市郎右衛門 さん プロフィール

  •  
市郎右衛門さん: 「高天原の縁側日記」
ハンドル名市郎右衛門 さん
ブログタイトル「高天原の縁側日記」
ブログURLhttp://ichirouemon19th.jp/
サイト紹介文歴史大好き「市郎右衛門」こだわりの日本史・寺社仏閣・遺跡・城や登山・陶芸ブログをお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/12/19 08:23

市郎右衛門 さんのブログ記事

  • 松江藩松平家の菩提寺、夜な夜な石の亀が歩き回る?『月照寺』
  • 前回に続いて出雲の国からこんにちはです。ちょっとその前に、共有Bloggerのお友達紹介です。ザ・カップ麺レポート - 新商品レビューブログの管理人「とりまS」さんとそのブログです。以前から仲良くさせて頂いていたのですが、仕事が忙しくて、ブログUPを暫くお休みされていました。この度お仕事も一段落して、ブログもUPされ始めたので(ブログ制作は御本職なのでシンプルで素敵なブログと成っております。)、私共々応援宜しくお [続きを読む]
  • 松江藩松平家の菩提寺、小泉八雲も愛した!『月照寺』
  • 久々に出雲の国を御紹介致しますo(^o^)o出雲神仏霊場第五番札所『月照寺(げっしょうじ)』です。松江城から西へ程近く、島根県松江市外中原町に有る「歓喜山」『月照寺』は歴代松江藩主松平家の菩提寺です。(書院です中庭が美しいです。)珍しい物が幾つか有るので、お楽しみにして下さいね(#^.^#)其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいね。 ??絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」ク [続きを読む]
  • 近畿最大級の円墳(勿論兵庫県では1位)茶すり山古墳の凄さ!
  • 長女の大学合格報告を私の父(長女の祖父、当たり前か(;^_^A)にするということで二か月ぶりに実家但馬に帰省する事に成りました。折角但馬に帰省するのですから、やはり但馬の歴史に触れておかねばと考えて、途中『茶すり山古墳』に寄ってみる事にしました。少し前に神戸須磨の「五色塚古墳」のお話をさせて頂いたときに、寄り添うように在った「千壺古墳」が兵庫県の円墳2位の大きさだというので、それでは1番はどこだ?と調べた [続きを読む]
  • 平家物語の最後を飾るのは「灌頂巻」そして舞台は『寂光院』
  • 「祇園精舎の鐘の音」とは、無常院無常堂の鐘の事だそうです。無常堂は祇園精舎で終末期を迎えた僧たちが、最後のひとときを過ごす場所、彼等が臨終を迎えると、建物の4隅に配されていたこの鐘が、ひとりでに鳴るのです。信者の内なる世界にしみこみ、不安やおそれを取り除いて心の平安をもたらす癒やしの鐘の音は、「諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽」(すべての物がうつろうのは世の定め。この法則を超越すると、死もま [続きを読む]
  • 悲劇の幼帝『安徳天皇』須磨「一の谷」内裏跡伝説地を訪れて !
  • 今回も涙が多くなりそうでタオルが必要と思うのですが、感傷的に成るよりも、冷静に考察したいと思うお話ですσ(^_^;)?安徳天皇は2歳で即位しながら、壇ノ浦の戦いで祖母二位の尼(清盛の妻)に抱かれ、平家一門とともに関門海峡に沈んまれた8歳の幼帝です。須磨の安徳帝内裏跡伝説地を訪れて来たのですが、はっきり言うと「場所分かりにくい〜(^^;」でした(笑)今回のテーマは、「卑怯者だった?義経」と「三種の神器の行方」につ [続きを読む]
  • 涙脆い人はハンケチをご用意下さいね!平敦盛『首塚』
  • 前回に引き続き平敦盛ゆかりの場所を御紹介させて頂きます(^人^)。「敦盛」と言えば「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり〜。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか〜〜。」の「織田信長」の幸若舞で有名ですが、原作とは少し?意味合いが違い、信長の創作?らしいですよ〜(嘘でしょ〜って感じです(^^;)引き続き、「平家物語」の中でも、最も涙の量が多くなる?「巻第九〜敦盛最後」ゆかりの地から、須磨寺の「平敦盛 [続きを読む]
  • 涙脆い人はハンケチをご用意下さいね!平敦盛『胴塚』
  • 私のブログの特徴として、時代(時間)の移動が極端すぎる事をご理解ください(^人^)。今回も12世紀の終わり、前回から7〜800年程移動しました(笑)。祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。中学で覚えて40年忘れた事は有りませんでした。自慢に成りますけど(自慢するな〜(*`Д [続きを読む]
  • 謀略の偽陵なのか?「五色塚古墳」に浪漫を求めて!
