馬主のようでそうでない人 さん プロフィール

  •  
馬主のようでそうでない人さん: 馬はどこまで限界を突き破れるのか!?
ハンドル名馬主のようでそうでない人 さん
ブログタイトル馬はどこまで限界を突き破れるのか!?
ブログURLhttp://netathoroughbred.blog.fc2.com/
サイト紹介文競伝と競馬ネタを主に更新するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/12/10 14:49

馬主のようでそうでない人 さんのブログ記事

  • 実は極悪設定な競馬伝説の馬券
  • ※この記事は競伝プレイヤー向けです。移管2周年記念イベントの一環として開催され、良くも悪くも反響の多かった馬券イベントが、ついに終わりましたね。今回も払い戻し目標は77億に設定されておりましたが、予想に時間がかかることや多くのサーバーが過疎状態に陥っていることもあり、ファンサイト等で苦戦している様子やイベントに対する批判の声が見受けられました。しかし、過疎による小頭数に触れて語るプレイヤーは多くとも [続きを読む]
  • 「なんと酷い騎乗だ」、レース中に騎手を野次る実況
  • 数千万、時には数十億という大金が動く競馬において、観客から騎手に対する野次やブーイングは日常茶飯事ともいえるものだ。多かれ少なかれ金が賭けられている馬の命運が、騎手の騎乗一つで大きく左右される。そのような競技において、騎手に対する野次を無くす方が無茶だといえるかもしれない。だが、こと観客ではなく、実況がレース中に騎手を野次るケースともなれば、どうだろう。おそらく、世界中の競馬を見渡しても、かなり珍 [続きを読む]
  • 競馬伝説:アンケート設問と公式の結果発表の比較
  • ※この記事は競伝プレイヤー向けです。6月2日、競馬伝説の運営はユーザーアンケートの結果を公表した。12年もサービスが続いてきた競馬伝説であるが、ユーザーアンケートが実施されたのは実に7年ぶりのこととなる。そのこともあって、4月26日の実施から6月2日の結果発表に至るまで、ユーザーアンケートは競伝プレイヤー間で一時的な話題となった。しかし、いくつかのファンサイト等で結果が取り上げられる一方、元のアンケート設問 [続きを読む]
  • アンケートとバッタ騒動の裏で・・・、競馬伝説小ネタ集
  • ※この記事は競伝プレイヤー向けです。7年ぶりに実施されたユーザーアンケートに、過去に引退騒動を巻き起こした「オオクワガタ」の強化版「トノサマバッタ」カードの出現。競伝内の話題の中心は、まさしくバッタとアンケートになっていた。そのような中、競伝内にはひっそりとネタになりそうな要素がちょこちょこ現れていたが、圧倒的なバッタとアンケートの話題性の前に、ついに注目されることはなかった。今回の記事では、それ [続きを読む]
  • 再掲 新東京競馬場A仮説
  • ※この記事は、数年前に記載したネタ記事に新説を加えて書き直したものです。2013年、有力馬を立て続けに襲う不幸な事故が、競馬界を震撼させた。レース中に骨折して長期休養を余儀なくされたK.S、能力喪失で引退を迫られたS.H、そして不幸にもレース中にこの世を去ってしまったF.I等、東京競馬場でレースを行った馬達が、次々と不幸に見舞われた。その不穏な流れの中、競走馬の故障に関する議論は次第に活発化。世間一般的には近 [続きを読む]
  • 馬の強さが全ての戦乱の世、キングダムダービー開幕!
