おもろい温泉 さん プロフィール

  •  
おもろい温泉さん: (続)めっちゃおもろい温泉
ハンドル名おもろい温泉 さん
ブログタイトル(続)めっちゃおもろい温泉
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mettyaomoroionnseenn
サイト紹介文関西を中心に湯巡りしています。皆さんもご一緒におもろい温泉探索しませんか?
自由文最近そむりえになりました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2015/12/18 15:58

おもろい温泉 さんのブログ記事

  • 愛知の温泉で触れ合ってきました♪
  • 愛知方面の温泉に行くため、関ドライブインに来ました。ここで集合です。伊勢神宮・第62回式年遷宮を祝して、「お木曳・奉曳車」のモニュメントを制作し展示していました。 まずは腹ごしらえです♪初めて伊勢うどんを食べましたが、コシが無くちっとも美味しくありませんでした。津餃子は、直径15センチの皮を使うのが公式ルールで具は豚ひき肉に、玉ねぎ、にら、にんにく、しょうが、これを揚げ餃子にしています。皮は薄めで [続きを読む]
  • 八風の湯
  • 以前は別の名前の施設(野半の里)だったのですが、八風の系列に売却されました。お風呂以外にもお土産コーナーや宿泊施設なんかもあります。和風で趣のある感じが良かったです。※入館料には、「タオル」・「バスタオル」・「館内着」を含まれていました。この日は平日だったので入館料は1000円でした。それでは早速入浴させていただきましょう!こちらは4種類の源泉が使わてれいるそうで、第2〜第5の源泉です、第1はなくなったの [続きを読む]
  • 八風の湯 足湯
  • 第5源泉の単独使用、茶濁の湯。3の湯より濃い感じ。泉質:含鉄-ナトリウム-塩化物強塩低温泉足湯、ゲタ履きと濡れた足様にタオルが用意されサービス満点でした。茶色くて、塩辛いお湯です。源泉かけ流しですが飲泉はできません。あと、足湯だけの利用もできないようです。明日は八風の湯の内湯と露天風呂をご紹介します。ここ、八風の湯はこの足湯も含め4種類の源泉を使用しているそうですよ!4種類もあるって珍しいですよね〜[h [続きを読む]
  • 倉谷温泉跡
  • 以前来た時、近所のミカン農家の方にお話をお伺いしました。ここは倉谷温泉旅館として昭和56年ごろまで営業されていたそうです。この方も幼い時この湯に浸かったことがあるそうです。廃業されてからは地元の不動産やが買い取ったそうですが放置しているそうで、一時は廃墟マニアがたくさん訪れたんだとか。今でも近所の方が、倉谷温泉の冷泉を汲みに行っておられるそうです。場所は犬鳴温泉を通り抜け、和歌山川に出たら、右のほう [続きを読む]
  • 大阪某所 土管の湯
  • 土管の湯を再訪問してみました。ですので写真は今回のものと過去のものが混ざっておりますが両方含めてお楽しみください。大阪某所です。キューイ畑を抜けると・・・突然こんな場所が現れます。川の上流を目指し行ってみることにしました。道なき道です。竹をかき分け通ります。上流はさらに赤いです。この赤い水はどこから流れ出ているのでしょうか?上からアプローチしてみましたが、下に降りないと分からないので降りてみることに [続きを読む]
  • 大阪府某所 神さんの源泉
  • みなさ〜ん、「鳥地獄」って知ってますか?「鳥地獄」ってね、温泉などで岩の割れ目などや温泉水から出る炭酸ガスのため、鳥や昆虫が死ぬような場所のことを言うんですよ〜恐ろしいですよね〜そんな場所が大阪にも4か所ありました!その中の1か所に最近行ってきました。その総集編を今回お伝えしたいと思います。いや〜とにかく苦労しました。聞き込み調査して、源泉の場所がやっと分かったんです!であともう少し、あと数百メート [続きを読む]
  • 大阪野湯あれこれダイジェスト
  • ここに来るためにどれだけ苦労したか・・・この日は3回目の訪問でした。この日のランチです。泉佐野漁港で採れた魚メインの早朝の4時からやっている食堂があるので行ってきました。で、食べたのは魚じゃなくってコレ。詳しくはこちらの記事で♪この野湯にも再訪問してきました。川が真っ赤ですね〜ここは心霊スポットにもなっている何とも不気味な場所です。でも、こんなに湧いています。たくさん並んでますが、結構高かったので2個 [続きを読む]
  • 個人所有の温泉 通称 「白」
  • はるばる大阪から来たことを告げています。とても良い方で、そういうことならと許してくださいました。ここは3軒で共同で所有しているいわゆるジモ泉です。もちろん一般開放はされていません。有難いですね〜ご好意で入浴させて頂くことになりました。どうやらここが源泉のようです、蓋を開けると新鮮なお湯が溢れんばかりに湧いていました。でも、後から伺うと湯量が足りなくなってきたとかで、別源泉からも引き湯してるとのこと [続きを読む]
  • 個人所有の温泉 通称 「青」
  • 車で通ってるとうっかり通り過ぎてしまうようなそんな杉木立の中に・・・青い小さな湯小屋がありました。体感の泉温:39℃位色は無色透明、香りは炭酸と鉄の匂い、味は鉄の味と炭酸の微シュワ感。使われなかったお湯は川へと捨てられていました。許可を得て中に入らせてもらいましたが、お湯は入っていませんでした。残念ですが、仕方なくエア入浴です(笑)でも、このあととても素敵な出会いがありました♪こちらも素敵なので是非 [続きを読む]
