市郎右衛門 さん プロフィール

  •  
市郎右衛門さん: 「高天原の縁側日記」
ハンドル名市郎右衛門 さん
ブログタイトル「高天原の縁側日記」
ブログURLhttp://ichirouemon19th.jp/
サイト紹介文歴史大好き「市郎右衛門」こだわりの日本史・寺社仏閣・遺跡・城や登山・陶芸ブログをお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/12/19 08:23

市郎右衛門 さんのブログ記事

  • 今日六月二十七日は「小泉八雲」と「?」の誕生日です。
  • 今日六月二十七日は作家・日本研究家、小泉八雲(1850-1904)誕生日なのです。其処で、出雲大好きな私が同じく出雲が大好きだった小泉八雲を御紹介いましたす。(実は娘の誕生日なのですが少し照れてまして、笑)「日本人の愛情は言葉としては発されない。口調に現れることすら稀である。それは緻密な親切と思いやりの行為という形で主に現れる。」――『東の国より/心』(1895)其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログ「おめでとう [続きを読む]
  • 「こいこい」恋しい青空 『教王護国寺の柳と蛙のお話』
  • 皆さん梅雨ですね〜!流石に雨の日は古墳も一休みしてカウチポテトを楽しみましょうか(笑)。雨が気にならない方なら、この時期は紫陽花や苔の綺麗な寺院などに出かけると良いのでしょうが。私、実は出不精なんです(どれだけ出かけとんねん!と怒られるかもしれませんが(;^_^A)。今日はブログを書き続ける自分への自戒も込めてこちらのお話をご紹介します。皆さんもこちらの絵はご存知ですよね(そう「こいこい・花札」の蛙に小 [続きを読む]
  • 次の古墳は?まとめ二つご覧下さい 『纒向矢塚古墳』 『東田大塚古墳』だ〜!
  • 「一気に箸墓まで突っ走るか〜?」と思いながらも、「少し柔らかい話題も入れた方が良いかな?」などとも考えつつ、やはり「古墳をご紹介する」(;^_^Aに落ち着きました。林ばかりの写真だと、飽きられるかも知れません(笑)!(小学校の校舎から石棺が見える事間違いなしです。)次回は御期待してください(^人^)それでは「古墳でGO!」今回御紹介致しますのは(お分かりでしょうが)。『纒向矢塚古墳』と『東田大塚古墳』です。前回、前 [続きを読む]
  • 古さでも有名ですが、「卑弥呼の父親かも?」『纒向勝山古墳』
  • 前回の続きで、本日御紹介しますのは纒向墳群の古墳の一つ『纒向勝山古墳(まきむくかつやまこふん)』です。奈良県桜井市の、纒向古墳群に属する古墳の一つです。纏向石塚古墳と同じ様に、最も古いと言われる前方後円墳の一つです。(纒向小学校の校舎から纒向勝山古墳が見えるのですから)先日発見されて大きな話題に成っている『纒向遺跡』もすぐ近くに在りますし、纒向は日本最初の都所在地かも知れません。其では、『市郎右衛門 [続きを読む]
  • 日本最古の「前方後円墳」はこれだ〜!纒向古墳群 『纒向石塚古墳』
  • そろそろ皆さんが?古墳も見たいな〜と思って下さるのではないかと思い(笑)、今日御紹介しますのは、『纒向石塚古墳(まきむくいしづかこふん)』です。奈良県桜井市にある、纒向古墳群に属する古墳です。纏向遺跡内では最古の古墳の可能性があります。つまり日本一古い前方後円墳かもしれませんね。(何処に行こうか迷いますよね〜全部行きますけどね。笑)纒向遺跡が発見されたことも相まって、前方後円墳成立期の古墳として注 [続きを読む]
  • 千年前?の日本最古古民家「箱木千年屋」
  • 土曜日にFacebookを乗っ取られ大変な事態に成った市郎右衛門です。皆様にもご迷惑をお掛けして本当に申し訳有りませんでした。やり方が巧妙で、非常に手がこんでいますので、皆様もお気をつけ下さいm(__)m本日御紹介致しますのは、日本最古の民家 「箱木家住宅」です。(箱木千年家、日本で一番古い民家といわれています。)箱木家住宅(はこぎけじゅうたく)は、兵庫県神戸市北区山田町衝原(つくはら)にある歴史的建造物です。 [続きを読む]
  • 「戦いに生き・信仰に死す」殉教者『高山右近』福者に認定②!
