mot-hapi さん プロフィール

  •  
mot-hapiさん: シングルマザーtomeの日記
ハンドル名mot-hapi さん
ブログタイトルシングルマザーtomeの日記
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/mot-hapi/
サイト紹介文子供達との毎日を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/12/21 12:58

mot-hapi さんのブログ記事

  • 無料動物園
  • 落ち込みがちの気分を払拭するために、弟くんと2人で動物園へ行ってきました楽しかった〜〜。いよいよニイちゃんの野球もシーズンになります。するとなかなか、弟くんとはお出かけ出来ないからなぁ…今日は激混みの駐車場にたまたまスッとはいれたり?ツイテルお出かけでした? [続きを読む]
  • 認知症とゴミ屋敷
  • 日曜日は実家にお米をもらいに行きました。するとちょうど妹君が、ばあちゃんの見舞いに病院へ行くとのこと。一緒に行こうと言うので、(渋々)ついて行くことに。弟くんは、母(私の母、つまり祖母)とお留守番でした。見舞いに来た私を目に、「しばらくだこと。全然顔見せないもんね。」と、早速の嫌味。私の乏しい語彙力では、表現できないくらい嫌〜〜な感じで言葉を発するのです。もともとそういう素質はあったけれど、悪化する一 [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • まだ、デブです。苦笑なんなら、過去最高体重更新中です。苦笑。あ、でもやっと雪がとけはじめ、アスファルトが顔をだしたので、縄跳びしました!つくりました。4月からリュックサック登園の弟くんにあとこれ。お菓子でたこ焼き作りました。むかーし、”ねるねるねーるね”て、ありましたよね?それの進化版。的な。そんな日曜でした [続きを読む]
  • 恐れていたこと
  • 先週、1人ぼっちで暮らしていたばあちゃんがついに、病院に入院してしまいました。お友達の家から帰る途中で転んでしまったらしいです。近所の人に助けられ帰宅したものの、その後はほんの少しも動くことが出来なくなり、トイレにも行けずに…身体も冷え切った状態で発見されたとのこと。幸い今は口も達者で得意の憎まれ口を叩いては、周りに不快を与えておりますが…苦笑老人の骨折→手術は、それなりのリスクがともないます。89 [続きを読む]
  • 友達
  • 今日はほぼ一年ぶり?で中学校の頃からの友人に会いましたワタクシ…休みだからって、なかなか会いたいと思える友人がいません。なんとなく億劫なんです。ナマケモノだからかなぁ。そんな私にも会いたいと思える友人が2人だけおります。少ないでしょう1人は旦那さんと、もはやアメリカ暮らしです。会いたいと思える友人なのに…さみしいです。。。で、もう1人は今日会った友達。地元で同級生と結婚して、幸せ〜〜?に暮らしており [続きを読む]
  • 8 私の人生最大のトラウマ
  • 01 離脱 私はファミレスでバイトをしながら、自動車学校に通っていた。その送り迎えや、彼の暴力から逃れる為の片棒を担いでくれた後輩の一人が、後に2番目の夫となるのだが…。それはまた、だいぶ先の話。当時の事を思い出すことが辛すぎて一度も向き合うことをしなかった私は、細々としたことはもとより、あの日の季節さえもはっきりと思い出せない。ぼんやりと、雪があったような気がするけれど。 その日も自動車学校 [続きを読む]
  • ダイエットの経過と…
  • ステッパー、頑張ってます。頑張っているのに体重:55.6kg体脂肪率:30.1%なんっでやねーん食べてるからです。はいそれからそれから最近冷えと疲労感が酷くて、漢方飲んでます。なかなか調子良いですこの頃の気うつの原因のひとつは、昔を掘り起こしていることにもあります。文字にするためにはあらためて赤裸々に思い起こさなくてはならないわけで…。やめたくもなりますが、昔読み漁った自己啓発本に書いてありました。自分のダメ [続きを読む]
  • 7 高校生時代