  • 畷の里温泉
  • 畷の里温泉は大阪外環状線の南行車線に面してあるスーパー銭湯です。四条畷イオンの向かい側なので分かりやすかったです。1階の駐車場に車を止めてエスカレーターを上がると、2階が浴場施設です。券売機で入場券を買い、ここで渡します。畷の里温泉は家族風呂があります。大阪では数少ない施設ですね〜(※家族とわかる証明書が必要)左はかまくらと呼ばれる冷蔵サウナで、0〜4℃の氷温ルームです。サウナに入浴した後、かまくらに [続きを読む]
  • 熊の湯ホテル
  • 万座、草津おもろいツアーの最終記事はここ、志賀高原スキー場にあるホテル「熊の湯ホテル」です。日帰り時間は。12-15時と時間が短いので注意が必要です。こちらがフロントです。立ち寄り料金としては1000円とちょっと高めですが、持ち帰りできるタオル付きだし、一応ホテルだし仕方ないかな?館内はとても広々としていました。それでは早速入浴させていただきましょう!脱衣所はとても広く、清掃も行き届いていました。ドライヤ [続きを読む]
  • 群馬県 平治温泉共同浴場
  • 平治温泉は、看板等は一切無く、もちろん泉質等の表示もまったくありません。平治温泉の名前の由来は、この温泉土地の持ち主の元村長の黒岩平冶さんと言う方の名前からだそうです。 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉※泉質は以前ここから引き湯していた旅館のものを引用しました。お湯は、無色透明ですが沢山の気泡で若干濁っているように見えました。透明で40度弱のお湯がホースからどんどん出ています。 [続きを読む]
  • 南市岡田中温泉 現状を聞いてきました。
  • 草津、万座温泉おもろいツアーの途中ですが、タイムリーなネタなのでこちらを先にアップしたいと思います。この敷地は昔田中金属と言う工場がありました。倒産して社員用のお風呂が南市岡田中温泉です。一部は地ビール工場そしてそのビールが飲めるレストラン「地底旅行」と天然温泉に入れるデイサービスなどを経営するNPOみなと合同ケアセンターが敷地内に同居しています。というわけでマニアに人気だった「南市岡田中温泉」です [続きを読む]
  • 万座温泉 湯の華旅館
  • 万座温泉(まんざおんせん)湯の華旅館にやってきました。万座温泉は群馬県の西にある標高1800mの山の中の温泉地にも関わらず、年中車で行ける日本最高所の温泉地です。そのことから「星にいちばん近い温泉」と言われているそうです。玄関です。長靴やら灯油の入れ物が高所で寒いことを改めて思わせます。受付で700円支払います。猿のこしかけが展示してありました。突き当たりに階段を降りると、踊り場にはタヌキの剥製が脱衣所入 [続きを読む]
  • 草津 中村屋旅館 看板猫
  • 湯畑からもほど近い好立地にここ、中村屋旅館はあります。天然畳を敷いた御座敷風呂が人気の宿だそうです。中村屋旅館の前を偶然通りかかりましたら何やら人だかりが・・・なぜ人だかりが出来てるか知らないおもろいは、人だかりをかき分けお庭の植え込みを覗き込むと、ナントかわいい猫ちゃんがぽつりと座っていました。植え込みに座っていたのはこちら、看板ネコ『リュウ君』です。タオルやぬいぐるみを投げると、キャッチする妙技 [続きを読む]
  • 草津温泉 瑠璃の湯
  • 草津と言えば、共同浴場!!だそうですが、今回初めての草津だった私にとってとても貴重な体験だったので記録を残すため、こちらの温泉もご紹介したいと思います。その名も「瑠璃の湯」です。この共同湯は湯畑から坂道を登った右手にあり、商店街の中にポツンと建っています。あまりにも地味なこの佇まいは、ふと見逃してしまうかも知れませんね。引き戸を開けるとこじんまりとした脱衣場には、まだ誰も居ません。ただ、ザアッーと [続きを読む]
  • 草津 白旗の湯
  • 草津温泉の共同浴場と言えば!一番人気を誇る「草津温泉 白旗の湯」湯畑のすぐ前にあるのでいつも混雑しているそうです。昨日もお伝えしましたが「草津温泉 白旗の湯」は湯畑に近いのに、湯畑源泉ではなく独自の白旗源泉を引いています。源頼朝が1193年にたまたま発見し入浴したと書いています。8月3日と日にちまで書いてあるし、本当っぽいっかも(笑)やっぱり混んでいましたが、なぜか皆さんすぐに帰られます。その理由 [続きを読む]
  • 天下の名湯 草津温泉 湯畑
  • 「草津よいとーこ 一度はおいで〜♪」日本人なら誰でも、この曲を聞いたことがあるでしょうね!草津温泉はそれほど有名な温泉地なのです。湯畑前には「白旗の湯」という共同浴場がありますがこの近くには、白旗の湯の源泉があります。柵越しに眺めてみると、もうもうと立ち込める湯気の中に、コバルト色をした白旗源泉が湧いていました。「草津に歩みし百人」とありますが、実は草津に歩みし「百一人」なんですよ〜俳優の阿部寛が『テ [続きを読む]
  • ふれあい温泉矢田
  • 草津、万座、おもろいツアーの記事の最中ですが先日取材させていただきました記事を先にアップさせていただきますね!「ふれあい温泉矢田」にやって来ました。この温泉は大阪市内で初めて掘削に成功した天然温泉だそうで、昭和63(1988)年6月29日。 5ヵ月近いボーリングの結果、地下1200mでお湯が噴き出しました。 「ふれあい温泉矢田」源泉名「大和川矢田温泉」掘削のきっかけは、近くに「湯里(ゆざと)」とい [続きを読む]
  • 豆腐屋なのに露天風呂!?
