腰痛 さん プロフィール

  •  
腰痛さん: 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法
ハンドル名腰痛 さん
ブログタイトル腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法
ブログURLhttp://yotsu.sauz.xyz/
サイト紹介文腰痛の原因・予防・改善法、ぎっくり腰・ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/12/18 22:42

腰痛 さんのブログ記事

  • 腰痛は温める?冷やす?
  • 腰痛には様々な種類があります。筋筋膜性腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症など。これらを総称して腰痛と呼ばれます。腰痛の原因は、急な動作をした際に筋肉が傷ついたり、腰周辺の筋肉が疲労して凝り固まってしまっていたり、長時間背骨に負担がかかったり、 加齢などにより骨が変形してしまったり、病気であったりなど挙げられますが、痛みが発生する詳しい原因はわかっていない場合が多いのです。 [続きを読む]
  • 腰痛は椅子で改善
  • 椅子の座り方ひとつで身体の痛みから別れられます。慢性的な腰痛にいつも悩まされている方、ギックリ腰にもう二度となりたくない方は、椅子の座り方を工夫してみましょう。薬などに頼る前に、日常生活の姿勢から直して腰痛を軽減・予防したいですよね。腰を守るため、腰痛予防のために、椅子の座り方をご紹介します。背もたれがある椅子、ない椅子に関わらず、おしりを椅子に乗せるときは「骨盤を立てる」つもりで座るのが理想です [続きを読む]
  • 座ったまま出来る腰痛ストレッチ
  • どんな人が腰痛になりやすいかと言うと、座って行う作業、つまりデスクワークで多忙な人に発症しやすいのです。座っている時は、立っている時よりも腰に負担をかけています。そこに姿勢の悪さが加わると、より腰痛が発症しやすくなってしまいます。そのため、姿勢を正すことを基本として、適度に立ち上がってリフレッシュすることが、腰痛の解消をするにあたって重要なこととなります。ただ、長時間座っていると、立つのが億劫にな [続きを読む]
  • 妊娠中の腰痛に効くツボ
  • 妊娠中は、胎盤から分泌されているリラキシンというホルモンによって骨盤の関節が緩みます。その緩んだ関節が大きく動いてしまい、そのために筋肉や靭帯に負担がかかって血行障害を起こします。また胎児が大きくなるにつれて、その状態を支えるために腰部に負荷がかり腰痛となるのです。妊娠中は、体を冷やさないようにして、血流を改善するツボを刺激することで腰痛を和らげていきましょう。足部では、膝の皿の内側から上に向かっ [続きを読む]
  • 腰痛症状と自律神経失調
  • 腰痛症状と自律神経失調は、密接に関わり合っていると感じます。自律神経失調状態を経験するとわかることがいくつもあります。「自律神経失調症」の症状には■不眠・めまい・頭痛・ふらつき■慢性的な疲労感・食欲不振■不快感・イライラ・ 微熱■慢性的な肩コリと慢性的な腰痛・・・などがあります。「自律神経」というのは、自分で意識して操作しにくい神経。たとえてみれば「内臓を動かす」・「呼吸をする」・「体温調整をする [続きを読む]
  • 急性の腰痛
  • 腰痛症状の緩和と予防は筋肉から一度歩けない・動けない「腰痛症状」を経験してしまうと本当に怖くなります。また、あの激痛で動けなくなるのではないかと不安にもなりますよね。腰の痛みがでてしまったらあわてずにどのような腰の痛みなのか自分でも確認をし対処の方法を選んでいくことが大切です。誰もが経験する可能性のある腰の痛みの身近な症状を確認してみましょう。痛みのある場所が腰だけならば【ぎっくり腰】の可能性が高 [続きを読む]
  • 病気(内科疾患)による腰の痛み
  • 腰の痛みには、一見腰痛だと自己判断してしまいそうな「内科疾患による腰痛」もあります。腰痛だけが出現することはまれで、ほとんどは強い気分の悪さや、腹痛、動悸、呼吸困難、背中痛、冷や汗が伴います。しかし、中には初期症状で腰痛だけだったので内科疾患に気づけなかったというケースもあります。腰の痛みが外科的疾患と混同しやすい内科の病気を挙げてみたいと思います。十二指腸潰瘍は、空腹時や夜間に腹痛が起きることが [続きを読む]
  • 中高年といえば腰痛・膝痛
