田舎のtoki さん プロフィール

  •  
田舎のtokiさん: 九重 明るい農村  ビデオカメラ&フォト
ハンドル名田舎のtoki さん
ブログタイトル九重 明るい農村 ビデオカメラ&フォト
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kujyutoki-kujyutoki/
サイト紹介文九重町の明るい農村に住んで農業しています。ビデオとカメラを抱え、時々憂鬱、九重と玖珠そして農業を撮影
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/12/26 16:25

田舎のtoki さんのブログ記事

  • 米を作ろう 田植え後の水管理 6月
  • コメを作ろう 田植え後の水管理 6月私の稲作は、手抜き、金抜き、自然任せのコメ作りです完全な無農薬、自然栽培では有りませんし、適当な所のある、少し無責任な栽培方法だ。かなり掲載のタイミングがずれていますが、来年の参考にしてほしい。田植え後の水管理は楽々管理です。この水管理を少しばかり丁寧にすれば、人並み以上のお米を収穫出来る。ヒルガオが咲き始めた6月下旬 田植え後の水管理、浅水管理か深水管理か?父の [続きを読む]
  • 九重、飯田高原 朝日長者伝説の念仏水・ブツブツブツ仏
  • 黒岳近辺登山の帰り道に、手軽に立ち寄り出来る長者伝説の名所黒岳、花牟礼山、ふきくさ山、万丈塔などの山行帰りの時、空き時間が少し有れば「10分程度」千町無田南のはずれにある朝日長者伝説の一つ、念仏水を訪れたい。念仏水は、朝日長者伝説の中で長者に、最後の大きな転機をもたらした場所であり、ここで長者の命運が尽きたのです。では、そのあらすじを少し自身の滅亡を予感した朝日長者は、今まで貯蓄した財宝を人夫を雇い [続きを読む]
  • 飯田高原(九重町)の今頃、
  • にほんブログ村九重・飯田高原の今、梅雨も遅れがち田植え後の水田管理も一息ついて、いま水田の管理作業は毎日朝夕の水管理のみ、牧草の収穫作業も5月末日から6月5日頃迄には終了しました。今現在の農家の農作業は花卉、野菜の管理、等が主な作業でしょうか私の家は20年前に畜産部門は廃止して、現在水稲農家ですその他の部門は、小規模な野菜栽培しか行っていないからその管理作業がおもな仕事です。私の時間は、暇な時間なんて [続きを読む]
  • 星生山「九重」のミヤマキリシマは好条件の場所で満開でした
  • にほんブログ村ミヤマキリシマが岩の間に点在する星生山2017年6月5日御池から星生山を経由して帰路についた。午後の九重山系を歩いていると、汗ばんで来ます。星生山は赤茶けて見ただけでも暑ぐるしい星生崎に登り着くまでの急登坂、日差しが強くて参る。その急登坂ですれ違うのは韓国からの登山者のみ、道を譲り、譲られしている内に星生崎岩山につく。ゴールの牧ノ戸峠に帰着したのは、午後5時20分で有った。御池からの星生崎。 [続きを読む]
  • 稲星山、鳴子山 九重の地味系山と、ミヤマキリシマの花
  • にほんブログ村九重山系の中で、地味で落ち着いた、稲星山と鳴子山のミヤマキリシマを観察に行く。2107年6月5日−6時30分から牧ノ戸峠より登り始める。あの赤茶けた稲星山の砂礫と、ミヤマキリシマの花と葉、青い空「茶色、桃色、緑、青」完全とは言えないが、4色そろって補色の関係になっている。だから、ミヤマキリシマと青空が有れば、色彩的に良い風景が撮れるのではないかと思った。稲星山のミヤマキリシマは自分が思っていた [続きを読む]
  • 坊ガツル〜雨ヶ池、アサキマダラを見つける
