ゆりえ さん プロフィール

  •  
ゆりえさん: Detour
ハンドル名ゆりえ さん
ブログタイトルDetour
ブログURLhttp://detour.mynikki.jp/
サイト紹介文わたしの昭和の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2015/12/15 02:42

ゆりえ さんのブログ記事

  • ボンボン時計
  • 実家にあるボンボン時計です。動かないままず〜っとほったらかしにしてありました。でも好きなデザインだし、捨てるに捨てられず(笑)近くの時計屋さんで父と母の結婚記念の時計と一緒に直してもらいました。最初、直るとは思わなかったのですがこういう手巻き時計は古いものでも直せるとのこと。掛け時計ですがサイドボードの上に置いて使っています。高級でもなんでもない、普通の家に普通にあるものです。修理費用は少しかかり [続きを読む]
  • 母の着物
  • 実家に来てから梅雨なのに晴れた日が多かったのですが今日は雨が降りました。駅に行った時、アジサイが...手毬をイメージしたディスプレイです。手まりは伝統工芸であるのでアピールしてるんでしょうか。もこもこまあるい感じが可愛いです。でも、もう六月もあと一週間をきってしまいました。実家にいる間に、どうしてもしたいことの一つありました。母の着物をどうするか...ということです。前、持って行った着物のリサイクルショ [続きを読む]
  • 叔母の所へ
  • 叔母のお見舞いに行ってきました。梅雨の晴れ間の日、バスに乗って山の方へ...祖母の家を壊してしまったので叔母の思い出の家はもうありません。叔母に報告しても、もうわからないでしょうし...もし、理解できたとしても哀しいだけですからね。白い斑入りの涼しげな葉晴れとはいえ、やっぱり真夏のような青空ではありません。この前来た時、叔母は眠そうで、とろんとしていて全然こっちを見てもくれませんでした。認知症が急に進ん [続きを読む]
  • 昭和レトロなにゃんこ
  • 捨てるのが苦手...いや罪だと思っていた母が(笑)ずっと住んでいた実家は昭和レトロの宝庫です。これは陶器の猫の置物多分おうちにあった方も多いのでは?昭和の時代とても良く見かけました。これはかなり大きい方だと思います。この猫ちゃんの置物はいろんなパターンがありました。お花が描かれているものあり...(画像お借りしました。)キュートな雰囲気のものあり...お目目ぱっちりで可愛いですね。(画像お借りしました。) [続きを読む]
  • 祖母の家
  • 不動産屋さんから連絡がありもう祖母の家の取り壊しが始まっているとのこと...色々あるので進行具合を見に行くことになりました。出かける日の朝自宅の庭のノリウツギが八分咲き...ホームセンターで買ってきた300円ほどの小さな苗がこんなに大きくなっちゃった。凄く丈夫でどんなに刈り込んでも毎年お花を咲かせてくれます。ガクアジサイに似ているけれど、実は違っていて(アジサイの仲間ですが)ノリウツギという名前です。もう2 [続きを読む]
  • 今日は雨が降っていて梅雨らしいお天気半袖が肌寒いくらいです。今年は北側の隅っこに植えたアジサイが綺麗に咲いてくれました。お隣のおうちとの目隠しのために植えたものですがこちらは山アジサイ小さな可愛いお花を咲かせてくれました。花びらの色が白からだんだん深い赤に変化していきます。こちらも残酷なほど、ほったらかしにしてしまった...数日前、夢をみました。中学生の時の同級生の男の子で大学一年生の6月に心臓麻痺で [続きを読む]
  • 珈琲屋さん
  • 異人館を出た後、気がつくともうそんなに時間がない...え?あんなに時間に余裕があったはずなのにホテルで遅い朝食を食べてから何も食べてないのでお腹がペコペコ...もう三ノ宮の駅の方に戻りながら食べられれば食べる...だめだったら新幹線の中で何か食べるということに(笑)無計画〜オシャレなスタバを通り過ぎ〜あ〜もうここでも良かったけど〜まだ三ノ宮駅は遠いよ〜ツタのからまるレトロな外観、ここ素敵入りたい〜でも、待っ [続きを読む]
  • 異人館...4
  • 英国館へ...入り口のところにホームズの衣装が。。。中にこの衣装を着て記念撮影している若いカップルが...いいな〜。わたしが着たら変なコスプレおばさんになっちゃう〜フフフ雨だったので残念ながら英国館の外観やお庭が撮れなかったのが本当に残念...わたしは小学校の頃、学校の図書館にあったシャーロックホームズや明智小五郎シリーズをほぼ読破したプチ推理小説ファンです(笑)こんな感じの表紙でしたね。懐かしい。(画像お借 [続きを読む]
