ありす さん プロフィール

  •  
ありすさん: 〜私とピアノのキセキ〜
ハンドル名ありす さん
ブログタイトル〜私とピアノのキセキ〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/piano-no-kiseki/
サイト紹介文楽器経験ゼロの私が40代で突如ピアノを始めた〜アラフィフのピアノの軌跡〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/12/20 07:58

ありす さんのブログ記事

  • 出なかった発表会
  • 今日は、発表会がありました旅行の日程と重なったとき出なかったことはありますが、発表会当日に他の予定がないのに出演しなかったのは初めてです 理由は、「出来ていない」からです。11月に人前で演奏する機会があるのですが、その前段階として9月の発表会にギリ間に合うかなって思ったけど甘かった先生は、「出来るところだけ、弾けば〜」とおっしゃったけど、なんだかそれじゃ、聴いている方にとても失礼だと思ったんですよ [続きを読む]
  • 昨日までの自分を超えて行け
  • 昨日はレッスンでした。これまで少しずつ出来てきていたところが、前に戻ってまたできなくなってしまっていて、先生をあきれさせてしまいましたなんだかスランプに陥っています。できる日とできない日があるっていうのは、どういうことなんだろう練習していても急に出来ていたところが音を外したりするんですよ。外しはじめると何回弾いても外しまくります毒舌先生は、「ここまではいいけど、ここへくると、下手くそがばれるからな [続きを読む]
  • 練習量は嘘をつかない
  • 発表会や人前演奏をするときは、特に身に染みてこの言葉が頭の中を駆け巡ります「練習量は嘘をつかない」この言葉を、いつも自分に言い聞かせているのかもしれないです。成功したときばかりではなく、失敗したときもこの言葉を痛感します。練習していて、ちょっとでも不安が残っている箇所は、人前で弾いたとき、私は必ず失敗します。発表会ばかりでなく、先生の前で弾くときでさえ、不安箇所はそのまま失敗します。よく、「家では [続きを読む]
  • 先生との相性
  • もう学校も夏休みですね1年が早過ぎます。11月の発表会もあっという間に来るんだろうなあ。 最近は、仕事の予定がバラバラなので、決まった日時にレッスンに通うことをを諦めました。 ワンレッスン制をとっている教室に行ける時にレッスンしてもらうようにしています。一人の先生だと時間が合わないとかなり日にちが空いてしまうので、体験レッスンで伺った2,3の教室で、それぞれの先生に1〜2か月に1回くらいずつレッスン [続きを読む]
  • 子供の時から習っておけば良かったなと思う時
  • 音楽だけではなく、スポーツなども人生のはじめの頃から習うに越したことはないと思います でも、「子供の時から習っておけば、この曲やあの曲も今頃弾いていたのかな」という話ではありません。そんな事言ったらいろいろありすぎてきりがないです ピアノを弾いているとき、「あ〜子供の時から習ってたら違うのかな」と一番感じる瞬間は、速い曲を練習している時です。 テンポがゆっくりな曲の時は、そう思うことはないですが、速 [続きを読む]
  • 実はショパンが嫌いな先生
  • 良い季節になりましたね(^^♪暖房も冷房も使わないこの時期は大好きです。 なかなかブログの更新はできませんが、ピアノは続けています。でも、ピアノの教室を移る計画のほうは・・・まだ終わっていません。 2つ教室を探しています。1つは、コードを使ってアレンジまで教えてもらえるところを探していました。わたしレベルなので、そんなに難しいアレンジはできないし求められても困るから、本格的でなくていいんです。 だけどい [続きを読む]
  • 発表会終了♪
  • 発表会で自分が弾く時間なんて本当にあっという間なんですよねでも、毎回「何で出たのかな?」とか「心臓に悪いよな」とか絶対に思うんですよね さすがに前日は、この前のブログのように新曲に手を出すこともなく発表会で弾く曲以外は弾かないと決めて臨みましたよ 発表会当日に心がけたことは、「音を楽しもう」っていうこと。「素人なんだから楽しめたら十分でしょう」と待っている間、自分に言い聞かせていました。 まあ、練習 [続きを読む]
  • 発表会前だというのに
  • 1か月ぶりの更新になってしまいました でも、この1か月、ピアノは特別何の進展もないんです 来週には発表会なのに、練習のとき、最初に弾くのは新曲だったりします。逃げているのかな?自分でもよくわかりません。 本番の1か月以上前にだいたい出来上がってると、それから発表会までのモチベーションを保つことがすごく苦手です。でも、こういうふうな(甘く見ている?)状態の時って、本番で上手くいくことがないんですよね。私 [続きを読む]
