自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみ さん プロフィール

  •  
自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみさん: 世界でたった1人の「私」の道を生きる旅
ハンドル名自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみ さん
ブログタイトル世界でたった1人の「私」の道を生きる旅
ブログURLhttp://ameblo.jp/megumimoe3/
サイト紹介文自分が大嫌いで自信が持てなかった。世界にたった一人しかいない自分の人生で幸せを引き寄せるブログです。
自由文自分が大嫌いだった。とにかく自信がなかった。
大人になり大好きな彼氏に振られ肌も、こんなに酷い人見た事無い位に荒れ、会社でもいじめられ、人生ドン底。
カナダへの短期留学や社会人になってから読んだ自己啓発本(ビジネス、哲学、スピリチュアル、その数およそ数百冊)
私のこの経験を活かし、誰かにとっての希望の星であるようなブログを毎日更新して行きます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2015/12/26 09:15

自分を愛してキラキラな人生を!メンタルコーチめぐみ さんのブログ記事

  • 周りを明るくする事ができたなら
  • 周りを明るくしてしまうような明るい人になれたならあなたは唯一無二、絶対にいなくてはならない人になることができるだろう。逆に言うと、誰かにとって唯一無二の人になりたければ周りを明るくする人になれば良いのだ。恋愛の駆け引きとか、上司に好かれることとか、同僚を味方につけることとか心理学を学べば案外簡単にできるしテクニック1つでどうにでもなる。だけど、本当に人に好かれる人って一緒にいたいと思う人って計算 [続きを読む]
  • 悩みは他人に話せば笑いになる
  • 心理学の授業日でした。アサーションというテーマの中でロールプレイングをすることになりまず始めにお手本として、今悩んでいること、それに対して対処していることをみんなの前で発表しました。ずばり、私が選んだテーマは「お局上司について」忙しいアピールをして、仕事を押し付けられたり、嫌味や陰口を言われたり気にしないようにしつつも、やっぱりストレスが溜まって身体を壊す原因にもなったのでした。今まで私は、なる [続きを読む]
  • 思っていることは言語化しなきゃ伝わらない
  • そんな簡単なこと、アキコさんに言われるまで気付きませんでした。思っていること、不安なこと、こうしようと思うことそれを私は、自分の頭の中に創り上げた世界の中で踊らせて満足してしまう事が多くて「ミステリアス」「なに考えてるか分からない」「冷たそう」って言われる事が多いのです。ブログを読んで下さって、どこかでお会いする機会があった方からは「ブログを読んでいたら、サバサバしてて冷たくてバサっと斬られるイ [続きを読む]
  • 失ったことではなく、得たことを数えよう
  • 今までに傷付いたことを書き出そう、ととある本に書いてあったのでやってみました。そして、失ったことではなく、得たことを数えようという文章に触れ、ハッとしました。嫌な経験、傷付いた経験それらは単体で見れば、ただの失った経験ですがその経験をしたことによって、得られる何かが必ずあるのです。たくさん傷付いたから、その傷の数だけ輝けます。傷付いた、ショックだった、泣きたくなったその経験から、得られたものはな [続きを読む]
  • 規則とか決まりとかルールとか
  • そういうのぶっ飛ばして、人間らしく泥臭くやんちゃして、楽しく仕事してみれば人生変わるかもしれないって思った今日この頃。退職の挨拶を、仕入先のメーカーさんにしたら「え!ほんと嫌だ!めぐみさんだから出荷してたのに!もう後任の人に出さない!」と言われて、ほんとーに嬉しかった。「私たち、本当に無茶しましたよねー。私も、社内の人になにやってんの?!ってめっちゃ言われました。でも、何とかなったし楽しかったな [続きを読む]
  • 大人になってからの学びほど楽しいことはない
