ヴィオラdeポン! さん プロフィール

  •  
ヴィオラdeポン!さん: ヴィオラでポン!
ハンドル名ヴィオラdeポン! さん
ブログタイトルヴィオラでポン!
ブログURLhttp://www.orch.a1tos.com/
サイト紹介文徒然なるままにヴィオラな毎日をつづる。オーケストラに所属。
自由文ヴィオラ大好きです。うれしいことも悲しいことも、ヴィオラがあればなんとかなる!不定期更新。内容分散。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/12/25 11:01

ヴィオラdeポン! さんのブログ記事

  • 和声課題を独学することは難しい
  • 何かしら音楽をやっていると、和音に興味を持つ場面もあると思います。 それで、 少し掘り下げると、どうやら和声学というものがあるらしい。 なんとしてでもこれを学びたい!!! という風になることがあると思うのです。(そうじゃなかったらすみません笑) でも、よくよく調べると、和声学を習得するには四声体の和声課題を解く訓練が良いらしいことにも気がつくと思います。 本当は先生につきたいのだけど、お金がないとか、ど [続きを読む]
  • 一流ピアニストの超人的コミュニケーション能力
  • このブログはヴィオラに焦点にあてて色々な記事を書いていますが、今日はピアノの話です。 僕は5歳の頃からピアノをやっているので、ヴィオラよりも経験年数が長い! 最近オーケストラに時間を割いていて、あまり練習できていないのですが、とても愛着のある楽器なので、書きたいと思います。 ピアノとその他の楽器の違いピアノ以外の楽器について 弦楽器や管楽器、打楽器の一部は基本的に、普段練習している楽器と本番に演奏する [続きを読む]
  • 芥川也寸志『音楽の基礎』
  • ブログの存在を完全に忘れ、5か月ほど更新をしていませんでした。 でも、その5か月の間に僕は音楽のことをたくさん学び、知識量は飛躍的に増えたと思います。 もし今、昔の記事を読み返したら恥ずかしくてすべて消してしまうと思います。 だからあえて読み返すことはしない(笑) 過去は否定しないスタイルでいきたいですから。 芥川也寸志『音楽の基礎』本を紹介するのは初めてではないでしょうか。 著者は、文豪芥川龍之介の息子に [続きを読む]
  • 【ヴィオラ弦】ザイエックス嫌いでした
  • 今まで使っていた100戦練磨のエヴァピラッツィゴールドも、流石に寿命が到来して弦を買い替えることのなり、ザイエックスという弦を使ってみました。 ザイエックスを買ってみた理由クソみたいな理由で買ってみました。 1. 名前がカッコいいから ザイエックス。英語で書くとzyex!! か、カッコイイ...お分かりだろうか、「〜エックス」ってのが何ともカッコいい。 「ザイエックス」から即座に連想されるのが「ドクターX」、で [続きを読む]
  • 過去50記事を概観した上で少し反省をする(?)
  • ブログ更新というのはなかなか骨が折れる作業で、毎日更新しようと思っていた時期は、精神的にもきついものがありました。 最近は毎日更新どころか一か月に一回更新したら良い方で、全くお気楽なブログライフを送っております。(お小遣いも少々入るようになってきました←いずれお話ししますね) ところで、前回の記事で50記事を投稿したことになります。 そこで、今までの記事をざっと概観して、反省をするとともに、これからの [続きを読む]
  • 趣味の重要性を考える
  • 皆さんはそれぞれ趣味をお持ちのことと思います。 そして趣味の時間は、生活の中における精神的な支柱となっていると思います。 しかしながら、果たしてこの趣味の時間は本当に生きていくのに必要だろうか? と考えてしまうことが私には時々あります。 もちろん、時々このようなことを考えるからといって、私が趣味をやめることはありません。 その理由は恐らくですが、私が無意識のうち「趣味の重要性」に気がついているからだと [続きを読む]
  • 酒は飲んでも飲まれるな
  • 純粋無垢な私には、なぜこのように言われるのかわからなかった。 コールがかかり一気飲みをすると拍手が起こる。 すると再びコールがかかる。 さらに飲むと勇者とたたえられ、調子に乗っているうちに最後に何かを放出してからぶっ倒れる。 もちろん、聖人君子たる私は、このような場を見たことがない。 だから「酒は飲んでも飲まれるな」ということわざを、これまで自分はなかなか理解することができなか [続きを読む]
  • 音楽を聴きながら勉強すると能率が落ちるのか?