  • 01 進路 私はほんの少しでも母親の世界から解放されたくて、地元の普通科に進学しろと言う母親の反対を押切り、隣町の女子高に進学した。これに関しても失敗だったな。と、何度も悔やんだことがある。しかし今となっては、どこの高校に進学しようと、母親との関係が其の頃の有様では、どのみち辿り着く場所は同じだっただろうと思っている。 卒業式も高校の合格発表も終わった頃、私は当時付き合っていた男の子に振られ [続きを読む]
  • お酒の話
  • ほろ酔いで二日酔いにはならない程度の酒量。ワイン一本が丁度なんです。わたし。ちょっと多いですよね。しかし年々飲めなくなってきてます。酔いやすいし、残りやすい。油断すると、晩酌で二日酔いになります…。でも年末に体調を崩してから、ワインは飲んでいませんでした〜〜で昨日久しぶりにいただき物の白ワインを開けましたフルーティテイストの割に、甘さ控え目でなかなか飲みやすかったですただねぇ…普段からワインは千円 [続きを読む]
  • 招かざる客
  • つい先日雪道で救助され、心あたたまる出来事があったのに…今日は会社に所在地の自治会長がお見えになりました。お話の内容はというと、除雪に関する苦情です。我が社はとなりの敷地と繋がっており、隣は建設業関係の会社が建っています。隣の敷地は大きな重機が入り除雪をしてるのですが、たまに我が社の駐車場も除雪してくれたりします先日も颯爽と現れた重機が、サーっと除雪してくれましたありがたい話です。双方への会社への [続きを読む]
  • 6 中学生時代
  • 03 歪んでいく 引っ越しの後、母親は早々に男性と付き合いはじめた。職業柄、夜勤があるのをよいことに、自由にしていた。父親が死んでから一年足らずだというのに。その相手がいつも妻子持ちであることも、不快だった。それを察していたのだろう、母親の交際相手も妹とは仲良くしていたが、いつも私を見かけるときは一瞬顔が雲った。 引っ越した先で私は、休日に遊びに行くにも母親に嫌味を言われ、自宅に友人を招く事 [続きを読む]
  • どうしたらよかった?
  • 連日振り続ける雪。雪、雪、雪。まいってます朝晩の雪かきが私の貴重な体力と時間を奪います。昨日は弟くんを保育園にお迎えに行った後、自宅を目前に、車の頭半分田んぼに落ちるという。。。情けない。運転能力も落ちてきているなぁ。と、ひしひしと感じましたね。同じアパートに住む若者や、近所の通りすがりのかたなど、10人くらいで持ち上げていただき、1時間余りの格闘の果て、なんとか脱出しました。夕方の貴重なお時間を本 [続きを読む]
  • 念願叶う
  • 今朝は一発目からテンション下がりまくり。どーやって車の雪降ろすんじゃいで昼休みにホームセンターに走りゲット気怠ーい、月曜日。なんだかクタクタなので、ご褒美にゲットしちゃいましたずーっと目をつけていました!電気屋で9150円でゲットじつは発売当初の物を昔、使っておりましたが…メンテナンスなどしておらず、使いすぎて、なんか粉が出てくるようになりまして…笑お別れしたんですよねぇ。私のお気に入りブログの方が、 [続きを読む]
  • うーん…
  • 今日は妹ギミが、弟くんの好きなアーロと少年のDVDを借りて、マック持参で遊びに来てくれました他にもペットてゆーDVDもどちらも楽しく、マターリ過ごしましたで、風呂上がり。私は久々びーるチラッとみたらさ。。。なんで!?なんでそーなる周りの同い年の子に比べて、いろーんなことが出来ない弟くん…うーん…ま、のーんびりいきましょ。。。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 待ってましたぁ
  • 待ちに待った、ダイニングテーブルが届きましたあれなんかさ、足へんじゃね自分で直しました〜〜からの〜〜夕飯は、焼肉〜〜?んで、帰宅後の一杯〜〜ニイちゃんと弟くんと三人の外食だと、基本ノンアルコールになっちゃいます。田舎は、車の運転必須ですから。タクシーだと近すぎるしでも充実の土曜日でしたにほんブログ村 [続きを読む]
  • 5 中学生時代
  • 02 苦い思い出たち転校をする前に、クラスメイトがお別れ会を開いてくれた。そこで、それぞれがメッセージを吹きこんだテープをもらった。転校先でも頑張ってね。などのありきたりなメッセージの中に、「意地悪して仲間はずれにしたり、みんなで無視したりしてゴメンね。」というコメントを残した子がいた。おかげ様でそのテープを聞くことは二度となかった。自分への戒めの為にも保管しておくべきだったかも知れない。私たちが越 [続きを読む]