  • 「五色塚古墳」と「小壺古墳」最後はのロマンな?お話を御紹介したいと思います。「五色塚古墳」に関して、『日本書紀』神功皇后摂政元年2月条が関連記事として知られています。そちらにによれば、新羅征討から戻った神功皇后が、征討前に崩御した仲哀天皇(第14代)の遺骸および誉田別尊(のちの第15代応神天皇)を伴って大和に戻る際、麛坂皇子と忍熊皇子(いずれも仲哀天皇皇子)が次の皇位が誉田別尊に決まることを恐れて皇后 [続きを読む]
  • 兵庫県最大の前方後円墳「五色塚古墳」の謎!
  • 前回30年も前の取材ソースでしたので、今回は一番新しい取材から『五色塚古墳』を御紹介致します(o^-')b !とその前に、先月末にブログ友達のオフ会を行ったのですが、新しくお友達に成って頂いた上に、意気投合した「えたばりゅ」さんを御紹介致します。ブログ共有もしていただきました〜(^o^)v。「えたばりゅ」さんのブログは、こちらです。自然とペットとアラフォー野郎と 生命と人とのWinWinをめざして私の専門でも有る、動物( [続きを読む]
  • 『日本中央の碑』と「坂上田村麻呂」
  • もう一つ青森話題をお送りします(o^-')b !記事を書くにあたり、調べなおしてびっくり!なんじゃこりゃ〜〜〜!Σ(×_×;)!正に、「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」大袈裟かな?。(青森県のHP〜お借りしました。現在はこんなに整備されたようです。それではタイムカプセルで30年前へ!)御紹介するのは30年前の『日本中央の碑』ですf(^_^;。それでは『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみください。 ??絶賛ラン [続きを読む]
  • 雛祭りの原点?『流し雛』の民俗学的考察。
  • 今日は桃の節句!お雛様です。我が家には娘が二人(まん中に長男の三人兄弟です)いるのですが、ひな祭りを祝った事は余り無いです(娘達!ゴメンね)。長女の最初の雛祭り(桃の節句)に妻の両親から大きなお雛様を頂きました。但馬の実家に置いていて、毎年父(母が亡くなる前は二人で)が飾ってくれています。とても大きいので、残念ながら神戸の狭い家には飾るところが無いのです。(桃は398円でしたが、一輪挿しは〜備前焼「金重晃介 [続きを読む]
  • 『市郎右衛門』また一つ大人に成る。
  • 下らない話題にお付き合いを願います(^人^)。 今日は私の五十?回目のお誕生日ですf(^_^;。もうこんな歳に成ってしまったのか?と思う反面、私の様ないい加減な人間に付き合ってくれている、妻や子供達、育ててくれた実家の父や、亡くなりましたが、私を産んでくれた母に感謝の気持ちで一杯です。今日は朝からFacebookの友人の皆さんから多くの「おめでとうコメント」を頂きビックリしています。皆さん本当にありがとうございまし [続きを読む]
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』の旅⑤最終回!