  • これに関してはいろいろな説があって、私にとってはどの情報も信用することができないため、自分を実験台に検証した。 つまり、この記事は実験レポートである。 一番最初にお断りしておきたいことは、以下の内容はあくまでも「レポート」であり「論文」ではない。 そもそも実験個体が私一人のみなので、結果が普遍性を持つとは断言できないのである。 それをご承知の上、読んでいただければ幸いである。  [続きを読む]
  • 弓を変えると全く変わる
  • ぶっちゃけた話をしますと、アマチュアにとって弦楽器というのは「課金ゲーム」みたいな側面があると思います。 僕も含め、多くのアマチュア弦楽器奏者は、そこをどうにか技術でカバーしたいと考えていると思いますが、お金をかけるだけで解決してしまう問題も実際あるのも悲しい現実です。 お金を惜しまずにガット弦を買いまくるだけで音色が違うと思いますし、良い楽器を買えば、そりゃ、良い音が出ます。 みなさ [続きを読む]
  • 何のために???
  • 大切な大学の試験を翌々日、いや正確には翌日に控え、大量の英単語を頭に突っ込んでいる途中なのだが、このようなときに限ってブログに逃避したくなってしまうのはどうすればよいのだろう。 明日も大学の講義があるから早く寝なければならない、現在0時25分。 どうせ勉強に集中できないのなら、ぱっぱと1500文字くらい打ち切って寝る方が精神衛生上良いに違いない、ということで久々にブログを開いた。 さて、、、 [続きを読む]
  • ヴィオラは健康に良い
  • ※最後まで読むと理解が深まります 私は医学部に通っていますので、医学論文に興味があり、時々気になった論文を読んでいます。 そんな中、今回非常に興味深い論文を読みましたのでその内容をざっくりと書こうと思っています。 その論文はアメリカのネバダ医学大学のドクターA.F.が昨年の6月に発表したもので、タイトルは”Playing the Violas make you healthy”です。 訳すと「ヴィオラを弾くことで健康にな [続きを読む]
  • 音楽の演奏と将棋って似てるね
  • 全然関係ないのですが、短い文章のほうがみんなに読んでもらえるらしいので、今日は500字くらいでやめにしようと思います。 そっちの方が楽だしね 音楽は時間芸術 音楽はリズム、旋律、和声で構成されると良く言われるんですが、その中でもリズムや旋律は時間という軸の上を流れるものです。 それだけではないと思うんですが、「音楽は時間芸術だ」というのも納得できる表現ではあります。 「時間芸術」 [続きを読む]
  • 「俺、絶対音感あるんだぜ」に対する画期的切り返し
  • (私の過去ツイートから引用)そういえば絶対音感の定義って何?― ヴァー@大学オケ (@viola_de_pon) 2016年3月22日街中で聞こえてくる音がAだと分かったところで、それは絶対音感と言えるのでしょうか? そのAが実は339Hzだったということが分からなくても絶対音感と言えるのでしょうか?― ヴァー@大学オケ (@viola_de_pon) 2016年3月22日百歩譲って339HzのAを認めるとしても、それ以外の音はどうなる? 十二平均律的に定義す [続きを読む]
  • 練習効率を上げるライフハック
  • 「つらい」を「面白くなってきたじゃねーの」に言い換えるライフハックを意識的に実践した結果「面白くなってきたじゃねーの」しか言えなくなって面白くなってきたじゃねーの― 獏(ばく) (@baku_dreameater) 2016年2月1日このツイートに感化され、私は楽器の練習モチベーションを上げるためのライフハックを考えました。 練習中に「できない」とか「下手だ」という言葉をすべて「伸び代がある」と言い換えるライフハックを考 [続きを読む]
  • ハ音記号の読み方(113やBに見える音楽記号)
  •  な、な、なんだこれは!??? これを初めて見たとき、誰もが目を丸くする。 その目は、アマゾンの奥地で発見された象形文字を見るがごとく懐疑と好奇心に満ちている。 そうだ3人寄れば文殊の知恵。仲間を呼ぶ。 しかし、3人集まったところで何も解決しない。 仲間の一人は「113」のオシャレな表記だと言い、残りの一人はアルファベット「B」のオシャレなフォントだと言う。 これでは議論を [続きを読む]
  • ヴィオラジョークの面白さがわからない人へ
