green さん プロフィール

  •  
greenさん: 理学療法士greenのセラピストーク
ハンドル名green さん
ブログタイトル理学療法士greenのセラピストーク
ブログURLhttp://ameblo.jp/fgvj/
サイト紹介文前半は患者さんの症状や機能障害、治療についての専門的な話、後半は療法士としてのつぶやきブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/12/13 09:45

green さんのブログ記事

  • 愛知る旅とブログゆる休み
  • そーいえば愛知る旅、行ってきました 楽しかった〜 友人の馴染みのお店で、療法士5人の会合。仕事のこと、家庭のこと、SNSのこと、そしてやっぱり理学・作業療法とリハビリテーションについて、ペチャクチャワーワー もちろん観光もな 共感し合える療法士や医療関係者との繋がりをつくるために始めたこのブログ それがこんなに素敵な出会いに繋がるなんて、このブログを初めて本当によかったと感じて [続きを読む]
  • 療法士のグローバルスタンダード2
  • Global standardについての雑記。頭を整理するための独り言です。どエラい長いけどな①米国の療法士は2020年までに全て博士課程(DPT)に移行してゆく。教育水準は日本よりずっと高い。日米ではまず、そもそもの歴史の深長が異なり、米国療法士はこれまで様々な関連団体と折衝しながら、治療者としての地位や社会的評価を勝ち取ってきた。②療法士による医学的・経済的効果の証明、Evidenceの構築、教育水準や鑑別診断技術の向上が [続きを読む]
  • で、さっそく命の洗濯
  • 誰もいない早朝の露天風呂PRICELESS 周囲は山間で、聞こえるのは流れる湯と滝の音だけ〜♪  あ、もちろん温泉療法と併用して、得意のセルフモビリゼーション体操もします(((o(゜д゜)o)))ウネウネ これにてgreenふっかぁーーつ!!!明日からまた頑張ります ↓癒された方はポチッとな [続きを読む]
  • 療法士のグローバルスタンダードって何?
  •  最近、とある療法士の勉強会を手伝うことになりました その勉強会のテーマというのが“世界水準の治療技術”どうやら療法士のグローバルスタンダードとは何ぞや?ということらしい...なんて壮大なテーマや  ということで関連資料を集め、最近の米国ジャーナルを読んでみる...もとい、読んだフリ...もとい、薄目で眺めるだけ  それでも眼精疲労はMaaaaaXんで、苦労して何とかまとめることが見えてきました。それ [続きを読む]
  • セルフエクササイズのアイテム
  • ついに出会ってもうた(о´∀`о) 自分史上、最強のセルフエクササイズ・アイテムに  主に脊椎関節のセルフモビリゼーションにとても効果があります。この高さ、硬さ、形状、すべてがバッチリです そして、どことなくセクシーやしね で、使っている場面がこちら↓ あ、失礼しました(笑)。でも、これで運動すると、本当に椎骨の分節的な動きが再現できて、腰背部の筋スパズム(こわばり、痛み) [続きを読む]
  • FB投稿会〜20年後の医療に期待すること〜
  • 今月のFacebook投稿会の内容です 1年続いたこの投稿会も、来月で終了となります 【FB投稿会〜20年後の医療に期待すること〜】  20年後は超少子高齢で生産世代は激減、そして多病・多死社会が始まってます。膨張する社会保障費は、ますます抑制されるでしょう  誰もが必要な医療・介護支援を受けるため、今からアンバランスな診療報酬を均衡化しないと制度が持ちません。今の保険点数や区分は、極端な偏重( [続きを読む]
  • セラピストのイラスト2
  •  ペンタブレットで描くセラピストのイラスト、略して...セラスト? その第2作品目。  療法士の夢と情熱と挑戦の物語、その名も『THERA PEACE 』“セラピスト王に、俺はなる”...決まった  え?完全な私のオリジナル作品ですけど、何か? ONE PEACEって何?  1作品目よりは、ペンの使い方をいくつか覚えましたぞ。だけどデジタルの機能や良さを、まだ全然活かせてないなぁ。時間のある時にま [続きを読む]
  • 海のミルクって何やねん
  • 牡蠣が好き まぁ私は立場的に公には食べれませんので、ここは非公式でお願いします それにしても、牡蠣のことを「海のミルク」ってドヤ顔で言うじゃない 何で海のものを液体に例えんねん 物理的に無理やん そして何で牛乳じゃなく「ミルク」って、シャレた感じで言うねん じゃあ牛乳を「山の牡蠣のようだね」って言う? 「牡蠣は栄養満点」で十分じゃい ...にしても、牡蠣が好き&nb [続きを読む]
  • 症候治療学 第4報
  •  晴れたり降ったり、寒かったり暖かかったりですが、皆様いかがお過ごしでしょうか ちょっと久々の投稿です  4月の勉強会に向けて、資料づくりしてまーす─=≡Σ((( つ??ω??)つ ええと、今日は『症候治療的鑑別診断補助』について...長っ。興味ない方は下のポチだけ押せや  療法士は物理医学に基づいて治療を行いますが、その対象の多くは機能障害となる症候です(基本的には対症療法なので)。問題はその [続きを読む]
  • 私の学生時代は...
