相撲史研究者・田中 健 さん プロフィール

  •  
相撲史研究者・田中 健さん: 相撲史に関心・興味のある方どうぞ
ハンドル名相撲史研究者・田中 健 さん
ブログタイトル相撲史に関心・興味のある方どうぞ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/k3tanaka_1948
サイト紹介文江戸勧進相撲以来の相撲史を中心に関聯事項 に対する私見・愚考を発表しています。
自由文 去る十月、訪問者数が延べ30万人を
突破いたしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供710回 / 365日(平均13.6回/週) - 参加 2015/12/21 09:32

相撲史研究者・田中 健 さんのブログ記事

  • 国技“乗っ取り”防止策
  • ※昨日の閲覧…878・訪問…168トータル訪問者数 397,669 M党R代表の「二重国籍」問題に“けり”がついたと思ったら、大横綱白鵬の「帰化」に漸く決着が…。「一代年寄」にむけて前進しそう。 来春の役員改選で、ひょっとしたら理事長が交替して、貴乃花親方(元横綱…)が新理事長に就任する可能性がゼロではないだろう。 白鵬の深層心理としては、貴乃花理事長に「国籍条項」の“特例措置”を認めて慾しい…。そのため「日本国籍 [続きを読む]
  • 「自問自答」前コメント頂戴
  •  どうも、いやはや「思考停止」に陥っていて、前稿記述後ノートPCを閉じた直後、あっそうか━と、仰せのとおりだと気がつく始末で、面目ない話。 ともあれ、当時の大日本相撲協會こそが唯一無二の政府から“公認”されたプロ相撲興行団体であることを内・外に強くアピールし、それを誇示するため。同時に、関西に拠点をおく大ノ里・天竜・山錦らの組織の非正統性を世間に訴える意図が窺える。 でも、彼等は昭和十二年末に“解散 [続きを読む]
  • 昭和8〜14年、番附の“謎”
  • ※昨日の閲覧…747・訪問…149トータル訪問者数 397,501 以前から気づいていたが、詳述するのは初めての話題━。 本ものの「番附」の体裁について考察。中央最上に超太字で「蒙御免」とあり、すぐその下には、「平成〇年…」から「大相撲挙行〔大正以前は「興行」〕仕候」とある。そして、「行司」欄へ…とつづいている。 ところが、全然異なっていた時期があった。昭和八年夏場所番附は、「蒙御免」の直下に「財團法人 大日本 [続きを読む]
  • 全敗が消えた星 その243
  •  昭和三十九年春場所、初日から十日目までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは、自己最高位の前頭筆頭常錦だった。 翌十一日目、元大関若羽黒を破って連敗脱出━幕内全敗が消えている。 当場所、新横綱Tが初日・二日目と連敗━大阪横綱大錦(大…)以来の不名誉な記録となってしまった。 彼の横綱推薦には、彦山・天竜・玉ノ海ら諸氏が「尚早」意見で一致していた。 殊に、彦山説では、“地力”不足で、首投げや小手投げを平幕に [続きを読む]
  • 大関〜幕尻9番、幕下戦なし
  • ※昨日の閲覧…816・訪問…156トータル訪問者数 397,352 幕末、安政五(1858)年春場所幕内取組順の検証。 七日目中入り前東前四〇和田ヶ原─千田川●西前八西前三●不知火─大鳴門〇東前五〃関脇●境 川─響 灘〇〃小結東大関〇雲 龍─平 石●西小結 七日目中入り後西前六〇荒 鹿─白眞弓●東前七〃前五×鷲ヶ濱─陣 幕×東前六東前三×一 力─錦 木×西前四〃前一〇荒 熊─才 槌●〃前二西大関●猪王山─鬼面山〇東前 [続きを読む]
  • 三役陣の出欠情況 その82
  •  文化二(1805)年春場所の三役陣。東大関 平 石 10日間を全休西大関 雷 電  〃  皆勤東関脇 柏 戸  〃   〃西関脇 千田川 八日目まで出場東小結 荒 馬  〃   〃西小結 錦 木  〃   〃 尚、九日目は中入り後“入れ掛け”となっている。 雷電対柏戸の好取組は九日目に…。千穐楽に雷電は、幕下の風流・高齢・人気力士の八十嶋と対戦、多分に「花相撲」的だったことは否定できまい。 当場所七日目 [続きを読む]
  • 無念の…休刊日
  • ※昨日の閲覧…828・訪問…173トータル訪問者数 397,196 今朝、コンビニへ2箇所ばかり廻った。スポーツ紙の一面を瞥見するためだ。ひょっとしたら相撲記事が大きく採りあげられてるかな…と、期待してたら、見事〔?〕に裏切られた。大嫌いな野球のでかい写真ばかり。 今日は新聞休刊日で、明日の相撲記事は「宇良(とったり)日馬富士」の詳細は紙面に載らないのが癪に障るのである。〔相撲智識に乏しい若い記者は、平気で「取 [続きを読む]
  • 宇良、終盤全勝→三賞独占→秋は三役?!
