Pitomie さん プロフィール

  •  
Pitomieさん: kurakura カナダ在住デザイナーブログ
ハンドル名Pitomie さん
ブログタイトルkurakura カナダ在住デザイナーブログ
ブログURLhttp://pitomie-chch.blogspot.com/
サイト紹介文大手広告会社を辞めて、単身カナダ!留学から現地就職。ゲイハズバンド、恋愛、就職、永住権など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/12/13 13:45

Pitomie さんのブログ記事

  • 【カナダ永住権】④日本領事館で警察証明を取り寄せる
  • 永住権申請で早めにやっておいた方がいいこと、それは警察証明の取り寄せ。警察証明(Police Certificate)とは日本警察のデータベースと照らし合わせて、過去に犯罪歴がないことを証明するもの。これは、Express Entryだけでなく配偶者カテゴリ(結婚移民)で申請する人も求められます。永住権に当てはまりそうな人は招待状を待たずに取り寄せようExpress Entryはプロファイル登録をして、招待されてからが本申請。ですが、もうポ [続きを読む]
  • 新しいデザインのあり方|サービスデザインって何?
  • 今北米やヨーロッパでは、サービスデザインという新しい分野がめきめき成長しています。デザイン思考(Design Thinking)とかUX(User Experience)デザインとか色々出てきているけど、どう違うの?と思っている人もいるのでは。ここ、カナダはトロントのデザイン界隈の人と話していても、よく聞かれます。そこで今日は、サービスデザインの土台の話を。サービスデザイン基礎の基礎「サービスデザイン」という言葉は1991年、ドイツ [続きを読む]
  • 問題解決ができないデザイナーはデザイナーじゃない
  • クリエイターということばに、ずっと違和感を持ってきた。モヤモヤの正体のひとつは、あれもこれもクリエイターという箱に入れられ始めて、「で、何する(できる)人なの?」というのがわからないことが多いこと。もうひとつは、このカテゴリにデザイナーが含まれる時があること。私が就活をしていた頃、広告業界の著名な人が「アートとデザインの違いは、情報伝達ができるかだ」と言っていた。アートは受け手側の解釈にゆだねられ [続きを読む]
  • 【カナダ永住権】③Express Entryプロファイル登録
  • ITA(招待状)が届いた話を先に書いてしまったので時系列が逆になるけど、Express Entryプロファイル登録の話を。ポイントを稼ぐために待っていた、カナダでのフルタイム就労経験が1月で1年になったので、即Express Entry登録!手続きはとっても簡単で、自分でも問題なくできました。Express Entry登録に必要なものExpress Entry登録前に済ませておく必要があるのが、以下3つ。①英語試験(IELTS or CELPIP)②学位の審査(カナダ [続きを読む]
  • 外国語学習している人は今すぐDuolingoをダウンロードすべし
  • めっちゃ使えるの、このアプリ。最近、フランス語学習始めたんですね。大学の第二外国語で少しやったけど、何年も前だしほぼ忘れちゃった…ってことでフランス語コース開始までに復習も兼ねて、周りで話題になっていたこのアプリをスタート。これがめちゃくちゃ使えるんですわー。今日はそんな外国語学習アプリDuolingoをご紹介。アプリDuolingoの特徴ざっくり・無料で使える外国語学習アプリ!・27ヶ国語に対応!・超初級から25レ [続きを読む]
  • 他人の家で手作りごはん!Airbnbの食事版「VizEat」がトロントに登場
  • とってもクールなサービスがトロントに登場した!フードフェスティバルやイベントが盛んで、あらゆる文化の料理が食べられるトロント。なんと今度は他人の家で食事ができるようになったという。こちらではAirbnbが流行って長く、いまや旅行の当たり前のオプションになっている。VizEatはAirbnbと同じく、自宅にホストしたい/ホストの家にあそびに行きたい他人同士をつなげるサービス。ただし、寝床としての利用ではなく、ホストが [続きを読む]
  • 2017年トライリンガルの旅
  • トロントに来て2年半、フランス語を学び始めました。2017年はトライリンガルになる!働きながら新しいこと学びたいなーと、ずっと思ってたんです。デザイン系も考えたけどせっかく日本語・英語と問題なく話せるようになった訳だし、もう1ついこう!と去年末に申し込み。次やるならフランス語というのはずっとあって。一番の理由はここ数年フランスの人、ファッション、アート、文化にとても惹かれているから。トロントは英語圏なの [続きを読む]
