ジージ さん プロフィール

  •  
ジージさん: ジージのドイツ散歩
ハンドル名ジージ さん
ブログタイトルジージのドイツ散歩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ji-ji1213
サイト紹介文ドイツ、ハンブルク市に在住、39年目。 海賊版の退治方法を掲載しています。 どうぞご訪問下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/12/23 06:44

ジージ さんのブログ記事

  • ラインベークのお城
  • 今回はお城の写真ばかりです。まずは外側をご覧いただきますね。これは正面と右の棟の角に立っている塔です。こちらは正面と左の棟ですが、角、屋根のすぐ下にある物をご覧ください。これは雨どいの役目をしているようです。でも雨が降ったら、この龍の口の下にいると、ビチョビチョになりそうですね。建物の中に入る前に、このお城の歴史を説明させてください。1250年にはすでにこの建物が、修道院として建っていました。そし [続きを読む]
  • ラインベークの街からお城へ
  • ラインベーク、ドイツ語で Reinbek は、ハンブルク交通網に入りますが、ハンブルク市内ではなくて、シュレスビッヒ・ホルスタイン州に位置します。電話番号は市内番号なのですが、車のナンバーはハンブルクではありません。今日はお城に直行しないで、街中を少し見て回りました。ラインベーク駅の出口を南に行かず、北に行ってすぐの所にこの建物があります。洒落た感じですね、窓に布団を干してあるのがアクセントになっています [続きを読む]
  • 海鮮レストランから遊覧船桟橋へ
  • 前回のエルベ川が見える高台からエルベ川の畔に降りました。途中でかなり写真を撮ったのですが、今回でこのシリーズを終わらせるつもりなので、他の写真もかなりカットしました。その代わり、今日は画像がかなりあります。高台から歩いて降りた通りは、グロース・エルプシュトラーセと言う名前で、アルトナ駅から寄り道しないで歩いたら、15分ほどですね。高級レストランではなくて、どれもお気軽に食べられる店のようです。スシ [続きを読む]
  • 旧アルトナ駅舎の周辺
  • 今日は旧アルトナ駅舎の周辺を見てからエルベ川の見える高台に行きますね。まずヴィルヘルム1世の写真からご覧ください。ヴィルヘルム1世については説明が書いてあったのですが、足元にある2つの像に関しては何も書いてありませんでした。では旧駅舎を見ましょう。かなり大きな建物です。レンガが敷いてある地面が先ほどの雷雨でかなり濡れています。入り口、右上にあった像をアップでとってみました。では駅舎の裏側を見てみま [続きを読む]
  • アルトナ駅から旧アルトナ駅舎へ
  • このタイトルでは事情を知らないと何が何だかわかりませんね。今でこそアルトナ地区はハンブルクに含まれていますが、以前はデンマークが統治していました。そして北から来る列車の終点は、現在のアルトナ駅ではなく、これから紹介させていただく旧アルトナ駅だったのです。では現在のアルトナ駅を南に出て歩きましょう。駅から真っ直ぐ南へ向かって歩くと、最初に目に留まるのがこのオブジェです。この公園の中に入ってみますね。 [続きを読む]
  • 再び桟橋へ
  • 前回は遊覧船桟橋の対岸に着いて、そこから撮ったエルプフィルの建物を紹介したところまででしたね。実はかなりの数エルプフィルの建物を撮ったのですが、あまり掲載すると “ ウザイ ” と言われそうなのでやめますね。ハンブルクの象徴 “ ミッヘル ” はまだ健在ですよ。晴れた土曜日の午後、ミッヘルの展望台も人で賑わっていました。シアターへのシャトルフェリーです。対岸の建物の、中央やや右に写っている丸い屋根がエルベ [続きを読む]
  • エルベトンネル内を歩く
  • 今回はエルベトンネル内と、向こう岸に着いてからの写真を紹介させてください。これはトンネルの高さに着く前に撮りました。中央が車道で、両側が歩行者と自転車なのですが、車が通らない時には歩行者と自転車も車道を使えます。一応歩行者は右側通行です。でも僕を初め、他の人も気にしていないですね。車道はかなり狭いので、大型は通行できません。時々トンネルの壁に、このようなタイルが使われています。カレイですね。この近 [続きを読む]
  • 遊覧船桟橋から旧エルベトンネルへ