  • 今回は「戦いに生き・信仰に死す」と題して「高山右近」を御紹介します。今日は、前回とは逆に「戦国武将」としての高山右近を取り上げます。(「太平記英雄伝」より戦国時代には用いない大鎧に薙刀で床机に座る右近!)前回とは全く逆の、凛々しい?錦絵から御紹介です。やはり戦国武将なんですよね〜(^^;余りのイメージの違いに驚かれたかもしれませんf(^_^;其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいねm(__)m。 [続きを読む]
  • 「戦いに生き・信仰に死す」殉教者『高山右近』福者に認定①!
  • 今回は「戦いに生き・信仰に死す」と題して「(戦国武将)高山右近」を御紹介します。今日は殉教者としての高山右近を取り上げます。2017年2月7日(火)、大阪城ホール(最大16,000人収容)で、ある人物をたたえるためのカトリック教会の世界的式典が有りました。そのある人物とは、400年前の戦国大名「高山右近」です。キリシタン大名・高山右近が、キリスト教カトリックの「福者(ふくしゃ)」に認められたことを宣言する「列福 [続きを読む]
  • 初めて見た!「前方後方墳」『下山池古墳』の隠された意味を探る!
  • 文字色今日は私が初めて見た「前方後方墳」山辺の道に有る『下池山古墳(しもいけやまこふん)』を御紹介します。奈良県天理市成願寺町に所在する墳丘全長約120メートルの前方後方墳です。大和古墳群に属す古墳時代前期前半の古墳で先日ちらっと紹介した、「西殿塚古墳(にしとのづかこふん)」宮内庁により「衾田陵(ふすまだのみささぎ)」として第26代継体天皇皇后の手白香皇女陵(一説には卑弥呼の後継者「壱与」の墓とも言われ [続きを読む]
  • イメージを凌駕した飛鳥『石舞台古墳』の凄さ!
  • 「山辺の道」を少し離れて、古墳は古墳ですが、少し(300年程)新しい古墳を御紹介致します。飛鳥に有る『石舞台古墳』です(教科書にも必ず出てますよね〜今もかな?色々変わってますからね)。(何をかいわんや!とにかく凄い。インパクトならこれですね。)石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳です。勿論!国の特別史跡に指定されています。其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみ [続きを読む]
  • 大き過ぎるが故に小ネタに成ってしまいそう「崇神天皇陵墓」
  • 周囲を小高い山に囲まれた奈良盆地、古代東に連なる美しい青垣の山裾を縫うように、三輪山の麓から石上布留を通り、奈良へと通じる道がありました。「日本書紀」にその名が残る、「山の辺の道」です。山の辺の道沿いには、今も「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が残り、数多くの史跡に出遭え、訪れる人を「古代ロマンの世界」へと誘います。(こちらが宮内庁が比定する、崇神天皇陵です。)今日は、山の辺の道途中に在る10代天皇 [続きを読む]
  • 「天日槍」の玄孫『田道間守』の墓に冷や汗が止まらない!
  • 私(市郎右衛門)の前回ブログですが、大きな勘違いをしておりました〜m(__)m。歴史好きの皆様は前回UPの時に直ぐに気付かれたと思いますが、垂仁天皇陵墓と崇神天皇陵墓を勘違いしておりました。まことにお恥ずかしいですが、勉強不足とお許し下さい。冷や汗の究明を少しさせていただきたいと思います(^人^)。以前に実家の兵庫県豊岡市に有る、「お菓子の神様」『田道間守の中島神社』をブログで御紹介しました。(田道間守命wikiよ [続きを読む]
  • 「天日槍」の玄孫『田道間守』の墓に涙が止まらない!
