魔王 さん プロフィール

  •  
魔王さん: 魔王のアトリエ
ハンドル名魔王 さん
ブログタイトル魔王のアトリエ
ブログURLhttp://maou-no-atorie.seesaa.net/
サイト紹介文「魔王」が魔王軍結成のために地球上の変な生き物、珍しい生き物などを調査するブログです。
自由文珍しい生き物、変わった生き物など日々調査しております。調査してほしい生き物などあればコメントなどからお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/12/16 00:31

魔王 さんのブログ記事

  • ヒヨケムシ アメリカ軍を恐怖に陥れた世界三大奇虫
  • 恐怖の秘密兵器!?ヒヨケムシ1991年、イラクのクウェート侵攻を機に湾岸戦争が始まった。当時、様々な兵器が使用されたがある恐るべき生物兵器が投入されたという噂がある。その名は「ヒヨケムシ」一体どのような生物なのか調査してみようではないか。人間を食い殺す世界三大奇虫ヒヨケムシはサソリの仲間 (クモガタ類) で世界中で1000種類以上生息している。日本ではあまり馴染みがないが世界的には意外とメジャーなようだ。見た目 [続きを読む]
  • ヒアリ 天敵はゾンビ!?燃える(ような)猛毒殺人アリ
  • 燃えるような猛毒〓日本に迫るヒアリがヤバい日本に上陸!?ファイアーアント2017年6月13日。環境省は恐るべき発表をした。尼崎市で中国の貨物船から運ばれたコンテナから猛毒のアリ「ヒアリ(火蟻)」が見つかったという。すぐさま消毒して死滅し大事には至らなかったが、今後日本に侵入、繁殖する可能性は否定できない。海外では「Fire ant」とも呼ばれるヒアリとは一体どんなアリなのか?調査してみようではないか。スズメバチ並 [続きを読む]
  • ヒアリ 天敵はゾンビ!?燃える(ような)猛毒殺人アリ
  • 燃えるような猛毒〓日本に迫るヒアリがヤバい日本に上陸!?ファイアーアント2017年6月13日。環境省は恐るべき発表をした。尼崎市で中国の貨物船から運ばれたコンテナから猛毒のアリ「ヒアリ(火蟻)」が見つかったという。すぐさま消毒して死滅し大事には至らなかったが、今後日本に侵入、繁殖する可能性は否定できない。海外では「Fire ant」とも呼ばれるヒアリとは一体どんなアリなのか?調査してみようではないか。スズメバチ並 [続きを読む]
  • チーター 速すぎて弱すぎる地上最速のハンター
  • 時速120キロのハンター、それはチーター「地上最速の動物」と呼ばれる動物。それはネコ科のチーターである。そんなことは誰でも知っていると思うが、実は速さの代償としてとんでもないものを失っていたのだ!?それは一体なんなのか。調査してみようではないか地上最速!?時速120キロチーターは主にアフリカに生息する。他のネコ科の動物に比べて頭部が小さく体が細い。爪は引っ込めることができずスパイクの役割を果たしている。最大 [続きを読む]
  • チーター 速すぎて弱すぎる地上最速のハンター
  • 時速120キロのハンター、それはチーター「地上最速の動物」と呼ばれる動物。それはネコ科のチーターである。そんなことは誰でも知っていると思うが、実は速さの代償としてとんでもないものを失っていたのだ!?それは一体なんなのか。調査してみようではないか地上最速!?時速120キロチーターは主にアフリカに生息する。他のネコ科の動物に比べて頭部が小さく体が細い。爪は引っ込めることができずスパイクの役割を果たしている。最大 [続きを読む]
  • ブルドッグアント 殺人ジャンプ毒アリはユーカリがお好き
