kasou-honoka さん プロフィール

  •  
kasou-honokaさん: 葬祭業のしきたりよりきもちでしょ
ハンドル名kasou-honoka さん
ブログタイトル葬祭業のしきたりよりきもちでしょ
ブログURLhttp://www.kasou-honoka.com/staff-blog/
サイト紹介文しきたりを崩してでも優先するべき気持ちがある。形を変える葬儀とその気持ちのありどころ。
自由文新しい形の葬儀や少子高齢化、お墓不足などの葬儀に係る問題ごとを考える。他、葬儀に関する一般知識、お役立ち情報など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/12/12 10:29

kasou-honoka さんのブログ記事

  • これだけ準備しておけば安心。葬儀前チェックリスト
  • 身近な方の葬儀。それは、すぐの事なのか遠い先の事なのかはわかりませんが、どんな方でもいつか必ず行うものです。大切な方の葬儀の事を考えるのは本当に嫌なものです。ましてや、準備なんて「縁起でもない」そう思われるかもしれません。ただ、「もしかしたら、考えなきゃいけない?」と思った時には、葬儀前のチェックをしておく事をお勧めします。大切な方を亡くした時は、正常な精神状況ではまずいられないものです。チェック [続きを読む]
  • 日野市営斎場での家族葬
  • 先日は日野市営火葬場での家族葬(火葬式)のお手伝いでした。 この度の故人様は、90歳をこえるお歳だったのですが、とても心温まるお旅立ちでした。ご家族様は故人が亡くなる最後の瞬間までご自宅で懸命に看護し、一緒に寄り添ってこられたそうです。私が、最初の一報を受けて故人様のお体の処置をさせて頂いた時も、本当に安らかなお顔でした。 ご自宅には親戚の方がたが集まっていて、その雰囲気から「故人となられた [続きを読む]
  • 【家族葬】いいお葬式
  • いいお葬式って人それぞれですよね。宗教にならって厳粛にお見送りをする。音楽や洋花を飾っておしゃれなお葬式をしたり。故人の遺品や思い出の品を飾ったり。自由気ままな故人なら少しユーモアを取り入れたお葬式にしてみたり。 「良いお葬式だったなぁ」は本当に人それぞれです。 私が携わったご葬家もほぼ100%「ありがとう。いいお葬式でした」と言って頂けます。いや、これは自慢でもなんでもなくて、そういうもの [続きを読む]
  • 家族葬:あの頃を思い出すこと
  • 大切な人との別れ…その時が来ることを考えると、とても恐くなります。 自分自身が年齢を重ねれば、大切な人も歳をとっていきます。 いつからか…別れの時が、想像の世界から現実に感じられるようになった時、思い出せば楽しかった「あの人」との記憶も、なぜか涙が出そうになります。 大切な人との別れを目前としたときまたは、まさにその最期の時に「あの人」との記憶を思い出したくなるのでしょうか?「いい思い [続きを読む]
  • 故人の想いと葬儀の形
  • ご自身が亡くなる時の事を考えると、残していく家族にはいつまでも幸せに暮らしてほしい・・・家族よりも先に逝かれる方の願いは様々だと思いますが多くの方がその願いの中にこのお気持ちがあると思います。そして残された家族の多くが、その願い通り幸せに生きていく努力をしていくのだと思います。ただ、大切な方を亡くした時。幸せに生きていく努力をするためにはまず、悲しみを乗り越えなければなりません。 お葬式は故人 [続きを読む]
  • 【家族葬・一般葬】お香典の収益はどれくらいか
  • 今回は、お香典とお返しについて考えてみたいと思います。お返しの仕方は地域により様々な風習がありますので、この度のお話は東京都・神奈川(一部地域を除く)エリアでのお話とさせて頂きます。一般的に、お葬式をしてお客様をお招きすれば、お返し物を用意する事を考えると思います。逆に、お葬式に参列した経験のある方は、お返し物を貰ったりお食事を頂いたりした事がおありかと思います。 このお返しには、来てくださっ [続きを読む]
  • 【家族葬・一般葬】お香典の利益ってどれくらい?
