相撲史研究者・田中 健 さん プロフィール

  •  
相撲史研究者・田中 健さん: 相撲史に関心・興味のある方どうぞ
ハンドル名相撲史研究者・田中 健 さん
ブログタイトル相撲史に関心・興味のある方どうぞ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/k3tanaka_1948
サイト紹介文江戸勧進相撲以来の相撲史を中心に関聯事項 に対する私見・愚考を発表しています。
自由文 去る十月、訪問者数が延べ30万人を
突破いたしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供709回 / 365日(平均13.6回/週) - 参加 2015/12/21 09:32

相撲史研究者・田中 健 さんのブログ記事

  • 三役陣の出欠情況 その67
  •  寛政九(1797)年冬場所の三役陣。東大関〔横綱〕小野川 四日目のみ不出場西大関    雷 電 10日間を皆勤東関脇    九紋龍 三日目より休場西関脇    千田川 九日目のみ不出場東小結    磐 石 八日目まで出場西小結    鳴 瀧 7日間を出場 当場所、小結磐石は八日目 不知火と改名した。そのため大関雷電の星取表の箇所だけ「不知火」と記入されている。 東西総帥の対戦は千穐楽に非ず、九日目に…。 [続きを読む]
  • 土俵上の「砂」の量は…?
  • ※昨日の閲覧…382・訪問…162トータル訪問者数 384,211 今日づけS紙は、雑誌広告も含めて刮目すべき箇所がすくなくない。 ここでは一つに絞って採りあげてみたい━。「…逍遥『盛り土』…」より。〔前略〕盛り土とは、…土を盛って一定の機能を果せるように…… 相撲史研究者の端くれとしては「土俵」場を想い浮べるのだ。更に、田子ノ浦忠雄(元関脇出羽錦)著『土俵の砂が知っている』を聯想。〔但し、その本を買ってないし・ [続きを読む]
  • 江戸…に“不在”の栃錦・若乃花
  •  信頼性に瑕疵があっても…やっぱり“あて”にしたくなる『江戸時代 相撲名鑑』で鳥渡ばかり調べてみた。 江戸期に三都〔江戸・大坂・京都〕の力士に、常陸山はいても太刀山は全然ない。栃木山が寶暦八年…にいるそうな。 この度、戦後大相撲の双璧、栃錦と・若乃花〔初代〕の同名力士の有無を…。 そしたら、両方とも皆無なのである。 昭和三十年代、人気力士若ノ花出現で「若」の文字が一時流行した。花籠部屋以外の所属力 [続きを読む]
  • 全敗が消えた星 その227
  • ※昨日の閲覧…423・訪問…153トータル訪問者数 384,049 昭和三十六年名古屋場所、初日から六日目までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは元関脇若三杉(→大豪)と、海山(←大天龍)の両力士だった。 翌七日目、ともに白星をあげ連敗脱出━幕内全敗が消えている。  前者は、“万歳…”と揶揄、即ち、腋が甘いのが欠点で、大関の“万年候補”で終った。 後者は、3代め海山━否、後解説者の関脇神風も一時名乗っており、4代 [続きを読む]
  • 旧國技館でも3度対戦の土州山…
  •  むかしは改名の頻度が多かった。22回対戦のⅠ朝汐─谷ノ音の如く、「改名歴」皆無の両力士とは寧ろ珍しいのじゃぁないか。 しかも、大阪→東京→大阪協会と“渡り鳥”みたいな力士が醜名を変えると別人と思ったら同一人物なんて事例にもなりそうだ。 大正二年の合併相撲で、物言い→預りの放駒─土州山。実は、旧両国國技館で3度も顔が合っていたのである。当時東京関脇の相生松五郎は、大阪力士としては大関だ。 改名が多い [続きを読む]
  • 「軍配団扇」を略して……?
