sekai-no-meisaku さん プロフィール

  •  
sekai-no-meisakuさん: 「フランダースの犬」 英語日本語並列表記
ハンドル名sekai-no-meisaku さん
ブログタイトル「フランダースの犬」 英語日本語並列表記
ブログURLhttp://sekamei6-dogflanders.sblo.jp/
サイト紹介文「フランダースの犬」の英文と日本語訳を左右に並べて表示しています。英語の学習にも使えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 283日(平均1.1回/週) - 参加 2015/12/14 13:14

sekai-no-meisaku さんのブログ記事

  • 32
  • "I seek one who should have had the prize yesterday had worth won," he said to the people--"a boy of rare promise and genius.「私は、きのう当然優勝すべきだったはずの少年を探しているところだ。その子は、まれに見る将来有望な天才なのだ」と、みんなに言いました。An old wood-cutter on a fallen tree at eventide--.. [続きを読む]
  • 32
  • "I seek one who should have had the prize yesterday had worth won," he said to the people--"a boy of rare promise and genius.「私は、きのう当然優勝すべきだったはずの少年を探しているところだ。その子は、まれに見る将来有望な天才なのだ」と、みんなに言いました。An old wood-cutter on a fallen tree at eventide--that was all his theme.「たそがれどきに倒れた木に腰かけている、年をとった木こり。その子の絵 [続きを読む]
  • 31
  • Nello rose to his feet and stretched his arms to them; the tears of a passionate ecstasy glistened on the paleness of his face. ネロは立ち上がって、腕を絵の方に伸ばしました。熱烈な歓喜の涙が、彼の血の気のない顔に輝きました。"I have seen them at last!" he cried aloud.「ぼくは、とうとう見ることができた!」 ネ.. [続きを読む]
  • 31
  • Nello rose to his feet and stretched his arms to them; the tears of a passionate ecstasy glistened on the paleness of his face. ネロは立ち上がって、腕を絵の方に伸ばしました。熱烈な歓喜の涙が、彼の血の気のない顔に輝きました。"I have seen them at last!" he cried aloud.「ぼくは、とうとう見ることができた!」 ネロは声を出して泣きました。"O God, it is enough!"「神さま、もう十分です!」His limbs [続きを読む]
  • 30
  • He crept up and touched the face of the boy. パトラッシュは忍び寄り、少年の顔を触りました。"Didst thou dream that I should be faithless and forsake thee? I--a dog?" said that mute caress.「ぼくがあなたに忠実でなく、あなたを見捨てるとでも思ったのですか? ぼくが犬だからって?」 パトラッシュは人間の言葉は話せませんでしたが、黙ってさわることでこうネロに語りかけたのです。The lad raised himself w [続きを読む]
  • 30
  • He crept up and touched the face of the boy. パトラッシュは忍び寄り、少年の顔を触りました。"Didst thou dream that I should be faithless and forsake thee? I--a dog?" said that mute caress.「ぼくがあなたに忠実でなく、あなたを見捨てるとでも思ったのですか? ぼくが犬だからって?」 パトラッシュは人間の言葉は話せませんでしたが、黙ってさわるこ.. [続きを読む]
  • 29
  • The lamps under the wayside crosses were blown out; the roads were sheets of ice; the impenetrable darkness hid every trace of hab
    itations; there was no living thing abroad.十字路のそばのランプの明かりは、風で吹き消されてしまいまし
    た。道は、まるで氷の板のようでした。見通しのきかない暗闇が、家々の気配を隠しました。外
    には、生き物はいませんでした。All the cattle were housed, and in all the huts and [続きを読む]
  • 29
  • The lamps under the wayside crosses were blown out; the roads were sheets of ice; the impenetrable darkness hid every trace of hab
    itations; there was no living thing abroad.十字路のそばのランプの明かりは、風で吹き消されてしまいまし
    た。道は、まるで氷の板のようでした。見通しのきかない暗闇が、家々の気配を隠し.. [続きを読む]
  • 28
  • For no one but Patrasche knew that Nello had left the hut, and no one but Patrasche divined that Nello had gone to face starvation and misery alone. というのは、パトラッシュ以外、ネロが小屋を立ち退いたことを知らなかったのです。そして、パトラッシュ以外、誰一人、ネロがひとりぼっちでみじめに飢え死にしようとしていたことを知らなかった.. [続きを読む]
  • 28
  • For no one but Patrasche knew that Nello had left the hut, and no one but Patrasche divined that Nello had gone to face starvation and misery alone. というのは、パトラッシュ以外、ネロが小屋を立ち退いたことを知らなかったのです。そして、パトラッシュ以外、誰一人、ネロがひとりぼっちでみじめに飢え死にしようとしていたことを知らなかったのでした。The mill-kitchen was very warm: great logs crackled and [続きを読む]
  • 27
  • "Nello may come here again, father?" she whispered. "He may come to-morrow as he used to do?"「お父さん、ネロに、また来てもらってもいい? 前みたいに。明日にでも来てもらってもいい?」と、アロアはささやきました。The miller pressed her in his arms: his hard, sunburned face was very pale and his mouth.. [続きを読む]
  • 27
  • "Nello may come here again, father?" she whispered. "He may come to-morrow as he used to do?"「お父さん、ネロに、また来てもらってもいい? 前みたいに。明日にでも来てもらってもいい?」と、アロアはささやきました。The miller pressed her in his arms: his hard, sunburned face was very pale and his mouth trembled. 粉屋は、アロアをしっかりと抱きしめました。彼のたくましい、日焼けした顔はとても青白く、 [続きを読む]
  • 26