  • 大人の発表会
  • すっかり月、1、2回の更新が今のライフスタイルにぴったりとなっております ピアノの熱が冷めたわけではなく、単にブログを書いたり読んだりする時間を別なことに充ててしまっています 今後ピアノで何をしたいのか、目標とするものは・・・といろいろ考えるうちに3月の発表会の後、今の教室を辞めることにしました。 独学は考えていないので、自分がしたいことができる教室を検索して、何件か問い合わせをしました。そのうちの1 [続きを読む]
  • レッスンは、だいたいいつも撃沈凹
  • レッスンがありました発表会で何を弾くかの相談もしました 「ショパンのノクターンop9-1は、中間部が繰り返されるけど、この部分は、聴く人を飽きさせずに聴かせるって難しいよ」とのこと。ー おっしゃる通り 「悲愴2楽章の方が聴かせどころもあっていいと思うけど」ー ですか・・・ねということで、あっさり悲愴2楽章に。この曲にするならもうちょっと練習しないとな〜 そして、連弾も弾くことになりました連弾の方は、自分で [続きを読む]
  • 2017年のピアノとその他もろもろ
  • 自分の中では2017年に弾きたい曲の目標があるけど、1年の間では、結構もろもろの事情により選曲が変わってしまうことが多いので、詳細にブログに書かないことにしました2016年で学びました。でも2016年の目標の7,8割はクリアしましたよ これから練習する予定の曲は、ブログに書いた方が、「書いた手前やらなきゃな・・・」的なことから書いた方が自分の戒めになるなと感じるときは、そうするようにします ここ最近 [続きを読む]
  • 最近のピアノの進捗
  • 今年のレッスンは、終わっています。 ベートーヴェンの悲愴2楽章を先日のレッスンでみていただきました先生−「あとは、微調整ですね」 ということですが、まだ2回しかレッスンで弾いていないので、もう少し完成度を上げなきゃと思っていて来月もみていただくことにしました「悲愴の1とか3楽章は弾かないの?」と聞かれたのですが、「まあ、そのうち・・・」で話は終わっています 悲愴2楽章は、なんとなく、ショパンの「雨だ [続きを読む]
  • ランランとレ・フレール
  • ランランのソロリサイタルとレ・フレールのクリスマスコンサートに行って来ました ランランは、熱狂的なファンがいるんですよね。たくさんプレゼントももらっていました。サイン会も長蛇の列。クラシックのソロリサイタルのサイン会であんなに並んでいるのは見たことない 見せるPianoっていうか、派手なイメージがありますが、私は、彼が抒情詩的な曲を弾いたときの方が惹きこまれます。 チャイコフスキー 「四季」op.37bシ [続きを読む]
  • ハーレムのゴスペル事情
  • 1か月ぶりの更新になりました 3週間くらいピアノを触ってなかったのですが、暗譜が危うくなった以外は何も変化がない気が・・ 先生「変わってないなんてそんなことないでしょう。弾きずらくなったとか?」私「いえ、別に」先生「・・・」まあ、もともとたいした技術がないので(笑)自分では気づかないだけかも さて、最近NYのハーレムでゴスペルを聴く機会がありましたいや〜一番驚いたのは、NYの治安が劇的 [続きを読む]
  • 次の曲を決めました♪
  • 次回の発表会が来年の3月にあるので、その選曲をしていました何にしようかな〜って考えながら、ベートーヴェンの17番終楽章の譜読みをしていました。4ページまで、暗譜できたのですが(いやいや、暗譜って言ったってとても「弾ける」とは言えないレベル。おこがましいわ。まだ超~スローでしか弾けない)。しかもまだ1/3・・ページ数だけでも12ページもある3月の発表会より後に予定している連弾の相手には、私が.「発表会の曲 [続きを読む]
  • 趣味のピアノの行方
  • 趣味でピアノを弾くと言っても、テクニックとかやる気度とかかなり個人差がありますよね再開組の方々は、やっぱり好きで再開しただけあって、昔より難しい曲に挑戦したりする人が多いですが、私の周りの大人からピアノを始めた人は、「弾きたい曲が数曲弾ければもういいや」とか「楽しくなくなったらやめちゃう」っていう人が多いですもちろん、みなさんのブログを見るとわかるように週に何時間も練習している方もいます「大人と子 [続きを読む]
  • ゴールドベルク変奏曲 アリア
