和子の記録 フォト&俳句 さん プロフィール

  •  
和子の記録 フォト&俳句さん: 和子の記録 フォト&俳句
ハンドル名和子の記録 フォト&俳句 さん
ブログタイトル和子の記録 フォト&俳句
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/katuraju
サイト紹介文長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/12/16 21:34

和子の記録 フォト&俳句 さんのブログ記事

  • 秋海棠咲く秩父の寺を訪ねて
  • 先日2年ぶりに小鹿野町般若にある32番札所 法性寺 に秋海棠の撮影に行ってきました。3年前、歩いて秩父の34観音巡りをしていた時に偶然見つけたところです。可愛らしい花の姿が忘れられない場所の一つでした。以前はフェンスが貼られていて道沿いからしか撮影できなかったのですが、カメラマンからの要望があったのか駐車場の脇に門が出来て、中に入って斜面に群生している花を撮影することがが可能となりました。秋海棠は [続きを読む]
  • 秋の七草  山上憶良
  •  薄  撫子 萩 桔梗 女郎花 藤袴 葛 秋の野に咲いている花々の中から七つを選んで「秋の七草」としたのは奈良時代の歌人山上憶良です。彼は万葉集第8巻の中で秋の七草についての歌二首(下記)を詠んでいます。秋の野に咲きたる花を指折りかき数うれば七種の花 山上憶良萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなえへし また藤袴 朝顔が花 山上憶良萩は万葉集の中で141首、薄は47首、桔梗は5首、撫子は26首、葛は18首、女 [続きを読む]
  • 秋の万葉の花々 Ⅱ 市川万葉植物園にて
  •   やますげ やぶらん    くくみら くくらみ にら  ぬばたま ひおうぎ  くそかづら へくそかづら  つちはり めはじき  うけら おけら  たまばはき こうやぼうき  あさがお ききょう前回に引き続き市川万葉植物園で撮影した秋の万葉の花々を掲載します。普段何気なく目にしている花が多かったのには驚きでした。ここには花だけでなく万葉集に出てくる木も沢山植えられていますのでまた訪ねたいと思いまし [続きを読む]
  • 秋の万葉の花々 Ⅰ  市川万葉植物園にて
  •   からあゐ けいとう    くず      はぎ      にこぐさ はこねしだ  ちち いぬびわ  をみなえし つきくさ つゆくさ先日市川市にある万葉植物園を訪ねました。JR武蔵野線を市川大野駅で降り、ガード下を2分歩き更に階段を50段上ったところにありました。此処には万葉の時代の自然が偲ばれるように155種類の植物を植栽しています。平安の昔にタイムスリップした気持ちになって小径を歩きながら [続きを読む]
  • 御岳山 レンゲショウマを訪ねて
  • イワタバコ八月の末に地元の写真仲間のお誘いを受けて朝5時に自宅を出発し御岳山に向かいました。御岳山には神社巡りやハイキングなどで何回か出掛けていますが8月に訪ねるのは初めてです。早朝(7時半)にもかかわらず滝本駅から御岳山駅までのケーブルカーは大勢の人で一杯でした。ケーブルカーの終点から富士峰園地までなだらかな坂を登り、更に階段を登った先に今回の撮影旅行のお目当てのレンゲショウマが咲いていました。 [続きを読む]
  • クロアチアの首都ザクレブへ
  • 聖母被昇天大聖堂外は雨のためしばらく教会内で内部を見てナイーブアート美術館 日本の原田泰治の作品が一点あります石の門の中の聖母マリアの礼拝堂鉄格子の中に 1731年の火災で奇跡的に無傷で焼け残った聖母マリアの像聖マルコ教会 カラータイルのモザイク屋根 右はザクレブの紋章 左はクロアチア、ダルマチア、スラヴォニア地方を表す紋章旧市街見学後高台から街を見下ろす世界一短いケーブルカーイエラチッチ広場クロ [続きを読む]
  • プリトゥヴィツェ湖の滝巡り 上湖群を歩く
  • 見えているのは電気ボートです。名前の付いている滝は沢山はありません此処まで歩いてきてブナの木陰で一休み急な木道の坂道を登る人降りる人ありもうすぐ終点です上湖と下湖を結ぶ中間地点まで電気ボートに乗って湖水を渡りました。電気ボートは電気モーターでスクリューを回して進む舟で言ってみれば電気自動車の船舶版です。空気をきれいにして自然環境を良くするために電気を採用しているようでした。わずか10分間の舟旅後、 [続きを読む]
  • プリトゥヴィツェ湖の滝巡り 下湖群を歩く
