hidenoji さん プロフィール

  •  
hidenojiさん: 釣れないエギング どうする!?
ハンドル名hidenoji さん
ブログタイトル釣れないエギング どうする!?
ブログURLhttp://hidenoji.seesaa.net/
サイト紹介文釣れなくなってきている昨今の事情を考えながら、どう釣っていくか考えてみよう!!
自由文エギングテクニック云々じゃなく、釣果が上がらなくなっている昨今の状況を考えて、如何にエギングを楽しんだらいいかを考えてみる
また近場の釣行・釣果状況や使われてる道具のリサーチ、通信販売での価格比較などなどエギングに関するブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/12/10 13:14

hidenoji さんのブログ記事

  • ヤマシタ エギーノ
  • 以前紹介したデュエルのエギに似た商品がな、なんとヤマシタからも発売されてますね発売情報はHP閲覧等で見られた方も多いと思いますが自分の感想としてはまさかヤマシタがのぉ〜 という感じです(笑)詳細はこちらから 〓 !! ヤマシタ エギーノこのブログで道具は進化すると挙げたことがありますがこのスタイルが定着するのか否か??ですね売り文句も勝手に釣れちゃうですからね(笑)とは言いながら詳細を見てると細かな [続きを読む]
  • 秋イカ まとめ 2016シーズン 番外編
  • 今年もそうだったらしいのですがここ近年、秋シーズンの昼間は遠征組が増えていますすると問題になるのが釣行ポイント近くでの駐車問題です地元のポイントのほとんどは主要沿道添いで駐車場のない場所が多く仕方ないとは思うのですが大型のSUVなどで乗り付けてくる遠征組の中にはエンジンをかけたまま路肩駐車して釣行している輩もいますこうなると一般の人から見れば地元云々関係なく釣りしとる人間ってマナー悪いのぉと思われ [続きを読む]
  • 秋イカ まとめ 2016シーズン その3
  • 11月ともなると本来なら気温も下がり釣行するのをためらう季節ともなるのですが例年になく温暖な日が多く風の吹く日も少なかったようです※自分が現在住んでるとこは同じ地域でも山間部なので メッチャ寒かったのですが…(笑) 10月末からのサイズアップに伴いキロオーバーも近いだろうという感じだったのが800〜900gがほとんどであと少し!! というサイズがほとんどだったそうです仕掛けの方は、この時期になると違 [続きを読む]
  • 秋イカ まとめ 2016シーズン その2
  • さて…中秋以降の釣行は潮目や月齢の関係もありこの2つの要素を考えて出掛けるという日が多かったそうです仕掛けの方は・8・3フィート以上のロッド・2500番台のノーマルギア・リール ※シマノはC3000番台・3・5号のノーマルエギがメインとなり釣行者も地元組がほとんどとのことでした地元組や自分がシーズン中盤から長いロッドを使うのは・キャストしたエギの飛距離が出る・そのため遠くのポイントから探りが出来る [続きを読む]
  • 御詫び
  • ご無沙汰しております更新が無い状態でも訪問してくれている方に先ずは御礼と御詫びを致しますツイッターの方では報告していましたが昨年度末に交通事故に遭いまして…思った以上に状況が好転せず未だリハビリ通院しています最近になり本来の職場復帰とはなったもののやはり後遺症ではありませんが作業的に不具合があったりと四苦八苦、試行錯誤しながら暮らしておりますそれに伴いブログの方もネタはあるのに更新していない状況が [続きを読む]
  • 秋イカ まとめ 2016シーズン その1 
  • 昨シーズン(秋シーズン)も近年の傾向と同じで遠征組から始まる早いシーズンインだったようです8月初旬からランガンスタイルでの釣行が目立っていたという話でした仕掛けとしては・7フィート前後のロッド・2000番台のリール・2号〜3号のエギが主流のようでした要するに取り回しの良い仕掛けのようです秋シーズン初旬は好奇心旺盛な子イカが接岸してくるのでほとんどがサイトフィッシングスタイルでエギのカラーも奇抜!?なカ [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます更新が滞ってた本ブログですがボチボチ再開していきたいと思います更新が出来なかった理由ですが…一つは社内研修による施設内監禁(笑)ですと11月中旬に巻き込み交通事故に遭いまして…足の甲骨折で一番面白いと言われる時期を去年は逃しました※全治1ヶ月の当初診断でしたが未だ加療中です遂次、釣果情報は入っていたのでホントに残念なシーズンでしたそんなこんなで釣行してないのですが去年の [続きを読む]
  • エギ 特性を知ろう!!
