相撲史研究者・田中 健 さん プロフィール

  •  
相撲史研究者・田中 健さん: 相撲史に関心・興味のある方どうぞ
ハンドル名相撲史研究者・田中 健 さん
ブログタイトル相撲史に関心・興味のある方どうぞ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/k3tanaka_1948
サイト紹介文江戸勧進相撲以来の相撲史を中心に関聯事項 に対する私見・愚考を発表しています。
自由文 去る十月、訪問者数が延べ30万人を
突破いたしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供744回 / 365日(平均14.3回/週) - 参加 2015/12/21 09:32

相撲史研究者・田中 健 さんのブログ記事

  • 博物館以外のところに改訂番附が…
  •  過日N市K氏より、相撲博物館に所蔵されてない江戸番附がA県N図書館に在ると伺っていた。 問題提起するのは、天保六(1835)年春の番附である。当場所出場している元大関緋縅が登載されたものと・不掲載のそれの2種発行されている可能性がつよい。 前者は、“改訂版”と思われるが、発行部数が極少数のため“散佚”状態になって、『…起顯』に載せられなかったものと愚考。 想像を飛躍すれば、緋縅を抱えている平戸の殿様が、出 [続きを読む]
  • 三役陣の出欠情況 その94
  • ※昨日の閲覧…892・訪問…214トータル訪問者数 407,686 文化八(1811)年 閏二月場所の三役陣。東大関 柏 戸 楽日のみ不出場西大関 雷 電〔場所前、引退〕東関脇 鬼面山 楽日のみ不出場西関脇 玉 垣 八日目まで出場東小結 大 岬  〃  〃西小結 桑ノ弓 四日目から出場 引分け相撲の少なかった雷電は、昨冬の大関戦で引分けとなり、自ら“限界”を悟ったのではなかろうか……。 その雷電に“肉薄”したと思える [続きを読む]
  • 多士済々の慶應二年
  •  文化十一(1814)年生れ同様、江戸時代9人の入幕力士を輩出したのが…。 慶應二(1866)年の「寅年」前九・茨城・増田川前十一・兵庫・滝ノ音前二・福井・越ヶ嶽前三・秋田・大戸?前六・千葉?・一 力大関・宮城・大戸平前二・千葉・大見?大関・ 〃・鳳 凰横綱・〃 ・小 錦 尚、十二支のおしまい「亥年」は未調査。 明治以降ならば“二桁”の事例があるはず。  [続きを読む]
  • 熱戦と凡戦いずれが多い?
  • ※昨日の閲覧…914・訪問…209トータル訪問者数 407,472 昭和五十六年夏場所における8勝7敗の幕内力士→名古屋…の地位検証。関脇 巨 砲→据置き前四 麒麟児→前一同五 栃 光→前二同六 大寿山→前三同八 大 潮→前六同九 若島津→前八 当場所、惜しくも負越しの7勝…は平幕の2人だけしか記録していない。 果して、無気力相撲はなかったの? [続きを読む]
  • 203年前に生れた9人が入幕
  •  拙稿「戌年生れ入幕力士一覧」を調査中だが、想定外の事実がわかった。 文化十一(1814)年生れは天保末から嘉永にかけて実に9力士が入幕を果している。 以下、最高位・生地・醜名の入幕順に列記。前三・佐賀・越の海 前四・青森・千年川小結・宮城・荒 熊前一・長野・君ヶ嶽前二・徳島・雲早山前一・茨城・一 力 〃・香川・黒 岩前六・福岡・緑 川前四・大分・谷 嵐 出身地がみんな違っているのがいいね。三役へ上った [続きを読む]
  • 横審の存在意義を問う
  • ※昨日の閲覧…828・訪問…298トータル訪問者数 407,263 秋場所、また角番大関Gが優勝すれば、マスコミが「綱取りだ!」━と莫迦騒ぎするのか。 嘗て、昭和二十八年…、照國引退で鏡里が…、翌二十九年…、東冨士引退で栃錦が新横綱━いずれも「5横綱」がぎりぎり“回避”されている。 その後、出羽海理事長(元横綱常ノ花)が5横綱容認論を表明したところ、横綱力士のお目付役彦山光三が猛反駁したのは云うまでもない [続きを読む]