  • 尻焼温泉で知り合った地元の方に教えてもらい、やって来ました。六合村唯一の豆腐屋さん「喜久豆腐店」(?久豆腐店)です。 純国産の大豆と山からの湧水を使用して手作りで豆腐を作っているそうです。特にざる豆腐が美味しかったです♪ふと、店内にあったホワイトボードを見るとおもろいニュースを発見しました!「喜久豆腐店」の親戚のおじさんが温泉を掘り当てたそうですよ〜♪あと、その横に発見しました!これが噂の通行 [続きを読む]
  • 混浴?尻焼温泉 河原野天風呂 その2
  • 深くて足が立たないので、大きな石によじ登ってます。自然そのものの温泉ならではですよね〜(笑)この写真、かなりお気に入りです。何となく幻想的に見えませんか?ほんまもんの川なので石にはコケが生えてます。そのコケに、文字を書いてみました。分かるかな?分かりやすいように水中を動画で撮影してみました。早朝なのに一人だけ地元の先客がおられましたので、少しお話をさせていただきました。で、思いがけず素敵なお豆腐屋 [続きを読む]
  • 混浴?尻焼温泉 河原野天風呂 
  • 尻焼温泉の魅力は何と言っても、長笹沢川を堰き止めて作った巨大野天風呂です。温泉名は「尻を焼いた」、つまり、河底から湧き出す湯で温められた石に腰を下ろして、痔を治したことが由来なんだそう。 ここ、尻焼温泉自然そのものの露天風呂なので、無料です。その偉大さをおもろい流に表現してみました(笑)よいしょっと。おもろいは一体、何をやらかすのでしょうか。手を広げてくるっと一回りしてます(笑)ポーズを決めます。 [続きを読む]
  • 混浴?尻焼温泉「共同浴場」
  • はるばる大阪から、尻焼温泉にやってきました。ここは駐車場です。川風呂入口という看板がありますので、こちらが目印です。この階段を下りていきます。5月末、朝の気温は4℃。寒いこの地方にも春はやってきたようです。階段を下りるとすぐに河原沿いになり、大きな長笹沢川が目の前に広がります。左奥に青いビニールシートが見えます。きっと入浴できるのでしょうね。共同浴場の小屋に到着しました。標高が高いのとまだ夜が明けた [続きを読む]
  • 草津、万座、おもろい湯旅
  • まだ日が明けたばっかりの早朝です。おもろいはこの度、大阪からはるばる群馬県までやって来ました。ここ、川全体が温泉で有名な野湯なんですが・・・また何かやらかそうとしてますねぇ。一体何をやらかすのでしょうか(笑)先ほどの野湯で知り合った方に教えてもらってやってきました。ここは豆腐屋です。お腹も空いていたので美味しくいただきました♪で、鍵がありますが・・・お借りしてちょっくら見学に行ってみることに。鍵の正体は [続きを読む]
  • 穴場! 釜の崎温泉 がまの湯 田舎宿川口
  • 国道424号線の道の駅龍游から金屋方面に10分ほど走ると出てきます。ガマの湯ってがまかつがやってるの?って訳の分からない質問をしてしまいました(笑)がまの湯は日帰り温泉も出来ますが、主に釣り客向けの宿もやっておられます。日帰り入浴の料金は大人540円です。がまの湯は紀州温泉道の対象施設になっています。湯上りには休憩できるスペースもあります。それでは早速入浴入浴させていただきましょう。浴室は内風呂のみでかつ [続きを読む]