まさと さん プロフィール

  •  
まさとさん: 岡山の元寿司屋の若旦那が本気でアウトプットする
ハンドル名まさと さん
ブログタイトル岡山の元寿司屋の若旦那が本気でアウトプットする
ブログURLhttp://ameblo.jp/masato-yana/
サイト紹介文東京の商社マン→岡山の寿司屋→東京の商社マンの経歴を持つアラフォー男のアウトプット。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/12/23 18:23

まさと さんのブログ記事

  • ハワイのグルメ
  • 今回はコンドミニアムに泊まり、Foodpantryでお米や食材を購入し、何回か自炊をしました。ホテルに付いていたBBQコーナーで、大きなお肉を焼いて食べたのが、一番美味しかったです。この肉、1.5キロあって、たったの14ドル!夕暮れのダイヤモンドヘッドを見ながらの夕食は、忘れられない思い出です。その他、ステーキハウスやフードコートの日本食を食べましたが、白米が不味いのが、とても残念でした(T_T)朝食で、日本でも行列が [続きを読む]
  • 一週間の休暇の後に感じたこと
  • 先週、ハワイに夏季休暇で行って来ました。写真は、Ko Olina地区のホテルのビーチ25年振りのハワイ天気の良い毎日カラっとした暑さエネルギーに満ちた陽射しコンパクトにまとまった街並み苦のない移動手段どれをとっても申し分無いリゾート地でした。久しぶりに、しっかりと休暇を取って感じたのは人はリフレッシュする事が大切という事です。リフレッシュするためには、●非日常に行く事●新しい事をする事●やりたい事をする事こ [続きを読む]
  • ベトナム人に触れて
  • 先週のイタリア人から引き続き、今週はベトナム人のアテンド。人数は三人で、しかも全員女性!英語はベトナム語チックな英語で、非常に聞き取り難い。皆んな、自分のペースで物事を進めるので、打ち合わせをしていても中々、前に進まない。。。今でも社会主義のベトナムは、ベトナム戦争前は独裁政権で、今の北朝鮮のようだったこと。ベトナム戦争では、多くの犠牲を強いられたこと。その後のドイモイ政策で一気に発展したこと。海 [続きを読む]
  • イタリア人と一週間居て感じたこと
  • 先週一週間、イタリアのオリーブオイルサプライヤーと一緒に居て感じたのは、高い人間力だということです。フランス人ほど自分の価値観を押し付けずドイツ人ほど堅物ではなく柔軟性を持ちイギリス人ほど利己的ではなくイタリア人は、「生きる」=「活きる」事を重視しているのを感じました。10分の時間が空いたら、「エスプレッソを飲みに行こう!」と言い、1日に3回もスタバに行きました。彼から「自分の座右の銘」だよ、ともらっ [続きを読む]
  • 自分を曝け出す覚悟 〜 今日を生きる 〜
  • ある女性の「生き方」について考えさせられました。自分は、ここまで自分を曝け出すことが出来るだろうか?そこまでの覚悟と強さをもてるだろうか?人は見栄を張る生き物であり、時に「張り子の虎」のように虚勢をはる。化粧、整形、かつら、ダイエット、ピアス、タトゥー、車など、自分を良く見せたいという気持ちが少しは入っている。弱い自分、醜い自分、ありのままの自分を曝け出すという事は、非常に勇気のいることである。SN [続きを読む]
  • 本当についている日
  • 今日は、イタリア人のオリーブオイルサプライヤーをつれて、名古屋、神戸のお客様を訪問。朝、東京を出て名古屋で13時のアポイント。その後、名古屋駅から新大阪に向かう新幹線がナント!大幅な遅れ!!ホームは大混雑していましたが、直ぐに来た「こだま」で新大阪まで行くことができた事はラッキーでした。しかも座席が空いている!!18時に芦屋のお客様訪問が終わり、芦屋駅のみどりの窓口で、取り敢えず東京までの自由席のキッ [続きを読む]
  • 迷える子羊 〜 羽が付いたら羽ばたける 〜
  • 昨日は、就職活動中の中央大学の学生と面談をしていました。アメリカに一年留学していたために、就活が遅れ、周りの友人達は軒並み内々定をもらっており、非常に焦っていました。食品関係、商社など海外との繋がりの強い企業を志望しているとの事で、業界の事や普段の仕事、やりがいなどを話しました。エントリーシート(履歴書)を見させてもらいましたが、「自己PR」「学生時代に打ち込んだ事」の欄が一貫性がないというか、何が [続きを読む]
  • 外国人とガチで取り組む心構え 「信じてあてにせず」
  • 前にも書いたかもしれませんが、ある中国人の総経理から言われた言葉信じてあてにせず海外と取り引きをするにあたり、心構えとして教えてもらいました相手の事は信用するが、過度の期待や頼ったりせず、相手の判断に自分が動じることのないよう気持ちを持つという事ですこれは、外国人相手だけではなく、日本人との対人関係でも通じるものです。人と人との間には信頼関係が大切信頼関係とはお互いに相手を信じること頼り、依存する [続きを読む]
  • 琵琶湖の水はナゼ綺麗なのか?
