ミドル投資 さん プロフィール

  •  
ミドル投資さん: 30代から始めるミドル投資
ハンドル名ミドル投資 さん
ブログタイトル30代から始めるミドル投資
ブログURLhttp://middlefund.blog.fc2.com/
サイト紹介文IPO、立会外分売、割安株、グロース株、優待株、投信、保険商品、安定している商品で年利5%を目指す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/12/13 12:16

ミドル投資 さんのブログ記事

  • インベスコオフィスREIT 第6期資産運用報告
  • インベスコオフィスREITに長期投資をしておりますので、資産運用報告書をもとにご紹介します。<概要>インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人は、世界有数の独立系資産運用会社であるインベスコ・グループに属する本資産運用会社が資産の運用を受託する投資法人です。Sクラスのオフィスに集中投資するのが特徴で、横浜みなとみらいのクイーンズスクエアや恵比寿プライムタワーなどのそこそこ有名な物件を保有しています。格 [続きを読む]
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較(総括編)
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較です。4週間経過しましたので最終的な総括も含めて確認しながら考察したいと思います。今週も中小型株に関しては全般的にはしっかりといった感じでした。低PBRは今週も良好な結果となっています。成績を牽引していた田辺工業が調整していますが、他銘柄が全般的に堅調に推移し、週間では良好な成績となっています。高PBRはひらまつが公募増資の受け渡し等があり、大幅調整となっていますが、一 [続きを読む]
  • 7月 第3週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆(先週比) 年初来:15.5% (+2.8%)<株部門> 含み益+8.50%(+1.7%)<REIT部門> 含み益+5.22%(+1.4%) 今週はECBや日銀金融政策決定会合など重要イベントがありました。政策は現状維持となり、日経平均も小幅高となりました。今週の売買<売却>クロスフォー<購入>エコス、明豊ファシリティ今週は保有株やREITがほぼ全面高となりました。売買で [続きを読む]
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較(3週目)
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較です。3週間経過しましたので引き続き成績を確認しながら考察したいと思います。(4週程度は継続予定です。)今週はコメントするような出来事もあまりなく、株価についても大きく変化する銘柄が少なく、考察も少し薄めです。低PBRは引き続き全般的に堅調です。田辺工業が好調ですし、割安らしく大きく動く銘柄も無く、落ち着いた成績になっています。高PBRは先週に引き続き軟調が継続していま [続きを読む]
  • 株式投資の学校 [ファンダメンタルズ分析編]
  • 投資本は主に図書館で借りてきて月に、斜め読みも含めると3〜4冊程度を読破しています。特に面白い本がありましたので、久しぶりに紹介したいと思います。株式投資の学校 [ファンダメンタルズ分析編]本書はタイトルの通り、ファンダメンタルズ分析についてのナレッジやノウハウが詰まった一冊となっています。難易度的には初心者〜初級者向けの書籍だと思います。第一章 成長性と割安さの見極めが中長期投資投資の決め手こちら [続きを読む]
  • 個別分析 ダイト 2017年度 本決算
  • ダイトの本決算が発表されました。私は当社に長期投資していますので、確認していきます。ダイトの本決算は小幅増収増益でした。<2017本決算>前期比売り上げ+4.4% 営業利益+7.8% 経常利益4.4% 最終益+3.5% EPS 212.3 <2018予想>前期比売り上げ+6.6% 営業利益+7.0% 経常利益7.0% 最終益+7.3% EPS 227.7内容をみると設備投資が奏功し、トップラインが引き続き伸長しています。設備投資の結果ですので、特にインパクトあるよう [続きを読む]
  • 7月 第2週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆(先週比) 年初来:12.7% (+0.12%)<株部門> 含み益+6.89%(+2.12%)<REIT部門> 含み益+3.82%(―2.68%) 今週は雇用統計や経済指標に支えられ株は比較的堅調な推移となりました。一方、J-REITは引き続き軟調で指数は年初来安値を更新しています。今週の売買<売却>エイジス<購入>なし今週も売買をほとんどしていません。エイジスは月次が予 [続きを読む]
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較(2週目)
