渓流斎 さん プロフィール

  •  
渓流斎さん: 新・渓流斎日乗
ハンドル名渓流斎 さん
ブログタイトル新・渓流斎日乗
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/keiryusai
サイト紹介文ごく些細な個人的な日々の逍遥録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/12/17 09:49

渓流斎 さんのブログ記事

  • 海城高校の同窓会
  • 中国 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur 昨晩は、母校の東京・新大久保の海城高校の同窓会に久しぶりに参加し、二日連続の痛飲で、どうやって帰宅できたのか覚えておらず、またもや二日酔い。遊びまくってます。 場所は、新宿御苑にほど近い「北海亭」という居酒屋で、アジフライと貝スキが名物らしく、驚くほど美味のメニューでした。どうやら、早稲田大学のボート部・OB連中のたまり場らしく、奴らはこんなうまいもん [続きを読む]
  • 京洛先生を囲む会
  • 霞が関 昨晩は、久し振りに痛飲し、翌日は二日酔いで半日は使いものにならず(笑)。 京洛先生が京都から東下りされて、彼を慕って集まった人雲霞の如く。まさに、仕事も取引先とも監督官庁でもないのに、老若男女が16人も参集しました。 東京・内幸町のプレスセンター地下にある「おか田」という焼鳥店でしたが、10人の予約なのに、後から後からいらっしゃるもんですから、花金のせいで座る席もなく、立っても執念深く呑 [続きを読む]
  • 戦後2番目の疑獄 アッキード事件 終わりの始まり
  • ウマイめんこい村通信 ついに昨日、千両役者森友学園の籠池理事長さんが国会の証人喚問に登場しました。 昨晩は、東京・銀座の超高級料亭「東京吉兆」で、お仲間の今井敬経団連名誉会長らとご一緒に、官房機密費かなんかで会食会を開催して、「籠池屋、お前も悪やのぉ〜」などという話で盛り上がりました。 周りの芸者衆も「お戯れを〜」と大はしゃぎでした。 勿論、私や妻が森友学園問題に関係したとしたら、わたくしは、首 [続きを読む]
  • ポールの10万円は暴利では?
  • 竹林の賢人 ポール・マッカートニーが4月に再来日して、日本武道館で公演を行いますけど、SS席が何と10万円なんですからね。ぶったまげましたよ(笑)。 今の私の一人当たりのGDPは、ベトナムかカンボジア並みですから、チケット代が、私の1カ月に貰える手取り給金よりも高いとは! 一体、誰が行くんじゃい、とファンを返上したくなりました。 ポールで連想すると、彼はよくビートルズのメンバーだったジョージ・ハリスン [続きを読む]
  • 共謀罪法、万々歳
  • somewhere その時 共謀罪が閣議決定されたその時 国家の最高権力者の安倍首相はその場にいませんでした。何やら「複雑怪奇なり」(平沼騏一郎)の欧州へ出張中だったとか。 閣議の雛壇にいたのが、戦時中に外国人捕虜を強制労働させたと言われる麻生鉱業財閥の末裔である副首相、一人置いて、豊洲問題で百条委員会に喚問された石原元都知事の賢息子の顔も見えます。 歴史に残る晴れ姿と彼らの顔と名前をしっかりと脳裏に刻み [続きを読む]
  • シムズ理論は国民を幸福にするのか?
  • 竜宮小僧? 黒田さんが日銀総裁に就任して5年も経つのに、デフレ脱却と2%インフレ目標の達成は、結局うまくいかず、いわゆるアベノミクスも失敗に終わったようです。 黒田さんの標榜した異次元の緩和とやら、国債をジャブジャブと発行して買い漁り、遂には、マイナス金利という禁じ手の金融政策を導入しながら、大衆の消費は伸びず、景気も上がらず。 笛吹けども踊らず、というより、無い袖は振れず、ということなのでしょ [続きを読む]
  • 片岡みい子さんのお別れの会
  • 神楽坂「紀の善」のクリームあんみつ  昨日は東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で行われた翻訳家・フリーライターの片岡みい子さん(1950〜2017)の「お別れの会」に参列してきました。 彼女の交流の深さと人徳でしょうか、およそ170人もの友人知人が集まりました。亡くなったのが2月7日ということでしたが、まだこれから先のあるお若い年齢であの世に旅立たれたので、多くの方から惜しまれる声が聞かれました。  [続きを読む]
  • サイバー攻撃には気をつけろ!
