ナチュラルセラピーサイエンス さん プロフィール

  •  
ナチュラルセラピーサイエンスさん: 遍路とは歩く事…四国の果てまで歩イッテQ!
ハンドル名ナチュラルセラピーサイエンス さん
ブログタイトル遍路とは歩く事…四国の果てまで歩イッテQ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/osamushi8888/
サイト紹介文自然形体療法の施術院を営みながら自らの健康管理の為に全ての遍路道を歩いて写した遍路道中の写真満載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供402回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2015/12/11 17:54

ナチュラルセラピーサイエンス さんのブログ記事

  • こんな所が遍路道その2…ウチの近所の遍路道の標石???
  • 応援 お願い致します。   お遍路ランキング  こちらもね3番金泉寺のお参り後、次の4番大日寺へ歩く前に…以前から気になっているウチの近所に遍路道の標石があります。 ※3D画像は交差法で観て下さい。 ※標石1半分欠けてしまって文字の部分が全く残っていませんが、手の形の矢印とお大師様だけが分かります。 この標石があるのは、こんな場所。明らかに田んぼの隅です。こちらの道は明らかに近年拡張されたよう [続きを読む]
  • 1巡目遍路早送りブログ…3【長谷寺〜1番霊山寺奥の院東林院】
  • 金毘羅神社と書かれてあります。 大きな鳥居と、大きな山門です。 金毘羅神社の隣が長谷寺(ちょうこくじ)でした。 駅路寺に指定されて、旅人が宿泊に利用したとの事です。つまり、お遍路さんも立ち寄っていたのでしょうね。 水子地蔵尊。 鐘楼。 皇大神宮。 お参り中です。 大師堂にも … 長谷寺に立ち寄り、お参り後…再び一番霊場霊山寺を目指します。 再び撫養街道を一番札所霊山寺方面へ… 古い民家の前を通り [続きを読む]
  • お遍路道中で学んだ讃岐弁 その2
  • 香川県丸亀市内をお遍路中に見かけた讃岐弁です。 『まあいっぺんきまい』と言われてもアーケード内では営業しているお店が殆ど見当たりませんが? 『79番高照院(天皇寺)までもうちょっとやけん頑張りまい。』 『なんちゃないけど休んでいきまい』…この立て看板も語尾が『まい』となっています。私が住んでいる隣県の徳島では使わない表現なので、徳島ではどう表現しているのか?思い浮かびませんが、多分『なんもないけんど [続きを読む]
  • お遍路道中で学んだ讃岐弁 その1
  • 香川県東部をお遍路中の写真です。 この看板を初めて見た人でも…説明は不要ですね。この一言で良く分かります。優しさと店主の心の温かさが良く伝わって来ます。『やっじょります』…いいですね!土佐弁だと『やっちょります』でしょうか?我が徳島だと『やんりょります』かな?同じ四国でもかなり違いますね。 お遍路道中に学んだ讃岐弁講座でした。訪問して頂いて有難う御座いました 『やっじょります』…覚えられた方はバナ [続きを読む]
  • お遍路道中で学んだ土佐弁…その4
  • 岩本寺近辺の四万十町のスーパーマーケット『ハマヤ』の店内ポスターです。 四万十がすきやき…って、すき焼きじゃないです。大阪弁に変換したら…すきやねん…って事ですね。 高知県のええもん、ぜーんぶおすそわけやき。高知県の良いもの、全部御裾分けです…って意味でしょうか? お遍路道中に学んだ土佐弁講座でした。訪問して頂いて有難う御座いました 『…がすきやき&ええもん、ぜーんぶおすそわけやき』…覚えられた方は [続きを読む]
  • お遍路道中で学んだ土佐弁…その3
  • 高知県東部の奈半利町にあった大きな立て看板。一策、うまいもん あるぜよ(美味しいもの ありますよ) 二策、古い街並み 見ていきや(古い街並み 見て行って) 三策、こじゃんと 澄んぢゅう海(とても 澄んでいる海) 四策、ふといあいがおるで 奈半利川(大きな鮎がいる奈半利川)五策、べっぴんさんも どっさり(美人も 沢山) 六策、ぴちぴちのいおがおる港(新鮮な?魚の仲間?がいる港) 七策、ぎっちり であい博(しょっちゅう [続きを読む]
  • お遍路道中で学んだ土佐弁…その2
  • 昨年9月17日のブログから写真引用。 安芸福祉保健所 警察署製作の立札です。安芸は高知県東部地区 この付近の土佐弁は良くご存じかと思いますが…『知っているか』の語尾が… 『知っちゅうか』と変化して使っちゅうみたいです。 高知県西部では前回のように『知っちょうか』と変化するので、同じ土佐弁でも地域によって微妙に違いがあるみたいですね。 お遍路道中に学んだ土佐弁講座でした。 ※私の住んでいる徳島の阿波弁だと『 [続きを読む]
  • お遍路道中で学んだ土佐弁
  • ブログをずっと見て頂いていた方ならお解かりだと思いますが… 四万十市の下田漁港の渡し船発着場に貼ってあった注意書きですね。残念ながら渡し舟が出なくて乗る事が出来ませんでしたが… 土佐弁は良くご存じかと思いますが…『何々している』の語尾が… 『何々しちょう』と変化して使っちょうみたいです。 お遍路道中に学んだ土佐弁講座でした。 今日もお越し下さって有難う御座います。訪問者様にランキングバナーを し [続きを読む]