日巫女様は天照大神 さん プロフィール

  •  
日巫女様は天照大神さん: 邪馬台国探訪
ハンドル名日巫女様は天照大神 さん
ブログタイトル邪馬台国探訪
ブログURLhttp://ameblo.jp/makoto-kodama/
サイト紹介文邪馬台国問題はもう三百年以上、九州説と奈良説で論争が続けられている。いい加減決着をつけねば!
自由文卑弥呼時代の倭国は九州北部の小国三十国の連合国であり、邪馬台国は女王卑弥呼が定めた倭国の首都である。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/12/21 18:53

日巫女様は天照大神 さんのブログ記事

  • 東京三田で【反時計回り連続説】を発表いたします。
  • 例の『全国邪馬台国連絡協議会』における、 この間3月6日に行われた「討論型・研究発表会、景初2年3年問題」に引き続き、第5回会員研究発表会において、私も発表することになりました。 どうぞ皆様、お友達とお誘いあわせの上、是非聴講にご参加願います。 1.日時場所は以下の通りです。 発表会 4月9日(日)13:00-16:50 三田いきいきプラザ集会室C  都営三田線 A9番出口 徒歩1分  JR山手線・ [続きを読む]
  • 邪馬台国はヤマト国であり、ヤマタイ国ではない。
  • 邪馬台国問題の一番の間違いは、邪馬台国をヤマタイ国と読むことであろう。私は、邪馬台国の正しい読み方はヤマト国だと考えている。もし、邪馬台国がヤマト国であれば、その場所は自ずから決まってくる。 だが、その根拠を中国語の発音から辿ることは難しい。実際そのせいで邪馬台国はヤマタイ国と読まれるようになったのであるが、中国語の発音は画一的ではなく、地域により大きく異なり、しかも時代と共に急速に変化して [続きを読む]
  • 筑後山門と肥後山門を併せて邪馬台国
  • 私はこのブログに何度も書き込んだように今迄、筑後山門を邪馬台国に比定してきました。卑弥呼の宮殿の所在地と思われる山門郡瀬高町の在るみやま市、それに筑後市、柳川市、大牟田市、八女市の一部(多分立花町)位迄が邪馬台国の範囲となるでしょう。この地域は矢部川流域を中心として台地状を為す広大な平野が拡がっており、特にみやま市には数多くの縄文時代〜弥生時代〜古墳時代にかけての遺跡があります。http://www.geoc [続きを読む]
  • 【卑弥呼】の魏朝貢は景初二年(AD238)
  • 長野 剛 氏のイメージした卑弥呼像 (2013) 『魏志倭人伝』には倭女王卑弥呼は景初二年(AD238)に魏に朝貢したと記されますが、現在の古代史学界や考古学界の大勢、及び推理作家の故松本清張氏、邪馬台国九州説派重鎮である安本美典氏、その他多くの邪馬台国研究者がこの景初二年の朝貢は間違いで、景初三年(AD239)の朝貢が正しいと主張しておられます。 しかし私はやはり『魏志倭人伝』に記されたとおり、卑弥呼の使者が帯方 [続きを読む]
  • 倭女王卑弥呼と倭国の範囲
  • 私は基本的に、一般的に日本列島、日本人の意味を示す【倭】と国名の【倭国】は別物だと考えている。実際に中国の古代文献、『漢書』『後漢書』『魏志倭人伝』他、いろいろな『倭国伝』では、【倭】と【倭国】の文字は、そのように別けられて使われているようである。 卑弥呼ファンの私が最も不満に思うことは、多くの日本人が卑弥呼(日巫女)のことを、【邪馬台国女王卑弥呼】と呼び、【倭女王卑弥呼】と呼ぶ人は滅 [続きを読む]
  • 【邪馬台国九州説】の本来の姿
  • さて私は、邪馬台国研究者は弥生時代の倭の姿をまるで解っていないと感じています。研究者たちは弥生時代の倭の姿を全く想像しようともしない、出来ないが故に、現代人感覚で捉えた『邪馬台国論』を多量に濫造している状況だと思うのです。 例えば、古田武彦説=日程距離帯方郡起点説を信じている方は割と多いようですが、私が先日検証した結果、論理的に成り立たないことが判明しました。更には私が考えた古田武彦改変説= [続きを読む]
  • 投馬国は本当に薩摩国に比定できるのか?