  • 先日聞いたお話です。琵琶湖の水はナゼ綺麗なのか?それは、①琵琶湖は海抜の低い位置にあるから②大小合わせて460本の川から水が流れ込むからこの二つの理由から、常に水が流れ、自浄作用が働くのです。これを人間力に言い換えれば、常に謙虚な姿勢でいれば、人は様々な領域から力や、アドバイス、情報を得る事が出来るということが言えるでしょう。他人からのアドバイスや、情報は謙虚に受け止め、自ら咀嚼して自分の頭の中や、 [続きを読む]
  • お店の四つの格とは
  • 昨日、創業73年のイタリアンレストランに行きました。イタリア人オーナーの三代目とお話をさせていただいたんですが、ここ15年の中で様々な世の中の流れを感じた話を伺う事が出来ました。ITバブル、リーマンショック、大震災、オイルマネー、中国マネー、・・・多種多様なお客様をお迎えする東京青山にあるレストラン店内には、品の良いお客様ばかりで賑わっていました長年お店を継続させるためには、四つの格が必要だと言われまし [続きを読む]
  • 招福五出 〜 弘法大師の教え 〜
  • 弘法大師(空海)の教えに招福五出というものがあります。福を招くには、五つのものを出しなさいというものです。一、 声を出せ二、 汗を出せ三、 息を出せ四、 精を出せ五、 不浄の物を出せ元気に声を出し、一生懸命に汗をかき、全身で呼吸をして、日々精進することで、自然と身体の中の悪いものが出て行き、幸せを呼び込む事が出来るということだと解釈できます。 [続きを読む]
  • 福澤諭吉流 一流のビジネスマンとは
  • 学者、翻訳家、教育者、実業家など、様々な肩書きを持つ福澤諭吉彼曰く、「一流のビジネスマン」とは、この4つの条件を兼ね備えた人●志 ・・・気高く、奥深いこと●心 ・・・公正で、素直で、思いやりがあり、謙虚で誠実であること●頭 ・・・ 頭脳明晰で論理的思考ができること●体 ・・・ 逞しく丈夫であることこの4つをバランス良く保つことが大切だと述べています。どれか一つが素晴らしくてもダメで、それぞれを少しづつ高め [続きを読む]
  • 売上と利益
  • ブログのカテゴリーを「仕事術」で登録したので、関連内容を久しぶりにアップします。企業の物差しの一つに、「売上」と「利益」があります。それは、どうやって生まれるのか?端的に言う言葉をフッと思いました。 売上は、お客様の中にある存在感であり利益は、お客様からの価値観である [続きを読む]
  • 就職活動に悩む人へ
  • 久しぶりの更新です。昨夜、友人の紹介で就職活動中の大学生と面談しました。以前、私が勤めていた会社を志望しているらしく、16年前に在籍していた◯◯物産の会社概要等を久しぶりに拝見しました。売り手市場とは言うものの、人気企業は倍率も高く、MARCHクラスの大学でも苦戦しているようです。ファミリーレストランで4時間くらい、エントリーシートの書き方、自分の強みのアピール方法、食品業界の川上から川下について等、かな [続きを読む]
  • ファイト!