  • 今回は、お香典とお返しについて考えてみたいと思います。お返しの仕方は地域により様々な風習がありますので、この度のお話は東京都・神奈川(一部地域を除く)エリアでのお話とさせて頂きます。一般的に、お葬式をしてお客様をお招きすれば、お返し物を用意する事を考えると思います。逆に、お葬式に参列した経験のある方は、お返し物を貰ったりお食事を頂いたりした事がおありかと思います。 このお返しには、来てくださっ [続きを読む]
  • 家族葬の時のお香典について
  • 以前、香典マナーについてのブログを書かせて頂きましたが、今回は、家族葬の時のお香典について書いてみようと思います。一般的な香典マナーについては、ブログカテゴリ:葬儀で役立つ知識の「香典マナー〜基本編」をご覧ください。 今回、家族葬の時のお香典について触れさせていただいたのは、「家族葬の時はお香典は必要ない?」といった質問を耳にする事が多いので、私なりの一葬儀者として感じていることを書かせて頂き [続きを読む]
  • 横浜の家族葬、心のこもった送り物
  •  送りものと書きましたが、贈りものですね。書きたいことが、葬儀の際に何を贈るのかを考えていたので…すみません。私は贈りものが苦手です。相手に喜んでほしくて、考えれば考えるほど自分基準の物を選んでしまうのです。 葬儀の仕事をしていて、ご葬家と接していると「最後にこれを持たせてあげたいのです」とお棺にそっと納める…そんな場面によく出会います。 「最後にお棺に入れたい物」それは家族の数だけあるも [続きを読む]
  • 家族葬とは
  • 今回は、家族葬についてですが、私どもが主にご施行している地域、町田近郊の東京都地域、相模原市、横浜市及びその周辺の家族葬事情をお伝えさせて頂こうと思います。 「家族葬」は、そのまま言えば「家族だけで行う葬儀」な訳ですが、「故人様を囲む一つの家族」だけで行う葬儀はもちろん家族葬ですし、「故人様を囲む一つの家族」と「ご親戚」も家族葬です。さらに、「故人様を囲む一つの家族」と「ご親戚」と「近親者」… [続きを読む]
  • 葬儀屋のひとりごと
  •  葬儀の仕事をしていて故人と接しているといつも考える事があります。この方のもう少し若かった時は、どんな人だっただろう。20代や30代の元気真っ盛りの時は、どんな人だっただろう。この方がそれぞれの時代にかかわった人たちはどんな人たちだろう。幸せな時期があったりつらい時期があったりする中で、人に優しくしたり、逆に迷惑をかけたりして様々な物語を紡いできたんだなと思います。そして、この故人が物心つく前、誕生の [続きを読む]
  • 葬儀屋さんは家事も出来なきゃダメ?
  • 昨年は、多くの苦難にぶつかり、大変な一年でありましたが、何とか新年を迎えることが出来ました。これも一重に支えて下さった、お客様や業者様のおかげで御座います。どうぞ本年もよろしくお願い致します。 これよりは、私、一個人ほぼひとり言で御座いますが、考えを書いてみます。 先日の、1月3日…わが家でも新年の3賀日がもちろんあった訳ですが、葬儀屋さんという職業柄、自宅に居れる時でも、急なお客様の対応に [続きを読む]
  • ラストメイク(死化粧)とは
  • 今回は、死化粧(当社ではラストメイク)についてお話をいたします。当社のラストメイクは映画おくりびとでも題材になった「納棺師」が施術をいたします。ほのか葬祭の火葬式(直葬)では遺族のご希望に応じてこのラストメイクというオプションを付ける事が出来ます。また、当社の家族葬プランで提示しているお金額は、このラストメイクがお見積りの中に入っています。これは、「ラストメイクをして欲しい」というお客様の希望がと [続きを読む]
  • 就活カウンセラーとして。
  • 先日、横浜市西区の某所にて終活カウンセラー検定が行われ、ほのか葬祭からも参加してきました。ほのか葬祭では、葬儀をご検討下さるお客様が「終活」を通して、「自身」や「家族」の事を前もって考えるお手伝いが出来ればと考え、相続・遺言・保険・介護・年金などの知識を兼ね備えた葬祭ディレクターが葬儀事までサポートしていきます。こうした事を前もって考えておく事で、いざ葬儀となった時も遺族が安心してそれにのぞむ事が [続きを読む]
  • 終活カウンセラーとして。
  • 先日、横浜市西区の某所にて終活カウンセラー検定が行われ、ほのか葬祭からも参加してきました。ほのか葬祭では、葬儀をご検討下さるお客様が「終活」を通して、「自身」や「家族」の事を前もって考えるお手伝いが出来ればと考え、相続・遺言・保険・介護・年金などの知識を兼ね備えた葬祭ディレクターが葬儀事までサポートしていきます。こうした事を前もって考えておく事で、いざ葬儀となった時も遺族が安心してそれにのぞむ事が [続きを読む]
  • 家族葬 相模原市営斎場での一日葬
