難聴 さん プロフィール

  •  
難聴さん: 難聴の原因・症状と治療法
ハンドル名難聴 さん
ブログタイトル難聴の原因・症状と治療法
ブログURLhttp://nancho.crpo.xyz/
サイト紹介文難聴の原因・症状と治療法、難聴と耳鳴り、子供の難聴、補聴器の選び方などの情報を公開中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 286日(平均0.6回/週) - 参加 2015/12/11 11:04

難聴 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 難聴患者でも聞き取りやすい話し方
  • 難聴の人は相手の言葉をうまく聞き取ることができません。なので、「え、なんて言ったの?」と聞き返してしまうことがあります。数回で聞き取れる場合もありますし、何度聞いてもさっぱり聞き取れない場合もあります。それでは会話がいつまで経っても進まずお互いに疲れてしまいますよね。そこで今回は、難聴の方との上手な話し方のコツをご紹介します。難聴の方やお年寄りの方との会話でぜひ実践してみてください!●ゆっくり話そ [続きを読む]
  • 低音性難聴の原因と症状と治療法
  • 低音性難聴とは、低い周波数の音の聞こえが悪くなる難聴です。中でも「急性低音障害型難聴」という、急性の感音性難聴が代表的です。ALHLと表記されることがあります。30代の女性に多く発症することが分かっており、ストレスや疲労が一因と考えられています。■低音性難聴の原因と症状突然、耳鳴りや耳のつまった感じから始まることの多い病気です。音が割れて聞こえる、響いて聞こえるなどの症状もあり、日常生活では、かなら [続きを読む]
  • メニエール病と難聴
  • メニエール病の発作は突然、激しく回転するようなめまいに襲われます。また同時に耳鳴り、難聴、嘔吐、吐き気、などの発作が数分から数時間起こります。メニエール病の頻度はさまざまなので一概に言えません。1ヶ月に何度も起こる人もいれば、年に数回の人もいます。男女年別にみますと、30代〜40代の女性に多いようですが、最近は男性も多くなったようです。また、耳の病気が原因の耳鳴りやめまいが、すべてメニエール病と思 [続きを読む]
  • 騒音性難聴の原因と症状
  • あなたの職業はなんですか?周りに機械があるような場所で作業する職業ではありませんか?そのような職業の人が発症する難聴があります。その名も「騒音性難聴」「職業でなるの?どういうこと?」首を傾げているあなたのために詳しくご説明しましょう【騒音性難聴の原因とは?】機械などの騒音が激しい職場で働く人たちが発症しやすいのが騒音性難聴です。騒音のする場にいたからといってすぐ発症するわけではなく、期間が長ければ [続きを読む]
  • ムンプス難聴とは?/ムンプス難聴の原因と症状
  • 難聴と聞くと、突発性難聴、伝音性難聴、感音性難聴などは良く耳にすると思いますが、ムンプス難聴って知っていますか?ストレス難聴やヘッドフォン難聴、老人性難聴は割とよく聞きます。ムンプス???いったいどんな病気なのでしょうか?●ムンプス難聴の原因ムンプスウイルスはおたふくかぜの原因となるウイルスだと知られています。このムンプスウイルスが内耳に感染して生じる病気がムンプス難聴です。ムンプスとはウイルスの [続きを読む]
  • ヘッドホン難聴の原因と症状
  • 電車の中。ジョギングしている人。お店の中。イヤホンをつけて音楽を聴いている人っていろいろなところで見ますよね。私も例外ではなく、イヤホンで音楽を聴くのは大好きです。好きな曲がかかったらついついボリュームを上げてしまったり。でもこれ実はちょっと注意が必要なんです。「音漏れに?」それも気をつけて欲しいところですが、そうではなく気を付けて欲しいのは『難聴』です。ヘッドホンで難聴!?「そんなまさか」と思う [続きを読む]
  • 急性低音障害型感音難聴の原因・症状と治療・予防
  • 中年になると、様々な難聴の原因をかかえるようになります。聞こえにくくなるのを年のせいだと思っていると、思わぬ耳の病気が潜んでいる場合もあります。30〜60代に目立つ急性の難聴の原因には、突発性難聴や急性低音障害型感音難聴、それにメニエール病や外リンパ瘻(ろう)などがあります。精神的なストレスや寝不足が下地になると見られています。それらの難聴は『感音難聴』と呼ばれます。耳で集められた音は、鼓膜に伝わ [続きを読む]
  • 難聴と耳鳴りの関係