  • 生年不詳じゃ十二支がわかんない
  •  拙稿「…年生れ入幕力士一覧」の調査が難航するのは、生・歿年未詳の力士がすくなくないのが要因だ。いや、生れた年だけが判明しているなら仮令実力がなかったとしても採用できるんだが……。 参考のため、寶暦以降の江戸大関〔看板…を除く〕のうち、生・歿不詳を列記してみる。佐賀・雪見山堅太夫→鐵右衞門秋田・大鳴戸淀右エ門奈良?・虹ヶ嶽杣右エ門 いやはや申し訳ない。実力大関に限定したら上記3人だけしか該当しない [続きを読む]
  • 今年最多訪問287 IP
  • ※昨日の閲覧…887・訪問…225トータル訪問者数 406,965一月五日 207〃十六日 204〃二一日 208〃二二日 240〃二三日 227〃二五日 222〃三十日 235二月二日 235 〃五日 212〃二八日 243三月十九日 236 〃二十日 240〃二十六日 201〃二十七日 250 〃三十日 224四月 朔日 205 〃 五日 207 〃 六日 201 〃 七日 267 〃 八日 264 〃 九 [続きを読む]
  • 来年のことを云えば…
  •  来年のことを云えば鬼が笑うとか…。でも、拙作&私家版『相撲史発掘』来春号(No.87)の折込み両面には「戌年生れ入幕力士詳細一覧」を掲げる所存。 この調査がなかなか大変なんですよ。 寶暦四(1754)年生れが4人もいるので、“起点”に相応しいと思ったけれど……。 明和三(1766)年や安永七(1778)年生れを全然発見できないのである。 厄介なことに、あとから気づいた。ずっと遡って“大物”が存在しているのだ。 それは、 [続きを読む]
  • また『…起顯』のミスみつけた
  • ※昨日の閲覧…809・訪問…193トータル訪問者数 406,740 拙稿「江戸大相撲熱戦譜」━天保六年春場所━の“下調べ”をやっていたら、また もや『相撲起顯』の誤謬を発見した。 その「七輯 七ノ二十八」━八日目(中入り前)“結び”前の一番に、和田ノ浦  春日渕 ━とあるのは「…… 春日山」のあやまり。 西方の前頭筆頭和田ノ浦が同じ西幕下11枚目春日渕と取組むはずはない。東方の幕下三枚目春日山と対戦したのである。  [続きを読む]
  • 全敗が消えた星 その254
  •  現行「部屋別…」制下2年めの昭和四十一年正月場所、初日から六日目までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは、地味な中堅力士の天津風だった。翌七日目、白星を得て連敗脱出━幕内全敗が消えている。 天津風なる醜名は、江戸〜明治のむかし数人が名乗っており、横綱秀の山も入幕したときに…。でも、下の名前は「雲右エ門」が通り相場であった。上・下が“掛言葉”式なのさ。 昭和中期の彼は、武藏とか・征夫じゃぁ面白くないね [続きを読む]
  • 『相撲史発掘』No.86内容予告
  • ※昨日の閲覧…928・訪問…287トータル訪問者数 406,547 拙作&私家版『相撲史発掘』第86号は現在印刷所へ発註中。その内容予告━。1〜3頁〇全勝力士が消えた星●昭和二十年代篇4〜6頁〇江戸大相撲熱戦譜●天保五年冬場所折込み 表面●天保五年冬場所幕内…勝負折込み 裏面〇なんで東・西が逆なのか?7ページ●天保五年冬場所幕内星取表8〜10頁〇大正二年の合併相撲折込み両面〇関脇荒馬の相手地位つき星取表11ページ〇大正 [続きを読む]
  • 三役陣の出欠情況 その93
  •  江戸番附に「勧進大相撲」に非ず、単に「勧進相撲」と記載された場所を含めると丁度100回めの本場所となる文化七(1810)年冬場所の三役陣。東大関 柏 戸 楽日のみ不出場西大関 雷 電   〃  〃東関脇 鬼面山   〃  〃西関脇 玉 垣   〃  〃東小結 大 岬 10日間を皆勤西小結 桑ノ弓 8日間を出場 桑ノ弓は、三日目・九日目が「や」と記録されているが、相手に休まれたかも知れない。…だとすれば、実 [続きを読む]
  • 独り…だって頑張れ !