  • バッハは、綺麗な曲が多いですが、弾くと難しいなっ〜ていつも思います以前、先生が、「日本語で言えば古文のようなものよ。言葉の成り立ちがわかるのと一緒。バッハを弾くことで音楽の変遷がわかるのよ」って説明してくれました。よく弾く曲にゴールドベルク変奏曲のアリアがあります。大好きな曲です。アリアだけなら短いので、練習している曲の合間とかに弾いています。ゴールドベルク変奏曲っていうと、グールドがすぐ頭に浮か [続きを読む]
  • 発表会&次の選曲
  • 発表会は年に2回くらいあるので、トータルするともう10回くらい発表会に出ています発表会は、ピアノサークルの人前演奏と違って、一発勝負という気で臨むから、集中の仕方も自分なりに違う気がしますでも、何回も出るうちに慣れも出てきます。同じ会場だったりすると、「去年、このピアノでちょっと失敗したんだよな」とか「このピアノのときは、いつも上手くいく」とか思ったり。極力、過去の出来事を考えないようにはしていこ [続きを読む]
  • 月夜の晩には・・「月の光」♪
  • ドビュッシー曲の演奏で知られるピアニスト、ロバート・シュミッツは、「月の光」は、公園のベンチ式の風景があってはならない」と表現したそうです。〈ピアノ名曲解説50 植田彰著より〉著者によると「単に、安っぽいロマンティックな月ではなく、もっと崇高な自然美への賛美を感じとらなければならない。」ということだと解説しています。弾き方次第ですぐ俗悪になってしまうとも・・・精巧なガラス細工のような作品だとありま [続きを読む]
  • イメージトレーニング♪
  • 発表会が近いから、自分なりの発表会に向けたイメージトレーニングをしています例えば、①1日のうち、ピアノの前に初めて座るとき、いきなり発表会で弾く曲を弾いてみる発表会の日は、発表会で実際に弾くピアノでリハーサルができるわけでもないし、いきなり初めて触って弾くことが多くって、指の練習などする時間がないためこれは、以前、先生に、発表会が近くなったら、こうするようにと言われてからずっとしている事です②通し [続きを読む]
  • リハーサルと先生方の講評
  • リハーサルに行ってきました普通のリハーサル?というのは、「本番前に人前で弾いておこう」とかっていう主旨でするものだと思うのですが、なんと、現役音大の先生方が聞いて講評をくださるという、なんともびっくりな企画でした。聞いてないし〜全員で5名の先生方からありがたい講評をいただきましたよ。トホホ「リハーサルは弾かなきゃだめ」と言っていた(前回記事)わけがわかりましたここまできて、弾かないわけにはいかず、 [続きを読む]
  • リハーサルがあるけど・・
  • 今週、発表会のリハーサルがあります今回ばかりは、出たくないんですよ。レッスン不足のうえ練習不足で、まだ直さなきゃならないところたくさんあるんですよね発表会までにはなんとかなると思うのですが(根拠はないけど笑)・・リハーサルには、自信を持って「間に合わない」って言えます発表会まで、1ヶ月切っているのに、今の段階で仕上がっていないなら弾くなって話しですよね。リハーサルは出ませんって宣言したのに、先生は [続きを読む]
  • レッスンでした♪
  • レッスンに行ってきました。8月の前半は仕事の都合で行けず、中旬はお盆休み、下旬は台風でレッスンがありませんでしたようやく待っていたレッスンに行けば行ったで、そこまで言うか?っていうダメ出しの嵐あまりにも止められるので先に進まない。結局最後まで弾けなかったわ。「重箱の隅を突っつくようで、悪いんだけど・・」と前置きの後は・・・レガートに聴こえない。ペダルで誤魔化してると言われかねないとか、そこは右手だ [続きを読む]
  • 待ち遠しいレッスン
  • もう8月も後半で、発表会まであと1ヵ月とちょっとですなのに、今月はお盆休みとかあったりしてレッスンに行ってませんでした。ようやく昨日レッスンの予定で張り切っていたのですが、なんと台風直撃でお休みになってしまいました参ったな…やっぱり先生にみていただかないと不安です自分だけでいいと思っていても、だいたいいつも音が違っていたり、リズムがおかしいところがあったりして、必ず何らかの指摘を受けます。でも、そ [続きを読む]
  • 調律とか選曲のこととか・・・
  • 束の間のお盆休みですでもいろいろ用事もあったりして。実家は近いから帰省するわけでもないのですが、なんとか暇なしですお休みなので、今日は雑談モードでいきますこの間に、ピアノの調律をお願いしました。前回お願いした方が、身体の調子が悪いということなので、別な方にお願いしました。調律師さんによって、全然違うっていうから、試しにどんなものかという気持ちもありましたこれが全然違いましたはっきりした音が出るよう [続きを読む]