  • 5月17日、戦乱の世を告げるファンファーレが府中市の空に響いた。市内を駆け抜け、破壊行為の限りを尽くしていく騎馬隊。かつて東京競馬場が建っていた地域は、一夜にして、法も秩序もない、騎馬隊の強さがものをいう世界と化した。(画像:変わり果てた東京競馬場の敷地)東京競馬場周辺の治安は荒れに荒れたが、影響を受けている地域が限定されていたこともあり、府中市行政側は介入せずにしばらく注視することを決意。もはや、 [続きを読む]
  • グランドナショナル2017 まとめ
  • 30もの障害を越え、長い直線を耐え抜き、ゴールを目指せ!(画像引用元:The Guardian)約6900mにもわたる欧州障害界の祭典、これぞ、グランドナショナル!出走表・レース映像 (各見出しを で展開)1日目 リバプール・デイ閉じるManifesto Novices' Chase (G1)閉じる出走表レース映像 でレース動画読み込みDoom Bar Anniversary 4-Y-O Juvenile Hurdle (G1)閉じる出走表レース映像 でレース動画読み込みBetw [続きを読む]
  • 2017年エイプリルフール終了のあとがき
  • 嘘をつかめ −イントゥザフールズ!そのような訳で、当ブログは、例年のように管理権が乗っ取られるわけでもなく、変なコンサルタントに謎の商品を勧められるわけでもなく、とりあえず勢いに任せてネタを3つ程書くだけ書いて終わったのですが、皆さまのエイプリルフールはどうだったでしょうか。一部の企業は、一日限定アプリを実際に開発する等、相変わらず力を入れていたようなので、今年も例年通りにそこそこ楽しめる日だった [続きを読む]
  • 競馬伝説、新仕様リンクシステム導入を発表
  • これからは「つながり」を重視したゲームにしていく。4月1日、本格競馬シミュレーションゲームの競馬伝説の運営は、ゲームに新たな仕様を導入することを発表した。その名も「リンクシステム」。文字通り、カード同士の相性、プレイヤー同士の掛け合い、馬同士の相性等、ゲームを進めるうえで「つながり」が重要なカギとなる様、今後行っていく仕様変更の総称だという。現段階では、通称「リンクシステム」と呼ばれる新仕様の全容は [続きを読む]
  • 骨折すらも即日完治!?新時代の治療術FOOLS!
  • 目標のレースを前に期待馬が故障してしまった。期待していた対決が、レース数日前の故障で実現しなくなってしまった。競馬関係者やファンなら、一度はそのような経験がありますよね。ですが、もう大丈夫です。最新技術を利用した夢のような治療、その名もFOOT-LOVES(略称FOOLS)にかかれば、1日もかからずにどんなケガも完全回復。翌日に強めの追い切りだってできてしまうのです!日本で初めてFOOLSの効果を実感したK.T調教師も大 [続きを読む]
  • もはや夢ではない!?VR技術が変える競馬!
  • あの馬とこの馬が激突したら・・・。多くの競馬ファンなら一度は考えたであろう、いわゆる夢の対決。その「夢の対決」を夢で無くすための取り組みが、現在競馬界では注目を集めている。(画像:夢の対決イメージ)21世紀に入り、馬や人が国境を越えることは珍しいことではなくなった。種牡馬は北半球と南半球を往来して1年中繁殖期を維持するようになり、繁殖牝馬が国境を越えることも、よもや当たり前のこととなった。こと現役競 [続きを読む]
  • 欧州障害競走の頂上決戦、チェルトナム・フェスティバル2017!
  • (画像引用元:Racing Post Twitter)終結する有力馬達!競馬場に響き渡る大歓声!欧州障害競馬の一大決戦、チェルトナム・フェスティバル日本時間3月14日、22時30分より開幕!※3/20 「レース動画&出走表」更新しました。チェルトナム・フェスティバルとは?チェルトナムフェスティバルとは、イングランドのグロスターシャに位置するチェルトナム競馬場で毎年3月に開催される、欧州障害競走の祭典。各路線の有力障害馬が集結する [続きを読む]
  • 競馬伝説12周年イベント小ネタ
  • ※この記事は競伝プレイヤー向けです。多くのネットゲームが早々にサービスを終了する中、ついに12周年をむかえた競馬伝説。その記念として、ゲーム内では様々なイベントが開催されました。そこで今回は、今更ながら、12周年イベントに関する小ネタを更新してみることにします。謎の綴り間違い1日4個発生するミッションを全てクリアすることで入手できたカード、"12th Daily Complete"。このカード、画像の方をよくよく見てみると [続きを読む]
  • ドバイワールドカップ前哨戦、スーパーサタデー開催!
