ジョン さん プロフィール

  •  
ジョンさん: Unread
ハンドル名ジョン さん
ブログタイトルUnread
ブログURLhttp://ddss-msv.hateblo.jp/
サイト紹介文24歳男が書く雑記系ブログ。青空文庫/雑記/電子機器/IT/Amazon/ラノベ/アニメ/レビュー他
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/12/08 18:44

ジョン さんのブログ記事

  • 【これで100円?】ダイソー万年筆3種比較!【プラチナもある】
  • どうも、ジョンです!LAMYのアルスターという万年筆を買ったのですが、それ以来、万年筆沼にハマりつつあります。先日ダイスキンを買ったダイソーに先日再び訪ねて、ゆっくり見回っていると100円ショップにもかかわらず、なんと万年筆が置いてありました。しかも3種類!すべて買ってきたので、今回はそれらを比較しつつご紹介したいと思います。 ダイソー万年筆その1 ダイソー万年筆その2 ダイソー万年筆その3 ペ [続きを読む]
  • ハトはゴキブリで心理学なんだよ
  • どうも、ジョンです!特に遠くに行く用事もないけれど、ちょっと外には出たい。そんな気持ちでいることが多いせいか散歩に行く頻度が高い僕。今日海辺を歩いていると思ったのですが……異常にハトが多い。そういえば昔から見かける鳥といえばハトです。たまにスズメを見かけますが基本はハト。ハトが☆1とすればスズメは☆2なわけ。ちなみに☆3となるとツバメとかですね。よく考えてみるとハト以外の鳥って生活圏内ではあまり見か [続きを読む]
  • 楽しく数学への興味が湧く!「浜村渚の計算ノート」感想
  • どうも、ジョンです!「そして生活はつづく」に続きKindleセール本を読みました。その名も「浜村渚の計算ノート」。ご存知のかたも多いかな? 「浜村渚の計算ノート」とは? 数学雑学がたまっていく この一言わかる〜〜〜 数学世界への扉を開きたい方に「浜村渚の計算ノート」とは?講談社Birthの受賞作で現在は講談社文庫より刊行中の、ミステリー小説です。著者は早稲田大学クイズ研究会OBの青柳碧人さん。作 [続きを読む]
  • 【GWのお供に】星野源エッセイ集「そして生活はつづく」感想
  • どうも、ジョンです!GW期間ではありますが、自分にとってはTwitterのタイムラインに人が多いかどうかくらいの差しかありません。と思っていたのですが、Kindle本のGWセールがあったので、深夜テンションでいくつか買いました。そのなかの一つ、星野源さん(以下敬称略)のエッセイである「そして生活はつづく」を読みましたので感想です。 「そして生活はつづく」の概要 星野源の変人っぷりがわかる 星野源もためにな [続きを読む]
  • 新メディア登場に共通すること(寺田寅彦著「ラジオ雑感」)
  • どうも、ジョンです!ネットの台頭で衰退したかに見えた他メディア。しかしネットと相性がすこぶる良いメディアがありました。それがラジオ。かくいう僕もアニラジを始めとして、ラジオを聞く機会が増えました。日本初のラジオ放送は1925年3月22日9時30分に社団法人東京放送局(JOAK、現・NHK東京ラジオ第1放送)が行ったもの。その言葉は「アーアー、聞こえますか。……JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。こんにち只 [続きを読む]
  • 亡妻との思い出がしみる(寺田寅彦著「どんぐり」)
  • どうも、ジョンです!寺田寅彦を読むにも青空文庫は雑然としすぎているので、選ぶ基準が面白そうな題名しかないのが少し気になって、他の寺田寅彦随筆集に収録されているものを目次だけ確認して探せばいいのではと思い至りました。そういうわけで、まず読むのは参考にした随筆集のトップである「どんぐり」です。 「どんぐり」概要 愛を感じる「どんぐり」概要Amazonの内容紹介には次のように書いてあります。今は亡き妻 [続きを読む]
  • 趣味「物件探し」が楽しすぎる件