  • ※昨日までのトータル訪問者数 383,896IP〔前略〕行司の軍配は、軍配團扇の略法である。もと?軍配は、軍陣のかけひきや、配置をさしづする大將の用器であり、三軍指揮の象徴〔後略〕 昭和戦前、大相撲鑑識大系として発刊されたシリーズ第1巻『相撲道綜鑑』(彦山光三著)505ページの一節である。  著者進呈の『…なんでも七傑事典』に…筆者が子供のころ読んだ三木愛花氏、そのあとの彦山光三氏など、「団扇」と書いて、 [続きを読む]
  • 軍配のルビが「うちわ」
  •  明治三十八年…“角聖”常陸山の土俵態度を遠慮会釈せずに批判した『東洋日の出新聞』の大正二年十月末の記事より。△土州山に放駒は當日隨一の好取組とて看客は熱狂して之を迎ゆ双方離れて仕切り立上るや激しく突合つて右四ツ、放例の如く一氣に寄進まんとすれば土州掬ひ投にて殘し結局放の下手投にて同体に倒れ軍配は土州に揚がりしも物言附て預り〔後略〕 なんで転載したかと云えば、「軍配」に「ぐんばい」に非ず、「うちわ [続きを読む]
  • 次号進捗状況報告その5
  • ※昨日の閲覧…464・訪問…152トータル訪問者数 383,757 六月上旬完成予定の拙作&私家版『相撲史発掘』第85号の進捗状況。◯1〜3ページ予定しこ名の文字数」<下>篇●現在鋭意執筆中◯4〜6頁天保五年春場所●原稿清書完了◯折込み両面幕内勝負&星取表●原稿清書完了◯7〜9ページ予定大正二年の合併相撲●鋭意執筆中◯10ページは未定◯11ページ古今平幕最優秀力士星取表●原稿清書完了余白に増位山(後横綱境川)錦絵写真 [続きを読む]
  • 出島場所初日20番の決り手
  •  大正二年の合併相撲━「出島場所」初日の結果を列記してみたい。明治野(よりきり)九州嶋荒岩(うはてなげ)太刀嵐千葉嶽(つりだし)大 嵐眞龍(したてなげ)四ツ車太刀音(  〃  )東關荒鬼(すくひなげ)眞砂石玉の川(よりきり)鶴ケ嶽荒 石(ふみこし)加勝山藤の川(つりだし)男鈴山土州山〔 預 〕放 駒秀の海(おしきり)小野崎・松の音(したてなげ)鏡川伊勢濱(よりきり)鳳 車 鳳 (  〃  )小染川太刀山(おしきり)千船川   [続きを読む]
  • 監察委員は居眠り…?!
  • ※昨日の閲覧…360・訪問…166トータル訪問者数 383,605 昭和五十二年正月場所における8勝7敗の幕内力士→春の地位検証。大関 三重ノ海→論外小結 黒姫山→関脇前四 隆ノ里→小結同八 播竜山→前三同九 舛田山→前四同十 千代櫻→前五同十一 琴 風→前六同十二 大 登→前八 当場所、惜しくも負越しの7勝…は平幕の大錦ひとりだけ。 支度部屋で監察委員の眼が光っていたら、こんな結果はあり得ない? [続きを読む]
  • 誤記と難解表記
  •  拙稿「大正二年の合併相撲」の執筆を再開した。 当時の郷土紙もミスプリントが少なくない。 力士を「力土」なんか御愛嬌としても、黒縅が「黒絨」は1箇所だけじゃぁなかった。「絨毯」と「緋縅」など全然無関係だ。  難しい表記も…。例えば、「任」の下部に「心」と書いた「恁」は辞書で調べないとわからなかった。 ほかにも「倒れる」意味の「仆」が……。人偏じゃぁなくて木偏ならば「朴」となってどこかの国の人名に多 [続きを読む]
  • 三役陣の出欠情況 その66
  • ※昨日の閲覧…359・訪問…157トータル訪問者数 383,439 寛政九(1797)年三月場所の三役陣。東大関 陣 幕 楽日のみ不出場西大関 雷 電  〃 〃 〃東関脇 磐 石   〃  〃西関脇 錦 木 5日間のみ出場東小結 玉 垣 〔場所前 引退〕西小結 千田川 7日間のみ出場 “同名”力士が多く、鳥渡ばかりややこしいが、関脇盤石は後大関の不知火、小結千田川は後の強剛大関Ⅴ玉垣。 前場所八日目なんか、千田川は自 [続きを読む]