  • 難聴になると、耳鳴りを伴うことが多いため、耳鳴りを頻繁に自覚する場合は、難聴を疑って耳鼻科を受診することをおススメします。耳鳴りとは、自分の周囲で音がしていなくても、耳の奥の方で音が聞こえるように感じるもので、耳鳴りの音の種類や大きさは個人差があります。難聴には原因が分かっているものもありますが、耳鳴りはまだ原因が特定されていません。耳鳴り自体の明確な治療法はまだ確立されていませんが、症状を改善さ [続きを読む]
  • 難聴と中耳炎の関係
  • 中耳炎は、『急性中耳炎』『滲出性中耳炎』『慢性中耳炎』の3種類に大別されます。これらいずれの中耳炎も難聴の症状を発症することがあります。急性中耳炎とは、中耳に細菌が感染したことによって炎症を起こすもので、インフルエンザ菌や肺炎球菌・溶血性連鎖球菌などの細菌による感染が多いと言われています。急性中耳炎を発症すると、耳の痛みや発熱・耳鳴りなどの症状が現れ、この段階で難聴の症状が現れる場合があります。重 [続きを読む]
  • 小児科難聴の原因と症状
  • 小児難聴は、1000人に2〜3人くらいの割合で発症すると言われてます。小児難聴の原因は先天性によるものが大きく、様々な原因が挙げられます。小児難聴の原因は、遺伝であったり、妊娠中に風疹にかかったり、ヘルペスなど特定のウィルスに感染した場合に小児難聴を発症すると言われています。また、妊娠37週未満での早産や、幼少期に頭に外傷を負ったり、髄膜炎や水痘・麻酔などの感染症にかかったり、中耳炎を悪化させてし [続きを読む]
  • 老人性難聴の症状と治療
  • 《 老人難聴とは》人間の聴器の老化は、20〜30歳代から始まるといわれ、この加齢によっておこる聴力の低下を老人性難聴といいます。老化は、内耳感覚器から脳の聴覚中枢までの神経細胞の減少や変性として出現しますが、その程度は人よって様々で大きな個人差があります。《 老人性難聴の症状》老人性難聴は、高音部から始まり徐々に中低音部も聞こえにくくなりますが、初期には特に自覚症状はなく、中音域の聞こえが悪くなり、 [続きを読む]
  • 補聴器の上手な使い方
  • 補聴器を快適に使うには、メンテナンスや販売店のフォーローが不可欠。すでに補聴器をお使いの方に賢い使い方をご紹介します。《 お店のアフターケア 》補聴器の販売店では、お客様に対し様々なアフターサービスを実施しています。補聴器の使用状態にもよりますが、三ヶ月に一度は補聴器販売店でメンテナンスをしてもらうことが大切です。《 補聴器のメンテナンス 》毎日使う補聴器は、定期的なメンテナンスが不可欠。耳あな形補聴 [続きを読む]
  • 補聴器購入のポイント
  • 補聴器を購入の際は、アフターケアがしっかりでき、『きこえ』の悩みに親身にアドバイスしてくれるお店選びが大切。高い技能と質の高いサービスを誇る、認定補聴器専門店での購入をお勧めします。《 お店に行く前に 》補聴器のご購入をご検討の際には、耳鼻科医の先生に『きこえ』の状態をチェックしてもらい、難聴の原因や程度を知っておきましょう。『きこえ』の状態をチェックした上で、アフターケアの行き届いた販売店を紹介し [続きを読む]
  • デジタル補聴器の特徴
  • デジタル補聴器の特徴は音声をデジタル化して、アナログ補聴器に比べ、騒音の中でも会話が聞き取りやすいことです。『きこえ』や『カタチ』を一人ひとりに合わせてつくる、オーダーメイドタイプが主流。《 デジタル補聴器のしくみ》デジタル補聴器には、小さなコンピュータ(マイクロプロセッサ)が内蔵されてます。1,補聴器に入った音は、「アナログ/デジタル変換器」によって0101・・・というデジタル信号に変換。2,デジタ [続きを読む]
  • 補聴器の選び方
  • 補聴器は、多くの方にとってなじみの少ないもの。ご購入時に、不安を抱くことは無理もないことかもしれません。販売店の選び方から、購入時に気を付けることまで幅広くご紹介します♪《 補聴器の種類と特徴 》補聴器メーカー各社から、たくさんの種類の補聴器が発売されています。使い方や『きこえ』にあわせて自分にあった補聴器を選ぶことが大切です。一般に、補聴器は形状によって以下の5つに分類されます。現在では耳あな形補 [続きを読む]
  • 補聴器とは?/補聴器のメリット
  • 補聴器とは、難聴などにより聴力が低下した場合に使用する補助器具です。《補聴器を使い始めるタイミング》耳鼻科医などから薦められたら、なるべく早く補聴器をお使い下さい。補聴器の使い始めには『慣れ』が必要ですが、早く使い始めれば順応もしやすく効果も早く現れます。メガネが視力を補うように、補聴器は聴力を補い会話の聞き取りを助ける大切な道具です。補聴器によってもたらされる多くのメリットを紹介します♪《家の中 [続きを読む]
