小西裕真 さん プロフィール

  •  
小西裕真さん: 春からITベンチャーで戦う16卒の日記
ハンドル名小西裕真 さん
ブログタイトル春からITベンチャーで戦う16卒の日記
ブログURLhttp://yuma1102eff.hatenablog.com/
サイト紹介文2016年春から東京で働く新卒社員が暮らしやビジネス、社会問題についてゆるく意見するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 274日(平均1.8回/週) - 参加 2015/12/23 16:25

小西裕真 さんのブログ記事

  • 学歴詐称と合理的無知仮説
  • headlines.yahoo.co.jp最近、学歴詐称の話が流行ってるので今日はそのことを。巷では、「学歴だけで人を判断してはいけない」とか「評価する人間の問題だ」とか言われていますね。「学歴だけで人を判断してはいけない」というのは本当にそうだと思いますけども、そういう教訓のようなありがたい話じみたまとめ方にはなんだか違和感を感じます。僕はこれからも学歴で人を判断する風潮は変わらないと思いますしそのメカニズムも考え [続きを読む]
  • 面白いブログってどういうものだろう
  • こんばんは。「最近ブログはつまらなくなった」と大御所ブロガーさんがおっしゃっているのをよく見かけます。僕自身、最近ブログを始めたばかりなのでそういう話をするに値しないみたいなのもあるんですが、ちょっと色々書いてみようと思います。 無個性なブログ達 つまらない理由としてよく挙げられているのは、マネタイズとテンプレ化のことですね。ブログで稼ごうとする人達が増えたことというよりかは初心者でも簡単に稼 [続きを読む]
  • 自分らしさとオリジナリティ
  • どうもこんばんは。僕がゆとり世代なのもありますけども、「個性を伸ばそう」とか「自分らしい生き方」みたいなものをよく見かけますしそういうものが生きていく上で大切なのだとよく言われています。僕もそうだと思いますけども、なんだかそれで逆に行きづらさを感じている人もいるように感じます。今日はそういうことについて書いてみたいと思います。 自分らしさ ざっくり定義すると自分の価値観に沿ったこと、自分に合っ [続きを読む]
  • 上司や会社に期待しすぎないこと
  • www.recomtank.comみるおかさんの記事言及。これから社会人になる身分なので、こういう仕事の話は気になりますし勉強になります。教える教わるという関係とか仕事観とかについて色々考えてみようと思います。けっこう仕事している人目線でダメ上司を語るものはよく見ますが、僕は新卒目線ということで。責任の所在と実害を被る人は違う「親と上司は選べない」という言葉があるように上司がどんな人なのかはかなり運要素が強い [続きを読む]
  • 映画「オデッセイ」を見てきました
  • おはようございます。一昨日、大学で卒業者の発表があってその確認のついでに友達と遊んできました。(卒業も無事できていました)そこで「オデッセイ」という映画を見てきたので感想を書いてみようと思います。(ネタバレ要素はできるだけなしでいきます。)www.foxmovies-jp.comCMも流れていますがHPはこれですね。火星探索のとき1人だけ取り残されて次の救助が来るまで4年という中限られた資源と科学の力でサバイバルする、というか [続きを読む]
  • ブログタイトル変えてみた
  • こんばんは。最近ブログサボりがちですね。プログラミングの方をがっつりやっていてWebも絡めた機能なんかもちょこちょこ作れるようになってきたので伸びしろと成長速度がいいかんじで楽しいです。ブログを始めて2か月とちょっと、振り返りとこれからみたいなことを書いてみます。 ブログタイトルを変えてみた 特に意味はないんですが(^^;「別にいいじゃん」ってのはこのアイコン画像にもしているLINEスタンプのタイトルです [続きを読む]
  • 学歴フィルターと大学受験
  • 久しぶりの更新です。2月末から昨日まで卒業旅行で九州に行ってました。僕がうぇいうぇいしている間に世間では就活が解禁しました。ブロガーさんや大学の後輩に就活生がいるのでみなさん頑張ってほしいな、と思いながら屋台で美味しいものを食べていました←ブログもちょこちょこ見ていたんですが、学歴フィルターの話をよく見かけた気がします。精査の効率化や質の担保という意味でも学歴フィルターは有用、とする意見が多かった [続きを読む]