  • 二子山VS田子ノ浦
  •  今夜の話題━NHKTVでやっていた子のつく名前。 思い浮ぶ力士の醜名がないわけじゃぁないけれど、100余の年寄名跡から…「二子山」と「田子ノ浦」を登場させてみたい。 現役名はⅠ若乃花と出羽錦で“因縁”の対決と云えなくもないだろう。引分け相撲が3度もあるんだから……。 ━と、云っても昭和三十年の2番は当時全然知らなかったもの。だって吾輩は未だ小学一年生だもの。周囲に相撲好きの人がいなかったので致し方ない。 [続きを読む]
  • 全敗が消えた星 その226
  •  昭和三十六年夏場所、初日から九日目までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは元小結潮錦。 翌十日目、初白星をあげ連敗脱出━幕内全敗が消えている。 当場所、弟弟子の新小結青ノ里も初日から7連敗を記録している。 師匠時津風親方(元横綱双葉山)だって御機嫌斜めだったであろう。 尤も、潮錦は時津風直系じゃぁなかったが……。 [続きを読む]
  • 地名⇒醜名の端的な例
  •  昨十八日(火曜)づけS紙「北…情勢を見越し布石を…」に注目すべき箇所があった━。 戦国の故事に例えれば〔註=誤法。「譬え…」が正しい。〕、自衛隊(徳川家康軍)が米軍(織田信長軍)との関係で踏襲すべきは〔中略〕「姉川」「設楽ケ原」の両戦役の様態であって、徳川軍が織田軍の十分な来援を得ないままに戦端を開いた「三方ケ原」の戦役の様態ではない。 ここで、2人の力士が登場するのだ。先ず、幕末の幕内姉川浪右エ門。 [続きを読む]
  • 残念 ! 訪問…200超13日で止る
  •  昨年までは絶対あり得ないと思っていた当ブログ訪問者数が200超の連続10日以上━。 去る四月五日(水曜)から…一昨日の十七日(月曜)までの連続13日間でストップしてしまった。 トータル訪問者数の方は、38万3千…に達しました。  「毎度お騒がせ国家」の北…ミサイルを十六日早朝発射直後爆発してしまったが、北メディアは“沈黙”━「不都合な真実」を発表しない“国是”と云うのは、かつての旧ソ聯邦がそうだったな。  [続きを読む]
  • 記憶力が減退?
  •  S社版『萩原朔太郎全集』(全5巻)の巻末「年譜」に昭和十五年七月『令女界』(大正11〜昭和25)へ「角力と電撃戰」━とあったけれども、本篇の方のどこにも収録されていない。〔長篇「日本國技の洋風化について」は掲載。〕 そこで読売…『大相撲』誌「資料交換室」欄へ「当該古雑誌を高価でお譲り下さい」と投書して載った。でも、同誌読者からの吉報は全然なかった。ずっと入手できないでいた。 数年後だったか、古書関係誌の [続きを読む]
  • 戦争と大相撲昂揚
  • ※昨日の閲覧…570・訪問…219トータル訪問者数 382,949 少数派の意見かも知れないが、我が日本が戦争当事国になる前・中・後あたりは屹度大相撲の人気が沸騰点に……なんて説がある。 先ず、「日清戦争」の明治二十七八年、横綱Ⅰ西ノ海時代で、Ⅰ梅ヶ谷の天覧相撲の頃よりは鳥渡“中弛み”じゃぁなかったか。 その丁度10年後の「日露戦争」は明治の相撲爛熟期に入って「梅・常陸時代」は江戸寛政の「谷・小野時代」に匹敵する [続きを読む]
  • 4分は長いのか・短いのか…?