  • 子供の難聴の原因
  • 言葉の発達期には『感受性期』と言われる2、3歳から4歳までの時期が大きく関係しています。このときまで聴覚が健全であれば、言葉を習得でき、そのまま発音・言葉が12歳ごろに定着すれば終生言葉を失うことはないと言われている。この12歳までの時期に難聴になる、あるいは先天性の難聴の場合には特に言葉の発達の面から配慮していく必要があるでしょう。子供の難聴はほとんど親が気付きます。片側の場合はなかなか気付きま [続きを読む]
  • ストレス難聴とは?/ストレス難聴の原因と症状
  • ストレス難聴に悩む方が近年増加中です。《 ストレス難聴とは? 》学校生活や家庭に問題のある子どもやストレス社会で生きるサラリーマンによく見られます。何らかのストレスが主な原因で聴覚機能には何も問題はない為、私耳鼻科で受診をしても「原因不明」と言われてしまう事があります。《 ストレス難聴の症状 》・耳に水が入っているような違和感・自分の声が耳に響く・耳鳴りがするストレス難聴は原因となっているストレスを取 [続きを読む]
  • 難聴とストレスの関係
  • 現代人は、多くのストレスを抱えながら過ごしていると言えます。過度のストレスはやがて身体にもさまざまな影響を与えるものです。その中でも、“ストレスによる難聴との関係性”についてご説明しましょう。 ストレスが原因と考えられている難聴には次の2種類があります。 《心因性難聴》心因性というその名の通り、原因がストレスにあると断定できる難聴のこと。耳鳴りや頭痛などの症状を訴えたり、体のどこにも異常がなく [続きを読む]
  • 難聴の治療法(種類別)
  • 『伝音難聴』(慢性穿孔性中耳炎)今までは、手術の際に、長期入院が必要でしたが、最近は、フイブリン糊という人体用の接着剤を用いた鼓膜形成術、キチン膜やコラーゲンスポンジなどによるパッチ術で、鼓膜の穴を簡単に閉じられるようになってきた事により、短期入院での手術が可能になってきました。伝音難聴の中でも、特に症状がひどく、補聴器を用いてもほとんど聞こえない様な場合には、人口中耳と呼ばれる高感度の補聴器を中 [続きを読む]
  • 耳の聞こえるしくみ
  • 私達が普段話している話し声 ・ 犬や猫などの鳴き声 ・ ピアノやヴァイオリンの音色 ・ 食器などがぶつかり合う時の物音 ・ 救急車のサイレンなど、私達の日常生活の中には様々な音があります。人はこうした音をどのように聞いているのでしょうか?音は耳(耳介)から耳の穴(外耳道)を通り鼓膜まで達します。鼓膜には小さな骨(耳小骨)がついていて、この小さな骨が蝸牛に繋がっています。蝸牛から聴神経を経て脳に伝わり、音が [続きを読む]
  • 混合性難聴の原因と症状
  • 最後に、混合性難聴について詳しく見ていきましょう。“混合性難聴”を簡単に言いますと・・・「音を伝えるところと感じるところ」に原因がある難聴の事です。。伝音性 難聴・感音性難聴の両方の原因をもつ難聴です。老人性難聴は多くの場合、混合性ですが、どちらの度合いが強いかは個人差が大変大きいとされています。参考までに、難聴の程度をご紹介します。下の表をご覧になってください。程度聴力レベル聞こえの目安正常25dBH [続きを読む]
  • 感音性難聴の原因と症状
  • 次に、感音性難聴について詳しく見ていきましょう。“感音性難聴”を簡単に言いますと・・・「音を聴き分けるところ」に原因がある難聴の事です。感音性難聴は、内耳から聴神経・脳にかけての障害による難聴。老人性・騒音性・ストレス性・メニエール・薬物性・遺伝性と様々な種類もあります。それぞれの聞こえ方を紹介します。●老人性難聴 → 年齢と共に自然に聞こえなくなる。●騒音性難聴 → 工場などの機械の音やウォークマン [続きを読む]
  • 難聴とは?/伝音性難聴の原因と症状
  • 難聴とは、通常より音が聞き取り難い状態になることですが、まずは難聴の種類からご紹介します。難聴は“伝音性難聴(伝音難聴)” “感音性難聴(感音難聴)” “混合性難聴(混合難聴)” と、大きく3つに分けることができます。それでは、伝音性難聴とはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。 “伝音性難聴”を簡単に言うと・・・「音を伝えるところ」に原因がある難聴の事です。伝音性難聴は、音が振動として耳 [続きを読む]
  • 過去の記事 …