  • どうも、ジョンです!学生のころに京都で一人暮らしをしていて、いまは実家。実家はお風呂も広いし、設備もしっかりしているのですが、一人暮らしの不便なりに楽しい空間を思い出して、戻りたいと思わずにはいられません。そんなときに眺めるのが物件情報!実は物件情報を眺めるのが趣味という人もいるくらい、楽しいんですよ! リアルに引っ越すことを想定してみる 変化をつける グレードをあげる [続きを読む]
  • 多読は毒?読むべき本は大根?(寺田寅彦著「読書の今昔」)
  • どうも、ジョンです!寺田寅彦の随筆が多すぎて、終わりが見えません。もちろん良いことです。さて今回の随筆は「読書の今昔」。やはり多少なりとも本を読む人間として、読書が題された文章は気になりますね。 「読書の今昔」概要 書籍=商品? 多読は毒? 何を読むべきか? 感想「読書の今昔」概要Amazon内容紹介によると、現代となっては書籍はひとつの商品であり、日々増えいく書籍の将来はどうなるのか、読 [続きを読む]
  • 偉大なる"寺田寅彦の目"(和辻哲郎著「寺田寅彦」)
  • どうも、ジョンです!寺田寅彦猛プッシュ中の青空文庫カテゴリですが、少し趣向を変えて、寺田寅彦の著作ではなく寺田寅彦について書かれている著作を読んでみました。和辻哲郎の「寺田寅彦」です。 和辻哲郎とは? 寺田寅彦の視点和辻哲郎とは?内容の前に、寺田寅彦について語る和辻哲郎とはどんな人なのでしょうか。Wikipediaによると、和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、日本の哲学者 [続きを読む]
  • シュレディンガーの花粉症は無意味だった
  • どうも、ジョンです!花粉量の多い少ないに一喜一憂している花粉症のみなさん、こんばんは!たいへんですね!お前は花粉症じゃないのかって?ふふふ、僕はシュレディンガーの花粉症なのです。ddss-msv.hateblo.jpこの1年前のエントリーで、まだちゃんと診断されてないし花粉症であるとは断定できない的な意味で、自分のことをシュレディンガーの花粉症であるとしています。 症状の前には無意味 花粉症のこと馬鹿にして [続きを読む]
  • 愛が重い(寺田寅彦著「夏目漱石先生の追憶」)
  • どうも、ジョンです!自分のなかで勝手に「寺田寅彦集中期間」が始まっているので、今日も今日とて寺田寅彦です。特に寺田寅彦は夏目漱石との親交が深かったので「夏目漱石先生の追憶」を読みました。 「夏目漱石先生の追憶」とは? 寺田寅彦の尊敬 寺田寅彦、押しかけすぎ問題 さいごに「夏目漱石先生の追憶」とは?寺田寅彦が親交の深かった夏目漱石の人柄や思い出話を綴ってある随筆です。Wikipediaでは、漱 [続きを読む]
  • 基本が大事(寺田寅彦著「わが中学時代の勉強法」)
  • どうも、ジョンです!以前読んだ寺田寅彦の随筆がおもしろかったので、青空文庫で読むのはしばらく寺田寅彦に限ってみようかななんて思っています。ddss-msv.hateblo.jp今回読んだのは、寺田寅彦の「わが中学時代の勉強法」です。 寺田寅彦の勉強法 寺田寅彦と読書 寺田寅彦とノート 寺田寅彦の息抜き 基本が大事寺田寅彦の勉強法勉強法と銘打つくらいなので、さぞ工夫を凝ら [続きを読む]
  • マストドンに登録してみた&感想!
  • どうも、ジョンです!現在にわかに盛り上がりを見せているマストドン、ご存知でしょうか。僕も流行りものに乗っかって登録、利用してみたので感想をお届けします。 マストドンとは? マストドンの利用方法 マストドンを使ってみての感想マストドンとは?ITmediaによると、Mastodonは、ドイツに住むEugen Rochkoさん(24)が作ったTwitterライクなSNS。Twitterとの大きな違いは、サイトが1つではなく複数に分散してい [続きを読む]
  • 自己紹介?ネットで済ませました
  • どうも、ジョンです!もう新年度になって2週間以上経過しましたが、新入生・新社会人のみなさんはドッタンバッタン大騒ぎの毎日を送られているのではないでしょうか。今週のお題「自己紹介」ということで、はてなのお題に乗っかりたいと思います。 自己紹介ってどこまで言えばいいのか困る ニートは自己紹介がすごく困る ネット経由で会うとめっちゃ楽 一回ネットで会話させてくれ自己紹介ってどこまで言えばいい [続きを読む]