  • 久々ダイエットの経過
  • なんと体重:54.5kg体脂肪率:30.754キロ代をなんとかキープ心当たりは…寝込んでいる間、飲酒量が減ったこと。正月明けてからというもの、体調がすぐれず…。でも徐々に増えつつありますお菓子がおいしいのよ〜〜いやんなっちゃうにほんブログ村 [続きを読む]
  • 寝込んでました〜
  • 今日は病院にガン検診の検査結果を聞きに来ております。月曜日に出勤したものの体調が悪く、微熱もありましたので、会社を早退させてもらい、耳鼻科を受診すると…。年末年始に高熱が上がった際に、既に”アデノウィルス”に感染していたのではないか。とのことでした〜〜年明けには熱も下がり、喉の痛みもなかったので、その時は内科を受診したのですが、「なぜその時にちゃんと検査しなかったの?」と聞かれました。苦笑なかなか [続きを読む]
  • 4 中学生時代
  • 01 中学校入学〜転校 クラスメイトは捻くれた性格の私を、鬱陶しく思っていたのだろう。暫くしてから、疎外感を感じるようになった。こんな事があった。帰りのホームルームの後、クラスの中心的なグループの女の子の1人が、「さぁ、早く帰らなきゃ〜〜。うちにはお父さんが待っているから〜〜。」わざわざ私に向かって来て、そう言った。一味の嘲笑は今も忘れない。その頃母親から相談があった。「父親もこんな事になってしま [続きを読む]
  • 3 小学生時代
  • 02 父を亡くす 習い事に嫌気がさしていた私は、勇気を出して母に、ピアノもそろばんも辞めたい旨を伝えた。すると意外な程あっさりと応じてもらえた。 費用も浮くし、母親としては万々歳だったのかもしれないのだが、当時の私は自分の思いが受け入れてもらえたことに一番ホッとしたのだ。友達と遊べる時間も出来た。そんな友達との関わりの中で、徐々に自分の母親の私に対する態度が、友人達のそれとは違うことを確信し [続きを読む]
  • 騙されません!!
  • さてさて、いつもどーりのblogです風邪をぶり返してしまったワタクシ。微熱が下がらず、ちょっとまいってます。なのに今朝もニイちゃんに怒り心頭昨日は回復の為にも、、、と早めに就寝した私。で、朝目覚めると…。居間のテーブルの上に、それはそれはキレイに並べられた学習道具。「やってないよ、並べただけだよ。」筆記用具たちが私に語りかけました。消しゴムのカスひとつも残さずに、勉強したなんて言わせねーよ自慢じゃない [続きを読む]
  • 2 小学生時代
  • 01 習い事小学校の高学年になっても、私は周りの子にくらべると、我儘で思いやりに欠ける子供だったと思う。仲良しの女の子達が、小さな赤ちゃんを見て「かわいい。」などと言う気持ちは到底理解できなかった。家庭では、父が度々海外に出張に出かけるため、殆ど顔を合わせることはなかったが、たまに家にいると両親はケンカばかりしていた。父がいない間の母親のヒステリーは酷く、その矛先は大半が私に向けられた。あたたかい思 [続きを読む]
  • 1 誕生〜幼少期
  • 01 誕生1979年12月。 わたしは都内某所で、テレビのカメラマンであった父と看護師の母との間に、長女として生まれました。親戚の間にちょうど小さな子供がいない頃に生まれたので、どこにいっても可愛いがってもらったことを覚えております。ところが二年後、そんな幸せな毎日に終止符がうたれました。私の前に、とんでもない敵が現れるのです。そう、それは…我が妹でありますあの恐怖たるや、想像を絶するものでございます。天下 [続きを読む]
  • ーはじめにー
  • 新しいカテゴリーを設置しましたシングルマザーの過去の話で、自らの幼少期も家庭不和だったとか、健全な愛情を得られなかった経験がある、なんて聞いたことはありませんか?実は私もその一人だと思います。自他共に認める、不幸だった過去を振り返り、今一度自分を見つめ直してみたいな…。と思っております呑気に、適当に、自分に甘々な毎日を過ごしておりますワタクシではございますが、それも実はここ数年のことで、以前までは [続きを読む]