靴之輔 さん プロフィール

  •  
靴之輔さん: 靴之輔の『そうらしいで?いや、知らんけど』
ハンドル名靴之輔 さん
ブログタイトル靴之輔の『そうらしいで?いや、知らんけど』
ブログURLhttp://ameblo.jp/chez-pied-du-henri/
サイト紹介文革靴が好きで、靴の世界に飛び込んだ靴之輔が、靴・ギター・斉藤和義・日記を書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 274日(平均1.1回/週) - 参加 2015/12/23 21:18

靴之輔 さんのブログ記事

  • 安売り用ではない安くなった靴SET。
  • 今日、コラムを書いている楽天ショップを覗いたら、こんな商品がアップされていた。え?高品質フェイクレザーが税送料込みで実質2200円??これ、良いね。二足セットは数あれど、こういう本革と合否のセットってなかなか無いし、あってもセット商材だからしょぼいのが多い中で、これは良い靴でセット組んでるな。キースバリーの革靴は、知名度はないけれど作りはしっかりしてるし。ワシは大阪の某リーガルショップで購入したのだ [続きを読む]
  • ティンバー丸洗い spin-off
  • すんごく寒かった今日。心配になっていろいろ選べる革靴屋さんのMさんに連絡を入れた。「スイマセーン、靴之輔です」「あ、どうもー」「あのー、早速なんですけど、ティンバーはどんな感じ…」「あー、ガッチガチに凍ってました」だそうですよ。 [続きを読む]
  • イタリア語
  • ブログネタ:喋れたらうれしい言語 参加中靴が好きな靴之輔としては、やっぱりイタリア語は喋れたらありがたいなーと思う。なんというかな、靴のデザインに関して言えば、日本はまだまだなんだな。ネイティヴなイタリア語が話せるのなら、そこら辺りのデザインの秘訣を聞いてみたいと思うわけですよ。 [続きを読む]
  • ティンバーを丸洗い その五
  • ティンバーを丸洗いした後、各部のチェックです。汚れが残っているところは、もう一度洗い直して、それでも落ちないところは諦めて。あんまりこすり過ぎると、それはそれで良くないとの事なので。その後、風通しのいいところで乾燥させます。完全に乾いて、お手入れができるようになるのは来週かな?でも、強烈な寒波が来てるから、乾くかな?「カチコチに凍ったら、写メしますねー」と、ありがたくないお言葉をいただいてMさん [続きを読む]
  • ティンバーを丸洗い その四
  • そうと決まれば、まず道具を揃える。レザーソープにブラシ…。「とりあえず、それは要らないです( ^ω^ )」ファ?「これだけひどい油ヨゴレなら、中性洗剤の方がいいです。それより先に、全体をくまなく濡らしてください」お湯をジャーっと。「中にもしっかり貯めてくださいね」もう、後戻りできない感がハンパないんですけど…。ソールが捲れてるところは、埃が残るといけないので、念入りに。ちなみに、この後から厳しい指導が [続きを読む]
  • ティンバーを丸洗い その三
  • さて、ワシのティンバーなのだが各部のチェックを終え、どうするべーとの検討に入った。「汚ったない事は汚ったないんですが、カカトが意外と減ってませんでした。それなりに扱われてたのかな、と」「ただ、グリスですか?が付いていて染み込んでいるので、普通のお手入れではやっぱりムリですね」「ソールの剥がれは、油分をしっかり落としてゴム用のボンドで貼り付ければいいと思います」「よって、丸洗いとさせて頂きます」で [続きを読む]
  • ティンバーを丸洗い その二
  • なんやかんやでティンバーを丸洗いする事になったワシは、そのままスタッフMさんの自宅へと連行された。ちなみに、ご家族同居なので悪しからず。「さて、では写真を撮って各部のチェックをしましょうか」あ、一応念入りなブラッシングは家を出る前に済ませてきてます。はい。ぐう汚い。ぐう恥ずかしい。いつ付いたか分からん、グリス汚れ。カカト踏んで脱いでたね。バレバレだね。恥ずかしいね。ここにもグリス。なぜ。「これは [続きを読む]
  • ティンバーを丸洗い その一
  • 昨日、第2回目のHello!shoes!!の記事内容を打ち合わせるために、スタッフMさんとお会いした。今回の記事は、いろいろ選べる革靴屋さんでコラムを書かせてもらうきっかけともなった 靴のメンテでいきましょう、とまでは話が決まっていたのだが、それに決まる時、Mさんからこんな事を言われていた。「今度お会いする時、手持ちの靴の中で、イッチバン汚い本革の靴を持ってきてください」ワシは、多少躊躇しながらも、もうかれ [続きを読む]