  • 地図上の右端から真ん中ぐらいまで歩いた左からユネスコ、クロアチア、プリトゥヴィツェ公園の旗国立公園の職員は胸に熊のマークのシャツを着て電気ボートに乗せる人を順番にチェックしている電気ボートを待っている人たち再びクロアチア旅行に戻ります。旅行8日目は今回の旅行のハイライトであるプリトゥヴィツェ湖群国立公園内の湖と滝を巡りました。ここには大小16の湖と92カ所の滝があり、1979年にユネスコの世界遺産 [続きを読む]
  • 変化朝顔(出物)他 松戸市育苗圃にて 2017
  • 台咲獅子咲切咲梅咲梅咲出物出物出物出物下総夏祭り東山月夜野月夜野団十郎もどき8月21日(月)松戸市金ヶ作育苗圃で開催されていたあさがお展は終わりました。今朝までに開花した変化朝顔を掲載します。これから開花する珍しいのもいくつかあると思いますが取り敢えずここで一区切りと致します。中断していましたクロアチアシリーズの次回はブリトヴィツェ滝巡りです [続きを読む]
  • 松戸市変化朝顔展(2017)
  • 黄葉獅子牡丹黄弱渦糸柳葉あけぼの牡丹咲き牡丹咲き染分桔梗咲き8月17日(木)から21日(月)まで松戸市金ヶ作にある松戸市の育苗圃ではあさがお展が開かれています。前回Upしたときには咲いていなかった変化朝顔が咲き出しましたので掲載します。まだまだ少ないのですが変化朝顔と出物を二回に分けて載せますので見てください。 [続きを読む]
  • 松戸市のあさがお展が今日17日から始まりました
  • テントの中の正面の段テントの中には所狭しと鉢が並んでいます桔梗咲き 出物大輪大輪大輪団十郎変わり品種ののピンクです白い花びらに薄い紫あり出物の鉢はまだ咲きそうもありません出物の鉢は葉も違います松戸市金ヶ作にある松戸市育苗圃では今日8月17日〜21日までの5日間午前8時半から10時まであさがお展を開いています。自宅から近く毎日の散歩コースにもなっていますのでここ2ヶ月の間毎朝成長を見守りつつ開花を楽 [続きを読む]
  • 狐のカミソリと向日葵咲くあけぼの山農業公園
  • クロアチア紀行連載中ですが狐のカミソリが咲き出したのでお届けします。昨年見に行くチャンスを逸したので今年は狐のカミソリが桜山の斜面に咲いているとの情報を得てすぐに出掛けました。夏の向日葵でも有名なあけぼの山農業公園ですが園内には何カ所かこのヒガンバナ科の球根植物が咲くところがあります。水仙の葉に似た細長い葉がカミソリの刃に似ていることからこの名が付いたようです。7月の末には向日葵の撮影にも出掛けま [続きを読む]
  • ボスニア・ヘルツェゴビナの観光都市モスタルへ
  • 今日のガイドはミルナさん内戦の傷痕西側カトリック教会 聖ペーター教会西側はクロアチア側の店やレストラン西側の店スターリ・モストアーチ形のすべすべした階段を上る人 降りてくる人 (スターリ・モストを渡る)東側はイスラム系の店で西側とは雰囲気が違う美人のモスリム人イスラム教のモスク別の角度からもう一度橋を見て旅行7日目(6月20日)は昨日まで2連泊したドブロヴニクを朝7時30分に出発。ボスニア・ヘルツェ [続きを読む]
  • 上野不忍池の蓮の花
  • 不忍池の蓮が見頃との情報を得て撮影に行って来ました。早朝にもかかわらず大勢の人が見に来ていました。7月中旬から咲き始めて1ヶ月以上見頃が続くとのことです。自宅からも近く、JR上野駅から歩いて5分で行けるこの池にハスが咲いている事は知っていましたが、今までハスを撮るには池が広すぎていい写真が撮れないと思っていました。ところが3年前に池の中に木道が整備されて今ではすぐ近くからハスを鑑賞することが可能に [続きを読む]
  • 世界遺産の街 モンテネグロのコトルへ
  • シュクルダ川を挟んで右旧市街城壁から新市街を見て入り口で出迎えてくれる人形1602年に出来た時計塔のある旧市街広場コトルのガイドさんプリマ宮殿聖トリプン大聖堂 ローマカトリック路地裏聖ルカ教会 セルビア正教会山の上にある聖母教会 15世紀に建てられた帰りもフェリーに乗ってドブロヴニク二日目の午後はそのままドブロヴニク観光を続ける組とモンテネグロ観光の二組に別れました。迷うことなくモンテネグロ観光を [続きを読む]
  • 城壁散歩&クルーズ(ドブロヴニク)
  • ドブロヴニクの守護聖人聖ブラホ城壁に上がってみるロクルム島がすぐ近くに別の方角から船のチケット買う昔の修道院カヌー大会かないたいた ヌーディスト 今日は少ないとのことホテルのプライベートビーチ1時間で帰ってきた船着き場ドブロヴニクの二日目の午前中は自由時間です。まず最初に1317年出来た古いマラゴラーチャ薬局を訪ねました。フランシスコ修道院の修道士たちが薬草を原料としたオリジナルのクリームや化粧水 [続きを読む]
  • Nコン 高等学校東京都予選に行って
