有限会社治療室えがお さん プロフィール

  •  
有限会社治療室えがおさん: 有限会社治療室えがおのブログ
ハンドル名有限会社治療室えがお さん
ブログタイトル有限会社治療室えがおのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/u-chiryoushitsu-egao/
サイト紹介文はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧を生業としています。
自由文地域密着型通所介護:えがお
十坪ジム型のサーキット・トレーニングをメインとしたデイサービスです。午前10人・午後10人しか利用できない小規模型です。

居宅介護支援事業所:ケアプランセンターえがお

訪問マッサージ・鍼灸:治療室えがお

はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧で、地域の介護予防に少しでも貢献できるよう尽力しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/12/16 22:37

有限会社治療室えがお さんのブログ記事

  • 高度プロフェッショナル制度
  • 労働基準法改正案で高度プロフェッショナル制度が導入されるようだ。能力に応じた労働として我々の業では必須と言える。一部の患者さんだけが良いと言い、その他をひろえない技術のない施術者は、給料が下がる。ケアマネ業務も同様、要介護をしっかり持てなければ給料は下がる。デイも集客できなければ、給料は下がる。僕らは専門職なのだ。やっと正当な評価ができそうだ。 [続きを読む]
  • 質問したかった内容は
  • 統合失調症の利用者さんの事です。統合失調症をそれぞれに患っている夫婦で、旦那さんが高齢者で介護保険適応で要支援、奥さんは後数年で適応になる。何が問題かというと、旦那さんは癌を患い胆管ドレーンをつけている。その管理が自分達では出来ない事なのだ。お二人とも統合失調症な事もあり、旦那さんの意識が落ちそうな時も、奥さんはそれを「病」と認識出来ない事が多いのだ。つまり、ネグレクト。でね、包括は直ぐには対応 [続きを読む]
  • 参加してきました
  • 2017年第1回船橋市介護支援専門員共催研修会。赤川先生に質問があったのですが、場の空気を読んで質問はやめておきました。(^_^;)ケアプランえがおでは、統合失調症や鬱病、パーキンソン病由来の精神疾患や、高次脳機能障害を持った利用者さまが多く色々と聞きたい事があったのですが、次回があるようならば質問してみようと思っています。ファシリテーターの方々のスーパーヴィジョンも素晴らしかった。とても参考になるアドバ [続きを読む]
  • 共同研究に参加します
  • この度、日本鍼灸師会が行う、「高齢者の認知症患者と、その介護者に及ぼす鍼治療の影響の共同研究」に、有限会社治療室えがおが参加する事となりました。東北大学のCYRIC、サイクトロン核医学研究部 関隆志先生、日本鍼灸師会 堀口先生、吉村先生などと協力して研究を開始します。追ってブログなどで経過をお伝えします。鍼灸は、人を内側から綺麗にする、治療法です。?? [続きを読む]
  • 修業時代
  • 運営しているデイに勤務している柔整師は、昔同僚だった。 20年以上前の事だ。 同僚と言っても所属が違い、彼は小倉台所属で、僕は行徳所属だった。 所属された当時の行徳の物療室主任は、開業準備で忙しくしていて新な主任との引き継ぎをしていた。 数か月すると専任医師が妊娠し退くことになった。(その前に前主任は独立開業していた)まだまだ、暇な整形だった。 次いで新な医師がきた。 時を追うごとに、来院患者が増えて行 [続きを読む]
  • FAXな業界
  • 介護業界のことです。僕らもその一員なんだけど、未だにFAXが交信ツールなのです。せめてメールかLINEで良いじゃんと思うのだが、個人情報を扱うため難しい選択肢になってしまう。セキュリティはお互いに注意していれば保てる筈なんだけど、おかしなのが必ずいる。それが邪魔をしている。ウザいのはFAXの広告かな。居宅で、近隣の事業所さんからのFAXなら、「利用者さんがいないから困ってる」んだね、共存のため紹介しようかなと [続きを読む]
  • 療養費取り扱いの変化
  • 来年は大きな変化がある年になりそうだ。まずは、あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう療養費取り扱いの資料から。書かれている通りなのだが、柔整と同じ保険者との契約による受領委任払いになるということ。同意書を要する受領委任払い。次は柔整。 施術管理者は既卒者へも適応することが書かれている。柔整施術所は増え続けているが、柔整療養費の請求は減っている。 整骨院をよく歯科医院と比較する者がいるが、大きな間違いで [続きを読む]
  • スマホ