  • 月曜日
  • この前の寒波も凄かったが、今度の月曜日の寒波もすごいらしい。沖縄で雪が降るかも????ですと。九州までの人は、さすがに暖かい格好の服とかあるだろうけど、沖縄の人ってちゃんと用意でしてるんでしょうか??灯油ストーブとかあるのかねー?ちょっと心配。 [続きを読む]
  • ビジネスシューズに使う革。
  • 昨日も書いたが、今度縁あって、いろいろ選べる革靴屋さんという、楽天ショップに出店しているお店のページでコラムを書かせてもらう事になった。ありがたいねー。嬉しいねー。で、今回の内容だが、よく合皮というが、その中でも人工皮革と合成皮革とがあって、その違いはなんじゃろか?という内容。ちょうど店が大安売りのイベントを始めたので、それに合わせての記事になった。まあ、たまたま書いてた事なんだけどね。それを元 [続きを読む]
  • 明日は
  • 明日は土曜日。週に一度の靴磨きデイですな。えーと、昨日履いたリーガルとゼノビ、それに今日、本革と判明したストレートチップを磨くのだな。あ、あと、色褪せて履きにくくなったティンバーランドをなんとかせねば。いっそ色変えてやっかな。まぁ、何かと楽しみだわいな。 [続きを読む]
  • 靴の記事
  • 実は、今度から いろいろ選べる革靴屋さん という楽天のショップの中で、『ハロー!シューズ!!』という連載コラムを書くことになった。第一回目は、フェイクレザーとリアルレザーの事を書いている。急に決まったことなので、訳も分からずに書いているが、そのうち落ち着いてくると思う、。ネットの中の記事なので、間違っていたら書き直すこともできるので、書いて、訂正して、より良いものになればいいな、なんて思っている [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する。まとめ。
  • 完成したシューキーパーを入れてみて、やっぱりどんなものであれ、これは大事のもだと実感した。実は今日というか昨日、仕事でこの間磨いたリーガルを履いたのだが、帰ってきたら履き皺がはいっていた。ですぐに新聞紙を丸めたのを中に入れて形を整えたのだが、すっと形が元に戻った。靴というのは、常に曲げられたり伸ばされたりしている。それをちゃんと整えるのはとても大切な事なのだろう。ワシは、仕事の帰りにもう一組、シ [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する。最終章
  • シューキーパーの上にフェルトを被せて、靴下を履かせる。言葉にすればこれだけなのだが、かなり面倒。フェルトは、定期的に洗うので固定していないのだが、靴下被せるとこれがズレまくるのだよ。形を、整えるまでかなり時間がかかった。けど、ここをちゃんとしとかないと、後でえらい目にあう。で出来たのがこんなの。靴の幅と比べても…良い感じ。高さは、さっき見た通りなので良いとして、一応これで完成。これ、装着前。これ [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する その七
  • まずは、用意するもの。シューキーパーがなければ、新聞紙を靴下に入れてウンタラカンタラという記事をよく目にしたので、履かなくなった靴下。それとフェルト。そしてシューキーパー。、 結局、この靴下ではなく別の靴下になるのだが、それはまぁ、良いとして。まずは、フェルトを折る。三つ折り。そして二つに。そして、こちらをつま先側に。 反対側だと、膨らみすぎるからね。それをこんな風に。もっともっとつま先 [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する その六
  • さてさて、この幅狭のシューキーパーをどうするか。いろいろ考えたのだが、これは何か詰め物をするしかあるまいと思い至った。そこでゴソゴソ探してみると、そこにフェルトの生地が。これは使えると考えたワシは、それを適当な大きさに切って折りたたんで、靴の中に入れた。そして、シューキーパーをイン!うん。よくわからんがなんか靴にフィットしてる気はする。よし。これで方針は決まった。後はこれをどうにかするだけじゃ。 [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する その五