  • 批判との向き合い方
  • aitabata.hatenablog.com最近こういう記事が流行ってましたね。個人的には、応援しているというか頑張ってほしいなと思っています。とはいえ、批判している人の言い分にも妥当なものもあるのでそういうのはがんばって乗り越えていってほしいな、と。ケースバイケースですが、僕自身はけっこう議論好きな部類の人間で批判するのもされるのもそれなりに好きです。ブログ歴も今2か月ちょっとぐらいですが別に悪意がなくてもネガコメが [続きを読む]
  • ネット民の縄張り争いを分人主義的に考える
  • 私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/09/14メディア: 新書購入: 19人 : 299回この商品を含むブログ (79件) を見るこの前読んだ本が面白かったのでその紹介がてらちょっと遊んでみます。生き方とか人間関係とかの話なので、そういうことに関心のある人にはお勧めです。僕としては、今年読んだ本の中でもなかなか上位の方です。ちなみに、タイトルの [続きを読む]
  • 不本意入学組という存在を見て思ったこと
  • 僕が通っていたのは世間一般ではそこそこのレベルの私大でそういうレベルの大学だと国公立に落ちて泣く泣く併願の私大に行くことになるという人が一定数います。僕の周りではそういう人のことを不本意入学組と呼んでいます。(世間一般で通じるのかどうかはわかりませんが)そして、往々にしてこういう人はすごくネガティブなかんじで大学生活を始めます。このあたりは想像に難くないでしょう。ちなみに僕は受験勉強を始めようと思っ [続きを読む]
  • やっておいた方がよさそうなことの大半はやらなくても何の問題もない件
  • ブログとか読んでると、色んな人が色んな経験から色んなことを語っていて面白いですよね。その中でちょこちょこ出てくる「これをやっておくべき」「できるならやっておいた方が良い」みたいなものを読んで考えるときに意識してることについてです。そういう紹介系の記事に対する批判ではなくて、あくまで受け取る側のスタンスについての話です。やっておいた方が良いことは数えきれないぐらいある色んな方が紹介されてい [続きを読む]
  • 就活が大変と言われる理由を考えてみる
  • 最近、就活の相談とかを後輩とすることがあるのでそういう話をば。それが良いのか悪いのかはさておき、自分はそれなりのレベルで自分に合いそうなところをさくさくっと受けただけだったからあくまで想像の域を出ないとは思いますが。成功の状態とそのための手段が曖昧で考えにくいこれは大きいように思います。大学受験で言うならば、受験科目と偏差値、合格最低点あたりを見れば大体何をどの程度できれば合格できるかとい [続きを読む]
  • 人生最後のモラトリアムを読書とJavaに使う
  • 人生の夏休みと言われる大学生活の最後の春休みということでモラトリアムももう終わりが見えてきました。うげえ、4年間って早い。夏休みで言うと8月29日ぐらいなのかな。実家に住むのもあと1か月切ったぐらいです。僕は基本的にはインドア派なんですが、月末にはNPOの後輩が追いコンをしてくれるらしく来月初めには友達と卒業旅行に行きます。ずっと前から付き合いのあるメンバーなのですごく楽しみ。最近は、好きなことをできる最 [続きを読む]
  • 昔読んだ本を読み返したら色々面白かった件
  • 職業としての政治 (岩波文庫)作者: マックスヴェーバー,Max Weber,脇圭平出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1980/03/17メディア: 文庫購入: 36人 : 647回この商品を含むブログ (151件) を見る春休み、就職前の身辺整理をしていると昔読んだ本が出てきて懐かしくなってついつい読んでしまいました。確か『職業としての政治』との出会いは大学1年のときで、大学のレポート課題だった気がします。当時は何かよくわか [続きを読む]
  • まだイケハヤ叩きで消耗してるの?
