ちゃは さん プロフィール

  •  
ちゃはさん: Breast&ovarian malignant tumor
ハンドル名ちゃは さん
ブログタイトルBreast&ovarian malignant tumor
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/reirei317
サイト紹介文2007年乳がん・ステージ3c。2015年卵巣粘液性がんステージ1c3以上。重複がん患者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/12/26 18:25

ちゃは さんのブログ記事

  • 3つ目のがんかもしれない
  • 4月21日(金)前から存在した腎臓の良性腫瘍が今回の検査で肉腫疑いに変化していた。まさかねーとステキ女医先生と笑いながらも念のための泌尿器の予約を入れてもらい受診をしたのが21日。画像を一生懸命見てくれた泌尿器の先生が「肉腫の可能性は高い。連休明けすぐにMRIをとりましょう。 それを医局のカンファレンスにかけます。  そして結果をおしらせします」と。はじめましての先生だったこともあり、大好きなステ [続きを読む]
  • TV出演
  • 今日午後8時 Eテレ ハートネットに出る。20人くらいの登場人物のうちのひとりなので映像は1分あるかないかといったところだろう。ステキ女医先生もたぶん見てくれるはず。今日と明日は朝から夕方まで出かけてしまうので昨日の続きは木曜日にでも。  いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 私のこれからが決まった日 その1
  • 4月14日(金)結果発表の日。家を出て駅でステキ女医先生からいただいた花束のお返しのお菓子を買う。本当は地元名菓にしたかったけど、その日に買ってその日に食べないとダメというものなので、近隣の市の名菓を買う。間違いなくおいしいので楽しんでくれるといいなぁ。電車に乗ってまずはマギーズへ。12時についてその日初めての患者だった。4月になってから落ち着いた状態が続いているとのこと。顔なじみのスタッフの方と [続きを読む]
  • 命が尽きるまでのエンドレス治療スタート
  • ついにこの日が来てしまった。転移がわかったもののどっちのがんからかわからなかった1か月はなんとなく実感もわかず事実を事実としてとらえていないそんな自分がいた。でも結果が出た今は違う。命が尽きるまでのエンドレス治療のスタート。受け入れるしかないんだけどこれは夢であってほしいと願うそんな気持ちが心のどこかにある。これから出かけるので詳細は明日にでも。 いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 肝生検入院3日目 退院
  • 4月6日(木)やはり早く目が覚め、空が明るくなっていく様子を観察。1回目の手術入院で13日2回目の手術入院で22日抗がん剤入院で4日そして今回3日最後の入院になるはずなのでトータル42日間の入院も今日で終わり。朝ごはんの前に最上階と5階の庭園を散歩する。上着なしでも寒くない。春が来たんだなぁ。最後の朝ごはん。第九も終わり 入院も終わり、「肝転移と骨転移」を抱えながら日常に戻っていかなくてはいけない [続きを読む]
  • 肝生検入院2日目 その2 
  • 4月5日(水)肝生検入院2日目ベッド上での3時間安静。おなかすいたしのどかわいたのに飲食ダメ。点滴してるからトイレにも行きたくなりそうなのにトイレもダメ。「忍」の気持ちで時間がたつのを待つ。点滴が終わったのでわーいこれで少しは楽になると思ったらなんと2本目がやってきた。夜までだそう。日帰りなんてとんでもなく無理。肝生検ってやっぱり大変。地獄の3時間が終わったので トイレに行ってナースステーションの [続きを読む]
  • がん患者さんが歌う春の第九 テレビ放映
  • 珍しく1日に2回更新今日の朝 NHKおはよう日本でがん患者さんが歌う春の第九のドキュメンタリーが放送された。ほとんど映らないだろうと思いながら見ていたら 最初の練習で立って歌えなくて座っているところや夏ごろ受けたインタビュー、そして練習風景、本番の舞台袖、本番とかなり私の映像が使われていた。最初のころの私。ほとんど立って歌うことができずいつも座っていた。夏ごろうけたインタビュー抗がん剤治療真っ最中 [続きを読む]