  • 中高年といえば、腰痛・膝痛に悩まされていらっしゃる方も多いことでしょう。飲むヒアルロン酸や、健康食品など症状を緩和するアイテムがCMや、テレビショッピングでも頻繁に紹介されており、価格も決して安くはありません。つらい腰の痛みの症状で中高年に多いのは、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)です。ぎっくり腰は、突然激しい腰の痛みが襲いますが、特にこの年代では重いものを持 [続きを読む]
  • 子供の腰痛
  • 子どもが腰の痛みを訴えるケースが最近は増えています。最近の子どもは体格が大きくなったのにも関わらず、室内で長時間のゲームやマンガ、パソコンなどで姿勢が悪くなり、腰痛を患うことが多いのです。確かにゲームをやっている時の姿勢は背中が丸まっていますし、緊張する状態も続きそうです。逆に、屋外に出て運動量の激しいスポーツで「脊椎分離症」を発症する子どもも多くなっています。骨や身体が未発達な上、激しいスポーツ [続きを読む]
  • 腰痛の予防のために生活を見直す
  • 腰痛になるには必ず原因があります。加齢にともなうものもありますが、腰に疲れをためてしまうと、徐々に蓄積されていき、ある日突然腰痛が襲ってくることもあります。そうならないためにも、日常生活を見直し、腰痛になりやすいことはなるべく取り除いていかなければいけません。腰痛にならないためには、基本として正しい姿勢をとることです。腰痛を持っている人は姿勢の悪い人が多く、腰痛の治療をしても、日頃の姿勢が悪いとす [続きを読む]
  • 産後の腰痛
  • 産後も妊娠中からの腰痛が残る場合がありますし、育児などによる腰痛も起こります。出産時に骨盤の恥骨結合部が開き、大きな負荷をかけながら赤ちゃんが通るのですが、恥骨結合部に産後も障害が残る場合があります。また、出産時には、骨盤後方部分にある関節、仙腸関節にも大きな負担がかかります。とても強い靭帯で支えられていますが、出産によって関節が緩くなることにより、バランスが悪くなって腰痛を引き起こしてしまいます [続きを読む]
  • 妊娠と腰痛
  • 出産経験のある女性であればお分かりのように、妊娠すると腰痛に悩まされます。お腹がせり出すにつれて姿勢も変わるのでそのせいだと思っている人もいるでしょう。実は、妊娠中の腰痛の原因は、それだけではありません。いくつかある女性ホルモンの中で、生理の前や妊娠3ヶ月を過ぎると分泌される『リラキシン』と言うホルモンがあります。リラキシンは卵巣ホルモンの1つになります。妊娠前、日頃から腰痛を抱えていた人は、妊娠す [続きを読む]
  • 生理と腰痛
  • 男性よりも比較的女性の方が腰痛に悩んでいる人が多いように見受けられます。ヒールの高い靴を履き、腰に負担がかかった姿勢で歩くので腰痛にはなりやすいのですが、女性の腰痛は靴だけの問題ではありません。生理の前になると体調が悪くなる女性がいます。『月経前緊張症』と呼ばれるものですが、生理が始まる数日前から、頭痛、下腹部膨満、吐き気、めまい、倦怠感、情緒不安定、腰痛など、人によって程度の差はありますが、この [続きを読む]
  • 腰痛ベルト・コルセット
  • 腰痛になると、少しでも痛みを改善しようと腰痛ベルトやコルセットを使う人もいるでしょう。使い方を間違ってしまうと、せっかくのベルトやコルセットも意味を持ちませんので、正しい使い方を覚えて使用しましょう。腰痛ベルトは骨盤ベルト、腰痛バンドという名前でも市販されていて、ゴム素材のものや一部ゴム素材で伸縮性のあるバンドまで、様々なものがあります。一方、コルセットというと、整形外科や整骨院などで利用される、 [続きを読む]
  • 主婦の腰痛
  • 腰痛は国民病とも呼ばれています。腰痛になってからその原因を思い返すと、『あの動きが……』『あの姿勢が……』と、案外簡単に思い当たる節があるはずです。ちょっと気をつけていれば防げたものを、一瞬の気の緩みから、長く続く腰痛に悩まされることになってしまうのです。ライン製造など、その場に立ったままで長時間作業する人は、筋肉が疲労してしまい、椎間板にも負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなります。座っている [続きを読む]
  • 腰痛を悪化させないための睡眠時の姿勢/マッサージ方法
  • 眠る時の姿勢にはいろいろありますが、うつ伏せに寝ると、腰痛がひどくなります。特にやわらかいベッドでは、肩や足よりも重い体幹(胴の部分)がベッドの中央部をくぼませてしまうため、腰が沈んで腰痛をひどくしてしまいます。腰痛がある場合は、ベッドのマットレスの下に固い板を置いたり、畳の上に敷布団を敷いて寝た方が腰が沈みません。また、横向きに寝て股とひざの関節を曲げるのもよい睡眠の姿勢です。仰向け寝が習慣にな [続きを読む]
  • 腰痛がしんどいときは後ろを見るといい!?