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較です。2週間経過しましたので引き続き成績を確認しながら考察したいと思います。(4週程度は継続予定です。)低PBRは全般的に見直されつつあります。エンビプロが配当落ちを埋め大きく上昇、田辺工業も調整前水準まで戻っています。この2銘柄の好影響が全体成績を牽引している状況です。エンビプロは鉄相場が好調な影響があるのでしょうか。高PBRは新興市場の下落影響が多少出ている状況です [続きを読む]
  • 7月 第1週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆(先週比) 年初来:12.5% (+0.38%)<株部門> 含み益+4.77%(+0.65%)<REIT部門> 含み益+6.50%(―0.53%) 今週も先週に引き続き、神経質な展開でした。ADP雇用統計が弱含み、ダウやNASが下落、それに連動して一時は日経平均も19900円程度まで下がりました。雇用統計は数字上は良好ですので、週明けは若干の反発が予想されますが、こう良い悪い [続きを読む]
  • 【優待】洗濯機購入の道のり
  • 直接的な投資とは関係ない記事になります。株主優待は私も大好きで、今年は特に活用/利用しながら店舗の状況などミクロな環境の確認をしています。(と、偉そうな建前は書いていますが、本当の目的は新生活に伴う家具家電購入、生活費圧縮になります(笑) )我が家では、私が一人暮らし時に使用していた洗濯機を継続して使用しています。この洗濯機は2008年頃に買った商品であり、容量の少なさ、異音が鳴るなど、妻から買い替え [続きを読む]
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較(1週目)
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較ですが、始めて1週間経過しましたので成績を確認しながら考察したいと思います。(4週程度は継続予定です。)低PBRですが、6月権利のエンビプロが大きく出遅れていますが、配当25円を加算すると下落は僅かな状況です。ユタカ技研は10銘柄で一番上昇しています。本田色が強いため、タカタ倒産の影響もあったんでしょうかね。高PBRですが、新興市場が大きく調整しているので影響が出るかと思いき [続きを読む]
  • 6月 第5週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆(先週比) 年初来:12.1% (−1.14%)<株部門> 含み益+4.12%(―0.1%)<REIT部門> 含み益+7.03%(―0.24%) 今週は米国FANGなど大型ハイテクが売られる展開もあり、日経やTOPIX、新興市場についても週末にかけて軟調になりました。特に新興市場は過熱感もあったので、大きめな調整が来ている感じがします。今週の売買<売却>パラカ、船場、協 [続きを読む]
  • 高PBR、低PBRの5銘柄との比較
  • 昨日、ツイートした通り高PBR、低PBRのPF5選とのパフォーマンス比較を一ヶ月やってみます。一応、現実的に総額100万円になるように各銘柄均等に20万円づつに割り振りました。端株になるので、そのへんはご了承ください。低PBR5選まず、低PBRから解説します。スクリーニング条件はPBR0.7以下でROEが高い順にソートして粗く候補を選出。候補から今期予想が増益基調もしくは四季報予想が良いものをピックアップ。業種が不動 [続きを読む]
  • 6月 第4週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆ 年初来:13.2% <株部門> 含み益+4.22%<REIT部門> 含み益+7.27% 今週は四季報も発売され中小型株は堅調でした。日経平均も高値圏に留まるなど、強い動き。ただ週末にかけて軟調に、金曜に新興市場は3%近く調整しました。今週の売買<売却>G-FACTORY、アイドマMC(一部)、協立AT(一部)、日本管理センター(一部)<購入>ヴィンクス、久世、エリアリンク四季 [続きを読む]
  • 株主総会 ティーガイア
  • 2017/6/21にティーガイアの株主総会に行ってきました。ティーガイアは携帯やスマホのショップを運営しています。街にあるドコモショップやAUショップの運営です。他にもMVNO向け事業や、決済事業(pin)、フレッツ光卸(TG光)の展開、法人向け販売事業を手掛けています気になっていたのは携帯電話やスマホ市場が既に飽和状態にあること。既に国内では伸長余地などないことは素人の目からも明らかですので、今後の成長戦略に興味を [続きを読む]
  • 保有株の四季報状況など
  • 保有株の四季報情報をチェックしました。ダイト △ 2018/5 EPS 211  PER11.3  2017会社予想比 +2%成長数字はパッとしませんが、コメント欄に高薬理活性事業が出てきました。現状、株価からは当社がジェネリック薬の工場程度として位置づけ程度です。この評価から高薬理事業をもとに製薬会社との位置づけに変われると考えていますホクリヨウ ◎ 2018/3 EPS 76  PER--  2017会社予想比 +20%成長決 [続きを読む]