  • さてさて、ゼノビに合うように調節しようとすると、今の現状がどんなものなのかを確認しなくてはいけない。これが靴の中。でもって、シューキーパーをはめるとこんな感じ。上側が少し当たってるくらい。圧倒的に幅が足りない。これじゃいかんよね。続く。 [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する その四
  • さて、このシューキーパーをメインで使いたいのは、やっぱりこいつ!ゼノビ!こんにちは、ゼノビです。いやー、相変わらずお美しい。この間、お手入れしたばかりなのでまだピッカピカ。あ、ついつい貼りすぎてしまった。シューキーパーを調整して、ゼノビようにしよう!続く [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する その三
  • ま、あんまりタイトルと関係ない事ばかり書いてても飽きられるので。兎に角、わしなら一晩寝かせた後にシューキーパーを入れるがな、とまあ、どういう事だ。さてさて、先程から何度も出てきているシューキーパーなのだが、大まかに二種類ある。何式というのか正式名称はあれなのだが、本体の大部分が木製のやつと、バネ式のやつ。今回調整するのは、バネ式の方だ。バネ式って、こんなの。ワシは、これをダイソーで購入した。二つ [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する その二
  • ずいぶんタイトルから外れてるが、もう少し書こうと思う。もし、汗を乾燥させたいのなら、せめて一晩は何もしないで放置するのがいいんではないかと思うのだが。あまりに履きしわが目立つ場合は、それこそ新聞紙なり、水気を吸い取りやすい紙を適当に丸めて、靴下に詰め、靴に放り込む方が良いのではと思う。最初の1時間で詰め物を交換して、あとは朝まで。ちなみにワシは、冬場なら綺麗に靴底をブラッシングした後、暖房の効いた [続きを読む]
  • シューキーパー を調整する その一
  • 2日に渡ってダラダラ書いた 靴磨く が結構面白かったので、ちょっと今回は趣向を変えて、スピンオフ的に書いてみようかと思う。さてさて、靴をお手入れする時に必要な物はいろいろあるのだが、兎に角最初にしたいのが シューキーパーを装着するという事。これが無いと、フワフワと不安定な状態で作業しなくてはいけなくなる。それはあまり良く無いので兎に角シューキーパーを放り込みたいのだ。シューキーパーは、服で言うところ [続きを読む]
  • やるな!ダイソー
  • このあいだ、久しぶりにワシと嫁鳥はダイソーに行ったのだ。100均は心のオアシス&戦場。考えに考えた買い物が全てクソみたいな時もあれば、いい感じでお買い得な時もある。さて、今回はどうなることやら。結果的には、オアシスであった。まあ、いい買い物ができたのだな。その中でも秀逸だったのがこれ。電源入らずのアイフォンようスピーカー。ちなみに、写ってるのは、嫁のモミジである。これがアホアホ商品かと思ったのだ [続きを読む]
  • 靴磨く 最終章
  • だいたい、1時間半位磨いていただろうか。こんな感じに仕上がった。 まあ、いい感じだと思う。なにせ最初は こうだったのだから。今回、20年一度の手入れもしなかった靴に手を入れてみてわかったことと言えば、靴の掃除ってすごく楽しいという事と、時間がたっても、本革の靴はその手入れに対してちゃんと結果を出してくれるという事。テクニックの面で言えば、ソールとコバが汚い靴は、本当にみすぼらしく見えるので、そこ [続きを読む]
  • 靴磨く その九
  • さてさて、いよいよ靴クリームを塗って磨き上げていきます。用意するものは、この二つ。 もうね、横向いてるのは無視する。クリームはもう無礼、いやなにこのへんかん。モウブレイ。それから、毛足の短い固めのブラシ。後は、ふき取りようの布が4〜5枚。クリームは、それ用のブラシで塗り込むと良いという人が多いんだけど、ワシは耐油性の極薄手袋を使う。手の温度でとにかくクリームが延びるし、馴染みもいい気がするのだ。 [続きを読む]
  • 靴磨く その八
  • さて、靴之輔はあれから結局一晩放置しました。垢太郎には、その価値があるから朝起きてから、ミンクオイルとコバに塗ったクリームを拭きあげます。さてここで問題が二つ。写真を撮り忘れた。クリーム、固まってるっス。寒い部屋に放置してたもんだから、クリームが固くなってしまっている。部屋を暖めて、もう一度同じクリームを上から塗って、ブラッシングして拭きあげて無事終了。さてさて、ついに本格的な磨きに入ります。え [続きを読む]