アンクル・トム さん プロフィール

  •  
アンクル・トムさん:  … 久慈河畔便り … 猛禽撮影、草野球・尺八・将
ハンドル名アンクル・トム さん
ブログタイトル … 久慈河畔便り … 猛禽撮影、草野球・尺八・将
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/uncle_tom-2015
サイト紹介文猛禽の姿に見る自然環境の変化、草野球・尺八・将棋から老々介護の感想など積極的な情報交換を希望します。
自由文生後10歳まで小林で過ごしました。早くに両親を失い、親類宅を転々、小学5年で首都圏に移住し、理科系大学院の途中で茨城県内に就職し、学問・研究の道に没頭しました。古希を過ぎた今、世話になった先生方(今門、長倉、稲留、原口)、級友達、遊び仲間達、緊張した矢岳遠足や運動会のロケット花火の硝煙の臭い、宮崎遠足の際、小遣いの少ない私にさり気無く30円追加してくれた友人の母君、…無性に懐かしくなるときがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/12/13 21:09

アンクル・トム さんのブログ記事

  • 順光の クマタカ !!  … 邪道ながら …
  • 常日頃、人々の噂を聞かされるばかりで、自分ではまともな像を撮れなかったクマタカ。某先輩の情報から推測し、関東西部の山間地に行って来ました。この3連休の、高速割引を目当てに、土曜発、月曜帰着のゆとりの日程(のはず)でした。しかし、高速料金の割引と、高速の渋滞、宿の連休割増料金は、十分に比較検討すべきです。まして、高々趣味のことで、時間と金をかけるのは、常々趣味の本道に悖る(もとる)、邪道である、と切 [続きを読む]
  • クマタカ ・ 順光です! … 邪道ながら … 念願の …
  • 常日頃、人々の噂を聞かされるばかりで、自分ではまともな像を撮れなかったクマタカ。「もどってきた鳥好き人」様の情報で推測し、神奈川西部の山間地に行って来ました。この3連休の、高速割引を目当てに、土曜発、月曜帰着のゆとりの日程(のはず)でした。この間8食分、家族をショートステイに預けて、私の命の洗濯ということで…。しかし、高速料金の割引と、高速の渋滞、宿の連休割増料金は、十分に比較検討すべきです。まして [続きを読む]
  • 順光で、 クマタカ !! 、 再会です!… でも … 遠過ぎて、…
  • 先の逆光初撮り以来、どうしても順光で撮りたくて、ダムに通っています。一度は失敗でしたが、ちょうど一週間後の日、県道側稜線の向こうの北の空を西から東に飛ぶクマタカを見ました。この時は、x1.4のエクステンダーを使って、三脚に載せて撮影しました。間歇的に、予報外れの強風が吹く日でした。以下の写真は全て、一辺1/4のトリミング、つまり面積で16倍ですが、前の逆光の時と同じくらいの大きさになっています。つまり、 [続きを読む]
  • 見上げたもんです…ちらり…アオゲラ
  • 家族が日曜行事参加で、急に独り身になったので、思い立って、小山ダムへ…。ダム北側湖畔、県道沿いの数か所がクマタカ観察に適当のようなのだが、互いに1km近く離れて屈曲しており、見通しが利かないので、已む無く6・4のセットを一脚に載せて抱えて移動(総重量約5kg。そのため、普段より薄手の服装にして汗に備えた。)。この日は、特に奮発して、最上流部の旧県道入り口に駐車し、そこから旧道を川沿いに下った。釣り堀址の [続きを読む]
  • メジロの隠れんぼ
  • 古い自慢の写真です。てっきりアップしてあると思っていたのですが、今確認すると無いので、ここでアップします。約7年前、野鳥撮影を始めたころでした。まだレンズも揃えてなく、カカクコムの評判だけで選んだ「Σ50-500」と、カメラもCanon の50Dだったでしょう。撮影場所は、野鳥の居そうなところを手探りで、結局ハクチョウで有名な『古徳溜池』を超えた辺りの、『静峰ふるさと公園』の急な丘に登った所。昔、育児のハイキン [続きを読む]
  • 5億年前の・・・キセキレイ…?