  • 最近イケハヤ関連よく見るのでついつい書きたくなっちゃって。イケハヤ信者でもなければ、批判記事辞めようよとか言いたいわけでもないですがちょっとブログをやっていると消耗ネタとかやってみたくなりますよね。消耗系タイトルも1回やってみたかったんです。とりわけ強い主張があるとかでもないですが、色々見て思うことを書いてみます。叩くつもりが応援になっている炎上商法つええwと思いますね、ほんとに。色々 [続きを読む]
  • チョコをもらったからって良いことばかりとは限らないぞ
  • 今週のお題「バレンタインデー」どうもこんばんは。あと1週間でバレンタインなんですね。バレンタインと言うと、もうこれでもかというぐらい女子がまとわりついてきてチョコ渡されて時間かかるわ恥ずかしいわ、周りの男に嫉妬されて色々言われもすれば、肝心のチョコも処理しきれなくて食生活も乱れるし挙句の果てには虫歯になったりニキビが出来たりするしホワイトデーにはお返しが大変だったりというような悩みがあるわけもなく [続きを読む]
  • 「無知のヴェール」の概念について紹介してみる
  • yuma1102eff.hatenablog.com昨日の記事に続いてですが、なんとなく思想とか哲学のブームが来ています。今日はロールズの『正義論』に出てくる「無知のヴェール」という概念を使って色々考えてみようと思います 「無知のヴェール」とは 「無知のベール」とは、自身の位置や立場について全く知らずにいる状態を意味する。 一般的な状況はすべて知っているが、自身の出身・背景、家族関係、社会的な位置、財産の状 [続きを読む]
  • 「成功者を妬んではいけない」はどの程度正しいか
  • 小泉元首相の有名な発言ですね。僕は大学では政治や思想哲学に関することをやっていました。そういう観点も交えながらもうちょっと深めて考えてみたいと思います。■発言の真意小泉首相と言うと、いわゆる新自由主義的な政策を推し進めたことで有名ですね。新自由主義というのはざっくり言うと競争原理や市場原理を重視するというものです。「成功者を妬んではいけない発言」が「格差社会が必ずしも悪いわけではない」とい [続きを読む]
  • 業種ではなく社風重視で就活していた話
  • こんばんは。そろそろ大学3年生は就活開始の時期ですし心なしか最近就活系の読者さんや就活関連の記事をよく見かけるようになったので自分の体験談を書いてみたいなと思います。今回は企業選びというか、就活の軸みたいな話を自分の大学生活と照らし合わせながらしてみたいと思います。 NPOで活動していた話 僕のブログには度々話が出てきますが大学2年生の頃から今現在まで学生中心で運営しているNPOで活動をしています。事 [続きを読む]
  • 暇だから1月に食べたラーメンまとめてみた
  • こんにちは〜。もうすぐお昼時ですね。今梅田にいて何食べるか考え中です。(ラーメンは昨日食べたから食べない。)ちょっと時間つぶしがてら今月のラーメンまとめてみました。伊丹 がふうあん地元の名店です。写真は塩そばとそぼろご飯。あっさりしてるけど、味わい深いかんじなんですよね。普段はこってり派だけども、ここのあっさりは大好き。麻布十番 156東京に新居決めに行ったときに食べたやつ。鶏ポタージュみたいなトロトロ [続きを読む]
  • ミュージシャンなんてちょっと壊れてるぐらいでいいと思う
  • 不倫ネタで盛り上がってるゲス極とベッキー。自分は音楽好きを自称してる割りにあんまりゲス極は聞いたことなかったので色々調べてみた。けっこうボロカスに叩かれてると思ったけども「人としてはアウトだけども曲は良い」みたいな意見が意外と多くてびっくり。そんなに詳しくないけども、ちゃんと実力が評価されてるってことなんかな。「不倫してるようなやつの曲を聞くと耳が腐る」みたいな過激派もちょこちょこいたけども自 [続きを読む]
  • 大卒時点で運転免許ないってやばいっすか?
  • 都会は車が無くても問題ないだとか田舎だと車がないとどこにも行けないだとかの交通手段の話をしたいわけではなくてこの前の記事をベースに運転免許も持ってないし英語も話せない自分がこれから必要になってくる素養について考えてみた話をしてみたい。yuma1102eff.hatenablog.com運転免許がなくても問題がない時代が来るないよりはあった方がいいけども、そもそも既存の免許という存在がなくなるときが来ると思う。理 [続きを読む]