  • エギのボディーカラーや布・色柄などについて前記事を参考にしていただけたらと思いますが使っているエギの特性はどうなのか??も重要になってくると思いますどのメーカーのエギも基本的な形は、ほぼ同じですがパーツ別でみると細かな違いがありモノによっては特許取得している場合もありますそのため同じようなロッドアクションでもエギの動きがメーカーによって違ってきます先ずは沈降スピードの違いです〓デュエルのHPより以下 [続きを読む]
  • 濁り潮
  • 秋シーズンも本格的になってきましたが今年は台風の影響もあってか天候的に恵まれてない日が多いように感じます台風一過や雨後の釣行で気になるのが濁り潮です河川が近くにあるポイントともなるとどうしても避けれないシチュエーションですとはいえ言い換えればビッグチャンス!!にもなります状況が状況なだけに競争相手であるアングラーが減りますとはいえ正攻法では一筋縄とはいきませんアオリイカに対するアピール…特にエギカラ [続きを読む]
  • 差し色!? その2
  • 何故、差し色が有効でないのか??という疑問は前記事の最後の方で書きましたがとにかく秋シーズン当初は事故が多い(笑)何故、事故なのか??地元常連との情報交換の会話の中でよく使う(使われる)言葉です何度も書きますが秋シーズン当初の子イカは好奇心旺盛で活性が高いのは周知の事実ですなので普段は釣行しないような場所でも運さえ良ければヒットする!! 可能性が高いのです(笑)また定番カラーのエギでなくても運次第で釣れてしま [続きを読む]
  • 頓珍漢(!?)
  • 秋が深まるにつれ面白くなってくるエギングですが情報収集を兼ねて見るSNSで頓珍漢なコメントをするエギンガーもいるようです(笑)何度も書いてますが好奇心旺盛な子イカの活性が高い秋シーズン初めは岸に近いポイントが狙い目になります逆に初秋シーズンの親イカ狙いとなると何処狙うかいの〜??といった感じになると思いますそうなると面白いのはサイズは関係なく数に期待できる岸に近いポイントの方が狙い目になりますにもかか [続きを読む]
  • 差し色!? その1
  • 釣れていたエギへの反応が悪くなったら差し色のエギが効果的!!というブログや雑誌の記事を見かけることが多くなりました本来、差し色という言葉は服飾関係で使われる言葉らしくメインの色に対しワンポイントで使う色を示すらしいのですがエギングに置き換えると同じポイントで同じ色のエギを使って長い時間釣行している場合に全く見当違いな色のエギを使おうというテクニックだとのことですえっ!?ハッキリしろって??そうです自分は [続きを読む]
  • サイトフィッシング
  • 前記事で挙げたサイトフィッシングに関して取り上げてみたいと思いますここ何年かで流行りだしたエギングテクニックの一つだと思います海の中の様子を見ながら釣り上げるというテクニックです好奇心旺盛な子イカの活性が高い秋シーズン当初はこれで数釣りを楽しむという感じでしょうか??キャスティングに関しても飛距離は要りません岸に誘い込んで見えるところで釣り上げるためですそのためエギの挙動も視認確認出来るため基本テク [続きを読む]
  • 9月になったから??
  • ということで何故か9月になったからということで秋イカシーズン突入!!と騒いでいる一部エギンガーが多いようです(笑)ツイッターなどのSNSを見ていてもサイズは小ぶりだけど爆釣!!と、はしゃぎまくっているエギンガーも多々見られます…完全に青田刈りです(笑)好奇心旺盛な子イカの活性が高いシーズン当初は岸に近い場所で様子を見ながら釣れるサイトフィッシングが有効なテクニックです飛距離も気にしなくていいですしエギが根 [続きを読む]
  • 結びましょう(笑) その5
  • 各メーカーのHPにて結束方法の紹介がいろいろあると書きましたが今回はダイワのHPからの紹介ですこちらも以前紹介したゴーセン同様に基本となる結び方のみ紹介しています何社かのメーカーHPの結束方法を見て思うのが基本をしっかり!!と紹介している感じがします何度も書くようですが傍から見ればかっこええのぉ!!と思われる結び方も実際にキチンと結べてなければ意味がないからです基本を押さえた上で応用できる結び方を憶え [続きを読む]
  • お盆どうでしょう!?