  • 今日は、桟橋から旧エルベトンネルに着くまでの間に見た物をまず紹介させてください。これはリクマー・リクマース号のメインマストです。以前も点検している場面を撮って、掲載していますね。いやー、高いですね、怖いですね。でも本当に点検しているようには見えませんでした。観光客が多かったので、パフォーマンスかもしれません。ハンブルク港の乾ドックです。小型の旅客船ですね、なんとなく人の顔に見えますね。旧エルベトン [続きを読む]
  • 久し振りの遊覧船桟橋
  • 今日、午後晴れてくれて助かりました。もし雨が降っていたら、ブログネタがなくなっていたのです。でも雨が降っていたら、近所の写ん歩に行ったと思いますが。桟橋駅に着いたら、そのまま真っ直ぐ桟橋へ行かないで、右にある小さな出入り口を出てすぐ右へ、展望広場に上がりました。エルプフィルの建物です。今日ここへ来た目的の1つは、エルプフィルが良く見える角度を探したかったことと、それから、新しくなったカメラで旧エル [続きを読む]
  • 今日は食べ物の話です
  • 今回の記事の場所は、グーグルマップで探せます。前回最後の写真に書いてあった Ernst-August-Kanal を検索すると2件出て来るので、Hamburg を選んでください。その運河は行き止まりに見えますが、それでも先へずっと進むと、Zum Anleger という食事処が出てきますし、写真も見ることが出来ます。ジージの撮った写真と似ているのもありますから。はい、前置きはこれくらいにして、スタートです。そこに着くと、まず桟橋へ行きまし [続きを読む]
  • 運河の散策
  • アルスター湖に散歩をした日は幸い晴れていましたが、その後ひどい天気続きでした。この日も天気予報では午後から雷雨の予報だったのですが、買い物から戻ってきても雷雲は見えませんでした。ですから雨に遭うのを承知で、傘を持って写ん歩に出かけました。雷雨になるのであれば、遠くには行けません。ですから1度紹介したことのある運河を見に行ったのです。中央右にスワンボートがありますね、拡大してみましょう。ドイツのスワ [続きを読む]
  • そしてアルスター湖からお別れ
  • 前回最後の写真と同じように、今回最初の写真はケネディ橋の上から撮りました。様々な交通機関がアルスター湖を横切っているので、外アルスターこと内アルスター湖の間には橋が架かっています。外アルスター湖側にあるのがケネディー橋で、内アルスター湖側にあるのはロンバルズ橋です。ケネディー橋を渡り終わったら湖の畔に降りますが、そこにいたのはハイイロガンの幼鳥でした。どうやらお昼寝タイムを邪魔してしまったようです [続きを読む]
  • 鳥にも春が来ました
  • 前回は水鳥が巣を作っていそうな場所を紹介しましたね。今日はその続きです。近づくと、すぐに白鳥の姿が見えました。でも道路側からだと他がどうなっているのか全く見えないので、向かい側に移動します。この2羽はまだ春を楽しむまで行っていないようです。カンムリカイツブリは好きなんですよね。どうやら抱卵しているようですが、まるで動かなかったので、孵ったヒナがいるかどうかわかりませんでした。そしてカンムリカイツブ [続きを読む]
  • 変なオブジェ
  • またアルスター湖へやってきました。今日は右岸を先に見るつもりだったのですが、なんとなくポケっと歩いていたら、違う信号の場所に出てしまいました。それでは予定変更で、左岸をまず見てから、と思って信号を渡ると、目につくのがこのオブジェです。今までも掲載しましたね。この角度で見ると、両目、鼻、そして開いた口に見えます。どちらかと言うと、アホ面ですね(笑)では角度を変えて撮影しますね。角度によって、見え方が [続きを読む]
  • 鳥3種類
  • インゼルパークで花を撮ったあと、木の種類はわかりませんが、黄色い葉が日光にキラキラ光ってきれいだったのです。それを撮ったのですが、イマイチうまく行きませんでした。これは青空をバックにしました。何枚か青空をバックに撮ったあとで、建物をバックにしたらどうなるか試したのです。バックを何にするか、構図をどうするか、まだまだ研究の余地がありそうですね。何か被写体がないか、考えながら歩いていたら、この鳥が地面 [続きを読む]
  • 池の畔の景色
  • 前回は緑の多い画像になってしまい、変化に乏しかったですね。理由はあとで書きますから。まず青空の写真からです。そしてカナダガンが、子供たちがいつもエサを与えている場所にいましたね。ここでは足に認識番号をはめられているカナダガンが多いです。観察している方も時々来て、報告書を提出するのです。このカナダガンは認識番号をつけていませんね。やはり水鳥は泳いでいる方が様になっていますね。コブハクチョウです(大笑 [続きを読む]
  • 久し振りの自然公園