  • 40歳をすぎる頃になると、いつとはなしに腰に重だるい痛みを覚えるようになる人が多いものです。これは一種の老化現象で、若い頃は柔軟に動いていた体の組織が、年齢とともに弾力性を失い、椎間板や腰椎が老化し、腹筋力、背筋力が低下するために腰痛が起こるわけです。また、眠っている間に体内に冷えが入りこみ、血行が悪くなって腰痛になることもあるので、40歳をすぎたら、夏でも夜は温かくして休むように心がけましょう。腰痛 [続きを読む]
  • お風呂で腰痛改善(足のむくみ解消にも効果的)
  • お風呂をシャワーだけで済ませていらっしゃるかたも多いと聞きますが、もったいない!腰痛にも効果がありますし、美容にもいいですよ。ぬるめのお湯(37℃〜39℃)にゆっくり浸かると、血行が良くなるので腰痛や肩こりなどの症状の改善に効果的です。半身浴や足湯(足浴)も肩こりや腰痛の改善に効果があります。また、高温浴(42℃以上)と低温浴(25〜34℃ )を交互に繰り返す入浴法でも効果が期待できます。痛い部分に [続きを読む]
  • 腰痛に効くストレッチ
  • 腰痛の人に効果のあるお風呂でのストレッチを紹介します。まずは、腹筋を鍛えるストレッチ。膝を曲げて座り、湯船にゆっくり浸かります。そして、大きく息を吸って、お腹を膨らませます。次に大きく息を吐いて、お腹をへこませます。それを10セット。それから、大きくお腹をへこませて、そのまま30秒維持します。イメージはきついズボンを履くときにお腹をへこませる感じです。これで腹筋が鍛えられます。次にお尻のストレッチ。湯 [続きを読む]
  • 車を運転するときの腰痛対策
  • 腰痛持ちにとって、車の運転はかなりきついものです。車を運転するときの腰痛対策について、紹介します。座布団や小さいクッションを膝の下に入れて、ちょっとお尻が下に沈むような体制にしましょう。バスタオルを丸く巻いて、紐でしばったようなものでも代用できます。腰痛防止のクッションは、ランバーサポートと呼ばれていて、オートショップなどで売っています。姿勢にも注意しましょう!同じ姿勢でいることが一番腰に負担をか [続きを読む]
  • 腰の痛みを軽減する方法
  • オフィスワークをする人、現場で働く人、多くの人が腰痛を患っているのではないでしょうか。日常生活で腰を痛みを軽減する方法を紹介します。仰向けの体勢から、そのまま起きるのは、かなりの腰への負担になります。寝るときは、まずベッドの側面に深く座ります。そして、その姿勢のまま、上半身をゆっくり横に倒します。そして、それから、上を向いて仰向けの姿勢になります。そのときは、膝を曲げるようにします。起きるときはそ [続きを読む]
  • 腰痛を改善させるコツ
  • 腰痛は腸腰筋と密接な関係があります。骨盤〜下腹の奥を通る3つの筋肉をまとめて腸腰筋と言います。腰痛はこの筋肉が縮むことにより起きます。または弱まることにより起きます。椅子に座る時は、必ずお尻が背もたれにつくまで深く突き出させること。基本的ですが、デスクワークが多い人にとってはかなり重要です。立っている状態からしゃがむ時orかがむ時も必ずお尻を後方に突き出して下さい。その結果として膝が曲がりしゃがむこ [続きを読む]
  • 腰を痛めにくい重い物の持ち方
  • 重いものを持つ際に腰を痛めにくい方法を紹介します。お仕事や家事、家庭菜園などで重いものを持ち上げる機会がある方はぜひ参考にしてください。重いものを持ち上げようとする場合、腰に非常に負担がかかります。場合によっては腰を傷めてしまったり、ぎっくり腰になってしまうかもしれません。ちょっと力学的な話をすると、持ち上げるときに使う腰の辺りの筋肉(力点)と、持ち上げる点(作用点)が離れているために、必要な力のモー [続きを読む]
  • 腰痛解消法
  • 腰痛を感じている方は、多いのではないでしょうか?何で腰痛になったのかな?と思うことも多々あるでしょう。腰痛の原因は様々ですが、腰痛の仕組みがわかれば誰でも腰痛を解消することが出来ます。ここでは、そんな腰痛の仕組みと解消法をお教えしたいと思います。腰痛は主に「広背筋」と呼ばれる筋肉に疲労が蓄積するために起こります。その疲労が蓄積する原因として、上半身と下半身それぞれの筋肉への負担があげられます。負担 [続きを読む]