  • 「お詫び5月24日」今回のブログの内容ですが、私(市郎右衛門)大きな勘違いをしておりました〜m(__)m。歴史好きの片方はもうお分かりだと思いますが、垂仁天皇陵墓と崇神天皇陵墓を勘違いしております。まことにお恥ずかしいかぎりですが、何分歴史素人の歴史好きゆえの勘違い、どうかお許し下さい(^人^)。お詫びの後の本文です。間違いは素直に認めさせていただきまして訂正いたしました。長い間のお休み失礼しました。実は、「言 [続きを読む]
  • 神様以外に誰が投げ入れられる?「三徳山三仏寺」『投げ入れ堂』
  • 鳥取県の三徳山「投入堂」が昨年の鳥取中部地震の影響を受けて、登る事が出来ず見る事が出来なかったようなのですが、安全が確保されて、開山式が平成29年4月18日(火)10時からと決定しました。開山法要及び、慶雲入峰修行後、一般の方も入山可能となりましたので、皆様にも是非とも御紹介したいと思い、今日は国宝三徳山三仏寺「投入堂」をご覧頂きます。(国宝!「投入堂」役行者が投げ入れた伝説があります。)其では、 [続きを読む]
  • 「人間国宝」『桂米朝』も愛した「時うどん?」の味を楽しんでみる。
  • 私、歴史好きということで、実は古いものなら何でも好き(ほんまかいな?)なんです。時には、能や狂言等も見に行ったりもする市郎右衛門なのですが、単身赴任中(五年程前に鳥取県米子市に2年間)の帰宅途中に高速神戸で本当に眠く成るので、何か良い策はないかと聞き始めたのが「落語」でした。とても面白かったので直ぐにはまりこんだのですが、やはり「人間国宝」桂米朝さんの落語は何度聞いても面白かったですね〜!お亡くなりに [続きを読む]
  • 阪急沿線七福神を巡る旅「満願」!第七弾「毘沙門天」を奉る『東光院』
  • さて今回の七福神巡りも今日で満願と成りました。長々とお付き合いありがとうございました(^人^)。皆様に少しでも御利益がございます様にお祈り申し上げます。(最初の写真はインパクト!かわいらしい水かけ地蔵様、水をかけながら写真に写したのですが、ひしゃくが入らなかった。)阪急沿線西国七福神の最後を飾りますのは、「毘沙門天」を奉る、「萩の寺」こと、『東光院』です。西国七福神は阪急宝塚線沿いに、それぞれ由緒ある [続きを読む]
  • 阪急沿線七福神を巡る旅!第六弾「福禄寿」を奉る『圓満寺』
  • さぁ〜そろそろ、西国七福神巡りも満願へ近づいてまいりました。阪急沿線と銘を打って、阪急電車で巡るからには(私は車で回りましたがf(^_^;)、何か良い事が有るのでは?とお思いの皆さんも居られるでしょう。そうなんです。実はこんな可愛い七福神の船と神様人形がもらえます(大人仕様?は金杯がもらえるバージョンも有るようです。)。(宝船ならぬ、宝阪急急行梅田行に乗り合わせた宝電車に可愛い七福神が勢ぞろいします。御朱印 [続きを読む]
  • 阪急沿線七福神を巡る旅!第五弾「弁財天」を奉る『瀧安寺』
  • 祝10000アクセス〜(#^.^#)皆様方のおかげで一年半で1万アクセスに到達致しました♪始めのうちはアクセスが自分だけ、なんて日が一ケ月は続いたでしょうか(笑)?今も決して多いPVポイントでは有りませんが、Bloggerのお友達も出来てオフ会を開催したりして楽しんでいます。これもひとえに、応援して下さった皆様のお陰です。此れからも、より良い記事を追及しながら、頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願い致します(^人^) [続きを読む]
  • 阪急沿線七福神を巡る旅!第三弾「恵比寿」を祀る『呉服神社』
  • ゴールデンウィーク始まりましたよね〜、私はお仕事でした(ToT)皆さんは、楽しいゴールデンウィークお過ごしですか〜?私、明日もお仕事です〜〜〜涙。さて今日の西国阪急沿線七福神巡りは「恵比寿」を祀る『呉服神社(くれはじんじゃ)』を御紹介します。(阪急池田駅高架裏参道の始まり?立派な鳥居が有りました。)其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいね。  ??絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを [続きを読む]
  • 阪急沿線七福神を巡る旅!第二弾「寿老人」を奉る『中山寺』
  • ご紹介するのは『中山寺』です。中山寺は、兵庫県宝塚市にある真言宗中山寺派の大本山寺院です。西国三十三観音霊場として、一度御紹介しましたので、今回は阪急沿線七福神巡りの「寿老人」を奉る寺として御紹介させて頂きます。(吽像の仁王様、草履を供えるみたいですね。インパクト考えてこの写真にしました〜(;^_^A)その前にと、前回も御紹介致しましたが、新しくお友達に成って頂いた、Bloggerの「ちょび(しみゆう)」さん [続きを読む]