  • 前回私は、薩摩(さつま)国=殺馬(蔑字)国=投馬(略字)国と見做すことで、投馬国をいともあっさりと薩摩国に比定し(古田武彦説と同じ)、それを基にして、【投馬国に至る南水行二十日】【邪馬台国に至る南水行十日陸行一月】の記事の、帯方郡起点説(古田説改変説)を説明しました。 ところが本来、投馬国は邪馬台国と同程度に位置比定が困難な国なのです。その証拠に投馬国の国名抜きに、道程から比定を試みる [続きを読む]
  • 帯方郡基点説は邪馬台国への道程を説明可能か?
  • 前回結局、古田武彦説も【邪馬台国】へ至る道程を巧く説明出来ませんでした。 しかしその他の説も、未だ道程記事を完全に説明できたと云う話は聞いていません。現在の邪馬台国【九州説】及び【畿内説】両派閥の見解は以下の通りです。 【邪馬台国畿内説】派は、『魏志倭人伝』自体が曖昧な記述で出来た文献であり、『魏志倭人伝』の記事から【邪馬台国】の位置を判定するのは最早不可能と見做し、考古学的所見のみから [続きを読む]
  • 古田武彦氏は【邪馬台国九州説】派を撹乱させたか?
  • 昨年亡くなった古田武彦氏(享年89歳)は、【邪馬台国九州説】派ではありますが、邪馬台国(邪馬臺国)は間違い?で、邪馬壱国(邪馬壹国)が正しい〇との強い拘りを見せ、邪馬壱国は実は奴国に隣接する地域だったと云う、一風変わった説を唱えました。それで【邪馬台国朝倉説】を唱える『邪馬台国の会』主菅の安本美典氏とは仲が悪く、【邪馬台国九州説】派どうしで、激しいバトルを展開してきたようです。 古田武彦氏が亡 [続きを読む]
  • 【邪馬台国九州説】が完全勝利できない理由
  • 前回【邪馬台国畿内説】が絶対成り立たない理由を述べましたが、今回は絶対成り立つはずの【邪馬台国九州説】派が何故今迄完全勝利を納めきれずに、いつまでも愚図愚図しているのかについての理由を述べたいと思います。 それは【邪馬台国九州説】派の方でも、実は未だに『邪馬台国へ至る道程』の説明を上手く出来ないでいるから、らしいのです。 この問題の核心はほぼ不彌国以降、或いは伊都国以降の「南投馬国へ至る [続きを読む]
  • 【邪馬台国畿内説】が成り立たない理由
  • 世間ではマス・メディアによる【邪馬台国畿内説】有利との報道が飛び交い、『なぁんだ。邪馬台国って、やっぱり奈良の纏向辺りに有ったんだ?』と思い込まされている方が多いようだが、【邪馬台国畿内説】は、実は文献的にも考古学的にも絶対に成り立たない、全くピントはずれの説なのです。 【邪馬台国畿内説】が成り立たない(理由その一)『魏志倭人伝』に「郡使常所駐」と記される【伊都国】が、考古学的にも、筑前国怡 [続きを読む]
  • 新・倭女王は【壱与(いよ)】或いは【台与(とよ)】
  • 前回、【邪馬台国】と【邪馬壹(壱)国】のどちらが正しいかについて論じ、やはり【邪馬台国】=【邪馬臺国】が正しいのだろうという話になりました。 今回は【卑弥呼】の後継者となった新・倭女王は【壱与】か【台与】かの問題です。伝統的に【壱与(壹與)】は(いよ)、【台与(臺與)】は(とよ)と読まれています。 前回のブログでも紹介しましたように、12世紀に刊行された『魏志倭人伝』刊行本の「紹興本」や [続きを読む]