  • 夏のこの時期には毎年NHK全国学校音楽コンクールがあります。東京都の高校では府中の森芸術劇場で東京都予選が開催されましたが、孫娘も出場するというので娘家族と一緒にそれを見に行きました。学校の数が多い東京では選抜するのも大変で高校76校が3日間に分けて予選で戦いました。中学校や小学校を合わせると10日間かかります。孫娘が通う高校の合唱部も昨日26日に出場して孫は課題曲と自由曲の伴奏を務めました。予選 [続きを読む]
  • アドリア海の真珠 ドブロヴニク
  • 遠くに見える島はロクルム島 美しいビーチのあるリゾートアイランド旧港アドリア海と旧市街十字架の横を回ると眺めがよい登ってきたロープウェーを上から見てこの下の写真4枚は下山のロープウェーの中から撮影しましたクロアチア旅行のハイライトは何と言ってもドブロヴニクです。重厚な城壁に囲まれた中にオレンジ色で統一された屋根が並ぶ旧市街はどこから眺めても写真を撮りたくなる風景でした。アドリア海の真珠と言われる所 [続きを読む]
  • トロギールからいよいよドブロヴニク旧市街へ
  • トロギールの朝の風景ドブロユートロ(お早うございます)とクロアチア語で毎朝挨拶を交わすドライバーのマリオさんのバスは快適緑豊かな肥沃な土地なので果物が美味しい道路沿いで駐めたフルーツを売る店1991年旧ユーゴスラビア連邦による戦禍戦禍のパネルプラッツァ通り 右はレスタ宮殿聖母被昇天大聖堂  イタリアの画家ティツィアーノが描いた「聖母被昇天」が飾られているスポンサ宮殿の鐘楼 此処の宮殿は貴重な古文書 [続きを読む]
  • オニバスの花が咲きました 水元公園(東京)
  • オニバス雲南の四季咲き萩バラの変わり品種で花の真ん中から芯がたち小さめのバラがその上にもう一輪咲くそうですこれもネモフィラシャクナゲが見頃クロアチア連載中ですが一昨日水元公園でオニバスが咲いているとの情報を得て訪ねました。オニバスはスイレン科の一年草の水生植物で絶滅危惧種にもなっています。巨大な葉は1メートルから2メートル位になる物まであるそうですが花は自分の葉っぱを破って出てきます。水元公園では [続きを読む]
  • ダルマチア地方 2 スプリットのスナップ トロギールへ
  • お金を払って撮影する ローマ風の衛兵を装うスナップスナップガイドのニーナさん聖ロブロ大聖堂ボートが一杯さすが土曜日のリゾート地ですね可愛いしぐさに二歳の孫を思い出して見てました橋を渡っていくと今晩泊まるホテルがありますスプリットではニーナさんという23歳になる現地ガイドにお世話になりました。初めて彼女に会ったとき顔はもちろん、すらりとした体つきや大げさな身振りや足の長いところなど今15歳になる孫娘 [続きを読む]
  • ダルマチア地方 1 スクラディーン スプリットへ
  • スクラディーン クルカという小さな港町ヨットハーバーにはぎっしり停泊していました東西南北にあるという東門宮殿に入るための説明を中庭で聞く昔の宮殿の模型宮殿地下の説明をガイドのニーナさんから受けるディオクレティオヌス胸像前庭近くでフラッパ(アカペラコーラス)を聞くグルグール・ニンスキーの像 彼の左足の親指に触ると幸運が訪れる。親指はぴかぴかだった 10世紀のニンと言う街の司教を務めた人大聖堂 元々は [続きを読む]
  • クロアチアのイストラ半島 プーラ、ポレッチ、ロヴィニへ
  • オパティアの港町 ホテルの部屋から クルーズ船も停泊ホテル中庭プールサイドでバンド演奏 知っている曲多くベランダから楽しむプーラのシンボル円形劇場上から見た写真を見せている人気添乗員の日高さんとガイドのエドさん双子門 古代ローマ時代からの市壁に開けられた10か所ある門のうちの一つセルギウスの凱旋門ポレッチのエウフラシス聖堂 黄金に輝くモザイク画博物館博物館内の床のモザイクロヴィニの坂の上にある教会を [続きを読む]
  • バルカン諸国を巡る旅 スロベニア
  • フランクフルトグラーツ行きを待つ間ブレッド湖の手漕ぎボートに乗ってユーゴスラビア時代のチトー大統領別荘  今はホテルに小島にある聖マリア教会祭壇中央は聖母マリア 両脇は11世紀のブレッド領主ヘンリック2世と妻クニグンダの肖像  真ん中に見える紐は鐘楼をならすための重い綱鐘楼に登って下を見ると左ブレッド城城の外観 城内はロマネスク様式の壁とゴシック様式の棟で囲まれている 2回は博物館 レストラン礼拝 [続きを読む]
  • 私が所属している俳句会の俳句誌第20号刊行祝賀会がありました
  • 今日の出席者で記念写真風叙音20号 19号芝とうふ屋うかい料亭入り口へのお庭献立の一つ 牛柔らか煮 とまと名物 豆水とうふ昨日6月27日東京タワーの真下にある料亭「芝とうふ屋うかい」で私が師事している笙鼓七波先生が主宰する俳句紙「風叙音」第20号刊行記念のお祝いの会がありました。私の地元松戸常盤平から始まった先生の俳句会は今年で創立7年目に入り、今では越ケ谷、相模大野の三か所に増えました。有季定型を [続きを読む]