  • オーストラリアの殺人アリ・ブルドッグアントオーストラリアにヤバいアリがいるらしい。その名は「ブルドッグアント」なんとなく噛まれたくなさそうな名前だが、実際噛まれると非常にヤバいアリだそうだ。一体どんなアリなのか調査してみようではないか。まるでブルドッグ?いやクワガタじゃないか。ブルドッグアントはオーストラリア(タスマニア含む)に90種類ほど生息。大型種になると3〜4?と超巨大。もちろんアリでは世界最大 [続きを読む]
  • ブルドッグアント 殺人ジャンプ毒アリはユーカリがお好き
  • オーストラリアの殺人アリ・ブルドッグアントオーストラリアにヤバいアリがいるらしい。その名は「ブルドッグアント」なんとなく噛まれたくなさそうな名前だが、実際噛まれると非常にヤバいアリだそうだ。一体どんなアリなのか調査してみようではないか。まるでブルドッグ?いやクワガタじゃないか。ブルドッグアントはオーストラリア(タスマニア含む)に90種類ほど生息。大型種になると3〜4?と超巨大。もちろんアリでは世界最大 [続きを読む]
  • サソリモドキ お酢を噴射するサソリそっくりな世界三大奇虫
  • 日本にいる世界三大奇虫サソリモドキおなじみ世界三大奇虫。キャメルスパイダーことヒヨケムシ、以上に腕の長いウデムシそして「サソリモドキ」なんとこのサソリモドキ。日本にも生息しているのだ。だから何とは言わないがどんな生物なのか調査してみようではないか。サソリに似ているからサソリモドキ(予測通り)世界各地の熱帯、亜熱帯に分布。日本では鹿児島南部から沖縄にアマミサソリモドキ、八重山諸島にはタイワンサソリモ [続きを読む]
  • サソリモドキ お酢を噴射するサソリそっくりな世界三大奇虫
  • 日本にいる世界三大奇虫サソリモドキおなじみ世界三大奇虫。キャメルスパイダーことヒヨケムシ、以上に腕の長いウデムシそして「サソリモドキ」なんとこのサソリモドキ。日本にも生息しているのだ。だから何とは言わないがどんな生物なのか調査してみようではないか。サソリに似ているからサソリモドキ(予測通り)世界各地の熱帯、亜熱帯に分布。日本では鹿児島南部から沖縄にアマミサソリモドキ、八重山諸島にはタイワンサソリモ [続きを読む]
  • ウデムシ まるでクリーチャー!!腕が長すぎる世界三大奇虫
  • 世界三大奇虫ウデムシ俗に「世界三大奇虫」と呼ばれる虫がいる。つまり世界でトップクラスの気持ち悪さを誇る虫のこと。アメリカ軍を恐怖のどん底に陥れた「ヒヨケムシ」とサソリのようなクモのような「サソリモドキ」とかなり強烈なラインナップ。そして最も異様な風貌なのが「ウデムシ」。平べったく頑丈なボディに〇〇な腕が・・・一体どんな気持ち悪い虫なのか?調査してみようではないか。サソリモドキとは違うのだよウデムシ [続きを読む]
  • ウデムシ まるでクリーチャー!!腕が長すぎる世界三大奇虫
  • 世界三大奇虫ウデムシ俗に「世界三大奇虫」と呼ばれる虫がいる。つまり世界でトップクラスの気持ち悪さを誇る虫のこと。アメリカ軍を恐怖のどん底に陥れた「ヒヨケムシ」とサソリのようなクモのような「サソリモドキ」とかなり強烈なラインナップ。そして最も異様な風貌なのが「ウデムシ」。平べったく頑丈なボディに〇〇な腕が・・・一体どんな気持ち悪い虫なのか?調査してみようではないか。サソリモドキとは違うのだよウデムシ [続きを読む]
  • メガマウス 日本中が震撼した幻のサメ!大地震の前触れか!?
  • 発見例は100例程度!?超レアなサメ2017年5月。「幻のサメ」とも言われる「メガマウス」が相次いで発見され話題となった。おそらく日本人の何割かは「めちゃくちゃデカいネズミが見つかった。」と思ったに違いない。もちろん違うからな。ネズミ扱いされてはメガマウスの名が泣くであろうから、一体どんなサメなのか調査してみようではないか。世界中にいた太古の巨大サメ全長5〜6mの大型のサメ。最大で7m以上の個体も発見されて [続きを読む]
  • メガマウス 日本中が震撼した幻のサメ!大地震の前触れか!?