  • この日、にわか雨の予報だったので、傘を手にしてハールブルク自然公園に行きました。目的はいくつかあって、その1つは赤い花の咲くマロニエの花の様子を見に行くこと、それから水鳥のヒナがいるかどうかを確かめること、もちろん風景を撮ることも目的でした。その日はこのような天気。画像右下に細い木の枝が入ってしまいました 少し花の写真を撮ったあとでそのまま真っ直ぐ行くと、このような景色になります。ですがこの道を選 [続きを読む]
  • 気になる木
  • タイトルでおわかりのように、今日は首をかしげるような木の画像ばかり集めました。まず1番手は穴が空いている木から行きますね。しかしなぜ穴が空いているのでしょうか。拡大してみますね。もっと近づきたかったのですが、これ以上は無理でした。これは別の場所ですが、苔がびっしり生えています。このように穴を撮っている時、突然何かが出てきたら驚きますね、腰が抜けるかもしれません(笑)今までは石垣の上に乗って撮ったの [続きを読む]
  • 小雨の日の散歩
  • これはアルスター湖の記事以前に撮ったのですが、記事にしないつもりいましたけれども、思い直しました。半分休憩だと思って、オセンベイを食べながら、お茶でも飲みながら見てください。ロキ・シュミット庭園に入る前の花壇です。八重桜がかなり散っていて、きれいでしたね。花壇のピンク色は、エゾムラサキです。この日は天候も影響していたのかもしれませんが、かなり落ち込んでいました。写真にすると、細部を写すことはできる [続きを読む]
  • 外アルスター湖と水鳥
  • 今日はいつも紹介している左岸ではなくて、右岸に行きますね。右岸側で、まず目に入るのがこの施設です。ここはクラブで、個人用のヨット、ボート、カヌーなどが置いてあります。小さな双胴船で、船外エンジンが見えますね。オオバンが時々動くので見ていたら、ヒナはまだ孵っていませんでした。まだ巣作りの最中かもしれません。まだまだ天気はもちそうですね。ここはヒナが孵っていました。内アルスターで見たヒナよりも、ずっと [続きを読む]
  • 内アルスター湖から外アルスター湖へ
  • これからがアルスター湖畔の賑わう時期ですね。ハンブルクは日光が少ないので、日向ぼっこをしている人をよく見かけます。今日は外アルスター湖に行きましょう。どうしようかな、と思ったのですが、掲載することにしました、ライラックです。市の中央にもライラックの木があるのですね。ここは春にクロッカスが咲いていた場所です。ホシムクドリがまたいました。以前はそれほど見る鳥ではなかったのですが、ハンブルクに定着したの [続きを読む]
  • 中央駅から内アルスター湖へ
  • 今日、天気予報が外れてくれて、曇り、午後はにわか雨だったのですが、昼になって天気がよかったので、内外アルスター湖を見るつもりになりました。まず内アルスター湖を見ようと思って、中央駅北口から美術館の横を歩きます。久し振りの青空です。結論から言うと、にわか雨は降らないで、ずっとこの天気でしたね。皆様がてるてる坊主を作ってくださったからだ、と思っています。中央の白い建物は、ホテル “ 四季 ” です。冬以外 [続きを読む]
  • 買い物道の花
  • ドイツの天気予報ほどあてにならないものはありません。昨日の予報では、今日から3日間は晴れマークでした。しかし今日になったら曇り、所によりにわか雨、だそうです。これでは近場しか行けません。明日が晴れてくれることを祈るばかりです。まあ、愚痴をこぼしていないでスタートしますね。家の近くの運河土手に咲いていました。ノラニンジンの花で、別名は 「 アン王女のレース編み 」 です。まだ花が完全には開いていませんが [続きを読む]
  • 夕焼け空
  • とんびは飛んでいませんでしたが、きれいな夕焼けでした。今日はパスポートの更新申請をするために、まず証明書用の写真を撮る店へ。その後、日本国領事館に行ったのですが、かなり本格的な雨でした。これで10年パスポート4回目の更新ですが、この先どうなるでしょうね。次の更新をしないとすると、もう死んでいるか、あるいは居住地を日本にしているかですね。5回目の更新があるとすると、もうよいよいジジイになって、ドイツ [続きを読む]
  • 自然保護地域から再び八重桜並木へ
  • ハンブルクはまたまた冬に逆戻りしました。今日の日中気温は9度、にわか雨。それでも写真を撮りたくて外出しました。撮影がよっぽど好きなんでしょうね、バカとしか言いようがありません(笑)自然保護地域ではハイイロガンの撮影が中心になってしまったので、せめて青い空と白い雲だけは紹介させてくださいね。寒くてもいいですから、これくらいの青空が欲しいです。天気予報はしばらく雨続き、まあ買い物は行きますが、それ以外 [続きを読む]