カワベ さん プロフィール

  •  
カワベさん: 映画旅行
ハンドル名カワベ さん
ブログタイトル映画旅行
ブログURLhttp://ticketcafe.blogspot.jp/
サイト紹介文映画感想文とロケ地紹介しています 映画鑑賞や国内旅行にお役立て頂ければ嬉しいです。
自由文日本国内のロケ地なので邦画が多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 287日(平均1.9回/週) - 参加 2015/12/09 04:52

カワベ さんのブログ記事

  • 廃市 (1984) 小林聡美×大林宣彦監督作品
  • 引用:Flickr大林宣彦監督の自主映画作品「廃市」を20年以上振りに見ました。思春期の頃に深夜放送で観たようなおぼろげな記憶が。大林監督といえば原田知世の「時をかける少女」ですが、そんなアイドル映画「時かけ」の後、大林組全員2週間休暇がとれたので、16mm片手に1本映画を撮っちゃったという自主映画作品だから凄い。俳優さんもいつもの大林作品常連の俳優さん達が出演しているのですが、出演料なしだそうです。 [続きを読む]
  • 世界から猫が消えたなら 佐藤健×宮崎あおい
  • ちょっと前に『世界から猫が消えたなら』を見てきましたので感想投下。原作は川村元気の小説で、数年前に購入して読んだにもかかわらず、派手なアロハを着た悪魔が出てきたことくらいしか記憶に残っていません・・・というわけでホボ予備知識なしで鑑賞。 30歳の郵便配達で映画好きの”僕”(佐藤健)は、悪性脳腫瘍で余命1日?30日?余命についての数字的なことは忘れましたが、とにかくショーーーック!!そんな”僕”の前に現 [続きを読む]
  • 蜜のあわれ (2016) 二階堂ふみ×大杉漣
  •  『ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの 』という詩でよく知られる文豪・室生犀星の晩年の幻想奇譚、『蜜のあはれ』の映画化作品です。ちょっと前に観て参りましたので感想&ロケ地を投下します。正直、純文学作品の映画化作品はあまり面白くない・・・というか好みではないのですが、二階堂ふみ×石井岳龍監督(元石井聰互)に釣られ見てみました。石井聰互時代の暴走するわけのわからんエネルギーに満ち [続きを読む]
  • 君が踊る、夏 (2010) 溝端淳平×木南晴夏 高知よさこい映画
  • 南国土佐の暑い夏---よさこい祭りを題材にした映画「君が踊る、夏」をご紹介。よさこい祭りは毎年8月9日(前夜祭)10日、11日(本番2日)、12日(後夜祭・全国大会)の4日間、高知市内9カ 所の競演場・7ヶ所の演舞場で約200チーム、約19,000人の鳴子を持った踊り子たちが乱舞するお祭りです。そんなよさこい祭りを背景に、事実に基づくお話だそうです。カメラマンを目指して東京でアシスタントとして働く新平(溝端淳平)は、母が [続きを読む]
  • スケッチ・オブ・ミャーク Sketches of MYAHK (2011) 宮古島
  • ずっと見たいと思っていた『スケッチ・オブ・ミャーク 』をDVDにて鑑賞しました。”ミャーク”は沖縄の離島、”宮古島”です。宮古島には沖縄民謡とはまた違ったアーグという古謡と、神聖な神事における神歌があり、その唄に焦点を絞ったドキュメンタリー映画です。 沖縄には本島にも八重山諸島にも沢山の古謡があるのですが、宮古島は少ないといわれていたそうです。でもそうではなく、音楽家の久保田真琴さんは宮古の唄 [続きを読む]
  • 県庁おもてなし課 (2013) 錦戸亮×掘北真希
  • 『県庁おもてなし課』は、人気作家有川浩の同タイトル小説の映画化です。高知県庁を舞台にした、珍しい市役所公務員奮闘映画になっています。「おもてなし課」は、高知県に実際に存在する”課”です。こちらが高知県庁にあるおもてなし課のサイトですが、看板が”本物のおもてなし課”になってる(笑)登場人物の吉門は有川さん自身がモデルで、吉門の父高遠は有川さんのお父様がモデルだそうです。  観光の促進を円滑にするため [続きを読む]
  • くちづけ (2013) 貫地谷しほり×竹中直人
  • 先日何の期待もしないで、Gyaoで映画『くちづけ』を見ましたが、めっけ物でした!!2012年に解散した、宅間孝行率いる演劇集団、”東京セレソンDX”の同タイトル舞台を、堤幸彦監督により映画化されたもので、本作でも宅間さんは脚本と、舞台と同じく”うーやん”役で出演されています。宅間さんが三面記事で事件を知り、脚本を書いた戯曲が原作です。内容を全く知らずに、タイトルとキャスト(貫地谷しほり×竹中直人主演だ [続きを読む]
  • 2つ目の窓 STILL THE WATER (2014) 河瀬直美監督作品
  • 日本よりもフランスでの評価が高い、河瀬直美監督作品『2つ目の窓』を見ました。河瀬作品は「殯の森」「七夜待」くらいしかちゃんと見ていませんが、本作『2つ目の窓』は他の映画と比べると、かなりわかりやすかったです。河瀬監督といえば奈良ものですが、監督のルーツであるという奄美大島が舞台になっていて、奈良もの以上に映画的な映像美が素晴らしなぁ、と思いました。力強く印象的なショットが多く、特にポスターのシーンは [続きを読む]