  • Godzilla(ラニ) is back in Dubai!今年は日本からラニとディオスコリダーの2頭が参戦するドバイワールドカップの前哨開催、スーパーサタデー3月4日、日本時間21時より開幕!ライブ中継サイト以下のサイトを利用して、スーパーサタデーを観戦しようニコニコ生放送ドバイレーシング その1ドバイレーシング その2レース映像Al Bastakiya 3歳 ダ1900m 発走時刻 21:00(日本時間)Mahab Al Shimaal (G3) 3歳上 ダ1200m 発 [続きを読む]
  • 競馬伝説便乗ネタ:1日外出権の罠
  • ※この記事は競伝プレイヤー用の便乗ネタ記事です。これがあれば、連続ログインが途切れない。『1日外出権』、この魔法の様なアイテムの登場によって、競伝プレイヤー達は歓喜した。もう、毎日のログインから解放されるんだ。ある種の義務と化しつつあったログインからの一時的な脱却に、一部プレイヤーは感極まって思わず涙していたともいわれている。連続ログイン数、それはゲームへのログインを毎日欠かさないことで溜める、競 [続きを読む]
  • 昨日14日は・・・
  • 煮干しの日でしたね。競馬ファンの皆様、なにより当ブログの読者様は当然、競馬学校が推奨する煮干しを食し、健康的な一日を過ごしたことでありましょう。まさかとは思いますが、馬に有害とされるチョコレートを食すどころか、あげくには受け渡しまで行ってしまった方はおりませんよね。2月14日は、誰が何と言おうと、健康を促進する煮干しの日なのです。たとえ某競馬協会ことJ〇Aが7年ぶりにバレンタインSを復活させ、あろうこ [続きを読む]
  • 競馬伝説、「大阪杯BC特別レース」のまとめ
  • ※この記事は競伝プレイヤー用です。2月13日に競馬伝説内で行われた「大阪杯BC特別レース」の動画と結果です。これ以降の要素はタイトルを することで展開します。サーバー別の仮想優勝オッズ各サーバーの対抗戦実績をもとに算出した仮想のオッズです。詳しくは、前の記事をご参照ください。大阪杯BC特別レース・オッズサーバー名オッズ中山7.3笠松8.3京都9.1アーリントンパーク10.2アスコット11.1ロンシャン12.2札幌14. [続きを読む]
  • 大阪杯BC特別レース、有力サーバーはどこだ!?
  • ※この記事は競伝プレイヤー用です。競馬伝説における最強の馬主(プレイヤー)は誰か。一部ファンサイト等で話題となった「最強馬主論争」に触発されてか、前回の有馬記念特別レースの好評に影響されてかはわからないが、12周年記念の一環として、2月12日、競馬伝説で大阪杯BC特別レースが開催されます。一部では、この特別レース開催に伴い、ユーザーイベントが催されていたりするみたいですね。そこで今回、前回の有馬記念BC特 [続きを読む]
  • ハチャメチャすぎる!?カリフォルニアクロームの年度代表馬受賞スピーチ
  • 「年度代表馬の受賞式でやってはいけない例」だ。カリフォルニアクロームの今日同馬主の一人であるペリー・マーティン氏、彼が年度代表馬の受賞式で行ったスピーチが、色々な意味で話題を集めている。誰にも感謝の言葉を告げることなく、時間の限り競馬記者に対する文句や面白ストーリーを話す。このある意味斬新ともいえる受賞スピーチに対し、ネット上では「ひどすぎる」だとか、逆に「いいぞ、もっとやれ」といった反応が飛び交 [続きを読む]
  • 馬主生活26年目にして初勝利をあげた欧州の馬主が話題に
  • メルボルンCにおけるゴドルフィンの呪いやかつてのサトノの呪い等、特定のレースやG1を勝てないというジンクスは、競馬界では時たま話題に上がることがある。しかし、こと馬主生活を20年以上も続けているにもかかわらず、一度もウィナーズサークルに立てたためしがないともなれば、どうだろうか。ほぼ27年もの間、一度も勝利を味わうことなく馬主生活を続ける。関係する調教師ですら「狂気の沙汰」とコメントしてしまうほどの存在 [続きを読む]