kasou-honoka さん プロフィール

  •  
kasou-honokaさん: 葬祭業のしきたりよりきもちでしょ
ハンドル名kasou-honoka さん
ブログタイトル葬祭業のしきたりよりきもちでしょ
ブログURLhttp://www.kasou-honoka.com/staff-blog/
サイト紹介文しきたりを崩してでも優先するべき気持ちがある。形を変える葬儀とその気持ちのありどころ。
自由文新しい形の葬儀や少子高齢化、お墓不足などの葬儀に係る問題ごとを考える。他、葬儀に関する一般知識、お役立ち情報など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/12/12 10:29

kasou-honoka さんのブログ記事

  • 突然の訃報にも慌てない!正しい香典マナー【おとなの基礎知識】
  • 冠婚葬祭行事は、頻繁にあるものではないためマナーを知らないという方も多いのではないでしょうか?年齢が上がるにつれて、こういった冠婚葬祭行事に招かれる数も増えてきます。冠婚葬祭の「葬」にあたる行事は、地域性や宗教・宗派によって違いがあり「しきたり」を重んじる傾向があります。お通夜・葬儀の際に持参する「香典」は特に宗教・宗派によって違いがありますので注意が必要です。お祝いごとに用いる「祝儀袋」のマナー [続きを読む]
  • 【葬儀の種類】○○葬と名の付くお葬式、それぞれの違いとは?
  • お葬式を執り行うことは、人生の中で何度もあるわけではありません。そのため、聞きなれない名称やわからない専門用語などが多く、また間違って使われている言葉も多いのです。お葬式といえば、お通夜、告別式、火葬という流れで行われるのが一般的でしたが、時代の変化ともに、さまざまな形式で行われるようになりました。そのため「○○葬」とい名の付くお葬式が増えたのです。それぞれ、いったい何がどう違うの?といった疑問に [続きを読む]
  • 「葬儀費用がない…」とお悩みの方へ
  • あなたの大切な方を送ることを考えた時、または、あなたを送ってくれる家族のことを考えた時「葬儀費用がない…どうしよう…」と不安に思うことがあるかもしれません。もし、そんな不安を抱えて悩んでいるなら、ぜひこのブログを読んでください。「費用がない…」と一口に言っても一人一人の状況はさまざまです。大勢の参列者をお招きするような豪華な葬儀をするには費用が足りない。急なことだったので、今すぐには葬儀費用の支払 [続きを読む]
  • 葬儀の形式ってどうしたらいい?家族葬?直葬?
  • 一般的に葬儀といえばお通夜・告別式をしてお坊さんがお経をあげ、多くの弔問客が訪れて火葬場へ出棺する、そんなイメージでしょうか?火葬場についたら食事をして、四十九日の約束をして解散。その後、納骨があって…確かに、こういった形式での葬儀は多く行われています。「これが普通」という方も多いと思います。(宗教の違いもありますからこの限りでは、もちろんありません)ですが最近では違う形での葬儀を希望されることも [続きを読む]
  • 横浜市、相模原市、町田市で家族葬をお考えの方へ
  • 「家族葬のほのか」の問い合わせページを更新いたしました。以前のブログで、≫家族葬で喪主のする事とはを書かせて頂きましたが、その中で「お亡くなりになってから葬儀に至るまでの流れ」の部分の一覧を作成いたしました。ご不幸が近く感じている方は、画像を して頂き、ぜひ印刷をしておいてください。 また、こちらも以前のブログ≫これだけ準備しておけば安心。葬儀前チェックリストでご使用いただける「チ [続きを読む]
  • 家族葬で喪主がすることとは
  • 家族葬では、その言葉通り「家族」だけで執り行うことが多く、「喪主」といっても家族の代表者として身内の意見を取りまとめて葬儀社と話をしていくのが主なお仕事となるでしょう。ただ家族葬という形式は、一概に決まった形はなく、家族だけでなく親しいお付き合いがあった「身内以外の方」をお招きする場合もあります。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。≫ブログ:家族葬とは身内以外の方をお招きする場合は、その対応をど [続きを読む]
  • 家族葬のマナー〜香典、供物、供花について〜
  • 香典は相互扶助が目的もともと香典というのは、霊前に供える香の代金です。昔は香を持参していたのが、喪家側で用意するようになったため、その代金として現金を包んで持参し、霊前に供えるようになりました。現在では不時の出費に対する相互扶助の意味合いが強くなり、現金を包むのがことが一般的になっています。 香典は通夜か告別式に持参します香典を持参するタイミングは、通夜、葬儀、告別式のいずれでも構いません。た [続きを読む]
  • 家族葬のマナー〜葬儀、告別式に出席する場合〜
  • 前回に引き続き、もし家族葬に招かれたらという場合で、家族葬マナーを紹介します。今回は葬儀・告別式 編です。 葬儀と告別式葬儀が死者を葬る儀式で、遺族、近親者や特に親しかった知人、友人で行われるのに対し、告別式は故人にゆかりの人々が別れを告げる儀式を言います。ですが家族葬においては、本当に近い家族や知人、友人だけで行われることが多いので葬儀・告別式を分ける考え方はしなくてもよさそうです。家族葬に [続きを読む]
  • 家族葬のマナー〜通夜に出席する場合〜