  • Invalid この世は悪意に満ちた世界なのか。 庶民の必死の防衛策として、先日、銀行の振込手数料が格安か無料になるいわゆるインターネット・バンキングを申し込んだところ、サイバー攻撃犯罪のニュースを聞きました。 スパムメールや、マルウェアウィルス等を送りつけて、ID、パスワードを盗み、遠隔操作するという奴らの手口は分かっていました。 だから、決まったパスワードではなく、瞬時にしてコロコロと変わる使い捨ての [続きを読む]
  • 稲田防衛相の父君
  • 都内 甲子園球場です。 森友学園の快進撃は止まりません。下馬評に違わず、三回戦、準々決勝は、楽々突破し、今、準決勝にまで勝ち進みました。 このままいけば、確実に決勝で安倍学園と激突するはずです。 さて、一昨日、偶然にも森友学園のキーパーソンの一人である「日本会議の研究」作家菅野完氏と遭遇したことを渓流斎ブログに書いたところ、普段読んだことも見たこともない人までが多勢アクセスされて、サーバーがパンク [続きを読む]
  • 稲田姫、万事休す
  • 東京・東銀座にてのひと時 週末の土曜日に都内で開催されるおつな会のお仲間、故片岡みい子さんのお別れ会には、何と、200人近い方々が、スウェーデンをはじめ、世界各国から駆け付けて、参集されるようです。 いやあ、大変な驚きです。 あたしなんか、どう考えても、たとえ生前葬をやったとしても、5人も来てくださればいい方ではないでしょうか。改めて、片岡さんの人徳の厚さと人望の深さを感じます。 片岡さんは生前 [続きを読む]
  • DeNAをもっと糾弾すべきでは?
  • 皇居 DeNAとかいう新興企業が、「まとめサイト」に他人のブログなどからの写真や記事を無断転載して荒稼ぎしていたという問題。 昨日の3月13日、弁護士4人でつくる第三者委員会が277ページにわたる原因究明の「調査報告書」をDeNAに提出し、10サイトで無断転載の可能性がある画像が最大74万7643件、記事が最大約2万件あると指摘しました。 第三者委員会には、処罰も勾留もなーにも権限がないので、これで、はい、お終いな [続きを読む]
  • 桶狭間の戦いは情報戦だった!
  • 皇居 【存在が意識を規定する】 日本人横綱稀勢の里。昨日が初日だった大阪場所では危なげない横綱相撲。やはり、存在が意識を規定する? 皇居 BS11の「尾上松也の古地図で謎解き!ニッポン探求」。 先週放送された「第72回 桶狭間の戦い なぜ敗れた?今川義元の実像」は実に面白かったですね。 今川義元と言えば、戦国武将とは名ばかりで、公家趣味が高じて、白粉まで顔に塗って軟弱な、そして愚鈍なイメージがあり [続きを読む]
  • なぜ「君の名は。」 は大賞を逃したのか?
  • 中国 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur 昨年8月26日に公開され、2017年3月6日の最新時点で、歴代興行収入第4位の245億円となり、社会現象ともなっているアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)を遅ればせながら、見てきました。渓流斎、それにしても遅い(笑)。 ※ちなみに、ご参考として歴代興収は以下の通り。「君の名は。」はもうすぐ「アナと雪の女王」を抜いて、歴代3位になるかもしれません。第1 [続きを読む]
  • 言い逃れマニュアル 「面白くねえなあ…」
  • 忍城 森友学園の籠池理事長が、小學院の開校を断念し、理事長職まで放り出すとか。 こんなに早く敵前逃亡するとは思いませんでしたね。しかし、補助金不正受託疑惑などは、いくら理事長を辞めても最後まで追及されるべきでしょう。 名誉園長こと、渓流斎としましては、毎日毎日、本当に、我ながら御苦労さまで御座います。 まるで、胡散臭いジャーナリストのように、その日に起きた残像を追いかけて本当に忙しい。あにやって [続きを読む]
  • コンニャク・オバハン太平記 犬臭いのはお嫌い?