  • ※昨日の閲覧…950・訪問…169トータル訪問者数 406,260 遂に、駄目大関…が陥落確定━CM出演もすこしは自粛したらどうかね…。  昭和三十年正月場所、東正横綱千代の山。六日目●(打っ棄り)双ッ龍(前四)七日目●(内掛け)琴ヶ濱( 〃 )八日目●(寄倒し)朝 潮(前一) これでも「横綱の責任」を果して4度めの賜杯を得ている。 横綱陣全滅だけは回避して慾しいものだ。 [続きを読む]
  • 北…ミサイル乱射に想う
  •  嘗て、ソ聯邦が崩潰して、東・西獨逸が統一されたとき、「東西冷戦」終結と思いきやそうは問屋が卸さなかった。それは欧羅巴での話にすぎなかった。 南・北朝鮮統一なんて現状は夢物語なのだ。“鍵”にぎるのは「中國共産党」の存在━「ソ…共産党」の如く解体せねば亜細亜の“冷戦”は終らない〔「露…共産党」は“一党独裁”ではない〕。 最近知ったのだが、「国際聯合」発足当初の理事国は、米・英・ソ・佛に「中」に非ずし [続きを読む]
  • 星勘定がうまいなぁ…
  •  正月場所の人気大関貴ノ花に次いで、横綱輪島や歌手兼力士の増位山が引退した昭和五十六年春における8勝7敗の幕内力士→夏…の地位検証。前一 朝 汐→小結 〃 蔵 間→据置き同三 舛田山→前一同五 北天佑→前二 〃 天ノ山→ 〃同八 出羽の花→前五同十 佐田の海→前七同十二 大 錦→前八同十三 岩 波→前九 当場所、惜しくも負越しの7勝…は三役から幕尻までに1人もいないから恐れ入る。 追記。蔵間は、師 [続きを読む]
  • 幕尻残留は無理?
  • ※昨日の閲覧…1,040・訪問…178トータル訪問者数 406,091IP 戦後、NHK専属の大相撲解説者として一世を風靡した神風正一氏。昭和二十五年春、東前頭二枚目で“金星”2箇を含む9勝6敗の成績で、翌場所は西前頭筆頭に止られ、東…筆頭で不戦勝2を含む8勝の出羽錦が新小結に昇進。この不公平に我慢ならず土俵と訣別。 これより先、昭和二十四年秋、関脇神風は4勝7敗・4休の星で、翌場所「や」を「●」と同一視されず3枚し [続きを読む]
  • 懐かしい評論家たち…
  •  今夜のNHK TV番組を視ていたら、「一億総白痴」などの造語で知られる大宅壮一氏の「雑誌専門図書館」が存続できないかも…趣旨。戦前の『相撲』なんかも揃っているのかな? そして、「検索第一位」が意外な人物…。 北海道…の「…裕次郎記念館」も先達て閉鎖されたばかり。「石原軍団」の1人━俳優Kと上記一位になった歌手Mとの「華燭の典」のとき各民放局が過剰的に採りあげた。 それを当時の日曜朝における人気トーク番組 [続きを読む]
  • 203年前だって…
  • ※昨日までのトータル訪問者数   405,913 文化十一年四月場所。 初日〜楽日の全休力士関脇緋縅、小結鏡岩・眞靏、平幕の立神・千草山・雲早山・雷〔引退〕・小野滝━以上8人。 途中から休場した力士大関大岬・鳳、関脇白川、平幕の勇城戸・鷲ヶ濱─以上5人。 幕内人員は、番附外出場1を含み計25人だから、過半が休んだことになる。 7〜8人欠場したって大袈裟に騒ぐほどのこともないのかも……。 [続きを読む]
  • 改訂版が曖昧模糊