  • 週一で通っているカウンセラーの講座だったりその他もろもろの、私が好き好んで行く講座ほど知的好奇心を満たしてくれて楽しい勉強の場はないです。まず、自分で選んでお金を払って行くので「元取らな!」な精神が浮上します。その結果、席はもちろん一番前だし少しでも「うん?」と思ったことはコナンばりに質問し、追求します。1回目の授業では、受講生の方々もさすがに「こ、こいつ質問しすぎでは?」みたいな雰囲気になって [続きを読む]
  • モテたければ旦那持ち、もしくは彼氏持ちの女子とつるむべし
  • 「彼氏いそう」と言われはするものの肝心の彼氏がいない時期が随分と長いこと、そして何回もありまして一体いつになったら彼氏ができるんだろう?と半ばキレ気味に思っていました。そう言う時に何をしていたか、というと【彼氏がいない、もしくは、辛い恋をしている女子と女子会】でした。口を開けば各々が、「男運が無い」だの何だのと、重々しい言葉を発するわけですから今考えると非常に恐ろしく、精神的にあまり良く無い場所 [続きを読む]
  • 辛いことに出会ったら、「ラッキー」
  • 友達の恋愛の話を聞いていて(特に辛い経験とか)「わかるよぉぉぉ。」とまるで私がその子になってその状況を体験してきたかのごとく心の底から同情する、ということを経験した。その気持ちは、私にしたらもう消してしまいたい過去のもので今となっては、当時の自分に説教したいくらい悩んで、迷って、傷ついてそして、何年も前の恋を引きずった自分が抱いた時のものだった。あのときは、ただただ辛かった。こんな経験が一体何に [続きを読む]
  • 恋人との写真をネットに載せる心理
  • 心理学の話で、ネットに恋愛系の写真やら呟きをアップするのは、自己肯定感が低いから、ということを学んだ。たしかに。そもそも、インスタやFacebookやTwitterなど、その他もろもろの媒体に恋人の写真を載せたり、恋人と出かけているんだろうなぁということが分かる写真を載せたり、意味深な文章を載せたり今日で何ヶ月ですとか報告することって、何の意味があるんだろう?「あなた達と私は違うのよ」と見下したいのか、自慢した [続きを読む]
  • 怖がってなにもしないのではなく、あえて頭から突っ込んでみる
  • 新人教育をしていて、新人の女の子が分からないことを分からないままにしていたり、読んでないメールが多量にあるのに気付いてなんでなの?と聞いたら「どうしたらいいのか分からなくて、、、。」とか「怖くて、、、。」という答えが帰ってきてびっくりした。私たちが住むこの世界には絶対の正解は無くて通った道、行ったことを正解にしていくような生き方しかできないんだと思う。なにが合っているか、合っていないか正しいか、 [続きを読む]
  • ゆるむ、ゆだねる、受け入れる
  • 宇宙が教えてくれる、恋愛引き寄せレッスンAmazonこの本を読むと、とっても優しい気持ちになれて「女性にしかできない事とは!」を嫌という程学べる。キーワードは、ゆるむ、ゆだねる、受け入れる、受け取る、などの女性性。思考、競う、争う、などの男性性が有利になってしまうと、男性と張り合ってこてんぱんにしてしまう。仕事でこの上なく競っている男性が寛げる場所を作ること。例えば、笑顔で話を聞く事だったりやってもら [続きを読む]
  • 恋愛について冷静に分析
  • 彼氏ができたのですが、過去に男性とお付き合いをした時と自分の感覚が全然違かったのでなんでだろう?を冷静に分析してみました。まず、過去の恋愛に思っていた「どうせ別れるんだろう」「どうやったら長く続くだろう?」「好きすぎて辛い」「付き合ってもらっている」といういわば、セルフイメージが激低の価値観は全く無くなり、むしろ一緒にいて楽しいし楽だし、笑いのツボとか興味の範囲が似てるからこのままずっといたいな [続きを読む]
  • 基準を持たなければ、うんと楽
  • 友達が、仲の良い友達が何気なく言った一言にすごく傷付いたと言っていた。言った方はきっと、特に何も考えていないけれど言われた方の心には傷ができる。話を聞いていたら、言った方の女の子はプライドが高くて頑張り屋さんだから他人にもその基準を求めて、厳しい言葉をかけてしまうんだと思った。そもそも、人を無意識に傷つけてしまうのって全てを自分の物差しで考えているから始まるんだと思う。私の仕事を例に取って考える [続きを読む]