  • にほんブログ村アサキマダラが坊ガツル〜雨ヶ池方面で、運良く見られた5月30日の午後4時頃、頭がシクシク痛むのを我慢しながら坊ガツル〜雨ヶ池へと帰路の途中、「自宅の周りでも時々見られる」アサキマダラチョウを見つける。2000年に台湾から日本へ、翌年には日本から台湾への移動が確認され、その飛距離は1000キロから2000キロにも及びます。そのアサキマダラが坊ガツル〜雨ヶ池方面で、運良く見られた。別に、大変珍しい事でも [続きを読む]
  • 九重、霧中でオルレのコース、プラスαのルートとミヤマキリシマの花
  • にほんブログ村5月24日、雨天のオルレコース、ミヤマキリシマの花と自然歩道と自前のルートを歩く歩行時間・・・8時間40分  午前8時〜午後4時40分歩数・・・・・・・約35000歩歩行距離・・・約25キロ天気の悪い日にオルレの道を歩くのも悪くないなと思い天気の崩れるのを待って歩いてみたオルレのコースを正確に歩いたわけでは無く、歩きたい所を気ままに歩いたと言う感じ。気ままに歩いたので、歩数はかなり多くなり、歩行距離 [続きを読む]
  • 万年山のミヤマキリシマ、5月15日 2分咲き位のキリシマを楽しむ
  • 人生楽な山が最高、なだらか、楽山の万年山と花畑のミヤマキリシマ玖珠町 万年山のミヤマキリシマを楽しんだが、まだ2〜3分咲き位だったミヤマキリシマの咲き具合は、玖珠町観光協会に問い合わせすれば良いのだが、やはり、自前で見てみたいですね。歩行距離 10.2キロ歩行時間 5時間歩数    約18000歩田植え後の疲れを残したまま、万年山を一週した。写真を撮りながらの歩きは、遅くなりがちで、4〜5枚写真を [続きを読む]
  • 大分のかくれた名山たち、昨年登った時の参考記録です。
  • 5月11日大分合同新聞(木曜日) の夕刊に 大分のかくれた名山たちと言う記事が出ていました。昨年の秋、ルートファインディングの練習を兼ねて、この山に登ってほぼ一日中、この栗原山を歩いていました。頂上の三角点の側で行って付近を眺め回すが、最近誰もこの山に来た様な形跡が有りません。付近の山、ヒジリ岳、日平山、小倉岳には頂上にプレートが付けられておりこの山のみプレートが見られ無い、しかしこの山は、合同新聞に [続きを読む]
  • 飯田高原、九重、の遺跡、南無阿弥陀佛の石碑再訪。
  • 生成27年に、元JA職員の大隈氏によって発見された、南無阿弥陀仏の石碑を再訪する横断道路脇、熊の墓バス停近くにこの石碑がある。何となくこの石碑の事が気になりだして、農作業の合間に行ってみた。昭和41年に発行されたガイドブック「九重・由布の旅」編集   原田種夫投稿者 加藤数功  赤峰武  阿部豊発行   ジャパンコンサルタトルームの中でも由来不明ながらも紹介されている。地元の老人等からの聞き伝えとして、 [続きを読む]
  • サクラソウ、リュウキンカが咲く
  • 八重桜の花びらが濡れてしまった。一日晴天が続くと色鮮やかなドライフラワーの出来上がり。色が濃くなって香りは無いが、このままふりかけになりそうだ。数十年来、ズーッと咲き続けている場所が有る。JAドライブインの近所に生育地が有るが、、こんなに群落しているのは此処だけだ1週間前位から咲いていたリュウキンカ。長者原のタデワラを除けば飯田高原の群落地はここだけの様だ。もう一日遅かったら、花びらが白化して最盛期 [続きを読む]
  • 九重の春、山菜の天ぷらを食べる
  • 九重 飯田高原、山菜天ぷらで美味くてその上、食費軽減も可!九重町の楽しい春は、九重町の楽しい春は、ワラビ、タケノコ、フキノトウ、健康体操の歌声が聞こえてきそうな八十八夜も過ぎ、新緑の美しい九重の春となりました。ワラビ、タケノコ、フキノトウの季節は終わりましたが、まだまだ山菜の楽しみは残っています。山菜天ぷらを揚げておいしく食べるコツは、衣に卵を適当量入れ、塩を少し加え、余り攪拌し過ぎない様に、最後 [続きを読む]