  •  「二子山附近」と題するポエムも作品のなかにある萩原朔太郎(明19〜昭17)の短篇「角力と電撃戰」より━。 ラヂオで角力の放送を聞いてると、兩力士が土俵に現はれてから、仕切直しをする時間が非常に長く、容易のことでは立上らない。だが「立ちました」と放送者が言つたと思ふと、その瞬間にもう勝負が終つてる。實に電光石火の早業である。〔後略〕 某誌に発表された昭和十五年当時の幕内制限時間は、10分だった。これは昭和 [続きを読む]
  • 「互助会」暗躍は……?
  • ※昨日の閲覧…555・訪問…227トータル訪問者数 382,730 昭和五十一年九州場所における8勝7敗の幕内力士→翌年初…の地位検証。大関 三重ノ海→論外小結 黒姫山→据置き前一 ?見山→小 結同五 玉ノ富士→前一同六 豊 山→前三同七 魁 輝→前四同八 青葉城→前五同十 羽黒岩→前七同十三 舛田山→前九 当場所、惜しくも負越しの7勝…は平幕の2人しか記録していない。 互助会の暗躍は如何??? 幕尻の舛田山の決 [続きを読む]
  • 夏の“初顔” 宇良対…
  •  夏場所の新番附も発表されてないのに…鳥渡ばかり気が早いけれども、春の新入幕でやっとこさの勝越した宇良。すくなくとも2〜3枚、幸運ならば4〜5枚ほど昇進するだろう。 そして、前半戦で快調だったら、中堅力士との「初顔合せ」に期待が集中しそうだ。 初対戦でファン注目の取組は矢張り遠藤との相撲じゃぁないか…。 実力上昇に比例して人気も増してきた宇良なのに対して、遠藤は客観的にみて、実力よりも聊か人気の方 [続きを読む]
  • 想い出の架空…
  • ※昨日の閲覧…496・訪問…241トータル訪問者数 382,503 団塊世代の端くれである吾輩が高校生だった昭和三八〜四十年に読売…発行『大相撲』誌は「相撲鑑賞読本」と銘打つ増刊号を出した。 その三十八年九月増刊より━。「古今二十強力士選士権大会」(架空大座談会)一次戦 栃錦(はりまなげ)柏戸利助 荒岩(うちがけ)羽黒山政司 Ⅱ梅ヶ谷(よりきり)玉錦 Ⅰ若乃花(とったり)雷電震右エ門二次戦  太刀山(こてなげ)栃錦 稲妻( [続きを読む]
  • 三役陣の出欠情況 その65
  •  寛政八(1796)年冬場所の三役陣。東大関〔横綱〕小野川 楽日のみ不出場西大関    雷 電  同  上東関脇    九紋龍 10日間を全休〃関脇格〔番外〕陣幕 楽日のみ不出場西関脇    錦 木 10日間を全休東小結    磐 石 楽日のみ不出場西小結    千田川  〃   〃 横綱小野川や大関雷電が3場所ぶりに土俵へ…。 小野川は肩の負傷が或る程度快癒したのかも知れない。 巨漢の元大関九紋龍は、体調 [続きを読む]
  • 快哉! 連続10日200超の訪問…
  •  ほんとに満悦状態です。当ブログ訪問者数を列記━。四月五日(水曜日)207IP 〃六日(木 曜) 201 〃七日( 金 ) 267 〃八日( 土 ) 264 〃九日(日 曜)  223 〃十日( 月 ) 236〃十一日( 火 ) 270〃十二日( 水 ) 281〃十三日( 木 ) 217〃十四日( 金 ) 228 仮令〔「例え」は誤記〕ブログ村のランキングが30位以下だって気にしない・気にしない。 当ブログは概ね、「温故知 [続きを読む]
  • 北海道の古新聞
  •  この度、珍資料を落手した。大正三年四月二十六日づけ『北海タイムス』━北海道で発行された古新聞である。 ●來道相撲顏觸     札樽興行七月下旬東京相撲は既報の如く皇太后陛下崩御に就き御大葬後まで五月場所を遠慮することになり從つて地方巡業も之に順じて延引となりしが本年來道一行の顏觸は東の大關は伊勢濱西は大蛇潟を頂き初切に人氣者の電氣燈白梅抔あり一行百四五十名の豫定にして小樽興行は七月初旬の見込勸進 [続きを読む]