  • 伊太利亜の旅(終わり) 昨日は、大阪府職員が森友学園の籠池泰典理事長を豊中市の小學院建設現場に尋ねて、お話を伺いに行ったところ、コンニャク・オバハンの異名を持つ理事長妻が、急に割り込んで、携帯でバシバシと写真を撮り始めて話し合いを妨害したため、物別れに終わったそうですね。 何か漫画の世界です。(笑) 埼玉県発祥の地 このコンニャク・オバハンに関しましては、色々と物議を醸しているようです。 ちょっと [続きを読む]
  • 安倍さんと加計さん
  • 伊太利亜ローマ・パンテオン あれあれ? 世界に誇る日本の大メディアが、あまり加計学園問題を取り上げないのでガッカリです。 仕方ないので、安倍さんと加計さんの交際を調べてみました。(1)首相の一日(2013/11/18) 午後6時33分、東京・赤坂の日本料理店「佐藤」。加計孝太郎学校法人加計学園理事長らと会食。(2)首相の一日(2014/06/17)午後6時30分、東京・芝公園のフランス料理店「THE CRESCEN [続きを読む]
  • 続々アッキード事件 ついに本丸へ 加計学園事件
  • カラバッジョ アッキード事件もついに本丸に突入し始めました。 愛媛県今治市が、安倍首相と昵懇の学校法人「加計学園」に約37億円相当の土地(約17ヘクタール)を無償譲渡するという疑獄疑惑、もしかしてヤバイんでなえかえ事件のことです。 加計学園は来年4月、ここに岡山理科大の獣医学部を開校するそうです。学園の加計孝太郎理事長は、安倍首相の米国留学時代からの大親友で頻繁に食事やゴルフを楽しむ仲なんだそう [続きを読む]
  • 続アッキード事件 中華料理屋を開店したら?
  • 伊太利亜ローマ またまたアッキード事件。安倍首相が「あたしも妻も一切関係ない」と胸を張り、「何なら、会計検査院に調べさせればよござんす」と宣っておられましたが、この肝心要の会計検査院とやら、実に頼りないですねえ。 取り調べができるのは、関与した国土交通省航空局と財務省理財局だけで、全てのカギを握っている森友学園の籠池理事長に対する事情聴取が法律上、一切できないというのです。 まさに片手落ち。騙る [続きを読む]
  • 豊中市の元国有地と金融リテラシー
  • バチカン市国 昨日、毎日新聞の名物政治コラムを読んでいたら、国有地がお話にならないくらい破格的安価で売却された今話題沸騰の森本学園瑞穂の國小學院の敷地がもともと何であったかについて触れていて、昭和42年の時点の登記簿では「池沼(ちしょう)」だったことを書いていました。 大阪府豊中市は、その後市内は急速に宅地化して、その沼池も間も無く埋め立てられて、住宅地か何かになっていたのでしょう。 そこで思い出 [続きを読む]
  • 気になる絵島・生島事件
  • 森田座跡 最近、どうも正徳4年(1714年)に起きた絵島・生島事件(えじま・いくしま・じけん)が気になってしょうがありません。 ここ数年、この事件は映画やテレビドラマの「大奥」もので、必ずと言っていいくらい取り上げられますから、今では知らない人はいないかもしれません。 絵島(江島が正式の説も。1681〜1741)とは、大奥女中の総頭の大年寄で、老中に匹敵する格が高い地位だったそうです。 生島とは、当時 [続きを読む]
  • 石原元都知事は無実か?
  • バチカン市国 小生は、これでも、どういうわけか、東京都民でもないのに御縁が御座いまして、東京都主税局に毎年納税している身分(笑)ですので、「豊洲問題」については、発言する権利があるのではないか、と勝手に思っております。 3月3日の雛祭りに、石原元都知事が、東京・内幸町の日本記者クラブで、約300人の若い記者の前と老人たちの横で、連綿と釈明しておりましたが、あれは、本当に見苦しい言い逃れ、責任逃れ [続きを読む]
  • アッキード事件、欧米人の方が教育勅語に詳しい?
  • 中国 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur 日本に住んで、日々、何気なく生活していますと、世間で起きていることが極めてドメスティックなことで、異国の方とは関係がないので、外国人には興味がないだろうなあ、と思い過ごしがちです。 でも、そんなことはないんですね。 先週、「月末の金曜日は午後3時で帰っていいよ」(まあ、そんなことできるのは大企業だけだろうけどね)という「プレミアム・フライデー」(プレ金 [続きを読む]
  • 国有財産を食い物にする輩
  • 雛祭り(二木屋) 大阪府豊中市の国有地超格安売却の森友学園問題は、結局、政治家による「口利き」があったことは明白なようです。 鴻池事務所の秘書が作成した「陳情整理記録書」には、森友学園との経緯が事細かく書かれていまして、当該秘書は、完璧に大阪府や財務省などに問い合わせをしており、いくら「口利きをしていない」と弁解しても、受けとめる側は「無言の政治的圧力」を感じたはずです。 そうでなければ、10億 [続きを読む]