  • 6月 第3週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆ 年初来:12.1% <株部門> 含み益+4.09%<REIT部門> 含み益+5.64% 今週はナスダックや原油価格が軟調になるなど、指数は右往左往な相場でしたが、中小型株は堅調でした。今週の売買<売却>リスクモンスター<購入>G-FACTORY、ビジネスブレイン太田昭和、HCM投資法人チャート的に調整に入りそうと感じたリスクモンスターを売却し、某有名ブログで議論していたG-F [続きを読む]
  • 個別分析 ビジネスブレイン太田昭和
  • 【解説】ビジネスブレイン太田昭和は会計情報システムのコンサル、開発を行っています。顧客にコンサルを行い、自社や他社で開発した会計パッケージソフトをカスタマイズしてソリューションとして提供します。会計ソフトだけではなく、製造業向けのITソリューションも提供しています。Siだけではなく、BPOも行っています。いわゆる業務のアウトソーシングです。これもSIerとしては行っている企業が多いので特段特徴があるわけでは [続きを読む]
  • 6月 第2週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆ 年初来:10.8% <株部門> 含み益+3.13%<REIT部門> 含み益+4.15% 今週は重要指標やMSQもあり、多少調整はありました。全体的には堅調なムードでした。今週の売買<売却>マルコ、オーウイル<購入>アイドマMC、KSK、エイジスマルコが急騰しましたので、売却しました。優待3回分の利益となりました。また下がれば優待用に欲しいんですが、今のところ難しそうですね [続きを読む]
  • 個別分析 エイジス
  • 【解説】エイジスは棚卸代行業者です。あまり聞き慣れない方もいると思いますが、決算などの際には在庫がどれだけあるか検品する必要があります。しかし、この棚卸は大量の時間がかかります。よって、中規模から大手の小売は当社のような棚卸専門家にアウトソーシングするわけです。主力の棚卸以外にも、店舗運営に関するコンサルタントや覆面調査なども請け負っています。日本が主力で、棚卸代行業者では日本1位となっておりシェ [続きを読む]
  • 6月 第1週 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆ 年初来:11.2% <株部門> 含み益+4.39%<REIT部門> 含み益+4.21% ついに日経は2万円を越えました。雇用統計は芳しくなかったですが、先物も崩れていませんし、週明けも2万異常が継続されそう。今回は日経平均のEPSが上昇しているので業績の裏付けのある上昇と言われています。TOPIXが1600円を超えている点から225主体の買いでは無いという点も、チャイナバブルに沸 [続きを読む]
  • ポートフォリオのバランス 時間編
  • 自分はポートフォリオを構成するにあたり、バランスを重視します。バランスと一言で片づけるのは簡単ですが、様々な尺度があります。1.複数の業種でバランスを構成これはバランスの初歩です。特定業種に限らないことで、リスクとリターンを平準化出来ます。この話題は別の機会で掘り下げます。2.株の属性や特性でバランスを構成これは応用編です。株は割安株、グロース株、高配当株(優待株含む)、材料株と属性が分かれます。 [続きを読む]
  • 株知識 ベータ値
  • 私は趣味として楽しみながら、株をやっている程度です。投資歴は5年ほどですが、遊んでばかりで株買って放置している期間も長く、知らない事が未だに多いです。知らない株単語や、うろ覚え株単語を掘り下げて、備忘録として記載していきます。今回はベータ値です。ベータ値(β)は、個別証券と市場(マーケット)の連動性を示すリスク指標で、ある証券(銘柄)の変動の大きさがベンチマーク(市場平均)の価格変動に比べて大きい [続きを読む]
  • 05/21 週次
  • 【PFの構成銘柄など(順不同)】◆成績◆ 年初来:10.2% <株部門> 含み益+4.00%<REIT部門> 含み益+3.54% 市況はコメントするまでもなく好調で、大型から中小型まで全体的に上昇しています。今月は、日本モーゲージSが減益見通し決算を発表し、ストップ安含み大幅下落となり、絶好調な市況とは対照的に厳しい1ヶ月でした。田辺工業やジェイリースの上昇、グリーンズなどの主力の好調を日本モーゲージの下落 [続きを読む]
  • 個別分析 KSK
  • 先日投資を始めたKSKについて改めて分析したいと思います。【解説】KSKはシステム開発(SI)を手掛けています。システム開発は主に、ユーザ系(CTCやNSSOLなど)、メーカー系(日立システムやNECソフトなど)、独立系(TISや富士ソフトなど)と別れており、当社は独立系SIerになります。その中でも売上高150億程度ですので、ハイマックスやジャステックと同程度であり、中型(正確には小型の中の中大型クラスでしょうか)になる [続きを読む]