野の7人の下心 ネタバレ
  • エロ凄すぎる7人が集結!『新荒野の七人』リメイク、デンゼル・ワシントン主演『マグニフィセント・セブン』 故黒澤明監督の大名作「七人の侍」。西部開拓時代のメキシコを舞台にした西部劇「荒野の7人」。この名作2本を原案にリメイクされた映画『マグニフィセント・セブン』をいつもの海賊版DVDで観た。主演のデンゼル・ワシントンをはじめ、クリス・プラット、 イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、かなりオカニのかかった [続きを読む]