マスター黒野 さん プロフィール

  •  
マスター黒野さん: どうして、ペンタックスは凄い写真が撮れるのか?
ハンドル名マスター黒野 さん
ブログタイトルどうして、ペンタックスは凄い写真が撮れるのか?
ブログURLhttp://masterkurono.blogspot.jp/
サイト紹介文ペンタックス K-1を使って、すごい写真の撮り方を皆さんと一緒に考えます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/12/12 18:29

マスター黒野 さんのブログ記事

  • smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedで撮る モデル2号、3号ポートレート
  • ポートレート用レンズとしてFAリミテッド31mmが意外にというか、相当使えることに感動したんですが、ポートレート用レンズの本命はやはりsmc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedかな、と。正直、自分がこの女性たちをこんな風に写せたら、と思ったように写せます。自分の人生の中に何か後悔があるとすれば、自分の子供が幼児のうちにこのレンズに出会いたかった。そういうことです。僕の娘が子供の頃のシャッターチャンスを、結局は逃し [続きを読む]
  • smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedで撮る 鞆の浦とモデル2号、3号(2)
  • 鞆の浦ではお寺巡りをしてみましょう。素晴らしいところはたくさんあります。こちらは静観寺。自由に立ち寄って、自由にお茶をごちそうになれます。すごく良い雰囲気で思わず忘我な時間が流れます。こういうぬるいお寺って良いですよね。すごく好きなところです。 そのお寺でのお花はこんな感じです。ここではレンズを換装して、smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedにしてます。先日も書いたけど、デジタルカメラで撮ると(?) [続きを読む]
  • 景品のPENTAXマグカップが、実は結構お高いものだった件
  • 瀬戸内からの中継の途中ですが、ここで雑談でも。以前、ペンタックスのフォトコンで入選した〜!と喜んだ、その景品が予想斜め下のマグカップだったとガッカリしてましたが、このマグカップ、なんと結構お高いお値段なんですね。こんなの100円ショップでも(以下、大人の都合で略)ということで、値段を知っちゃうと、もう少しかわいがってやろうかな、という気持ちになってきた現金な僕です。でもさ、同じマグカップなら、このシ [続きを読む]
  • smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedで撮る 鞆の浦とモデル2号、3号(1)
  • 鞆の浦って全国的にはあまり有名じゃないのかも、だけど、瀬戸内の風光明媚なところとしては外せない場所だと思う。ちなみに、福山の南の端の方にある中世からの殷賑な港町です。歴史が好きな人は、坂本龍馬の船が紀州藩の船とここの沖で激突して沈没した場所だと言えば、おお!と思ってくれるかも?有名な談判の大立ち回りはこの町屋にて行われました。今回は、贅沢にもモデルを二人(2号、3号)も調達できたので、モデルを写しな [続きを読む]
  • smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited で撮る 尾道小径
  • ここで31?から少し気分を変えて、別の神レンズsmc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedへ換装して尾道を撮ります。風景を含めたスナップにはこのレンズは画角が狭すぎて向いていないだろうとずっと先入観を持っていたんだけど、意外にやれるようです。意外にやれるどころか、31?とは全く異なる素晴らしい味わいをしっかりと前面に打ち出してくれます。みんな、幸せそうだ。僕の中ではもう、間違いのない神レンズです。実を言うと、smc P [続きを読む]
  • smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedで撮る 尾道小道(2)
  • 尾道小道編第二弾。今回もsmc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedだけを装着したK-1で撮りまくります。まずは丘の上に立つ志賀直哉先生の邸宅。「そーか、ここにあの志賀直哉がのお・・」と感心するふりをするものの、無教養な僕は一冊も彼の本を読んだことがありません。暗夜行路?知らん。ここに先生が住んでいた、とはいえ、彼は生涯で何十回も引っ越しをした人で、この尾道も1年ほどの暮らしだったそう。しかし、晴れて良かった。 [続きを読む]
  • smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedで撮る 尾道小道(1)
  • 福山へ帰省。本日は隣町である尾道への小旅行の紹介 その1。昨日のしまなみ海道ではHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRという巨大標準レンズだけだったけど、今日はペンタックスが誇るラスボスレンズsmc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedだけの撮例でいきます。初めてこのレンズをフルサイズのK-1で使うと、その微妙な(中途半端な)広角画角にとてつもない難しさを感じると思います。僕もそうでしたが、最近ではずいぶん慣れ [続きを読む]
  • しまなみ海道 大三島編(2)
  • さて、参拝を終えた僕たちは、大三島の周りをゆったりとドライブします。この島でのレンズは、基本的に全てHD PENTAX−D FA 24-70mm F2.8ED SDM WRを使っています。風景を中心に撮るには、信頼できる素晴らしいレンズですね、やはり。島の南西部には伊東豊雄建築ミュージアムというのがあり、少なくとも外観とロケーションは素晴らしいです(入館はしていないので、中のことは知りません)。こんなところに別 [続きを読む]
  • しまなみ海道 大三島編(1)
  • しばらくブログの更新が無かったですが、帰省にて実家の福山に滞在してました。大人になって思うのが、福山というか瀬戸内の町というのは色々と風光明媚なところが近くに多いですよね。今回はまず、しまなみ海道を通って、大三島というところへやってきました。瀬戸内の島々を巡ったことがない人は、たぶんとても感動するんじゃないかと思いますね。島々に架かるこんな美しい橋をたくさん渡っていくのです。今回大三島に渡りたい、 [続きを読む]
  • 最近、写真を写す機会に恵まれず・・・
  • 色々と、読者の方々から更新が滞ってるじゃないかとご心配の声が・・・サボってるわけじゃないけど、桜を撮りに行くにもとにかく寒いし週末は雨だし。やってらんない、というのが正直な気持ちです(いや、それをサボってる、というw)。そろそろ自分の写真もアップしなきゃな、と思いつつ、撮ってないものはしょうがなくて、先日箱根に行った時の猫の写真があったな。と。本当はこの直前、梅にメジロという写真を撮れるチャンスが [続きを読む]
  • その写真には感動があるか?
  • 友人の美女真由美さん(名前の枕詞は当人の指名ww)が、先日FBに写真をアップしていた。ヨーロッパから久しぶりに帰宅したときに、ずーっと会えなかった美女真由美さんを待っていて、泣きたいぐらい甘えてきた愛犬の写真だ。そんな彼女(この黒いヒト)と散歩に行って、満開の桜の下で泣きたいほどの気持ちで撮ったアイフォンの写真が、下の写真。一眼レフカメラ命の僕たちからすると、スマホなんかの写真なんて全く評価の対象 [続きを読む]
  • 最後に笑うのは僕だ
  • なんか、大上段なタイトルですが、ついにというか、やっとスマホを買いました。ええそうです、ずっとガラケーだったわけです。「えww?まだガラケーなんすか?(プゲラ)」と何度笑われたか。ふん、笑ってろ。最後に笑うのは俺だからな、と今まで生きてきました。大体、スマホなんかに月々1万円も払うって正気の沙汰か?年間12万円だぞ。3人家族ならば年間36万円だぞ?それほどの価値があるものか?どう考えてもスマホはいずれた [続きを読む]
  • 娘の大学合格祝いにイタリアン smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited
  • 資格や公務員試験などに実力のある大学の経済学部に1浪の末やっと入学できたので、先日は箱根に行ってお礼参りをし、今週末は、娘も大好きなイタリアン「ボッテガレガーロ」さんにて乾杯をしました。こちらは横浜市営地下鉄の地味な駅 蒔田 の近くにあるこじんまりとしたイタリアンですが、出てくる料理は本格的です。特にピザやパンの生地などマスターの手作りで実に香り高くて感動します。今回、smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limit [続きを読む]
  • 箱根旅行2日目 岡田美術館 すっぽん料理
