羽村びおら さん プロフィール

  •  
羽村びおらさん: ツイ恋−twitterと電子書籍でもBL小説なブログ−
ハンドル名羽村びおら さん
ブログタイトルツイ恋−twitterと電子書籍でもBL小説なブログ−
ブログURLhttp://ameblo.jp/hamurabiora8/
サイト紹介文18禁BL(90年代)日本のロック小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」連載。男性もドウゾ
自由文18禁BLロック小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」を連載中。
…美貌と才能のロックギタリスト・遠藤麻也(まや)。彼はその美貌と才能から過酷な運命に翻弄され…運命の恋人・日向 諒(ひゅうが・りょう)との甘い生活、それから…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供940回 / 365日(平均18.0回/週) - 参加 2015/12/10 13:15

羽村びおら さんのブログ記事

  • ・お待ちいただく間の余談(汗)…私の春からの目標・・・
  • こんばんは。今朝は一記事だけで申し訳ありません。腰にきてしまって…(ToT)/~~~年度末、カラダが気持ちについていかない(トシ?)  これから16の38を書きます…(BGMはレベッカ! カッコいい!) その間、下のカードでお楽しみ下さい… 私の夏までの目標と、いただいたエールの言葉です。 BLロック小説の起承転結、「転」まで完成させる! 何か、幕府くらい倒せそうな気がして [続きを読む]
  • ●マリモ飼育?の苦い思い出…(ToT)/~~~今日はマリモの日
  • お題:マリモ育てたことある?→ あります!!▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう ●その1 ワタクシの場合。OL時代(25年ほど前)、会社の温泉旅行で行った洞爺湖(いつかまた行きたい)の温泉ホテルで、ガラスびん瓶入りの小さいマリモ2個入りを購入。家でグラスに入れて鑑賞。水を交換すると、蛍光灯の光の下でも光合成するらしく、気泡をつけて水面に上がってくるのが可愛らしかった……が、しか [続きを読む]
  • ・37年前のNHK番組が懐かしい…今日はシルクロードの日
  • シルク製品、持ってる?→お気に入りのスカーフ! それよりも、御年51歳のワタクシは、このスタンプを見て、37年前のNHK番組「シルクロード」が懐かしくなって、つい、書いてます。(ブログ的に似合わなかったらすみませぬ) …っていうか、石坂浩二さんのナレーションと、喜多郎の音楽が懐かしいな…と大好きなウィキペディアを見てみたら、37年前に放送されていたとわかり…あたしゃー中学生だったのね…と。& [続きを読む]
  • ・あと少しで4月ですね…(^^)/
  • …月末・年度末で忙しいので、視点を変えてみた記事タイトルです(笑) とはいうものの、今日の東京は寒くて、私の近所の桜は一分咲きをキープ、といったところです。そういえば、小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」の記事タイトル、見出しをつけてみました。その理由は、 ・忙しい常連様が、続きを読みやすくするため。・新規閲覧者様を開拓するため(怖いブログじゃないのよ〜…)の二つ、ということにして下 [続きを読む]
  • ★小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」16の30
  • キッチンに走って行った諒を見送ると、 麻也はジャケットもそのままにベッドに寝転がりたい気分だったが、 それではあまりに諒に悪いのでどうにか座って待っていた。 戻ってきても、麻也にボトルを渡すと諒の方は立ったまま水分補給… でも、パジャマを出す気配はなく、すぐに麻也の服を脱がせ始めた。 「今日は諒クンのぬくもりが麻也たんのパジャマだよん…」 と、無理やり照れを押し殺した表情 [続きを読む]
  • ★小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」16の28
  • (本記事は本日午前中に16の26として間違えてアップした分です。)  ラジオが終わっても、この日はツアーのパンフレットの打ち合わせのために、 事務所に戻らなくてはいけなかった。  直人付きのマネージャーの伊豆が運転する車の中で、メンバーはしばしの休息だったが、 同じく疲れているであろう伊豆の眠気覚ましにと、麻也はラジオをつけさせた。 流れてきたのはデビッド・ボウイの曲の終わ [続きを読む]
  • ★小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」16の27
  • すると真樹はまた、おびえた表情を作り、 「まあ…でも普段は怖い兄貴で…」 「またそれかい…」 DJのツッコミにかぶるのも構わず、麻也は言い返した。 「その割に最近は俺のこと怒ってばっかりじゃん! 」 「兄貴の彼女がヘンなヤツだからだろっ! 」 DJの目が泳ぎ、須藤を探す。 「えっ? そんな話ししていいんですか? 」 あまりに彼がうろたえるので諒は慌てたみんなに促さ [続きを読む]
  • ・スマホの時、小説が読みづらかったら…
  • おはようございます!管理人の羽村びおらです。いつもご愛読、本当にありがとうございます。本日も、(まだ一記事ですが)16の26を更新致しましたので、よろしかったら、ぜひ♪ さて、以前から気になっていたことなのですが、みなさまのスマートフォンでは少ないかと思うのですが、少し前の機種の私のスマホから、この小説ブログ(スマホ版)を見ようとすると、表示速度が何だか遅い気が(T_T) そのためいろいろテストを [続きを読む]
  • ★小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」16の25
  • 「もー、見なくていいってば…」 困り切っている麻也は諒に目で助けを求めたが…諒はきゅんきゅんの真っ最中のようだった。 「そのお写真は、今は…? 」 「実家にあると思います。おふくろが保管してるんじゃないかな…」 「え? あれ、まだあるの? 」 と麻也は思わず尋ねたが、 「あー、うんうん…」 と、真樹に濁されてしまった。それで麻也はちょっと嫌なことを思い出し、口を結んだ [続きを読む]
  • ★小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」16の24
  • 「ファンクラブの会報では書いたことがあるかもしれないんですけど、 中一の夏休み、英語でシゴかれました。家の竹刀持ってきて。死ぬかと思った。」 諒と直人は忘れていたのでびっくりした。そう、麻也は竹刀を持つと怖い天使なのだ… 「バンド内公用語は英語なんで。ロンドン進出目指して。」 と麻也は軽くかわしたが、真樹は、 「でもおかげで行きたい高校に入れて、 大学のサークルで諒と直人 [続きを読む]
  • ・明日に祈ります(^◇^;)
  • すみません。腰まで軽く痛めて、結構悲しい一日でした。早くウォーキング始めたいです(T_T)転がっているうちに、小説の執筆の便利な方法、思いつきましたので、テストしたいとも思ってます〜早く、もっと暖かくなってほしいです。ピコ太郎出演の関ジャムについても書きたいのですが… [続きを読む]
  • ★小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」16の23
  •  次の夜は、四人で深夜ラジオのゲストだった。  が、アルバム発売目前にして、<メンバー4人揃ってのラジオ>が厳しくなりつつあるスケジュールだったので、 年上の男性DJはそのことをすごく強調してくれて、 かえってメンバーは恐縮してしまったが…すぐにまた笑える展開に持って行ったところで、 「…というわけで、メンバー4人がラジオで揃うのはしばらくないかもしれません! …とリスナーか [続きを読む]
  • (T_T)PC動かなくなりました…
  • 大変申し訳ありません。復旧も間に合わず…そのため21:05の小説の更新はお休みさせていただきますm(_ _)m明日以降の小説の更新は未定ですが、動きがありましたら、こちらで御案内させていただきます。よろしくお願い申し上げますm(_ _)m [続きを読む]