  • 異人館...3
  • 雨の中オランダ坂を下って..本当に細い急な下り坂ちょっと油断すると転びそうです。もう誰も住んでいない古いお屋敷の敷地から大きな枇杷の木が道路まではみ出してます。昔ここに住んでいた異人さんがこの枇杷の実を食べたのかな...?子供がいたら木登りして、もいで食べたかもしれない...枇杷の木ってシノワズリーな雰囲気を持ってます。大好きな優しいオレンジ色味も好き。上品な甘さ。落ちていた実を拾ってみました。もちろん食 [続きを読む]
  • 異人館...2
  • うろこの館に着きました。異人館の中でシンボルともいえる洋館です。残念ながら雨なので外観はこの一枚。大好きなステンドグラスがふんだんに使われています。ブルーのステンドグラス。シンプルで素敵なデザインです。ポピーのランプあちこちにステンドグラスがたくさん。ワクワクします。この中の一つでも家にあれば...憧れる...時々レトロな展示場をみかけますがこんなにたくさんの建物、それぞれいろんな特色を出しているそして全て [続きを読む]
  • 異人館...1
  • ホテルのシャトルバスに乗り新神戸へ行きコインロッカーに大きな荷物を預けタクシーで異人館一番坂の上のチケット売り場まで上ってもらいました。坂を下りながら見る予定です。残念ながら朝から雨だし、旅の最終日なのでそんなに時間がないのです。で、今日は異人館めぐりだけに絞ってゆっくり見ることにしました。8館すべて見られるプレミアムパスを購入しました。異人館めぐりは基本的に室内なので雨でも大丈夫。ドレスの試着、 [続きを読む]
  • 神戸のホテル
  • 新神戸からホテルのシャトルバスに乗りました。神戸ポートピアホテルです。頑張ってとてもお安く取れました。今はいろんな方法でホテルを安くとれる方法があるんですね。あまりの金額の差におばさんビックリです。(画像お借りしました)実はこのポートピアホテルもう30年以上前、大学四年生の時、卒業旅行で泊まったことがあるんです。その時も確かお友達四人での旅行でした。海外は予算的に無理って(笑)ことでみんなで考えて憧れ [続きを読む]
  • 八坂神社
  • もうすぐ京都から出発しなければならないのでタクシーの運転手さんに時間配分をお聞きすると金閣寺は時間的に厳しいので諦め、駅に近い八坂神社へ....八坂神社の周りでお昼ご飯を食べたかったのですが平日にも関わらずもう人、人、人で食べ物屋さんは列をついている状態。もうそんなに時間もない。急きょ京都出身のお友達にラインをして情報ゲット八坂神社前にあるパン屋さん「しずや」さんへ突撃イートインコーナーで食べられます [続きを読む]
  • 笹ゆり
  • 三十三間堂から東福寺へ四人だったのでタクシーで移動しました。本堂、中には入れませんが外から窓越しには見られます。本堂の天井画に描かれた竜です。東西約22m、南北約11mの天井に描かれた体長54m胴回り6.2mに及ぶ迫力ある龍。これをわずか17日で完成したといいます。 他にも見ようと思えば東福寺だけでも一日かけられるほど見どころがあるのですが突然現れた謎の気功師のおじさんに(笑)「向こうに小さな良いお寺があるから行 [続きを読む]
  • 三十三間堂
  • 朝、ホテルのバイキング歯茎の痛みも何のそのこんなにいっぱい盛り付けちゃった(笑)実は朝起きた時、全体的に体がだるく軽く頭痛もして大丈夫かな〜?ってちょっと不安だったけど主婦にとって誰かが作ってくれた豪華な朝ごはんって最高のプレゼント〜♪根性でけっこう食べられました(笑)朝一で三十三間堂へ...中はもちろん撮影禁止沢山の仏さまに出会えました。全てお顔が違います。が朝一にもかかわらず、人、人、人修学旅行生と外国 [続きを読む]
  • 嵐山散歩
  • 竹筒の器のスイーツをいただいてお夕食までブラブラ嵐山をお散歩してみることにしました。一度は行きたかった天龍寺の閉館時間は過ぎてしまっていましたが日が長くなっているのでその周りはまだ全然お散歩できます。そのうえ人がいなくなっているので貸し切り状態で歩けます。ちょと歩けば小さな神社仏閣にすぐ行き当たります。京都って素敵。八幡大菩薩字のあちこちが鳩さんになっているのがわかりますか?新しいものですが菩薩さま [続きを読む]
  • 嵐山へ...