  • 家族葬は一般的に家族だけで行う葬儀の認識です。ですが、もし家族葬の名目で行う葬儀に招かれた時にはマナーが必要かと思いますので、一般的な葬儀のマナーに付け加える形でご紹介いたします。 通夜だけの出席でもよい本来のお通夜は、死者と家族が最後の一夜をともに過ごすものでした。現在は、すでに納棺し、家族だけでなく親族、知人、友人が集まって故人を偲び、別れを惜しむ場として一般的になっています。今では夜通し [続きを読む]
  • 家族葬のマナー〜他家に不幸があった場合〜
  • 危篤の知らせを受けた時危篤を知らせるのは、血縁か特に親しい間柄の場合だけですから、直接知らせを受けたら、すぐに駆けつけます。知らせを受けた人から間接的な連絡によって知った場合は、自身の立場を考えて処し方の判断の目安にします。この段階では、一刻も早く会いたい、快方に向かってほしいと思うのが人情ですから、ふだん着で駆けつけます。血縁の方で向かう場所が遠い場合なら、それと分からぬ程度で、喪服や香典を用意 [続きを読む]
  • 家族葬のマナー〜服装と持ち物〜
  • 男性の服装通夜には喪主はブラックスーツを着用それ以外の方は、まだ準備が整っていないという事であれば、地味な色調の背広に黒いネクタイを用いるような形でも大丈夫です。葬儀には喪主の正式礼装はモーニングコートと言われていますが、家族葬では略礼装と言われているブラックスーツが一般的です。ワイシャツは白、ネクタイは黒無地、靴は黒でフォーマルなもの。縞のスーツを着る場合は出来れば細い、地味なものが良いでしょう [続きを読む]
  • これだけ準備しておけば安心。葬儀前チェックリスト
  • 身近な方の葬儀。それは、すぐの事なのか遠い先の事なのかはわかりませんが、どんな方でもいつか必ず行うものです。大切な方の葬儀の事を考えるのは本当に嫌なものです。ましてや、準備なんて「縁起でもない」そう思われるかもしれません。ただ、「もしかしたら、考えなきゃいけない?」と思った時には、葬儀前のチェックをしておく事をお勧めします。大切な方を亡くした時は、正常な精神状況ではまずいられないものです。チェック [続きを読む]
  • これだけ準備しておけば安心。葬儀前チェックリスト
  • 身近な方の葬儀。それは、すぐの事なのか遠い先の事なのかはわかりませんが、どんな方でもいつか必ず行うものです。大切な方の葬儀の事を考えるのは本当に嫌なものです。ましてや、準備なんて「縁起でもない」そう思われるかもしれません。ただ、「もしかしたら、考えなきゃいけない?」と思った時には、葬儀前のチェックをしておく事をお勧めします。大切な方を亡くした時は、正常な精神状況ではまずいられないものです。チェック [続きを読む]
  • 日野市営斎場での家族葬
  • 先日は日野市営火葬場での家族葬(火葬式)のお手伝いでした。 この度の故人様は、90歳をこえるお歳だったのですが、とても心温まるお旅立ちでした。ご家族様は故人が亡くなる最後の瞬間までご自宅で懸命に看護し、一緒に寄り添ってこられたそうです。私が、最初の一報を受けて故人様のお体の処置をさせて頂いた時も、本当に安らかなお顔でした。 ご自宅には親戚の方がたが集まっていて、その雰囲気から「故人となられた [続きを読む]
  • 日野市営斎場での家族葬
  • 先日は日野市営火葬場での家族葬(火葬式)のお手伝いでした。 この度の故人様は、90歳をこえるお歳だったのですが、とても心温まるお旅立ちでした。ご家族様は故人が亡くなる最後の瞬間までご自宅で懸命に看護し、一緒に寄り添ってこられたそうです。私が、最初の一報を受けて故人様のお体の処置をさせて頂いた時も、本当に安らかなお顔でした。 ご自宅には親戚の方がたが集まっていて、その雰囲気から「故人となられた [続きを読む]
  • 危篤の知らせを受けた時
  • 葬儀のお手伝いは、お電話でご依頼を受けるところから始まることを以前のブログで書かせて頂きました。 その時のご遺族のおかれている状況で以外に多いのが、「もういよいよ亡くなる」という時です。 病院から危篤の知らせを受けて病院・・・ [続きを読む]
  • 【家族葬】いいお葬式
  • いいお葬式って人それぞれですよね。 宗教にならって厳粛にお見送りをする。 音楽や洋花を飾っておしゃれなお葬式をしたり。 故人の遺品や思い出の品を飾ったり。 自由気ままな故人なら少しユーモアを取り入れたお葬式にしてみたり。・・・ [続きを読む]
  • 【家族葬】いいお葬式
  • いいお葬式って人それぞれですよね。宗教にならって厳粛にお見送りをする。音楽や洋花を飾っておしゃれなお葬式をしたり。故人の遺品や思い出の品を飾ったり。自由気ままな故人なら少しユーモアを取り入れたお葬式にしてみたり。 「良いお葬式だったなぁ」は本当に人それぞれです。 私が携わったご葬家もほぼ100%「ありがとう。いいお葬式でした」と言って頂けます。いや、これは自慢でもなんでもなくて、そういうもの [続きを読む]
  • 家族葬:あの頃を思い出すこと
  • 大切な人との別れ…その時が来ることを考えると、とても恐くなります。 自分自身が年齢を重ねれば、大切な人も歳をとっていきます。 いつからか…別れの時が、想像の世界から現実に感じられるようになった時、思い出せば楽しかった「あの人」との記憶も、なぜか涙が出そうになります。 大切な人との別れを目前としたときまたは、まさにその最期の時に「あの人」との記憶を思い出したくなるのでしょうか?「いい思い [続きを読む]