  • 修理したスマホをミュージックプレイヤーとして再利用し始めた。。のだが、アップデートにとても時間がかかった。通話用に使うつもりは無いので、格安SIMもデータのみにした。1500円ぐらいで月5Gも使えたら、デザリング利用でも十分すぎる。少し前にdocomoとの契約は終了していてSIMロックも外してあるのだ。Apple music アプリでそのまま増設した、SDにおとせるところが利点。iphone ではストレージ容量が無いため、モバイルが無 [続きを読む]
  • 交換してみた
  • 修理代が余りにも高かったので、自分で取り替えてみた。交換時間30分ぐらい。修理に出すと25,000円かかるところが、7,000円ですんだ。(^_^)v [続きを読む]
  • 信仰の自由
  • 宗教を信仰するということは、大切な価値観を持つことですから、信じる教えが無ければ、お互いの価値観の優劣を競って、時には武力による争いに至ることもあるのでしょう。 例えば、フランスのカトリック教会とプロテスタントの争いから発展した宗教戦争であるユグノー戦争(1562〜98年)はその一つです。フランス王がプロテスタント(ユグノー)を冷遇したことに端を発しておこり、ナントの勅令(1598年)により争いは [続きを読む]
  • 6月も残りわずかになりました
  • 当社の税理士さんに、社会福祉法人制度改革について聞かれたので、自分なりに調べてみました。 社会福祉充実計画と地域社会への貢献1公的存在である社会福祉法人余剰が発生した場合。一般企業・・・企業の裁量で再投資や再分配社会福祉法人・・・裁量であるが何をしても良いという訳ではない=世間や地域が許さない。しっかり計画を立てて社会に還元する、つまり制度でタガをはめた。 改革の背景として、、社会福祉法人への批判 [続きを読む]
  • 鍼灸院
  • 鍼灸施術(治療)の基本は、 望診…顔色、皮膚の状態、舌の状態など外観を診断する方法。聞診…発する声や、身体の匂いから診断を行う。問診…ご本人やその家族と行う会話から疾患の診断を行う。切診…腹診・脈診・切経に分けられる。 この診断から鍼灸施術(治療)は始まる。 日本で鍼灸院は、末端の保健医療機関であるためか、色々な相談を受け支援を求められることが多い。 開業する前からそうであったが [続きを読む]
  • 国際生活機能分類
  • 健康・病気・障害に関わる仕事=介護・保健・医療・福祉・行政などに従事する専門職と、当事者=利用者・患者・障害者・家族などを含めた全ての関係者の相互理解と協力のための、共通言語としてつくられたものであること、従来の、マイナス面よりもプラス面を重視する用語・考え方になっていること、環境面の影響も含めて、生活機能をみようとすることなどにあります。・心身機能身体系の生理的機能=心理的機能を含むのこと。・ [続きを読む]
  • それぞれの役割
  • 都道府県や市町村が実施主体となり、社会福祉法人等に委託する相談支援専門機関や事業がある。 地域包括支援センターには総合相談支援事業があり、虐待や問題の早期発見、権利擁護などを行う。 地域子育て支援センターは、子育て家庭等に対する育児不安等について相談支援を行う。 児童家庭支援センターは、地域児童に関する家庭その他からの相談に応じ必要な助言を行う。離婚後に親が分担する子供の生活費用の相 [続きを読む]
  • 介護給付と特例介護給付
  • 義務的経費に位置づけられる自立支援給付と、裁量的経費位置付けられている地域生活支援事業が、実施されている。 介護給付は、居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、療養介護、生活介護、短期入所、重度障害者等包括支援、施設入所を受けたときに支給される。 特例介護給付は、申請から支給決定の効力が生じるまでの間に、緊急その他やむを得ない理由でサービスを受けたとき、基準当該事業所・基準当該施設な [続きを読む]
  • ソーシャル・インクルージョン(social inclusion)
  • 障害を持っている人も、障害を持っていない人も、共に社会で生活するノーマライゼーション。未だに実現できていないと感じているなか、最近はソーシャル・インクルージョンなる言葉がきかれるようになった。 ソーシャル・インクルージョン(social inclusion)社会的包括とも言われている。 社会が大きく変動するなかすべての人が、生きやすい社会をつくっていく概念であるとされている。 社会的排除や社会的孤立・ [続きを読む]
  • ノーマライゼーション
  • ノーマライゼーションと検索すると、違いを吸収して全体を均一化すること。障害を持つ者と持たない者とが平等に生活する社会を実現させる考え方、と表示される。 なぜこんな言葉や考え方が必要なのだろう。 障害を持って産まれてきたら、障害者になってしまったら、高齢者になったら、差別や不平等がある世の中を表現し代表する、言葉の一つの様にも思えてしまう。 この世は全て健常者が作った、健常者のための世 [続きを読む]