  • 発見例は100例程度!?超レアなサメ2017年5月。「幻のサメ」とも言われる「メガマウス」が相次いで発見され話題となった。おそらく日本人の何割かは「めちゃくちゃデカいネズミが見つかった。」と思ったに違いない。もちろん違うからな。ネズミ扱いされてはメガマウスの名が泣くであろうから、一体どんなサメなのか調査してみようではないか。世界中にいた太古の巨大サメ全長5〜6mの大型のサメ。最大で7m以上の個体も発見されて [続きを読む]
  • シロサイ 残り3頭しかいない!?絶滅寸前の最強生物
  • 白くないサイ、それはシロサイサバンナに生息する『シロサイ』一見あまり白くないがなぜかシロサイと言う。なぜであろうか?調査してみようではないか。ゾウより強い!?最大のサイ現生する5種のサイの中で最大種。キタシロサイとミナミシロサイの亜種に分かれている。けものフレンズにも登場したが、キタとミナミどちらであろうか。そういうと大阪みたいに聞こえるけどな。陸上ではゾウの次に大きい動物で、しばしば「ゾウとサイは [続きを読む]
  • シロサイ 残り3頭しかいない!?絶滅寸前の最強生物
  • 白くないサイ、それはシロサイサバンナに生息する『シロサイ』一見あまり白くないがなぜかシロサイと言う。なぜであろうか?調査してみようではないか。ゾウより強い!?最大のサイ現生する5種のサイの中で最大種。キタシロサイとミナミシロサイの亜種に分かれている。けものフレンズにも登場したが、キタとミナミどちらであろうか。そういうと大阪みたいに聞こえるけどな。陸上ではゾウの次に大きい動物で、しばしば「ゾウとサイは [続きを読む]
  • カモノハシ 偽物と疑われた世界五大珍獣
  • 世界五大珍獣カモノハシ世界5大珍獣のひとつ「カモノハシ」とにかくでたらめな生き物でカモノハシだけで五大珍獣と言っても過言ではないくらい変。現生する生物でこんな変な生き物はカモノハシ意外にはいないだろう。まさに珍生物であるカモノハシを調査してみようではないか。科学者が偽物と認定オーストラリアに生息する珍獣。日本では飼育された例すらない。西日本の人間はしょっちゅう見ているだと?それはICOCAのイコち [続きを読む]
  • カモノハシ 偽物と疑われた世界五大珍獣
  • 世界五大珍獣カモノハシ世界5大珍獣のひとつ「カモノハシ」とにかくでたらめな生き物でカモノハシだけで五大珍獣と言っても過言ではないくらい変。現生する生物でこんな変な生き物はカモノハシ意外にはいないだろう。まさに珍生物であるカモノハシを調査してみようではないか。科学者が偽物と認定オーストラリアに生息する珍獣。日本では飼育された例すらない。西日本の人間はしょっちゅう見ているだと?それはICOCAのイコち [続きを読む]
  • キンシコウ 孫悟空のモデルは勘違い
  • 孫悟空のモデルではない!?キンシコウ孫悟空のモデルとして有名な「キンシコウ」実はこの説間違っているかもしれないのだ。一体どういうことであろうか。調査してみようではないか。最も寒い場所に棲むサルキンシコウは中国やチベットの山岳地帯に生息する体長70cmくらいのサル。主に標高1200〜3000mに棲んでいるが、中には4000mというアルピニストもびっくりなくらい高いとこに棲む強者も。さすがに冬は寒すぎる [続きを読む]
  • キンシコウ 孫悟空のモデルは勘違い
  • 孫悟空のモデルではない!?キンシコウ孫悟空のモデルとして有名な「キンシコウ」実はこの説間違っているかもしれないのだ。一体どういうことであろうか。調査してみようではないか。最も寒い場所に棲むサルキンシコウは中国やチベットの山岳地帯に生息する体長70cmくらいのサル。主に標高1200〜3000mに棲んでいるが、中には4000mというアルピニストもびっくりなくらい高いとこに棲む強者も。さすがに冬は寒すぎる [続きを読む]