  • なぜヴィオラジョークを笑えないのだろう? ヴィオラ弾きと会話をしていると、いきなり笑顔でヴィオラジョークをぶっこんでくることがあると思う。 そして場は凍り付く。  ヴィオラ弾き「ヴィオラとトランポリンの違いは、トランポリンの上では靴を脱ぐことなんだwwwww」 あなた「・・・」  ここであなたが絶句してしまうのは、そもそもジョークの意味が分からないからであろう。 こ [続きを読む]
  • おススメのヴィオラ弦3選
  • ヴィオラ弦に関して知識が無く、どの弦を張って良いか分からない人向けの内容になります。 これから紹介する3種類は、とりあえずコンプリートしておきたい基本的な弦と考えてください。 それ以外の弦については後日書きたいと思っています。 ドミナント Dominant ドミナントビオラ弦セット 価格・・・やや安い音質・・・★★★☆☆音量・・・★★★☆☆寿命・・・★★☆☆☆ ドミナントを張ると、「 [続きを読む]
  • 弦はアマゾンで買えます
  • ヴィオラ弦がAmazonで買えることを知ったときは驚きました。 まさかこんなマイナー楽器の周辺グッズが売っているとは...さすがAmazon! ということで、今回はAmazonでヴァイオリン・ヴィオラ弦を買うことのメリットを考えたいと思います。(※Amazonを使っている人向けの内容です) ヴィオラ弦の価格 3割から4割引くらいです。 エヴァピラッツィが32%off、オブリガートも32%off、ドミナントですと41%o [続きを読む]
  • 【ヴィオラパート】新歓のコツ
  • どこのオーケストラを見ても、ヴィオラパートは慢性的に人手が不足しています。 ですから3月から4月にかけての新歓シーズンになると、大学オケのヴィオラパート員はできるだけ多くのヴィオラを獲得しようと目の色が変わるのです。 ヴィオラパートはヴァイオリンのように、放っておいても人が入ってくれるパートではありませんから、こちらから積極的にアピールしていかなくてはなりません。 そこで、どのようにアピ [続きを読む]
  • 【超簡単!】楽器の名前を中国語で覚えよう!
  • 私は第二外国語で中国語をとっており、興味本位で楽器の名前を調べましたら大変分かりやすいことに気づきましたので記事にしてしまいました。 それでは行ってみよう! 弦セクション ヴァイオリン・・・小提琴(シャオティーチン)ヴィオラ  ・・・中提琴(ジョンティーチン)チェロ   ・・・大提琴(ダーティーチン)コントラバス・・・低音提琴(ディーインティーチン      &n [続きを読む]
  • サン=サーンス『死の舞踏』と聞いて
  • 御茶ノ水管弦楽団卒団記念演奏会2016年3月13日19:30開演(詳細はチラシを ) ツイッターで回ってきた演奏会なのですが、その中にサン=サーンスの交響詩『死の舞踏』というのがあり、これに反応して記事を書きます。 『死の舞踏』について簡単に紹介 ざっくり言いますと 毎年ハロウィンの夜0時に「死神」が現れヴァイオリンを弾きだし、日の出とともに雄鶏が鳴きだすまで、骸骨がそれに合わせて踊る&n [続きを読む]
  • ヴァイオリンを始めたい、というあなたへ
  • はじめに あなたはヴァイオリンを始めようと思ってこのサイトにいらっしゃったのだと思う。 ようこそ「ヴィオラでポン!」へ! この記事全文を簡潔に要約すると ヴァイオリンもいいけどヴィオラも素晴らしいよ! という一文になる。 つまり、この記事で「ヴァイオリンの始め方」に触れることは無い。 もっぱらヴィオラを宣伝する内容になるであろう。 ちょーと待った! 戻るボタン押す前 [続きを読む]
  • 五度調弦とチューナー調弦は違う
  • チューナー調弦の方が楽 ヴィオラを始めたばかりの時は、チューニングにも苦しむことと思います。 ですから、初心者のうちは、重音調弦より楽なチューナー調弦でないと、なかなか合わせられません。 チューナー調弦とは、4つの弦をチューナーで1つずつ合わせる方法です。 私も初心者の頃はそうでした。 上級者が重音で調弦しているのを見て、 よくもまあ二つの弦を同時に弾くなぁ といつも思 [続きを読む]
  • ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ奏者のための手汗撃退法
  • 制汗剤:フレナーラ 私には手汗のひどい友人がいます。 彼はヴァイオリンをやっているのですが、今まではその手汗に大変苦労している様子でした。 しかし、フレナーラという制汗剤を使うようになって、幾分良くなったそうです。 そんな彼曰く、「制汗剤でブロックするのが一番だ」ということです。 反射的に私は「え?」と言ってしまいましたが、本人が言うのだからそうなのでしょう。 実は私も本番 [続きを読む]