  • 先日は、相模原市営斎場で、家族葬のお手伝いをさせて頂きました。ご遺族のご希望により一日葬の形式で執り行いました。 故人のご長男、ご長女様がお式を取り仕切る形となりましたが、一男一女でご兄弟がとても仲が良く、支えあって頑張っておられました。ご一報を受けてからお式まで一週間ほどありましたが、私も家族の一員のつもりで、サポートさせて頂きました。 ご家族だけで、ゆっくりとお父さんを送りたい…そんな [続きを読む]
  • 葬儀挨拶のアレンジ文例【様々なシチュエーション別】
  • 前回は葬儀挨拶の基本として骨組みになる例文をご紹介しましたが、今回は、葬儀において様々な状況やシチュエーションがあるなかでどのように言葉を使っていくのかを前回で出棺前の挨拶部分(遺族代表の言葉)の骨組みに少しだけ肉付けをして例文を載せさせて頂きます。 冒頭は 「本日は、故(   )の告別式にご多忙中にもかかわらず、大勢の方に、ご参列いただきまして、誠にありがとうございます。」 終 [続きを読む]
  • 葬儀挨拶のアレンジ文例【様々なシチュエーション別】
  • 前回は葬儀挨拶の基本として骨組みになる例文をご紹介しましたが、今回は、葬儀において様々な状況やシチュエーションがあるなかでどのように言葉を使っていくのかを前回で出棺前の挨拶部分(遺族代表の言葉)の骨組みに少しだけ肉付けをして例文を載せさせて頂きます。 冒頭は 本日は、故(   )の告別式にご多忙中にもかかわらず、大勢の方に、ご参列いただきまして、誠にありがとうございます。 終わり [続きを読む]
  • 葬儀挨拶する時に使える3つの文例
  • 今回は、葬儀の時に喪主様や遺族代表の方がご挨拶をする場合、参考にして頂けそうな文例をご紹介いたします。 葬儀の挨拶は様々なタイミングで挨拶をする事が考えられますが、ここでは、主に喪主様や親族代表の方がご挨拶するケースで最も多いであろう3つのパターンで文例を載せたいと思います。 1.出棺時の挨拶本日は、故(   )の告別式にご多忙中にもかかわらず、大勢の方に、ご参列いただきまして、誠にありがと [続きを読む]
  • 宗教を問わない新しい供養品
  • 最近では、お葬式の価値感も様々です。火葬式(直葬)や無宗教で執り行うお別れ会のようなお葬式も多くの方が選ばれるようになりました。 また、仏教などの宗教形式で葬儀を執り行う方でもご自宅には仏壇がなかったり、お付き合いのあるお坊様がいないといったケースも多くあります。主催する喪主様も家は代々仏教で葬儀をしていた記憶はあるが、何宗だったか…?こんな事もよくあります。 宗教形式でお葬式をされたお客 [続きを読む]
  • 横浜市北部斎場にて
  • 先日、横浜市北部斎場にて火葬式のお手伝いをいたしました。お見送りの方はお一人様。故人様の生前によく話し合われた上での葬儀の形です。 「この考えを理解してくれる葬儀社にお願いしたい」 こんな理由から、私の所へ生前でのご相談を頂きました。 近年では火葬式という葬儀形式を選択される方が多くなりましたから、私自身がお手伝いをさせて頂く中で様々なお考えに触れ、この葬儀形式が現代の家族の事情や世の [続きを読む]
  • 葬儀後の手続きを司法書士がサポート
  • 「ほのか」では、お客様に葬儀後の手続きガイドブックをお渡しをし、アドバイスさせて頂くとともにご相談にも対応させて頂いておりますが。この度、新たに行政書士や司法書士という専門家に無料相談できる手続きサポート窓口を設置致しました。 また状況により対面相談も無料で受け付け致します。 これにより葬儀を終えたお客様が戸惑う事無く、かつスムーズに手続きが終えられるようサポート致します。 葬儀後の手 [続きを読む]
  • 喫茶店で座禅会
  • 先日、普段から親交のあるお坊様主催の座禅会に参加してきました。 この度、開催された座禅会の会場は「喫茶店」です。相模原市にある、和風な喫茶店「鎌倉」さんの店内にある座敷で行われました。 私たちの日常生活においては、お坊様と交流する機会が少なくなってきました。この座禅会の主催者であるご住職は、そんな日常生活で少しでも「お坊さん」との交流が気軽に出来るよう開かれるもので仏教に触れて、座禅により [続きを読む]
  • 葬儀で後悔しないように
  • 葬儀で後悔してしまうポイントは人それぞれ違うため一概には言えませんが。ニュースやテレビ、ネット上で「こんな葬儀で後悔した」という話を見たり、聞いたりします。そんな話を聞くと、葬儀屋としては「そんな事があってはいけないな」と思うのです。 葬儀のお手伝いを多く経験していく中で、様々なお客様に出会います。その価値感は多種多様で・故人を第一に考える方・宗教的な事を一番に考える方・ご近所や親戚、お客様を [続きを読む]
  • いざ葬儀の時に慌てないために
  • もしもの時は突然、訪れます。ご自身が亡くなるという事もそうですが、大切な方を失った時というのは大きな悲しみや戸惑いがあるものです。葬儀はそんな状況の中で、多くの事を短期間の間に決定していかなければならなくなります。葬儀事は大変な事です。体力的には勿論、精神的にも疲労していきます。ですが、前もって意識的にでも準備をしておけば、混乱することも減り「最後のお別れ」に心を集中できる時間が長く持てるようにな [続きを読む]