  • 【邪馬台国】か【邪馬壱国】かについての私見
  • 今回は【邪馬台国】と【邪馬壱国】のどちらが正しいかについて、私見を述べたいと思います。 現代の日本では御存じのとおり、学校教科書を始めとする多くの出版物で、倭女王卑弥呼が【倭国】の都と定めた所は【邪馬台国】と書かれており、(やまたいこく)と読んでいます。この【邪馬台国】の「台」の字は「臺」の略字であり、本来は【邪馬臺国】なのです。 しかし『魏志倭人伝』の原本にはどう書かれているかと云うと [続きを読む]
  • 『魏志倭人伝』完訳 (其の七)(完結)
  • 【卑弥呼の死】 其の八年、太守王頎(おうき)官に至る。倭女王・卑弥呼と狗奴国男王・卑弥弓呼(ひみくこ)は素より和せず。倭は載斯(えし)・烏越(うえつ)等を遣わして郡に詣り、相攻撃する状を説く。塞曹掾史張政等を遣わし、因って詔書・黄幢を齎し、難升米に排仮せしめ、檄を為して之を告喩す。卑弥呼以て死す。大いに冢を作る。径百余歩。徇葬する者、奴婢百余人。更に男王立つも、国中服せず。更に相誅殺す [続きを読む]
  • 『魏志倭人伝』完訳 (其の六)
  • 魏 二代皇帝・明帝(曹叡) ① 卑弥呼の魏への朝貢 景初二年六月。倭女王、大夫難升米等を遣わして郡に詣り、天子に詣りて朝献せしめんことを求む。太守劉夏使を遣わし、将(もって)送りて京都に詣らしむ。 景初二年(西暦238年)六月。倭の女王(卑弥呼)は大夫難升米(なしめ/なんしょうまい)等を遣わして帯方郡を訪問し、天子(魏帝)に参内し、朝献させて欲しいと申し出た。帯方郡太守の劉夏は使者を派 [続きを読む]
  • 『魏志倭人伝』完訳 (其の五)
  • ① 倭種の国 女王国の東、海を渡ること千余里。復国有り。皆倭種なり。 女王国の東の海を渡ること一千余里で又、国がある。其処に(住む人は)皆倭種である。 (解説)この女王国を仮に邪馬台国とすると、筑後山門の東に海はないので、邪馬台国筑後山門説は成立しない。但し、これは邪馬台国畿内大和説でも同様である。多分この女王国は、女王国連合=倭国のことを云っているに違いない。そうすると女王国連合の東 [続きを読む]
  • 『魏志倭人伝』完訳 (其の四)
  • ① 倭国の税制 租賦を収む。邸閣有り。國國市有り。有無を交易し、大倭をして之を監せしむ。 租(そ)=収穫物などの物品税と賦(ぶ)=労役を国に奉納する。邸閣(ていかく=納税品を収める倉庫)が有る。各小国には市が立ち、有るものと無いものを物々交換していた。倭国が大倭(倭国大王=卑弥呼)の名の元に税と市場を管理していた。 吉野ケ里遺跡の邸閣(高床式倉庫) ② 一大率 女王国よ [続きを読む]
  • 『魏志倭人伝』完訳 (其の三)
  • ① 『黥面文身』 男子は大小無く、皆黥面文身(げいめんぶんしん)す。古(いにしえ)より以来(このかた)、其の使の中國に詣るや、皆自らを大夫と称す。夏后(かごう)小康(しょうこう)の子、会稽に封ぜられるや断髪文身し、以て蛟龍の害を避く。今倭の水人は好んで沈没し、魚蛤(ぎょごう)を捕る。文身は亦(しか)し以て大魚水禽を厭(いこ)うが、後に稍(やや)以て飾りと為す。諸国の文身各々異なり、或は左に或は右に、或は大に或 [続きを読む]
  • 『魏志倭人伝』完訳 (其の二)