  • おにいちゃんのハナビ (2010) 高良健吾×谷村美月
  • 昔、この映画、『おにいちゃんのハナビ』を機内で見てしまったところ号泣で、大変なことになってしまいました。数年ぶりに見たけどやっぱり号泣でした。よくある難病実話ものという感じではなく、お兄ちゃんのひきこもりからの再生物語、そして兄妹の絆のお話です。妹・華が急性白血病により半年間の入院生活を終えて家に帰ると、兄の太郎はひきこもりになっていた!?一家は、華の病気療養のために、新潟県の田舎町に引っ越してき [続きを読む]
  • この国の空 (2015) 二階堂ふみ×長谷川博己 ロケ地
  • 戦後70周年だった昨年の映画『この国の空』を見ました。芥川賞作家・高井有一の谷崎潤一郎賞受賞小説の映画化だそうですが、小説はいつものごとく未読です。終戦が近い東京で、母(工藤夕貴)、叔母と共に暮らす19歳の里子(二階堂ふみ)は、何度も降り掛かる空襲に恐怖し、結婚適齢期なのに戦況が悪化し結婚など望めそうもない状況に不安を抱いていた。そんな中、丙種により徴兵を免除され、妻子を疎開させ一人で生活している隣人 [続きを読む]
  • シェル・コレクター (2016) リリー・フランキー主演
  • 『シェル・コレクター』を見てきました。アンソニー・ドーアの処女作の短編集「シェル・コレクター/貝を集める人」の表題作が原作で、神話のような人間と自然の畏怖を描いたとって小説です。ドーア氏の小説はアメリカでいろんな賞を獲っているのですが、驚いた事に日米合作である本作が世界初の映像化作品なんだとか。監督は坪田義史・・・といっても存じ上げない監督さんなのですが、原作小説が好みだったような記憶があり、その [続きを読む]
  • 琉球バトルロワイアル (2013) DANCING KARATE KID 
  • 『琉球バトルロワイアル』見ました♪「ダンサーとは喧嘩するな!」というのは、今や世界の常識らしいです。また、極真空手の創始者・大山倍達先生が「(男の)バレエダンサーは強い!」と力説されていたのは有名な話です。あらゆるダンスの中でも、バレエが一番ずば抜けた身体能力と強靭な体幹、そしてリズム感が必要で、一番難しいダンスからだそうです。因みに大山先生自身、社交ダンスの名手であり、またブルース・リーも香港の [続きを読む]
  • ローリング (2015) 三浦貴大×柳英里紗×川瀬陽太
  • 冨永昌敬監督作品『ローリング』主演の三浦貴大さんは、日本一プレッシャーを受けているであろう2世俳優だと思うのだけど、デビュー数年で難役やヨゴレ役もやられていますが、今作もその両方の要素があるような役だと思います。なんせ登場人物ほぼすべてがろくでもないヤツらなんで。地元、茨城県水戸市のおしぼり会社に勤務する貫一(三浦貴大)は、行方不明だった元高校教師の権藤(川瀬陽太)と思いがけない再会を果たす。しか [続きを読む]
  • I'M FLASH! 藤原竜也×松田龍平 
  • 藤原竜也さん主演映画、『I'M FLASH!』を見ました。1984年鮎川誠がThe Rokkets名義出した「Rokket Size/ロケット・サイズ」というアルバムの中の『I'M FLASH!』という曲にインスパイアされた豊田利晃監督が書き上げたオリジナル脚本映画です。この『I'M FLASH!』という曲は、この映画の為に結成されたI'M FLASH BAND (チバユウスケ×中村達也×ヤマジカズヒデ×KenKe?n)により激熱カバーされ、本作の主題歌になっています。 [続きを読む]
  • ソフトボーイ (2010) 永山絢斗×賀来賢人 上野由岐子投手出演
  • 青春とは思い込みなのだ!!『ソフトボーイ』見ました^0^ソフトボールのオリンピック金メダルチームのエース、上野由岐子投手が出ていると聞いて。この映画、佐賀県立牛津高校で実際にあった話だということです。この高校は服飾や食品など、家庭科教育が充実しているので、女子ばかりで男子が少ないというのもホントみたいです。 主人公のオニツカ(永山絢斗)はフレンチシェフを目指して、牛津高校の料理科(?)に通う高校生 [続きを読む]
  • 春を背負って (2014) 松山ケンイチ×蒼井優×豊川悦司
  • 『春を背負って』は、「劔岳 点の記」の木村大作監督の監督第二作目の映画です。「劔岳 点の記」同様に立山連峰が舞台になっており、山小屋を営む主人公の成長してゆく姿を、立山連峰の春夏秋冬を背景に描いた作品です。原作は笹本稜平の同タイトルの小説ですが未読。東京で金融トレーダーとして働く亨(松ケン)が、父親の死により父が営む山小屋を継ぐことに。その山小屋で働く愛(蒼井優)や、父の友人だったというゴロさん [続きを読む]
  • ヤクザと憲法 ヤクザ密着100日間
  • 話題になっている、東海テレビ製作劇場ドキュメンタリー『ヤクザと憲法』を見てまいりました。Twitterで面白いと評判になっていて、DVD化はしないと聞いたので。土方宏史監督は東海テレビのテレビマンだそうです。写真の方たちは、みなさん大阪西成区に本拠地を置く、二代目東組『二代目清勇会』の現役ヤクザです。東組は広域指定暴力団であり、『二代目清勇会』はその二次団体にあたり、『二代目清勇会』の川口和秀会長 [続きを読む]