  • 肝生検入院2日目 その1 胸の針生検とは大違い
  • 4月5日(水)ちょうど1週間前の今頃は病人になってしまった心を朝日にいやしてもらっていた。お日様が顔を出そうとしているとき顔を出したおひさま入院は嫌なんだけど、この景色を見れるということだけはうれしい。朝は絶食。やることないから病棟内を散歩。8時半ごろ「ちゃはさーん?」といってステキ女医先生がお部屋に来てくれる。「また経験増えちゃうね」その言葉が優しかった。「普通は生検なんてしないから、乳がんだっ [続きを読む]
  • 肝生検入院 1日目 その2
  • 今日は乳腺主治医の誕生日。まだ42歳。であったころは32歳だった。そして42歳になってすぐがんになった私のことを「若い、若い、がんになるには若すぎる」と言っていた。世間一般では42歳は若いと言える年齢ではなかったので主治医のその言葉がぴんと来ていなかったけど、あれから約10年たって42歳の人を見ると「若いなー」と思う。そして主治医の言葉の意味がよくわかる。肝生検入院1日目の続き。モデル友達とお別れ [続きを読む]
  • 肝生検入院 1日目 その1
  • 「がん」での入院も乳腺を入れると5回目。婦人科病院への入院も4回目。ということで今回は荷物も極力減らしリュックで病院に向かう。ゆりかもめに乗ったらなんと運転手さんがいた!これをFACEBOOKに投稿したら勘のいいお友達が連絡をくれて、会いに来てくれることに。マギーズのボランティアで担当が一緒になって1か月協力しながらブログ更新を手伝った仲。会ったことはたった3回しかない。それでも会いに来てもらえる [続きを読む]
  • つながる幸せなご縁
  • 昨日の第九のうちわの打ち上げ。参加メンバーはどんな方なのかほとんど知らずに図々しく参加。なんと医療者がほとんどの会だった。病棟看護師さん・ソーシャルワーカーさん・薬剤師さん・製薬会社の方・そして研究のお手伝いをされている方などなど。場違いなところに来てしまったのではないかと最初はちょっとだけドキドキしたけど自己紹介のとき「図々しく来てしまいました」といったら「参加してくれてうれしい」と温かい言葉が [続きを読む]
  • 今日は第九のうちわの打ち上げ
  • まだ肝生検のあとが痛い!でもそれにめげず今日は第九のうちわの打ち上げに。誘っていただいたのはいいものの半分以上が知らない方だったので打ち上げ参加は少し迷った。せっかく第九がつないでくれたご縁、ありがたく参加しようと思い直し、ステキ女医先生に許可をもらった。「いってもいいですか?」「うん」「夜なのでお酒飲むと思うんですけどお酒は?」「お酒飲んだら血流がよくなっちゃうよね。今回だけは我慢しなさい」「病 [続きを読む]
  • やっと泣けた
  • 肝生検入院から無事退院。今回は消化器内科のお部屋に入院。回診に来てくださる先生たちも当然知らない先生ばかりで心細くステキ女医先生だけが心の支え。退院する日の朝も部屋まで来てくださったステキ女医先生。少しお話して先生が外来へと向かうその背中に思い切って声をかけた先生ー握手してもらっていいですか?ハグでもいいよそう言ってまたギューって抱きしめてくれた。転移がわかってから泣いてる暇もないほど忙しくてきち [続きを読む]
  • さあ入院
  • 今までとは違って「治す」ためではない入院。でもこれからのために必要な入院。第一楽章で乳がんと闘い第二楽章で卵巣がんと闘い第三楽章で転移がんと闘うことになってしまった私。第四楽章で喜びの歌を歌えるようにこれからの治療を頑張っていこう。ステキ女医先生にいっぱい会えますように。それではいってきます。  いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 明日入院
  • 第九のことまだまだいっぱい書きたいけど明日から入院するので退院後に書こうと思う。本当なら2週間前くらいに入院しなければいけなかったのに第九の練習があることを考慮してくれた消化器内科の先生に感謝しつつ ステキ女医先生にべたべた甘えてこよう。たぶん婦人科病院ラストの入院。4回目なのでいろいろわかってるし不安もないし入院生活楽しんできます。  いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • すべての人にありがとう