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』旅の第五段!最終回です。前回は二十四番番札所〜二十九番札所迄御紹介しました。最終回はバスツアーNo.⑪の三十番札所・三十一番札所、バスツアーNo.⑫の三十二番札所・三十三番札所です(私が利用したのは阪急交通さんのバスツアーなので、他社だと順番が少し違うかもしれません。m(__)m)。書写山 円教寺で、撮影した被写体の「西国三十三観音霊場レプリカ像」がもったいないという理 [続きを読む]
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』の旅④
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』旅の第四段です。前回は十六番札所〜二十三番札所迄御紹介しました。今日はバスツアーNo.⑧の二十四番札所・二十五番札所、バスツアーNo.⑨の二十六番札所・二十七番札所、バスツアーNo.⑩の二十八番札所・二十九番札所迄です(私が利用したのは阪急交通さんのバスツアーなので、他社だと順番が少し違うかもしれません。m(__)m)。私は収集癖が有るらしく、何かと気に入った物は兎に角、 [続きを読む]
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』の旅③
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』旅の第三段です。前回は九番札所〜十五番札所迄御紹介しました。今日はバスツアーNo.⑥の十六番札所から十九番札所、バスツアーNo.⑦の二十番札所〜二十三番札所迄です(私が利用したのは阪急交通さんのバスツアーなので、他社だと順番が少し違うかもしれません。)。私の西国三十三観音霊場納経帳を御紹介します。一般で使用しているものより、大きくて、御朱印も迫力が有りますよ(⌒‐ [続きを読む]
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』の旅②
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』旅の第二段です。前回一番札所〜八番札所迄御紹介しました。今日はバスツアーNo.④の九番札所から十一番札所、バスツアーNo.⑤の十二番札所〜十五番札所迄です(私が利用したのは阪急交通さんのバスツアーなので、他社だと順番が少し違うかもしれません。)。『西国三十三観音霊場』バスツアーの皆さんを見ていると、四国八十八ヶ所巡りの様な「完璧」お遍路姿が少ないのも特徴ですね。私 [続きを読む]
  • たった五回で巡る?『西国三十三観音霊場』の旅①
  • 私『市郎右衛門』は歴史やその他、色々な記事をブログとしてUPさせていただいているのですが、こだわりと申しますか?明確なコンセプトが有るのです。それは体験したこと以外は記事にしないということです(*`・ω・)ゞ!私自身の感性を大事にしたいので、遺跡・城・寺社仏閣等は訪れた場所のみ記事にしていますし、グルメ等は勿論食べた物だけ記事にしています(美術陶芸は見て触って、作って?)。とは言うものの、歴史上の人物には [続きを読む]
  • やはり「出雲王国」は実在した!『加茂岩倉遺跡』
  • 今日は前回の続きとも言える、『加茂岩倉遺跡』を御紹介します。前回「荒神谷遺跡」が凄い!とお話したのですが、荒神谷遺跡の発見から10年と少し、また山陰!それもすぐ側から凄い物(銅鐸ですけど(^^)d)がザックザックと出てきたものだから、本当にびっくりすると共に、日本の古代史がひっくり返えってしまいそうに成っています(笑)。(正にザックザック!ここ掘れワンワンですね〜笑)「市郎右衛門」の日本歴史ブログをお楽しみ [続きを読む]
  • 『出雲神話は事実だったなこりゃ!』「荒神谷遺跡」
  • 今日は「倭国大乱」の痕跡か?驚きの発見が続々と発見されている山陰の中で、『荒神谷遺跡』をご紹介しましょう。私、小学校の卒業文集に「歴史学者に成りたい!」と書いたんです。実家の地区内に「楯縫古墳群」があって古墳探検したり、その先の葡萄畑では土師器の欠片や矢じりがいっぱい拾えました。子供には楽しかったんですよ〜(o^-')b(今の子供達はそんな楽しい遊びしてるかな?)。 !中学生に成って、但馬国分寺の調査が本 [続きを読む]
  • 凄いぞ!神原神社古墳「景初三年銘三角縁神獣鏡」
  • 今日ご紹介するのは島根県雲南市の「神原神社古墳」です。出雲に帰って来ました。所在地:島根県雲南市加茂町大字神原。墳形: 一辺が約30mの方墳(大きくはないね!)。狭長(5.8m)の竪穴式石室を持っています。築造時期: 4世紀中頃(西暦350頃!)出土品:「景初三年」銘の三角縁神獣鏡(国の重要文化財)、鉄製武器や農耕具等。赤川左岸に隣接する微高地に築かれた一辺30〜35mの方墳です。現在は赤川改修により50m南方の地点に [続きを読む]