  •  名古屋の圧巻。「異能力士」宇良の初金星。中日は大横綱に“ウラ返し”となったが…。駄目大関Tあたりからの「銀星」は想定していたけれど、今日は想定外の大「金星」だ。日馬富士は決して三流以下の横砂に非ず、あとV2ならば“二桁”の優勝回数で、表面的・数字上では「名横綱」の仲間入り━白鵬が休場せねばチャンスがないかな? 明日の宇良は、日・比ハーフが相手だが、“腰高”の欠陥を衝けば勝機は充分あると思う。 今日 [続きを読む]
  • 中堅10人の半数が……
  • ※昨日の閲覧…774・訪問…150トータル訪問者数 397,023 昭和五十四年名古屋場所における8勝7敗の幕内力士→秋の地位検証。大関 旭 國→論外前二 隆の里→関脇同三 増位山→小結同五 蔵 間→前一同七 荒 勢→前二同八 琴 若→前三同九 三杉磯→ 〃同十 蔵玉錦→前四同十一 豊 山→前五同十三 鳳 凰→前九同十四千代の富士→前十 当場所、惜しくも負越しの7勝…は平幕の3人だけ。 勝越し1点が前頭七 [続きを読む]
  • 大阪幕内荒石は現雲仙…千々石出身
  •  大正初期の『東洋日の出新聞』記事によって大阪相撲の幕内力士、荒石初太郎が現雲仙市千々石(ちぢわ)の出身だと判明した。 即ち、『東洋日の出…』大正二年十一月二日づけに━。御舟潟に荒石は荒が千々石出身とて聲援盛んなりし…  先ず、「千々石」なる地名について。明治二十二年 千々石村昭和三年   千々石町平成十七年  6町と合併して雲仙市… 尚、116年間も他の町村と合併しなかった。 次に、『大相撲人物大事 [続きを読む]
  • 86号の進捗状況
  • ※昨日の閲覧…835・訪問…143トータル訪問者数 396,873 十月上旬完成予定の私家版『相撲史発掘』第86号の進捗状況を報告します。1〜3ページ予定●「明治本場所の幕内記録ア…」を休載。でも、読切り記事は未定。4〜7ページ〇「江戸大相撲熱戦譜」━天保五年冬場所原稿清書完了。8〜10ページ●「大正二年の合併相撲」現在鋭意執筆中。いつも通り3頁の目途つく11ページは未定。折込み〇関脇荒馬の相手地位つき星取表 [続きを読む]
  • 白鵬「鎧袖一触」で宇良「玉砕」?!