  • 魅惑のノンワイヤーブラ、から気付いたこと
  • 会社を休んで美術館に行って(なんと今日は無料公開日♪)美容院に行った帰り最近読んだ小説で、主人公の女の子が可愛らしい下着選びに悪戦苦闘していたのを思い出した。そうだ、下着を新調しよう。そう思い立ち、下着屋に寄ってみた。健康情報を集め、試しまくった日々を経て私はノンワイヤーブラ信者へと変貌を遂げているんですけれども可愛いノンワイヤーブラがなかなか無く無印とか、ユニクロを何年も使っておりました。正直 [続きを読む]
  • 大人になるって楽しい
  • 大人になるって楽しい。小中高、私はずっと教室の隅にひっそりとただ存在しているような女の子だった。目立ちたくない。話したくない。人前に出たくない。男子と喋りたくない。ズル休みもたくさんしたし学校に行きたくなかった。1番嫌だったのが、「二人一組になってください」の号令がかかる体育の時間。余り物にならないように必死だった。余り物になった日は、お母さんが洗ってくれたばかりの上履きの、白いところをずっと見つ [続きを読む]
  • 「安定している人が良い」にちょっと待った!と言いたい。
  • 「理想のタイプは、安定している人がいい」って、今まで友達が言う言葉に違和感を覚えまくってここまで生きてきたけど今日はちょっと、この、「安定」について考えてみました。じゃあさ、「安定ってなぁに?」と聞くとたぶんほとんどの人がこう言うと思う。「大企業に勤めてて、正社員で、貯金もあって・・・」でも、それって本当に安定なのかな?大企業に勤めていたとしても、会社が無くなったら何もできない人がいる。正社員じ [続きを読む]
  • 知らないうちに飼い慣らされてなーい?
  • 今日、朝の電車でこんな会話を女子高生がしていました。「50分×四コマだったのにさぁ、こないだからいきなり90分×二コマになったんだけど!きっつい!!」ふむふむ、どうやら一コマの授業が長くなったらしい。私もそんなことあったなぁと思いつつハッとしました。最初、小学生の頃は席にじっと座るのも苦痛だった。それが慣れたら、今度は50分の授業が辛く感じた。それに慣れたころ、いつの間にか一コマの授業が90分になってい [続きを読む]
  • 間違えても良いから前へ進む
  • 今日、物凄く驚いたこと。新入社員に業務を教えていて、丁寧な指示を出した後、20分くらい経ったので「できたかな?」と声をかけたら「あの、間違えちゃうと思って、、」なんと、彼女は間違えると思って、考えてそこから何もできず固まっていたのでした。とにかく次の画面に行って、それから考えれば良いのに間違えを恐れて現状維持を選んだ彼女。私ドン引き。いくらゆとり世代と言ったって(私もゆとり世代だけど)もう業務を教 [続きを読む]
  • 世界は1つとは限らない
  • 今日、感動したお話。空はなぜ青いのか?それは、太陽の光が放つ七色の光のうち人間の目に見やすい色が届けられていてその見やすい色というのが青色だから。(1番波長の短い色が大気中の分子に錯乱されて、私たちの目に空の色として届けている。レイリー反射)正確には、空の色は紫であるが光の三原色で色を見ている私たちの目が紫を青に変換して見ているらしい。世の中には紫外線をも読み取れる、光の四原色を持つ人もいて、その [続きを読む]
  • 後輩指導は試練の場
  • 新入社員がメモを取らなかったり、指示待ちだったり、言ったことをすぐやらなかったりそんな些細な事でも、カッとなってしまう自分を、冷静な自分が観察して一言。「あー、私、今試されてるなぁ。これを乗り越えれば、また1つ成長できるなぁ」私が新入社員の頃は言われたことはその場ですぐやるのは当たり前で一度言われたことをまた聞くと、先輩からぶっ殺すぞオーラが出るから聞けずに全部自分で考えてやるか、教えられたこと [続きを読む]
  • 知らぬ間に、安定思考
  • ハッとした一文昨日そうしたから、今日もそうするひとがそうしているから、自分もそうするそれはらくかもしれないがそれでは生きてゆく甲斐がないのであるこちらの本でした。美しいものを (花森安治のちいさな絵と言葉集)Amazon [続きを読む]