自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみ さん プロフィール

  •  
自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみさん: 世界でたった1人の「私」の道を生きる旅
ハンドル名自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみ さん
ブログタイトル世界でたった1人の「私」の道を生きる旅
ブログURLhttp://ameblo.jp/megumimoe3/
サイト紹介文自分が大嫌いで自信が持てなかった。世界にたった一人しかいない自分の人生で幸せを引き寄せるブログです。
自由文自分が大嫌いだった。とにかく自信がなかった。
大人になり大好きな彼氏に振られ肌も、こんなに酷い人見た事無い位に荒れ、会社でもいじめられ、人生ドン底。
カナダへの短期留学や社会人になってから読んだ自己啓発本(ビジネス、哲学、スピリチュアル、その数およそ数百冊)
私のこの経験を活かし、誰かにとっての希望の星であるようなブログを毎日更新して行きます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供322回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2015/12/26 09:15

自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみ さんのブログ記事

  • 40代になった時見られるのは、「人間性」
  • ある企業の説明会兼、面接でした。その会社は「例えこの会社が無くなっても、どこでも生きていける人間に育てる」ことがミッションだと言っていて「40代以降で見られるのは、人間性だけです。」とも言っていました。こういった話は会社説明会くらいでしか聞けないので、転職活動をしていて良かったなぁと思う瞬間です。※人間的成長は出来るかもしれないけど、心の余裕は無くなってしまいそう。人間的成長は、その会社に入ってし [続きを読む]
  • 好きなこと=世の中に求められること、も考える
  • ある人とご飯を食べに行った時に、注文したお料理が厨房に通っていなかったことがあって「なぜオーダーが通っていなかったのか?10年前に比べてこのような事例が増えた原因はなにか?どんな仕組みを作ったらこのようなトラブルは減らせるのか?」という議論に展開してとても興味深かった。世の中を変えていく人って、こういう人なんだなぁと思った。つまり、日常のちょっとした瞬間に発生する「困ったなぁ」という気持ち。それを [続きを読む]
  • 怖い、けど、楽しい。生きるってそういうこと。
  • 転職活動を始めました。やる事が多くて、自分の甘さを実感して落ち込むこともあって、挫けそうになるけどスーツを新しく買いながら「新卒で入社した会社にずっといたら、こんな大変な事をしなきゃいけないなんて知りもしなかったんだなぁ」と、思いました。会社を辞めたいと思いつつ、辞められない人が大勢いる理由が分かりました。怖いし大変だからです。仕事が見つかるとも限らないし、やらなきゃいけないことは多い。さらに、 [続きを読む]
  • 昨日とは全く違う事をして、全く違う環境に入る
  • その繰り返しで、人は成長するのだと実感した。人材会社の方と面談し、自分の思いを伝え、やりたいことや叶えたい事について口にするだけでも、もう昨日の自分とは違う。転職には履歴書の他に、職務経歴書を書くという事や、スーツは就活の時のスーツではなくちゃんと、仕事で使うようなスーツを着用するという事。知らないことばかりで、悩むことも不安になることも多くて怖いけどでも、生きてるって感じがして楽しい。自分の人 [続きを読む]
  • 人は人と触れ合って成長できる生き物
  • 明日の試験のために根詰めて勉強していたのですが、息抜きでマッサージに行ってきました。セラピストさんと、将来の話とかスピリチュアルの話とか、色々と盛り上がってセラピストさんの気遣いや心配り、サロンの作り方を大いに学ばさせて頂きました。私思ったのです。人は、人と触れ合うことで成長できる生き物なのだ、と。嫌な気持ちになったら、なぜ嫌だと思ったのか?をフィードバックし嬉しいと思ったら、それを自分の好きパ [続きを読む]
  • どういう自分でありたいのか、が大事
  • 結婚したいから、彼氏が欲しいからそういう動機で行動するのはもちろん大事ですが「どういう自分でありたいのか?」をしっかり固めておくことが何よりも大切です。結婚したい!彼氏が欲しい!の動機は、実は→仕事を辞めたい、みんなが結婚していくから、歳だからそんな理由だったりしませんか。自分1人でも楽しいけれど、自分と似た考えの人と一緒だったらもっと楽しいだろうなぁ!くらいの気持ちでいる時に、彼氏ができたら最 [続きを読む]
  • 生きることとは、変化すること
  • 何かの本で読みました。生きることは、変化することだ、と。ついに今日、初めて勤めた会社を辞めました。一度勤めたら、辞めるべきではないという私の中の常識を「絶対に辞めるな」という父の言葉をそして、世の中の「普通」を守ろうとする自分を薙ぎ払って、焼き払って、出した答えです。生きることは変化することだから、同じところにしがみついて生きたりはしない。その場所での経験をチカラに変えて、ステップアップして、常 [続きを読む]
  • 彼に見捨てられるかもしれないという不安症候群。
  • 正直に言います。この半月ほど、私は苦しくてたまりませんでした。 それは、付き合い始めたばかりの彼からの連絡頻度が少なくなったからです。 仕事が忙しいから、ということを本人が言っていたのでそれが全ての事実なのですが 私は、「振られるのではないか?」という不安でいっぱいでした。もしかして、他の女の人といるのでは?私の何がいけなかったんだろう? 頭の中は、負の考えの無限ループでした。 男女の脳の違いに関 [続きを読む]