  • 赤羽緑地に緑が少ないので、ふと思い出して、前に知人から聞いて気になっていた小木津山自然公園を探索しに行く。日立市の公園のハシゴ、というわけ。車のナビに指令すると、「高速上ですか?」と聞いてくるので奇異な感じがしたが、到着できるかどうか不確かなまま出発しました。途中、プロの宅配屋さんに聞くと、「車で行けるけど、案内標識が無いので説明できない」と心許ない返事。「エイ、ヤ」と出発して、散歩者に聞くと、 [続きを読む]
  • 枯れ葦にメジロ
  • 小山ダムの「クマタカ空振り」にも飽きて、最近耳にした「日立市 赤羽緑地」を訪ねてみました。周囲をJR常磐線や、幾つかの団地に囲まれ、全く都市の中の谷合いの窪地に無理やり整備したかのような風情です。看板の説明によると、地元のボランティアの人々が維持・整備に協力しているとか。確かに、敷地の一角で、野鳥の場に似合わぬ賑やかさで、数人の人々が作業しています。平日でこの集まりですから、皆さん、同じく定年組 [続きを読む]
  • ミサゴの不思議・・・水飲み
  • ミサゴを見て不思議に思うことの一つが、水飲みです。この日は、久しぶりに久慈河畔で真面目に腰を据えていたのですが、本命のオオタカは姿を見せませんでした。そのうち、縄張り主張の啼声が聞こえたような気がしました。上流に目を遣ると、ミサゴが水辺に入っています。そして、一口二口水を飲むと、そこらを旋回し始めました。ふと考えると不思議な気がします。つまり、食餌の度に激しくダイビングして、水には [続きを読む]
  • 涸沼、頭上のミサゴ
  • この日(2/6)は、今年初めて真面目にオオワシ撮影に涸沼に出かけた日です。しかし今年はなかなか撮影チャンスに恵まれないようで、この日も既に、一度高い所にチラと姿を見せて以来、消えてしまっていたようです。観客も次々に帰路につき始めていました。私は折角だからと長居を決め込んでいたのですが、東の林の上空に、トビの隙を待って、ミサゴが舞い始めました。寧ろ大きな涸沼の方でなく、陸の方を旋回しています。私は [続きを読む]
  • もしや・・・クマタカを見たのかも・・・
  • 幼くして心ならずも別れたK.H.さん宛ての手紙のスタイルで書きます。宮崎県小林市立「小林南小学校」(入学時は「小林町立第2小学校」だったと思う)の4年が終了した時に、育ての親(父方の伯母の夫)の転職に伴い、千葉市立「稲毛第2小学校」(後に「稲丘小学校」)へ5年生として転校したのでした。転校先では、言葉の問題は多少ありましたが、担任の市東先生がよく配慮して下さり、寧ろクラス・学年の中心人物として伸び伸び暮ら [続きを読む]
  • ミサゴ 今年初見参
  • 毎日日記風に書くのは、負担も大きそうで、あまり性に合わないのですが、暫らく振りのご対面、ということで御紹介を…。日没には間が有るためか、早目の巡回が空振りに終わりそうなころ、堤防の上を一脚+7D+6・4x1.4の装備で車まで戻る時、正面上空に突然現れました。いつもの定点より遥かに川筋から遠いのは不利ですが、その分視野も広く、堤防の高さだけ(5m以上)視点が上がって、新鮮な視界です。この後、飛び込むような [続きを読む]
  • 野生のコゲラ
  • 変なタイトルですが、私の狭い経験では、コゲラはどうも、人間への警戒心が弱く、公園や街頭の並木に平気で存在する印象が有るから、今回のように、厳冬の日没前、全く人気のない河川敷のブッシュの中で観ると、ついこう言いたくなったのです。 本命はオオタカなのですが、最近どうも出が悪く、仕方なく4・56+7Dを一脚に乗せて持ち歩き(総重量で2kg程度)、その分、コロニー中程から上流側へ、普段足を踏み入れたことのない [続きを読む]
  • 岩頭に喰らう(ハヤブサ成鳥)
  • 16日月曜日、昼前から1時過ぎまで約2時間、5kg超のカメラセット(7D+6・4Ⅱx1.4Ⅲ+一脚)を、新小山橋を起点に、ダム湖の川沿いの旧県道から伐採済の山越えまで持ち歩いて、結局クマタカ12連続空振り。(家族の体調が快復し、デイケアに出る気持ちになったおかげです。今年初めてのダム詣でです。)下の旧県道の日陰には、例の寒波による雪が凍って残っていましたが、伐採小山の急坂では、深い霜柱が固く残っており、途中から [続きを読む]
  • まるで新年会 !?
