西山 一 さん プロフィール

  •  
西山 一さん: こんな話でいかがですか?
ハンドル名西山 一 さん
ブログタイトルこんな話でいかがですか?
ブログURLhttp://1-24yama.blog.jp/
サイト紹介文都内だけでも80万人はいるであろう、地味なアラサー男の日記、思ったこと、小説など。
自由文ツイッターhttps://twitter.com/1_24yama
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/12/26 20:05

西山 一 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 詰めの甘い嘘
  • 社員は社長と私、バイトの女子が1人、計3人しかいない会社に勤めている。業務内容はというと、委託契約している建築業者や清掃業者に、ウチに登録している作業員を現場に送るため、電話やメールで連絡をすること。「作業員=派遣バイト」みたいなものと考えてもらえると分か... [続きを読む]
  • 小悪魔女子になれる本
  • 「男ってさ、ヤれれば女は誰でもいいんでしょ?」なんて思っている女性もいるかもしれないけど、そんなことは一切ない。それは見た目がキレイだとかブスだとかの問題ではなく、醸し出す雰囲気にある。たとえば、雰囲気のない美人と、雰囲気のあるブスの2人の女性が全裸でベッ... [続きを読む]
  • 知人の恋人
  • 頼んでもいないのに恋人の写真を見せてくる奴、あなたの周りにもいるだろう。恋人のルックスを褒めてほしいんだろうなと思うけど、そうでもない場合は言葉に詰まる。どうしようもなくて、「やさしそうだね」なんて言ってごまかすけど、本意ではない。「やさしそう」は、「特... [続きを読む]
  • 親友の定義
  • 特に女に多いが、友達のことをカンタンに、「親友」扱いする奴は信用できない。「親友」はそんなに浅いものではない。相手のためならある程度は自分を犠牲にでき、相手には大抵のことを相談できる。それが親友というものだ。それを踏まえると、どう考えてもMAXで3人だろう。... [続きを読む]
  • 言葉が足りない少女
  • 大きな騒ぎにはなっていないが、私が中学2年生のとき、クラスの女子が技術の教師にセクハラを受けた。その女子と私はクラス内の班も同じで、給食の時間などはよく会話をしていた。読者モデルをやるようなキレイなコだった。なるほど、40歳前後の教師でも魔が差していまうの... [続きを読む]
  • 大富豪からの転落
  • 私が通っていた中学校には、関田さん(仮名)という女子が2人いた。1人は、転校してきたその日に他のクラスを巻き込んで騒ぎが起こったほど可愛いコ。1人は、80kg級のブス。苗字は同じでも、対極にいる2人だった。 [続きを読む]
  • 胸に刻まれた文字
  • 先日観た海外ドラマに出ていた外国人が、胸の辺りに「場違い」と書かれたTシャツを着させられていた。何も分からないスタッフがテキトーに選んだのだろう、ものすごい違和感があった。同じように、日本人が着ているTシャツも、外国人から見たら違和感があるのかもしれない。... [続きを読む]
  • No Line でいいじゃない
  • そろそろ本気で、イヤホンをしながら自転車に乗っている奴らを検挙してほしい。歩いているときのイヤホンもどうかと思うが、特に自転車は危険だ。こっちが普通に乗っていたら、そんな男子高校生がよそ見をしながらこちらに向かってきた。目線の先には中学校のグラウンドがあ... [続きを読む]
  • 担任の先生の言葉
  • 卒業シーズンになるといつも思い出す。「ごまかしてはいようが、あのとき、お前はなんとかしたから俺は怒らなかった」中学校の卒業式当日、担任の先生に言われた言葉だ。今でもこの言葉を大切にしている。先生が私にそう言ったきっかけの出来事は、その半年ほど前に起こった... [続きを読む]
  • ライターの仕事
  • ありがたいことに、ライターの仕事をいただけることになった。シェアブログ http://shareblog.info/私の記事ページ http://shareblog.info/archives/author/nishiyama主に30代のビジネスマンを対象としたサイトだけど、若い人や先輩方が読んでも楽しめると思う。私は不動産... [続きを読む]
  • もうすぐ春ですね
  • 暦の上ではとっくに春。なるほど、ここのところ暖かくなってきて、昼間はコートなしでも外を歩ける。街のスピーカーから桜をテーマにした曲が流れてきたりして、暦の上だけでなく、体感できる時期になってきた。小学生の頃、『ボキャブラ天国』が大好きだった。特に初期の、... [続きを読む]
  • 初めての本命チョコ
  • 初めて本命チョコをもらったのは小6のときだった。当日の放課後、帰ろうと教室から出ようとしたところ、「西山くん、ちょっと待って!」クラスの活発な女子から声を掛けられた。なんとなく気づいていながらも訊いてみる。「なんで?」「チョコを渡したいの…」キターッ!欲... [続きを読む]
  • 友達間だけで通じる笑い
  • rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0e3179db.86e9f1e3.0e3179dc.84acd252";rakuten_items="ctsmatch&
    quot;;rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_
    border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_titl... [続きを読む]
  • メガネのセックス事情
  • 「エッチのときってメガネ外すの?」 メガネを掛けていると、時折この質問をされることがある。なるほど、掛けていない人からしたら疑問かもしれない。私はメガネを掛け始めて5年ほどになる。若い頃の裸眼時にもそういった経験があるので、どちらの場面も分かる私がそれにお答えしよう。個人差があることはご承知の上で続きをお読みください。というか、完全に私の場合のみの意見かもしれない。続きを読む [続きを読む]
  • メアドでミス
  • 私が高校に入学した当時、iモードが始まったばかりで、ケータイがセンセーショナルを巻き起こしていた。バイト代を貯めて初めて買ったケータイは、画面は緑色、着信音は三和音の、今では子どものおもちゃにもならない代物だった。メールの存在が一般的になったのもその頃。当時のメールアドレスのローカル部(@の前の部分)の初期設定は、ケータイの電話番号そのままだった。しばらくして、迷惑メールが問題になるまで、メールア [続きを読む]
  • 過去の記事 …