  •  昨秋、“貧乏神”で前半まさかの5連敗を喫した宇良。「順風満帆」の彼がスランプに陥ったと思ったものだ。 その後、“増量”もプラスに作用して幕内中堅の実力・地力はついたみたい。 でも、「元関脇」を数人倒していても、「新関脇」には通じなかったところをみると、未だ「小結」の力はないだろう。 明日の白鵬対宇良を占う。宇良が立合い頭を下げすぎたところを、白鵬が思いきって叩いて、宇良は土俵上に四つん這い━なん [続きを読む]
  • 大関雲龍が連敗
  • ※昨日の閲覧…870・訪問…133トータル訪問者数 396,730 安政五(1858)年春場所幕内取組順の検証。 六日目中入り前東前七〇白眞弓─松ヶ枝(幕下)〃前五〇大鳴門─荒 鹿●西前六西小結〇平 石─荒 熊●東前一東小結〇響 灘─才 槌●西前二西大関〇猪王山─一 力●東前三 六日目中入り後東前八●武藏?─綾 浪(幕下)〃前四●和田ヶ原─錦 木〇西前四西関脇●境 川─鬼面山〇東前二東大関●雲 龍─鷲ヶ濱〇西前五 中入り [続きを読む]
  • 全敗が消えた星 その242
  •  昭和三十九年正月場所、初日から九日目までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは再関脇の羽黒花だった。 翌十日目、白星を得て連敗脱出━幕内全敗が消えている。 当場所は、若手力士の活躍が目立った。殊に、入幕2場所めの後大関清國(後伊勢ヶ濱理事)が初日から14連勝。 優勝は、12回めの横綱大鵬で“全勝”だが、大関佐田の山からの不戦勝が含まれており、千穐楽に清國が関脇の大豪に勝って全勝だったら……。 [続きを読む]
  • 強行出場が裏目に…?!
  • ※昨日の閲覧…929・訪問…142トータル訪問者数 396,597 むかしの横綱はよく休んだ。“出場率”が約6割の常陸山は論外としても…。但し、彼の場合、入幕以来引退まで対戦者のうち平幕止り22人に57番取組んで全勝━引分け等多かった時代なのに完全試合だから脱帽のほかはない。 ところが、出場してみて、15日間は長いから徐々に調子を整えていくのは可能だ━と、安易な気もちで土俵に上り、負がこんでくれば途中から休む。この [続きを読む]
  • 元小結若葉山、4頭身…を「足取り」
  •  S藩の末裔S氏の労作『戦後新入幕力士物語』第一巻(平成二年刊)収載「若葉山貞雄」の項より抜萃させていただく。 尚、彼は双葉山直系入幕第一号であり、本姓〔岩平〕の幕内力士の嚆矢となっている。〔前略〕高錦は、身長がわずか168.4cmしかないくせに体重が145kgもあり、おまけに足が短い4等身ときているので、流石の若葉山もこれには勝手が悪く〔中略〕そのころは若葉山の足取りがいちばん猛威を振るっていたので、支度部屋 [続きを読む]
  • 三役陣の出欠情況 その81
  • ※昨日の閲覧…880・訪問…161トータル訪問者数 396,455 文化元(1804)年冬場所の三役陣。東大関 平 石 楽日のみ不出場西大関 雷 電  同  上東関脇 大見?  同  上西関脇 千田川  同  上東小結 柏 戸  同  上西小結 錦 木 6日間を出場 出場すべき日数 10×6−6=54出場日数 51 出場率 51÷54=94.4% 小結錦木以外は実質的に皆勤であった。雷電は五日目、小結柏戸(後大関)に不覚 [続きを読む]
  • 百余年前の郷土紙も…
  •  本場所大相撲初日が新聞“休刊日”の場合、火曜日づけ紙面の相撲記事はいとも簡潔になって、「初日」のそれは決り手つき勝負結果のみ列記して、「好取組」とか力士の談話とか一切掲載されない。他のTV等“速報性”のメディアで読者は前々日の詳細を紙上では必要ないと新聞社が……。 ところが、活字による「大衆伝達」の手段しかない━“電波”なんかでの媒体がなかった大正初期における相撲報道━地方紙も現代と似たり・寄った [続きを読む]
  • M國出身Kに引退勧告を…!