  • 実は今年も、久しぶりに飲酒した元日を除いて、私の庭先の延長である久慈川の畔(ほとり)を約1時間、メタボ対策を兼ねて、散策していたのです。年末年始で、国の工事も、自治体の工事も休み、久しぶりに重機音が有りません。パトロール車の派手な回転灯も無し。観客も私一人、後は堤防を健康志向で言葉少なく歩くカップルなど。野鳥たちも、久しぶりに静かな環境に戻って、自然の姿に戻るのではないか?、と期待していたのです [続きを読む]
  • 年賀状ですが、当選番号は有りません。
  • 皆さまに倣って、新年のご挨拶を…昨年は結局、小山ダムでクマタカ待ち11連敗でしたので、何もお見せできませんので…。今年は、クマとイヌを重点に追いたいと思っていますので、貴重な情報をよろしくお願いします。その際、病妻を、「温泉に行こう」と誘いますので、その手の温泉地がいいですね。 [続きを読む]
  • 代役の代役が舞台の端に…
  • 先の土曜日、クマタカを求めて、RANさんの幸運に肖(あやか)ろうと、県北のダムに出かけましたが、結局この日も空振りでした。十回近い連続空振りです。  帰路、オオタカの昨今の消息を探ろうと、久慈河畔の定点に立ち寄りました。しかし、ここでも不調で、初冬の午後の陽射しも赤らんできて、帰り仕度を始めたころ、私の後方右手上空から200m上流の砂洲へ、羽ばたきも無く斜め一直線に飛び降りたものがいます。慌ててカメ [続きを読む]
  • 迷子の伝書バト
  • 先日、県北の「十王ダム」で、迷子の伝書バトを見ました。判断の根拠は、①足環を付けていること、②数mにまで近づいても、全く逃げる素振りを見せないこと、などです。日時は、11月26日、昼の前後、ダム上流側駐車場から川岸に降りる歩道の右の土手でした。近所に民家は無さそうで、飼い猫の心配は無いようですが、逆に野生動物の危険があるかもしれません。余程の空腹なのか、私がゆっくり河岸まで往復しても、その間ズー [続きを読む]
  • ミサゴの眉毛
  • これは、ミサゴの話題ですが、9月上旬に太平洋岸でハヤブサを待っている時に気付いたことです。普段は、ミサゴの勇ましい漁の場面が主題ですが、運悪く漁の現場は見られない場所で、しかも空が背景のかなり逆光気味の撮影条件です。初めに気付いたのは、その独特で鋭い爪です。空抜けのアングルの中で、一際注意を惹くものでした。運悪く、掴んだ魚が大き過ぎても爪が抜けずに手放せない時は、そのまま自分が溺死して、後日漁師 [続きを読む]
  • 晩秋の太平洋にハヤブサを追う
  • 前回の投稿から10週間も経ってしまいました。その理由は、①息子一家の一時帰国に備えた大掃除(7月初中旬)および接待(7月下旬〜8月上旬)のストレス⇒親不知歯の化膿悪化(8月中旬〜)⇒除去手術(10月18日、2時間かけて日帰り施術。以後定期的消毒継続中)、と②熱中症(9月半ば、野球練習中にて。胸部不快感が主症状であったが、循環器・内科等々該当せず。最近漸く症状が治まった様子。真相は、低栄養状態だったかも…)、と [続きを読む]
  • 空振りの丹沢湖 
  • 体育の日の前日、妻たちの命日会が東京・品川区の寺で行われ、それに参加する妻を送迎した。そのついでに、神奈川県丹沢湖に足を延ばすことにした。少し先の中川温泉に、安くて、各部屋にトイレがあり(丹沢の安宿では珍しい!)、家族風呂が使えるという宿も取れた。風の便りで、「丹沢湖にクマタカが出るらしい」と聞いていたのだ。これで、足腰の不自由な妻の温泉入浴を、面倒を見てあげられるから、不満は無いだろう…。命日会 [続きを読む]
  • オオタカ vs トビ vs ゴイサギ:三幼鳥、三つ巴のエピソード
  • 世に不慣れなオオタカ幼鳥、トビ幼鳥、そして少し世慣れたゴイサギ幼鳥に纏(まつ)わるエピソードです;ふと気付くと、砂洲の最下流辺りで、オオタカ幼鳥がゴイサギ幼鳥を抑え込んでいます。水まで近いのですが、水攻めはせず、生きたまま、うまく抑え込んでいます。もう羽毟りを始めています。ゴイサギは、生気は失っていませんが、口も半分開けたまま、すっかり観念した様子です。てっきりこのまま食べられるものと…。 [続きを読む]
  • オオタカ成鳥の教育熱?それとも単なる独占欲?
  • 今年は例年に無く、オオタカ成鳥が我々の眼前でゴイサギ狩りを見せてくれる一方、幼鳥が狩りをする姿が見られないので、幼鳥が晩熟(おくて)であることを感じ取った親が、狩の仕方を、身を以って教えているのではないか、と想像しています。(狩の要領は、昨日のブログで推察したような…。)もし近い将来、成鳥の狩が見られなくなり、他方で幼鳥が真剣にゴイサギを攻撃する姿が見られるようになれば、この仮説は証明されること [続きを読む]
  • ミサゴも漁を失敗
  • このところの荒れた天気で、久慈川の水は濁りっぱなしですが、ミサゴの飛び込みには、あまり関係ないようです。先日も、小さめながら、うまく捕獲していましたし…。さて、かっこよくダイブです!この音までは聞こえませんでしょうが…、濁り水の中へ!約2秒後に飛び出したミサゴ、・・・見事に空振りでした、両足とも。僅か2秒ですから、水中で大きさを量って、手放したわけではなさそうです。ただ、残念でし [続きを読む]
  • オオタカ成鳥、一瞬及ばず・・・ゴイサギに逃げられる
  • この日に関しては、オオタカ成鳥としては、不出来な日でした。複数回、ゴイサギ幼鳥に狙いを定めてアタックするのですが、どうも一瞬、手遅れなのです。私流の解釈では、約100メートル離れた木の枝からじっと見ているはずの幼鳥に見習わせるために、わざと、「これを、こんな風に狙うんだよ!」と教え込んでいるような仕草です。それは恰も、狙いはゴイサギ幼鳥。成鳥は手強いし、サギ類は、肉の付き具合がお粗末で、嘴や脚も [続きを読む]