  •  先日、10数年ぶりに短大時代の友人に再会 お互いに「いや〜全然変わってないね〜」と言いながら「(こいつ、老けたなぁ)」という心の声が聞こえたよ  せっかくなので学生時代の思い出の味を求め、市内の鉄板街に繰り出すうーん、実に懐かしい。  入ったのは、壁一面、いや壁四面がE.YAZAWAワールドになっている店 味は大丈夫なのか? さっそく注文してみる。 「へい大将!もちチーズ肉玉入りを [続きを読む]
  • FB投稿会「療法士に命を守る知識と技術は欠落しているか」
  • 今回もちょっと難しい内容ですが、投稿会の記事です  療法士は患者の生命予後にどれほど寄与できるか。  癌、感染、出血、炎症、壊死など、私たちに疾患は治療できないし、救急の生命危機を直接的に救うこともできない。  私たちに治療できるのは一部の臓器の「機能」だけ。しかし、療法士が治療する呼吸や循環機能は生命活動に直結しており、その意味では“生命機能”を守っている。  重症肺炎後の無気肺 [続きを読む]
  • お絵かきに夢中(笑)
  • おや、もう10日ぶりの更新ですか 先日、パソコン上でイラストなど描けるペンタブレットを買ってみました♪ で、この1週間はブログさぼってお絵かきの練習  専門教員時代には、授業資料用の挿絵などは手書きイラストをスキャンしてたけど、ブログ書くようになって、やっぱりパソコンでイラスト描けたらいいなと考えるようになり、思い切って買っちゃった ↓患者さんの歩行練習の場面を描いてみました(モデルは想像)& [続きを読む]
  • 第1回FBいっぽんグランプリ
  • お題「某モ〇バーガーで、セットにレモンティーを注文したところ、レモンと熱い湯が出された時の、女性店員への正しい返しを答えよ。」  これ、実話( ゚∀゚ )プハッ!! んで、Facebookにこのお題を投稿したところ、平日夜遅くにもかかわらず30個近くの愉快な回答が届きましたみんなヒマだね以下、そのうちのベスト?10 ・ティーバッグください(発音注意)・あなたのTバックを見せてください・ちょっとー!このお湯ぬるい [続きを読む]
  • リハビリテーションはどこからどこまで?