  • ※昨日の閲覧…798・訪問…137トータル訪問者数 396,294 読売…『大相撲』臨増『古今大相撲事典』に拠れば、横綱審議委員会が昭和三十三年発表の横審内規のなかに…。 横綱が次の各項に該当する場合は横綱審議委員会はその横綱の実態をよく調査したうえ全委員の三分の二以上の決議により、激励・注意・引退勧告などをする。〔中略〕イ、休場の多い場合。但し、休場が連続するときでも、その怪我・病気の内容によっては、審議のう [続きを読む]
  • 陣幕13-0不知火
  •  幕末の名横綱雲龍は、明治の土俵にも上った三流…不知火に通算1勝6敗1分1預りだったが、この不知火は“負けず屋”と云われた強剛の陣幕に全然歯が立たず後者入幕前の2番を含めると、実に13敗して引分けが2箇。 尚、雲龍と陣幕は、部屋系統が異っていたにもかかわらず、「東西制」なる取組制度の欠陥の所為で1度も対戦していない。 けれども、雲龍はどちらかと云えば早熟型で、横綱成績は平幕時代より芳しくない。だから [続きを読む]
  • 監察委員は何してた…?
  • ※昨日の閲覧…880・訪問…135トータル訪問者数 396,157 昭和五十四年夏場所における8勝7敗の幕内力士→名古屋…の地位検証。大関 旭 國→論外小結 魁 輝→関脇前四 玉輝山→小結同五 ?見山→前一同八 天ノ山→前四同九 青葉城→前六同十 琴 若→前八 〃 舛田山→ 〃同十一 三杉磯→前九同十二 豊 山→前十一 〃 出羽の花→ 〃 当場所、惜しくも負越しの7勝…は関脇栃赤城のほか平幕に1人だけ。殊に、平 [続きを読む]
  • 雲龍は不知火が苦手だった
  •  159年前の安政五年春場所幕内取組順の検証。 五日目中入り前東前七×白眞弓─荒 馬(幕下)西前二〇才 槌─和田ヶ原●東前四東前一×荒 熊─錦 木×西前四〃大関●雲 龍─不知火〇〃前三 五日目中入り後西前八〇千田川─武藏野(幕下)東前二〇鬼面山─荒 鹿●西前六西小結×平 石─陣 幕×東前六東小結●響 灘─鷲ヶ濱〇西前五西大関●猪王山─大鳴門〇東前五 取組順序に不審なところはない。 横綱手数入(でずいり)の [続きを読む]
  • 稀勢…、早目に休んだ方がいい?!
  • ※昨日の閲覧…994・訪問…181トータル訪問者数 396,022 日本人横綱稀勢の里━郷里茨城県の大先輩、「角聖」と尊称される横綱常陸山の免許後成績の平均的数値を現行15日間に換算して星取表に示したら、凡そ…。〇〇〇〇〇〇〇〇●やややややや 即ち、トータル“出場率”は6割程度であり、場所中に鳥渡でも体調不良気味になったら、さっさと土俵から姿を消してしまう。これが日下開山常陸山のパターンじゃぁなかったか。  [続きを読む]
  • 相撲“水入らず”では……
  •  相撲評論家の第一人者を以て自認・自任した彦山光三(明治26〜昭和40年)語録。 はっきりいってしまえば、今日(こんにち)の相撲は、内容があさく・なか身がかるく・実質がうすっぺら。全体的にやすっぽく・おそまつであって、味も・そっけもまことに乏しい。“あくび”ばかり出て、のみこむのに大骨折る日だってすくなくない。〔後略〕 吾輩のたしかな記憶に拠れば、昭和三十八年頃までは、毎場所〔「毎日」に非ず。〕2番乃至3 [続きを読む]
  • 全敗が消えた星 その241
  • ※昨日の閲覧…955・訪問…178トータル訪問者数 395,841 昭和三十八年九州場所は、最後まで幕内全敗力士が消えることがなかった。 幕内⇔十両のエレベーター常習の清勢川(←清ノ森=後木村瀬平理事)がたしか後小結沢光に二日目、張手から「脳震盪」を喰らって調子を狂わせて15日間をオール炭団の不名誉な記録をつくってしまった。 因縁めいた話。彼の義父、桂川も昭和十七年春場所15戦全敗。親子二代での珍記録は、ほかに類例が [続きを読む]