  • 箱根2日目は雪。いやもう、マジ寒いわ。ということで?、やってきました岡田美術館。ここは小涌園ユネッサンの隣にある美術館で、本当に素晴らしい収蔵品が数多く観られます。あまりに凄すぎて、これらは本物か?と疑いたくなるような美術品ばかりです(もちろん本物でしょう)。まあとにかく、お宝鑑定団のファンならばあの番組でよく出てくる作者の名前の作品も多く、ものすごく分かりやすい美術品が多いです(ただし、2800円と [続きを読む]
  • 箱根旅行1日目 箱根神社
  • 娘の大学受験も無事に終わり、これは箱根神社にお礼参りに行かねばならんだろう、ということで行ってきました。1泊2日の旅。旅、というほどのこともなく、保養所があるもんでとにかく箱根には頻繁に行ってます。HD PENTAX−D FA 24-70mm F2.8ED SDM WRにて写す乙女茶屋からの富士山。御殿場の町が下に見えてます。箱根神社に着きました。smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedにレンズを換装してますが、こういう [続きを読む]
  • 酔って写真を写すってのはダメだね、しかし・・・・
  • 娘の大学受験の試験がすべて終わり(まだすべての発表までされてないけど)、まあお疲れ様ということで、娘がずっと食べたくて我慢していたというおいしい焼き肉屋に連れて行ってやりました。もちろん僕は肉を食べながらビールをしこたま飲み、酔ったままその近くの梅林のライトアップイベントに参加したわけですわ。そういう時って、ホント気持ちが大きくなりますよね。俺はすごいライトアップ梅林が撮れるんだってな感じで。しか [続きを読む]
  • 娘の受験顛末記(前)
  • 先日も書きましたが、去年の現役時代の娘は国立理系を目指していました。ところが現役ではエライ失敗な受験となっちゃって、自分はその方向性じゃないんだ、と激しく気づいたらしく、浪人となってからは私立文系という180°?の方向転換を図ったわけです。そんなんで大丈夫なのか?って思いますよね?僕も思った。いやもう、ヤバいです。でもまあ、比較的その大転換をスムーズに移行できたのは、英語だけはかなり得意だったからみ [続きを読む]
  • 娘の受験が・・・・
  • 最近ブログのアップが滞ってますが、1浪した娘の2回目の大学受験が山場を迎えていたからです。元々国立の理系を狙って現役時代は受験していたのですが、これが大失敗。どうも自分には向いていないとはっきり悟ったようで、浪人してからは私立文系に大転換を図って受験しなおすことにしたのです。なんか、僕からすると無謀としか思えないんだけど、そんなんで大丈夫なのか?と。そんな彼女も先日、全ての受験が終わってあとは結果を [続きを読む]
  • smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedで男性ポートレート撮影
  • 先日テニス仲間のダンディTさんが、フルオペラの舞台に立つことになりまして、それは是非に!ということで会社を半休して観劇しに行きました。その舞台がなんと、モーツァルトのドンジョバンニ。しかも準主役級のドン・オッタービオ役です。そのオペラ自体は声楽教室の発表会だったのですが、芸大卒のプロの方がドンジョバンニ役で出演するなど、実に素晴らしいもので大感激の舞台でした。本当に楽しかったです。来年も観劇させて [続きを読む]
  • smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedで撮るモデル1号@みなとみらい
  • 先日のsmc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedのレビューにて、個人的にペンタックスのフルサイズ用ラスボスレンズは実はsmc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedではなかろうか?と提示しましたが、今回モデル1号をみなとみらいで撮影してみて改めてその思いを新たにしました。smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedもそうですけど、FAリミテッドの特徴は、この遠近感と立体感と空気感だと思えます。モデル1号も一般人で一個人なので写真は [続きを読む]
  • 構図と色彩の教科書はこれで決まり
  • 先日この本を構図の教科書としてご紹介しました。             前回書いたことを再度書くと、「構図とはこういう風に撮影すればよい、という生ぬるい話ではなく、「なぜ、この構図でなければならないのか」ということがはっきりと分かるようになります。構図とは?この本を読めば瞬時にそれに答えられるようになります。「力の流れだ」 と。」ということで、これは素晴らしい本だと思います。それで、今回おすすめの [続きを読む]