  • 【カナダ永住権】②英語能力試験CELPIPを受ける
  • Express Entry申請に必要な英語能力試験を受けた時の話。永住権申請で認められている英語能力試験には、IELTS GeneralとCELPIPの2種類があります。いろいろ悩んだ結果、私は・コンピューターベース・リスニングがカナダ英語(IELTSはいろんな英語を混ぜるためアクセントの強い国のスピーカーの場合も)・試験日の頻度が多い(かったと思う)・会場が比較的自宅から近いといった理由から、CELPIPに決めました。結果的にはIELTSにし [続きを読む]
  • 【カナダ永住権】ITA(招待状)が来た!&Express Entryおさらい
  • 前回の永住権記事から、時間が空いてしまいました。なんて書いてたら昨日、ITA(永住権申請への招待状)が来たー!!!!Express Entryおさらいカナダの主流な移民システムは、教育や技能・職歴を重視したポイント制。つまり、カナダに(おもに経済面で)寄与してくれる人材を取り入れるというポリシーです。そして2015年からSkilled Immigrantsカテゴリーの永住権申請の前段階として必要になったのが、Express Entryへの登録。こ [続きを読む]
  • ニューヨークでアートを堪能してきた
  • 行ってきました、ニューヨーク。愛しのダーリンに会いに。前半2日はマイコーとマイコー元彼に色々連れてってもらい、後半2日はひとり旅。「NYはやることがありすぎるから、プランニングが大事よ。あらかじめ何やりたいか教えといてね!」とは言われたものの、したいことといえばアートとアートとおいしいもの、おいしいもの、お酒、あと建築ぐらい。ってことで初NYなので、メジャーな美術館から攻めることに〜。グッゲンハイム・ミ [続きを読む]
  • トロントで冬を過ごす人に本気で伝えたいこと。
  • ついにこの季節が到来しました。トロントの冬はとにかく寒いです。最低気温が-20度近くなることもあり、風が吹くと体感温度は-30度を下回ります。去年はマイルドな冬でしたが、今年はいつもかそれ以上に寒くなると予想されており、東京や大阪から来ている人にとっては味わったことのないような寒さになります。また、トロントは他のカナダの地域よりも曇りがちで冬はグレーだ、とよく言われます。そんな時に、気をつけてほしいこと [続きを読む]
  • カナダ大人の恋愛システム:どこから私たち「付き合ってる」の?
  • 手つないだ、キスした、セックスした、彼は好きだって言ってくれる。これってもう付き合ってるでしょ…?こないだ世界の日本人妻 in NYを見ていたら、「付き合い始めた当初、旦那には他に2人の彼女がいた!」なんてのがショッキングな内容として放送されていた。そりゃそうだ。システムが違うもの。厳密にいうと彼にとってその段階では(日本でいうのと同じ意味で)付き合ってはいなかったはず。そんなことを思った。このトラブル [続きを読む]
  • 日本にいると自分の「幸せ」がブレる、と感じた話
  • 一時帰国してきた。そして日本という国は大好きだけど、今は住めないなーと思った。2週間の滞在中に3つも旅行を入れたのでバタバタだったのだけど、ちょっと落ち着いた時にさえりさんのブログを読んだ。ここは1ヶ月たってもなお”最高”だし、友達との時間も楽しい。ただあまりに平和すぎて、心がざわつくのだ。不意に自分を見失いそうになる。自分がしたいこと、しあわせとおもうこと、なりたい自分。それらを見失いそう、と思い [続きを読む]
  • 海外就職|現地の給料の調べ方とポイント
  • 仕事を受ける前に現地給料相場を知っておいた方がいいという話をしました。個人ブログなどで情報を探す人も多いと思いますが、自分の職種や条件に当てはまる内容をドンピシャで書いてくれているとも限りませんよね?そんな時は自分で調べちゃった方が早いです。ということで今回は、自分でリサーチする方法とポイントを紹介します。海外就職・給料リサーチのポイント以前紹介した中央値と平均値の違いの他に、次のようなことを意識 [続きを読む]
  • 海外就職|仕事を受ける前に現地給料相場を知っておくべき3つの理由
  • 海外就職を目指している時、何でもいいから飛びつきたい!という気持ちになることもあると思います。私はありました。笑 でも今回は、日本・カナダ年収比較の記事で書いた「求人に応募したり働き出す前に給料の相場は知っておいた方がいい」という話を解説します。なぜ給料相場を知っておく必要があるか?海外就職を考えている人が現地の給料相場を知っておくべき理由は、1. 不当な求人を避けられるネットには明らかに移民、外国 [続きを読む]