  • 東寺でゆっくり展覧会を楽しんだ後電車に乗って 嵐山へ...初めての嵐山です。とっても良いお天気で午後からはますます暑くなってきました。渡月橋が見えてきました。...美しい〜。そして長い橋です。渡月橋から山側を望んで...下流方向今回の旅は四人です。大学時代の寮のお友達とその娘さん、そして初めてお会いしたのですがわたしのお友達の古くからのお友達。彼女は旅の達人。これからも色々と教えてもらいたいです♪四人で渡 [続きを読む]
  • 東寺
  • 京都に着いた日はとっても良いお天気。またこんなに早く京都に来られるなんて本当にびっくり。一人では来られませんからね。まず、東寺という世界遺産のお寺で催されている展覧会に行くことになりました。広々とした境内青々とした柳と繁り始めた蓮の葉新緑が美しいです。石の上に亀さん発見。わかりますか?いつかどこかで見た日本画のような気がします...お友達は前から知っている作家さんで何度めかの展覧会。「絶対、一度実物 [続きを読む]
  • 旅行
  • 今日、朝、起きてみたら少し元気になっていました。実は土曜日くらいからまた調子を崩してなんだかけだるく...リンパ節も痛い...また、歯茎が腫れてしまったのです。良くなったとはいえまだ腫れも残っているし本調子ではない。でも、出かけることにしました。実は古いお友達に小さな旅行に誘ってもらっていてそれも、数日前のものすごい調子が悪い時だったので「無理」だと感じ、断っていたのですが元気になってきた金曜日にど〜し [続きを読む]
  • JOY
  • 今年は植込みのサツキにお花がつきました。珍しい(笑)いつもほとんど咲いてくれません。ツツジに似ていますがお花が小ぶりでいろんな色が入っていてとても楽しめるお花です。雨上がりに撮った写真です。水滴キラキラ可愛いな。こんな香水?オードトワレ?が(違いもよくわからん)ず〜っとわたしの鏡台のところにあるんですけどね(笑)使いかけです。30年前からの...なんか怖いですねフフフラベル変色してるし...でも読めます。JOYJEAN [続きを読む]
  • 六月 梅花ウツギ
  • 六月になりました。六月はわたしにとっていろんな変動がある月です。結婚記念日もありますし大切な人のお誕生日もあったりそして懐かしい人たちと出会った月でもあり...自宅の勝手口に私が植えた梅花ウツギが咲きました。家の裏側の北側、ほとんど日の当たらない一番条件の悪いところなのですが二年に一度くらい真っ白な花をたわわに咲かせてくれます。強健です。今年は特に見事に咲いたのでついていたアブラムシをホースの水で吹 [続きを読む]
  • 影絵美術館...その5
  • 帰り道、必ず立ち寄ろうと思っていた教会へ小さなレンガ造りの教会です。教会を建てステンドグラスを手がけるるのが藤城清治さんの夢の一つだったそう。入り口...祭壇のところにあるまあるいステンドグラスが見えます。正面のステンドグラス大波の中にあるノアの箱舟ですね。よく見るとメインにケロヨンのってますからぁ。反対側は小人さん&天使両サイドは一面藤城清治さんの手掛けたステンドグラスこちらは人魚姫、一途な女性で [続きを読む]
  • 影絵美術館へ...その4
  • カフェです。もう帰る時間も迫っていたし、お茶も飲めませんでしたが...せめてお写真だけでもパチリ森の中のカフェ。テラス席もあるんですね。いつか、また、きっと。自宅に戻ってこんな食器を持っていることを思い出しました。サラダボールかな?3個だけ。5個あったのですがありません...お皿も持っていたのですがもうありません。たしかデパートの催事場でsaleで売っていて一目で気に入って買ったもの。まだ子供が小さかった戦国時 [続きを読む]
  • 影絵美術館へ...その3
  • 藤城清治美術館の中は当然のことながら撮影禁止です。入り口のショップとカフェは撮影可でした。チケットとパンフレットです。入場料1600円てお高いな〜って一瞬思ったけれど全然満足でした。パンフレットの中身はこんな感じ...開くと夢の世界...藤城清治さんは長く活躍されていらっしゃるので数多くの作品が収められています。影絵を始められたばかりの頃はモノクロの世界でそれはそれでシンプルでシックでとても素敵なのですが徐 [続きを読む]
  • 影絵美術館へ...その2
  • 門から美術館までは広いお庭の中を歩きます。あちこちで影絵たちが可愛いポーズで案内してくれるんです。ケロヨン。ケロヨンは藤城清治さんの作品です。ご存知でしたか?わたしはうっすらと知っていましたが主人は知らなかったみたいでちょっとびっくりしていました。わたし思わず歌ってしまいました♪ケロヨンの歌。主人は不覚にも覚えていないようでしたが(笑)わたしはフルコーラスで歌えましたよ。だっていっつも見てましたか [続きを読む]