  • Nello put the note-case in her hand and called Patrasche within the house. ネロは、財布を彼女の手に渡して、パトラッシュを家の中に呼び寄せました。"Patrasche found the money to-night," he said quickly.「今晩お金を見つけたのは、パトラッシュです」と、ネロは素早く言いました。"Tell Baas Cogez so: I think he will not deny the dog shelter and food in his old age.「そうコゼツのだんなにおっしゃってくだ [続きを読む]
  • 26
  • Nello put the note-case in her hand and called Patrasche within the house. ネロは、財布を彼女の手に渡して、パトラッシュを家の中に呼び寄せました。"Patrasche found the money to-night," he said quickly.「今晩お金を見つけたのは、パトラッシュです」と、ネロは素早く言いました。"Tell Baas Cogez so: I think he will not.. [続きを読む]
  • 25
  • The snow was falling fast: a keen hurricane blew from the north: it was bitter as death on the plains. 雪がはげしく降っていました。北から激しい嵐がやってきました。平野は、死んだようにひどく冷え切っていました。It took them long to traverse the familiar path, and the bells were sounding four of the clock as they approached the hamlet.通いなれた道なのに、とても時間がかかりました。そして、村に帰り [続きを読む]
  • 25
  • The snow was falling fast: a keen hurricane blew from the north: it was bitter as death on the plains. 雪がはげしく降っていました。北から激しい嵐がやってきました。平野は、死んだようにひどく冷え切っていました。It took them long to traverse the familiar path, and the bells were sounding four of.. [続きを読む]
  • 24
  • Patrasche understood, and nestled his nose into the lad's hand, as though to pray him not to be disquieted for any woe or want of his. パトラッシュはそうしたネロの気持ちを理解しました。そして、自分のために悩んだり心配したりしないで欲しいと願うかのように、鼻を少年の手にすり寄せました。The winner of the drawing-prize was to be proclaimed at noon, and to the public building where he had left his t [続きを読む]
  • 24
  • Patrasche understood, and nestled his nose into the lad's hand, as though to pray him not to be disquieted for any woe or want of his. パトラッシュはそうしたネロの気持ちを理解しました。そして、自分のために悩んだり心配したりしないで欲しいと願うかのように、鼻を少年の手にすり寄せました。The winner of the drawing-priz.. [続きを読む]
  • 23
  • When the morning broke over the white, chill earth it was the morning of Christmas Eve. 白く雪の積もった、冷え切った大地の上に夜が明けました。この日は、クリスマス・イブの朝でした。With a shudder, Nello clasped close to him his only friend, while his tears fell hot and fast on the dog's.. [続きを読む]
  • 23
  • When the morning broke over the white, chill earth it was the morning of Christmas Eve. 白く雪の積もった、冷え切った大地の上に夜が明けました。この日は、クリスマス・イブの朝でした。With a shudder, Nello clasped close to him his only friend, while his tears fell hot and fast on the dog's frank forehead.震えながら、ネロはたった一人の友人を抱きしめました。熱い涙がぽたぽたとパトラッシュの広い額にこ [続きを読む]
  • 22
  • Baas Cogez knew her thought, but he hardened his heart, and would not unbar his door as the little, humble funeral went by. コゼツのだんなは、彼女の考えを知っていました。けれどもいっそう意固地になって、小さい、粗末な埋葬の列が通り過ぎたときも、扉を開けようとはしませんでした。"The boy is a beggar," he said to himself: "he shall not be about Alois."「あの子は、乞食だ。アロアのそばには来させん」と [続きを読む]
  • 22
  • Baas Cogez knew her thought, but he hardened his heart, and would not unbar his door as the little, humble funeral went by. コゼツのだんなは、彼女の考えを知っていました。けれどもいっそう意固地になって、小さい、粗末な埋葬の列が通り過ぎたときも、扉を開けようとはしませんでした。"The boy is a beggar," he said to himsel.. [続きを読む]
  • 21
  • Nevertheless, they did it, for they desired to please Baas Cogez.それにもかかわらず村人たちはそうしました。なぜなら、村人たちは、コゼツのだんなを喜ばせたかったからです。Noel was close at hand. まもなくクリスマスでした。The weather was very wild and cold. 天気はひどく荒れ、厳しい寒さが続きました。The snow was six feet deep, and the ice was firm enough to bear oxen and men upon it everywhere [続きを読む]
  • 21
  • Nevertheless, they did it, for they desired to please Baas Cogez.それにもかかわらず村人たちはそうしました。なぜなら、村人たちは、コゼツのだんなを喜ばせたかったからです。Noel was close at hand. まもなくクリスマスでした。The weather was very wild and cold. 天気はひどく荒れ、厳しい寒さが続きました。The snow was six feet deep, a.. [続きを読む]
  • 20
  • Nello heard him in silence, stupefied, not supposing that any one could say such things except in jest, and not comprehending how
    any one could pass a jest at such a time. ネロはぼう然として、返事もできませんでした。そんなこと、
    冗談でなければ言えるはずがない。けれど、こんな時に、どうして冗談が言えるのだろう、と思
    って、訳が分からなかったのです。Nevertheless, the miller said the brutal thing open [続きを読む]