  • タイトルの時期は過ぎましたが皆さんはどう過ごされましたか??ツイッターのTLをチェックしていた限りではまだ親イカが上がっている地域もあれば子イカが上がり始めた地域もあるようです湾岸沿いを通りながら帰省したのですが県内の瀬戸内海沿岸ではカレンダーや天候の関係もあるようですが釣行している人は少なかったようですしかしエギのストック購入のため立ち寄った幾らかのショップでは異常な感じが…(笑)2・5号と3.0号 [続きを読む]
  • ヤマシタ エギングキャンペーン
  • 毎年恒例のヤマシタ エギングキャンペーンが始まりました対象のエギ2本購入でクジ1回というパターンはこの時期のヤマシタ販促の鉄板キャンペーンになりました(笑)今年は記事でも取り上げているエギ王COMMUNITYに同時入会することでWチャンスの琉球エギングツアーが当たる可能性も…実店舗のみのキャンペーンと思われ数量限定等の条件があるのでお早めに!!※クジはステッカーにもなります [続きを読む]
  • シーズン前に
  • 近くなってきた秋シーズンの前に何故、釣れなくなったのか??を考えてみようと思いますただのヘタクソ〜(笑)ならいいのですが地元組でさえ毎年シーズン中に話をすればイカの数が減ったとかポイント(釣り場所)が減ったとネガティブな会話ばかりですターゲットに対しハンターが増えたという話は前記事でも挙げてますがそれだけが要因でしょうか??確かにSNSなどの情報で挙げられるポイント(釣り場所)は潮目も関係なく盛況で場所取り [続きを読む]
  • 結びましょう(笑) その4
  • いろいろな結び方を覚えてもやはり気になるのはPEとリーダーの相性ですこれは以前の記事で仮説を挙げましたが相性(組み合わせる号数)が悪ければ切れるポイントが変わってくるからですそのため前記事でも挙げたように結節相性が良くPEとリーダーの引張強度バランスも良ければ単純な電車結びでもキロクラスを上げることは可能です逆に結節強度が強いと言われる結び方でもPEとリーダーの結節相性や引張強度バランスが悪ければ単 [続きを読む]
  • ヤマシタ 490グロー
  • 秋シーズンも近く!?なってきていますエギメーカーから新作(新色)が発表されたりとシーズンへ向けての準備が加速する時期でもありますヤマシタが昨年から投入した490グローシリーズも新色が登場しました今回の注目点はシチュエーションに応じた発光パターンが目玉のようです去年のグローシリーズはラトル(音)とグロー(発光)でイカにアピールと言うエギでしたが新色はラトルレスでグロー(発光)のデザインパターンをシチュエーショ [続きを読む]
  • ショップへGo!!
  • 以前、通販で賢く買い物をしようと書きましたが近くに大きな店舗があるのなら出掛けてみるのもいいかもしれませんというのもPCやスマホの画面で見る商品の色と実際の商品の色ではイメージと違う場合が多いからですこれは各メーカーやショップがWeb上では注意を促してますが安くなっとるけぇええんよと思って通販で買ったモノがえらい違うのぉ…となる場合が少なからずあると思うからです出費の少ない小物類なら我慢できると思 [続きを読む]
  • 結びましょう(笑) その3
  • 電車結びでGO!!としましたが、やはり結び方も他のアングラーからチラ見されてこんなぁやるのぉ!!と思わせるような結び方も覚えておけば鼻が高いと思います(笑)で各メーカーHPでいろいろな結束方法が紹介されていますが難しいけん…と尻込みしてしまう初心者アングラーの方もいると思います要は回数です何回も挑戦して失敗してコツを掴むのが必要だと思います前に紹介したのはシーガーのHPでしたが今回紹介するのはゴーセンの [続きを読む]
  • 結びましょう(笑) その2
  • では一番理にかなった結束方法とは??と言っても答えはないと思います(笑)何年もエギングや、いろんな釣りをしててもこれは切れんわいという結束方法はないと思っています結束方法がどれであれ切れないときは切れないからですそれを言っちゃぁ…となりますが皆さんも経験済みと思います要は如何に早く楽に結べて強度を保てるかがポイントになると思います代表的なのは電車結びだと思いますいわゆるフィッシャーマンズノットと言われ [続きを読む]
  • 結びましょう(笑) その1
  • いくら良いPEラインやリーダーを使っていても結び方が悪ければばらしてしまう可能性は高くなります互いの張力関係などで結び目からばらしてしまう場合がみられると思いますこれは結束方法にも起因していると思いますが皆さんの結束方法は??わからんのぉ〜という方に参考になるのがシーガーHPの強いノットはこれだ!ではないでしょうか??クレハのラインは入手が楽な上にラインナップも豊富なので愛用しているアングラーも多いと [続きを読む]
  • エギ カラーチャート その2
  • 以前、天候などのシチュエーション別にエギのメーカー別カラーチャートをアップしましたがヤマシタのHPにて選択式のカラーチャートがアップされています※2016年4月リニューアルとのこと自分も試してみたのですが…む〜って感じです(笑)3つの質問(状況)に答えればそれに応じたカラーのエギ王を勧めてくれるのですがホンマかいのぉ…というような感じですというのも自分で記事として扱っておきながら地域によっての対応カラ [続きを読む]