  • 【書き下し文】 女王國より以北は其の戸数・道里を略載可なりしも、其の余の旁国は遠絶にて詳らかにし得ず。次に斯馬國有り。次に己百支國有り。次に伊邪國有り。次に郡支國有り。次に彌奴國有り。次に好古都國有り。次に不呼國有り。次に姐奴國有り。次に対蘇國あり。次に蘇奴國有り。次に呼邑國有り。次に華奴蘇奴國有り。次に鬼國有り。次に為吾國有り。次に鬼奴國有り。次に邪馬國有り。次に躬臣國有り。次に巴利 國有 [続きを読む]
  • 『魏志倭人伝』完訳 (其の一)
  • ① 倭人は帯方東南大海の中に在り、山島に依りて國邑を為す。嘗て百余國、漢の時朝見する者あり、今使訳通じる所三十國。 倭人は帯方郡東南の大海の中に住んでおり、山がちの島に寄り添って国や邑(ゆう/村)を形成している。嘗て漢の時代百余国が朝見していたが、今使者と通訳を遣わす国は三十国である。 ② 郡より倭に至るには、海岸に循(そ)いて水行し、韓國を歴て、乍(あるい)は南乍は東、其 [続きを読む]
  • 【吉野ケ里遺跡】は徐福が開いた王城か?
  • 『素戔嗚尊は徐福を神格化した神か?』の紹介の続き。 徐福一行はBC210の来倭後、渡来地の佐賀や紀州、その他全国各地に定着したようです。当ブログ内の「徐福渡来伝説」を参照。 その中でも、佐賀には有名な吉野ケ里遺跡がありますが、実は吉野ケ里の地は徐福一行が倭国定着後最初に拠点として築き上げ、父親の徐福或いは三男徐林が王として君臨したと思われる王城として第一候補に挙げられるのです。 何故ならば [続きを読む]
  • 弥生時代の幕開け
  • 前回のブログで私の投稿した論文『素戔嗚尊は徐福を神格化した神か?』が、本年11月末に「梓書院」から出版される【季刊邪馬台国】第131号に掲載される予定だと書きましたが、今回はその論文の内容を少しだけ、当ブログ上で紹介してみたいと思います。 ---------------------------------------------------------------------- 一万年以上も続いた縄文時代が終りを告げたのは、中国沿岸部の国々から続々と渡来人が倭に [続きを読む]
  • 【素戔嗚尊は徐福を神格化した神か?】
  • 私の論文が遂に本に載ることになりました。 その本とは【梓書院】から出ている『季刊・邪馬台国』の第131号です。 http://azusashoin.com/ 今年の11月末に発売予定。 題名は上記の【須佐之男命は徐福が神格化された神か?】と云うものです。 内容はこのブログで今迄書いてきたことを纏めたようなものです。 実は昨年の今頃ですが・・・、 『全国邪馬台国連絡協議会』という会において、投稿論文の [続きを読む]
  • 本当に有った【神武東征】或いは【邪馬台国東遷】
  • 今回は所謂【邪馬台国東遷説】と【神武東征物語】について考えてみたいと思います。『古事記』『日本書紀』に記される【神武東征物語】によると、天津神の御子五瀬命と神倭磐余彦命は日向國美々津から水軍を率いて東征の旅に発ち、豊前国宇佐、筑前国岡水門、安芸国多祁理宮、吉備国高島宮を廻った後、河内国浪速に上陸、待ち受ける長脛彦命軍と戦うが敗北、一旦船に戻り海上に逃れたが、五瀬命は矢傷が元で死亡する。神倭磐余彦 [続きを読む]