  • 今日、20年来の友人と会いました。「楽しいことをしょう!」と思っても、何が楽しいのか分からないそうです。一ヶ月ぷりに外食をして、人と会ったそうです。美味いものを食べて、楽しいと思える事にチャレンジ出来るだけで、凄く有難い事なんだなぁ〜、と感じました。また、美味しい焼肉を食べましょう^_^にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • イタリア出張日記 その三
  • イタリア三日目まだ時差ボケがあり、4時にはパッチリ目が覚めます。7時からの朝食をすませ、散歩に出かけました。北イタリアなので、日の出は7時30分と遅く、朝の気温はマイナス2度と凍る寒さです。イタリアの都市にはどこでもある教会中に入ってビックリ!!天井にまで広がる壁画は圧巻です本日は二件のアポ。一つはトマト缶のメーカー、そしてパルマハムのメーカー。ハムの貯蔵庫の写真です。やはり、日本で食べる生ハムとは違い [続きを読む]
  • イタリア出張日記 其の二
  • 朝、ボローニャのホテルを出てアドリア海に向けて南下。冷凍グリル野菜のサプライヤーとのミーティングの為にチェゼーナに移動しました。訪問先は巨大な工場で、担当者も熱心な方で2時間の充実した打ち合わせとなりました。ランチに招待されたのは高台にある古城レストラン。ビュッフェスタイルのランチは、初めて食べるものばかりで、どれもBuono!いきなり食べ過ぎてしまいました。その後、モデナに移動。バルサミコ酢のサプライ [続きを読む]
  • イタリア出張日記 その一
  • イタリア、モロッコ、イギリスを回る21日間の出張に行ってきます。久しぶりの成田空港は、過度なセキュリティチェックもなく、オフシーズンだからでしょうか、スムーズなチェックインが出来ました。アリタリアは初めて乗りましたが、シート、サービスなど中々良かったです。今までは、スターアライアンスが好きだったんですが、アリタリアが加盟しているスカイチームのアライアンスも沢山の航空会社がいるので、魅力的です。今回か [続きを読む]
  • 悔しさをバネにする
  • 昨日、ある会社の社長との会話の中で感じた言葉悔しさをバネにする20年前の新入社員の時に、自分の力の無さと結果の不甲斐なさを感じ、非常に悔しい思いをしたのを思い出しました。悔しいと感じる ↓努力をする ↓成長するというサイクルに繋がり、幾つになっても伸びしろがあると感じれるものです。成長しない人は、結果の原因を他人のせいにする人です。常に謙虚な気持ちを持ち、悔しさ [続きを読む]
  • 映画鑑賞
  • 久しぶりに映画鑑賞自然と頬を涙がつたわりました。ガンで家族を失っている方は、必ず泣けます。涙は心の汗です。偶には泣くのも良いものですね! [続きを読む]
  • 社内研修旅行
  • 毎年恒例の社内研修旅行今年は、山梨県 甲州市にてワイン研修です。勝沼醸造場に伺い、ワインについての講義と葡萄畑、醸造場の見学を行ないました。当地を代表する甲州という品種を使った白ワイン10種類を飲み比べ。同じ葡萄品種でも、テロワール、ビンテージ、製法によって様々なワインに変化するのがよく分かる試飲でした。ほろ酔い気分で伺ったのは、同社が経営している リストランテ「風」こちらでは、今まで食べた中で最高に [続きを読む]
  • 後悔先に立てず
  • 後悔先に立たずと言う言葉があります。これは、「自分のやってしまった事を後で後悔しても、どうしようもない」という意味ですが、私が思うのは、後悔先に立てずです。これは「自分が決めてやってしまい、仮に失敗したとしても、決して後になって後悔しない」という事です。一時的に反省をして、失敗した要因を分析して次に生かす事が出来れば、それで十分なのです。後悔ばかりしてると、次に挑戦すべき時に、一歩が踏み出せません [続きを読む]