  •  かつて当長崎県出身と“誤伝”された大関緋縅〔京都の…詳細出身地は不明。〕━我国最高の相撲文献たる『日本相撲史』上巻291頁の天保六年正月の項に「緋縅は番附面にその名がない…」とあるが、『大相撲人物大事典』546頁に「緋縅は西関脇格張出。緋縅欠の番付もある」云々。 だから、欄外に地位明示ない“改訂版”が…と思った。 ところが、『相撲起顯』に載っている番附に緋縅の名はない。 そこでHP『相撲評論家之頁』には [続きを読む]
  • 〇「笑点」〔押切り〕大相撲「初日」●
  • ※昨日の閲覧…937・訪問…197トータル訪問者数 405,772 S紙「…視聴率…」に拠れば、大相撲の初日・中日・楽日での“裏”番組『笑点』が13.7%で10位に辷り込み。対する秋場所初日は、11.9%で20位以内に入らず…。 名古屋…初日が14.5%だったから矢張り“落込み”と云うべし。 初日から1人横綱だったから無理からぬことかも知れないけど……。 しかしながら、今日の三日目から大関1人のみならず、人気力士宇良の初休場 [続きを読む]
  • 膝・腰・胸
  •  嗚呼っ…と瞬間的に思った。明日からの人気力士宇良が土俵へ上れるのか? 初日解説で北の富士氏曰く「宇良が休むんだったら俺も休みたい…」冗談半分にしても「意味深長」で、本音みたい。 宇良の137kgと云うのは、実際「軽量」じゃぁなく、当然ながら膝に相当“負担”がかかるはずだ。本人はもっと増量したいらしいけど、矢張り130kgが“限度”かも知れない。 私事で恐縮だが、吾輩も数年前に膝を痛め、毎日徒歩20,000歩を目 [続きを読む]
  • 全敗が消えた星 その253
  • ※昨日の閲覧…664・訪問…207トータル訪問者数 405,575 昭和四十年九州場所、初日から六日目までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは後関脇福の花であった。 翌七日目、白星を得て連敗脱出━幕内全敗が消えている。 尚、当場所、幕尻へ落ちていた元関脇前田川が二日目から14連敗を記録している。この力士も下の名前を頻繁に変えたんじゃぁなかったか。 名前よりも相撲ぶりを変えろ…と、云われたって、「押しの一手」だから無理 [続きを読む]
  • 江戸・明治の歿年順に…
  •  1明 石 寛永?年 2丸 山 寛延二年 3綾 川 明和二年 4谷 風※寛政七年 5小野川 文化三年 6阿武松 嘉永四年 7不知火(諾)〃七年 8秀の山 文久二年9鬼面山谷五郎 明治四年七月10稲妻 雷五郎 〃 十年三月11不知火光右エ門〃十二年二月12境川 浪右エ門〃二十年九月13雲 龍 久 吉〃二三年六月14陣 幕 久五郎〃三六年十月15西ノ海 嘉治郎〃四一年十一月  以上、明治末までに物故した横綱力士をそ [続きを読む]
  • 三役陣の出欠情況 その92
  • ※昨日の閲覧…553・訪問…150トータル訪問者数 405,368 文化七(1810)年春場所の三役陣。東大関 柏 戸 10日間を皆勤西大関 雷 電  〃 〃 〃東関脇 鬼面山 楽日のみ不出場西関脇 玉 垣   〃   〃東小結 大 岬   〃   〃西小結 戸田川 九日目のみ不出場 出場率を計算する必要もない。戸田川の「1休」のほかフル出場なのであった。 昨冬の三日目から8連敗していた戸田川は、初日から3連勝。でも、 [続きを読む]