  •  少し前に友人とのSNSでのやり取りで、次のような話がでました ①医学的リハビリテーション(過程)は、始まりはどの時点で、終わりはどの時点なのか? ②医学的リハビリテーションには、治療・訓練以外に何が含まれるか?また他職種は何を行うのか? ③PT、OT、STなどの物理医学的治療と、リハビリテーションにおける適応訓練との境目はどこ(何)か? ④病医院で行われる外来治療は医学的リハビリテ [続きを読む]
  • あけまして遅ようございますm(_ _)m
  •  え〜、さっそくですが、今年2017年の反省と来年の抱負を...「正月から飲みすぎないことw」 年末の30日から、酒類かブルガリアヨーグルトしか飲んでないんだYO:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚  なんて堕落した年末年始を送ってしまったのだろう 時間を30日の夜に戻したい、どーしても戻したい 明日から仕事だなんてウソでしょ?完全に昼夜逆転してるよ( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!  まぁ年末ジャンボ宝くじが〇千円当たったの [続きを読む]
  • ちょっと早い振り返り
  •  師走、世間も何かとせわしい様相ですね 私のほうは、療法“士”の『士走』ですが  今年も残すところあと1週間あまり。ちょっと早いですが、この1年間を振り返ってみます  今年は私にとってはまさにSNS Year 昨年末のアメブロデビューに続いて、今年1月から(今さら)Facebookデビュー 6月には自作のWord Pressブログ(治療ブログ)デビュー。  夏以降はSNSで繋がった同志とのリアルな出会 [続きを読む]
  • 症候治療学(仮)第3報
  •  どうも、最近メッキリお酒に弱くなったアラフォー療法士のgreenです でもまだ30代だわよヽ(´∀`。)ノ゚。+゚  さて、すっかり忘年会疲れしとるわけですが(笑)、引きつづき症候治療学の資料づくりは続けてます  先日、その第3報をFacebookで紹介投稿したところ、これまでで一番多くの友達にシェアして頂きました...っても14人ですが しかし14人がシェアして、お一人あたり平均100人の友達がいたとして1400 [続きを読む]
  • リハビリと介護
  •  先日、FacebookでYahoo記事をシェアしました。それは『要介護者の行き過ぎた自立支援』というテーマの記事です ⇒リンクはこちら  記事は「要介護者を目的なく無理矢理にリハビリさせて歩かせるのは、虐待と変わらない」といった主旨の内容ですう〜ん、“リハビリ”ってやっぱりそういう認識なんだよなぁ  これはリハビリという言葉の一人歩きと、介護との混同がつくりだしたイメージだと感じています。私はこの記 [続きを読む]
  • 復活のG (°∀°)b!
  •  あ、どうも、復活のGreenです 敬愛する鳥山明先生、勝手に使ってごめんなさい( ゚∀゚; )タラー  実はこの1週間、アメブロがまったく使えない状態でした というのも、なんと私のこのチョー平和的ブログに不正ログインをした不届き者がいて、パスワードを運営会社側で自動的にリセットしてくれてたそーです えぇ、えぇ、今日知りましたよ↓  誰だゴラー(゚Д゚#)ゴルァ!! 私の情報なぞ何の価値もねぇよ? う〜 [続きを読む]
  • リハビリテーションの先にあるもの〜FB投稿会より〜
  •  リハビリテーションの先にあるものは何でしょうか。それはもちろん、その人固有の人生であり、それまでの日常や環境に“障害”が加わった現実です。そこでまた否応なく「障害受容」を迫られる。リハビリテーションの過程で支援を受けている間は気づかなかった孤独や戦いに気づかされます。  テレビやネットで見るようなドラマチックな再起の物語ばかりじゃない。多くは障害を持ちながら、それぞれの現実に向き合い続ける日 [続きを読む]
  • ブログ1年経過(^^)/
  •  今日は勤労感謝&いい兄さんの日(11月23日)...私がアメブロを始めて、今日でちょうど1年が経ちました。ん?誰やコラ、兄さんやなくおじさん言うたのは(。`Д´。)ノ  私がSNSを始めたきっかけは、仲良くさせてもらっている、ある医師の助言でした。「green君、そんなに伝えたいことが溜まってるんなら、ブログで発信してみたら?」そして1年前に(恐る恐る)書いた下手な記事が、これです 「療法士に治せるもの [続きを読む]
  • 症候治療学(仮)第2報
  •  え〜と、無事にアメブロも復旧し...ウソです、単にパスワード自動保存期限が過ぎてただけでしたー 再入力したら、すぐ開けたぜ クレーム出して恥かくところだった(゚c_,゚`。)プッ  さて今日は真面目に“症候治療学”の勉強会に向けた資料づくり第2報です。先月は「治せる症候、治せない症候」について整理しましたが、今月まとめているのは「潜在的機能異常」についてです。これは造語かな?まだうまい表現が見つ [続きを読む]
  • 鑑別診断とかかりつけ療法士①
  •  最近、御同志でよく議論するのが療法士の鑑別診断についてです。もちろん診断は医師の業務であり、療法士が診断を行うことは認められません。しかし実際には、普段の臨床で患者さんの症候や機能障害像を特定することは、私達が頭の中で日常的に行っていることです  医師の場合は、検査や治療の反応から複数の可能性を鑑別して「疾患診断」に至ります。しかし、療法士の場合はそれとは異なります。療法士の行うべきは「障害 [続きを読む]