  • 全て繋がっている、だから少しでも行動すべし
  • 心理学を独学で学び早四年。もっと実践的に、本格的に学んで知識と力を生かしたい!と思いカウンセラーの学校へ通っております。そんな今日、講師の先生とお話ししていて「私、マーケティングも興味があって勉強してるんです。」と言ったところ「それは良いですね!結局、カウンセラーもマーケティングできた方が良いですからね!」との言葉を頂きました。マーケティングについては興味があって随分勉強してきたのです。でも、ま [続きを読む]
  • 自分1人を幸せにすることの意義
  • 自分という、世界にたった1人しかいない存在を好きになり、幸せにすることそれができれば、相手を許せるようになります。誰かに優しくしたくなります。愛したくなります。だって、もう充分幸せだから。満ち足りているから。「誰々が優しくしてくれない」「彼が連絡をくれない」「課長がちゃんと評価してくれない」これらは、「誰かに何かをしてもらおう」という、相手に依存した考え方です。この考えでいる限り、相手を許すこと [続きを読む]
  • 怖れの眼鏡
  • 怖れの眼鏡を外せば全てうまくいく!という本を読みました。私は、人が好きなのだけどやっぱり、心の底では怖いのです。嫌われてしまうことが離れていってしまうことが気持ちが別の場所へ行ってしまうことが本当に怖いです。特に恋愛面では顕著で、心の底で疑ってしまうのです。まさに、文中のこれです。例えば、「彼から昨日送ったメールの返事が来ない」クヨクヨさん。クヨクヨさんは悩みました。どうしたのかしら?メールの内 [続きを読む]
  • スキがない、といわれがちなあなたへ
  • 私、「スキがない」とよく言われていました。「異性より、同性に好かれる優等生タイプだよね?」と言われて、物凄く落ち込んだこともあります。そんな中で、壇蜜さんの本を読んで謎が解けました。関連記事洋服にしたって、メイクにしたって全て女性目線で「なるべく綺麗なもの」を選んでいたけれど男性が本当に求めているものは「服の脱がせやすさ」「スキがある感じ」だったのですね。エロスのお作法 (だいわ文庫)Amazonこの人が [続きを読む]
  • 戦略的バカのすすめ
  • 最近、私、周りから見たら超絶バカに見えてるんだろうなぁと思います。あんまり「我」が無いので「えー、知らなかったー!それどういう意味?教えて?」ばっかり言っている気がする。誰に対しても。でも、それはわざとです。つまり、戦略的バカです。たしかに私は本をたくさん読むので知識はそれなりにあります。だけど、それを振りかざして「私が正しい!あなたは間違っている!」というととても苦しい、ということがこれまでの [続きを読む]
  • 元カノに嫉妬してしまう、そんな時
  • 最近読んだ本の、恋愛相談コーナーに「元カノに嫉妬して気分が落ち込んでしまうのですが、どうしたら良いでしょうか?」というものがあって、その回答がとても興味深いものでした。「彼は、今のあなたを選んだのです。とするならば、元カノと比較せずに今のあなたを精一杯生きれば良いのです。」たしかに、付き合っているということは彼は今目の前にいる今の彼女を選んだということなのですよね。私も、どうしても相手の過去付き [続きを読む]
  • リア充爆発しろ、よりも
  • これ、実体験から話すのですがクリスマスとかバレンタインとか、年越しとか、夏祭りの花火とかそういう、いわゆる恋人とのイベント事がある季節に「リア充爆発しろ!」とかそういう邪な気持ちを抱いていた事があるのです。タチが悪いことに、同じように恋人がいない友人と、その話をネタに盛り上がっていたこともあります。(^_^;)でも、そんなことを思うよりもリア充と言われるような人をよく観察して、自分との違いを直視してで [続きを読む]
  • 周りを明るくする事ができたなら
  • 周りを明るくしてしまうような明るい人になれたならあなたは唯一無二、絶対にいなくてはならない人になることができるだろう。逆に言うと、誰かにとって唯一無二の人になりたければ周りを明るくする人になれば良いのだ。恋愛の駆け引きとか、上司に好かれることとか、同僚を味方につけることとか心理学を学べば案外簡単にできるしテクニック1つでどうにでもなる。だけど、本当に人に好かれる人って一緒にいたいと思う人って計算 [続きを読む]
  • 悩みは他人に話せば笑いになる
  • 心理学の授業日でした。アサーションというテーマの中でロールプレイングをすることになりまず始めにお手本として、今悩んでいること、それに対して対処していることをみんなの前で発表しました。ずばり、私が選んだテーマは「お局上司について」忙しいアピールをして、仕事を押し付けられたり、嫌味や陰口を言われたり気にしないようにしつつも、やっぱりストレスが溜まって身体を壊す原因にもなったのでした。今まで私は、なる [続きを読む]
  • 思っていることは言語化しなきゃ伝わらない
  • そんな簡単なこと、アキコさんに言われるまで気付きませんでした。思っていること、不安なこと、こうしようと思うことそれを私は、自分の頭の中に創り上げた世界の中で踊らせて満足してしまう事が多くて「ミステリアス」「なに考えてるか分からない」「冷たそう」って言われる事が多いのです。ブログを読んで下さって、どこかでお会いする機会があった方からは「ブログを読んでいたら、サバサバしてて冷たくてバサっと斬られるイ [続きを読む]
  • 失ったことではなく、得たことを数えよう
  • 今までに傷付いたことを書き出そう、ととある本に書いてあったのでやってみました。そして、失ったことではなく、得たことを数えようという文章に触れ、ハッとしました。嫌な経験、傷付いた経験それらは単体で見れば、ただの失った経験ですがその経験をしたことによって、得られる何かが必ずあるのです。たくさん傷付いたから、その傷の数だけ輝けます。傷付いた、ショックだった、泣きたくなったその経験から、得られたものはな [続きを読む]