  • コメを作ってみよう。本田の準備、遅れましたが、まだ来年に間に合う
  • 遅れた本田の準備・来年度参考に 九重、2017年3月〜5月4日までの本田の作業。我家の近代的?な機械化は昭和49年の春であった。この頃、我が家では、水田を1.5ヘクタール、畑(キャベツ)30アールの経営規模で、当時では極、平均的な規模の農家であった、食べるに困らず(当たり前ですね、コメを作っているから)さりとて贅沢は敵でした。昭和49年以前の、田畑の耕耘作業と言えば、耕幅60センチしかない6.5馬力の耕 [続きを読む]
  • コメを作って見よう。最後の管理〜田植えまで。4月30日〜5月6日
  • 水稲苗の最後の管理〜田植えまで4月30日、苗に異変が!早朝、ハウスを開けに行った妻が苗の異変に気が付く苗の一部におかしい部分が有ると言うので、直ぐに見てみると、タチガレ病の出ているところが有ります。幸いにも、一カ所ここだけです。苗箱の端なので薬剤散布のムラかも知れないタチガレン液剤1000倍液をこの箱と周辺の箱5箱に1箱当たり1リットル、ジョウゴでかける。4月3日播種後24日の苗「コシヒカリ」。現在、タチガレ病 [続きを読む]
  • 九重 スカイブルーの御池・黄色い枯れ野、東千里浜・茶色の稲星山
  • 九重、天気晴朗ですが風強く、スカイブルーの御池と茶褐色の稲星山へ震えて、耐えながらへ行く2017年4月28日スタート地点、ゴール地点、大曲 8時30分  諏蛾守越し9時30分御池 10時40分  稲星山山頂11時40分   牧ノ戸峠16時15分ゴール地点大曲16時50分歩行距離 14.3キロ。 歩行時間 8時間20分「休憩、昼食、写真撮影時間を含む」       歩数 26500歩おにぎり6個 水1.5リットル(1リットル使用) コーヒー 500 [続きを読む]
  • 米を作って見よう。育苗後半
  • 米を作って見よう。育苗の後半の作業と注意点。タチガレ病防除の要点前回、発芽後、太陽シートを外して、タチガレ病の予防第1回目の防除としてダコニール(1000倍液)を散布しましたが、これだけではタチガレ病を予防出来ません。さらに、ダコニール散布7日後、にタチガレン1000倍液を1苗箱当たり1リットル散布します。タチガレ病菌の事下記の表を見てもらえれば分かるが、ダコニールとタチガレンの対応菌は、異なります。3年前まで [続きを読む]
  • 黒岩山、泉水山(九重) 焼きたて野原を歩く。
  • 2017年4月23日・黒岩山を経て、大崩の辻から泉水山山麗 野焼に合う2017/04/23 始発 8:00 牧ノ戸峠〜黒岩山〜大崩の辻〜林道出合〜おにぎり山        団子山〜長者原駐車場〜牧ノ戸峠 17:33(終着)歩行時間  9時間30分 (休憩、写真撮影時間を含む) 写真撮影時間が多い装備品   一眼レフカメラ、コンデジ、一脚(一脚は全く使用しなかった)        弁当(おにぎり6ヶ) 水1.5リットル、缶コーヒー2缶、   [続きを読む]
  • 春の九重飯田高原、別荘地。筌ノ口、満開の山桜と草花。
  • 飯田高原各地・・別荘地、白鳥神社、年の神、ヘベ池の春。飯田高原は今、桜の花盛り。ソメイヨシノは落ち目ですが、山桜は最盛期で出葉も余り気にならず、見られる。そんな桜などを見ながら、田舎道、オルレの道などをウオーキングすると、青空の日には汗ばんで来るもう少しだ、クヌギの新芽が、僅かに出た頃が、飯田高原ウオーキングの一番良い時だ。別荘地の春この別荘地が出来てから、もう27年位になる。丁度バブル景気のはじけ [続きを読む]