  • 去年の5月、卵巣がんの抗がん剤治療3日目でふらふらする体を引きずりながら説明会に参加して早10か月。昨日第九本番が終わった。10か月間壮大で優しくて温かい夢をみさせてもらって本当に本当に幸せだった。本番終了後 ステキ女医先生に花束をいただいた。また手をぎゅーっとしてくださったので、思い切って頼んでみた。「先生ハグしてもらっていいですか?」「もちろん」いっぱい愛のつまったハグだった。ハグしながらかけてくだ [続きを読む]
  • 新聞掲載
  • 勝俣医師の研究に協力したことが新聞記事になった。私、名前載らず写真だけの掲載http://www.asahi.com/articles/ASK3Y6Q85K3YUBQU00W.html今回で新聞への登場は3回目。この研究に参加したのは 自分に見極める力がどれだけあるのか知りたかったから。自分では結構自信があったけど、その自信は見事に打ち砕かれた。どんなに怪しい体験談でもものを販売していなかったり怪しい自費診療をやってるサイトに誘導していなければ評価は [続きを読む]
  • 腎臓も 肉腫疑い
  • 9年前 乳がん罹患時に全身検査したとき腎臓に良性腫瘍があるのが判明。腎血管筋脂肪腫という良性のもので当時からすでに8cmあった。その後もCTやPETを取るたびに写っていたが大きさは変化なしまたは少し縮小だった。でも今回のPETと肝臓MRIでその腫瘍が「肉腫疑い」に変化していた。9cmちょっとと成長している模様。来月の入院中に泌尿器科受診予定。がんばれーわたし。  いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 腎臓も 肉腫疑い
  • 9年前 乳がん罹患時に全身検査したとき腎臓に良性腫瘍があるのが判明。腎血管筋脂肪腫という良性のもので当時からすでに8cmあった。その後もCTやPETを取るたびに写っていたが大きさは変化なしまたは少し縮小だった。でも今回のPETと肝臓MRIでその腫瘍が「肉腫疑い」に変化していた。9cmちょっとと成長している模様。来月の入院中に泌尿器科受診予定。がんばれーわたし。  いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • マエストロの言葉に涙
  • 昨日は第九練習。マエストロとの2回目の練習。なんと驚くべきことがあったけど、ネタバレになっちゃうから書くのを控えておこう。きれいな第九はいらない、生きていることの喜びを歌えることの喜びをみなさんに伝えるような第九にしよう。この合唱団を指揮できることは僕にとって大きな経験になると思っています。そうは見えないけど指揮が僕でいいのかなと思っているんですよ。このマエストロの言葉を聞いた後の合唱、私の目から [続きを読む]
  • マエストロの言葉に涙
  • 昨日は第九練習。マエストロとの2回目の練習。なんと驚くべきことがあったけど、ネタバレになっちゃうから書くのを控えておこう。きれいな第九はいらない、生きていることの喜びを歌えることの喜びをみなさんに伝えるような第九にしよう。この合唱団を指揮できることは僕にとって大きな経験になると思っています。そうは見えないけど指揮が僕でいいのかなと思っているんですよ。このマエストロの言葉を聞いた後の合唱、私の目から [続きを読む]
  • とりあえず乳がんの治療再開
  • 順番が前後してしまうけど、22日の乳腺通院の記事を先に。乳腺主治医にはメールで骨転移と肝転移が見つかったことを伝えていた。乳腺主治医に会う前に乳腺の教授に会ったので非常勤になってしまった乳腺主治医がいつまでいるのか聞いてみた。「ぼくはくびにはしないよ。あとは先生次第」とのお返事。「患者さんわたしひとりになったとしても大丈夫なんですか?」「大丈夫。先生にそう頼んでみれば」この言葉に安心して診察に臨む。 [続きを読む]
  • とりあえず乳がんの治療再開
  • 順番が前後してしまうけど、22日の乳腺通院の記事を先に。乳腺主治医にはメールで骨転移と肝転移が見つかったことを伝えていた。乳腺主治医に会う前に乳腺の教授に会ったので非常勤になってしまった乳腺主治医がいつまでいるのか聞いてみた。「ぼくはくびにはしないよ。あとは先生次第」とのお返事。「患者さんわたしひとりになったとしても大丈夫なんですか?」「大丈夫。先生にそう頼んでみれば」この言葉に安心して診察に臨む。 [続きを読む]
  • 心がくじけた 肝臓MRI
  • 3月17日(金)肝転移の状態を詳しく調べるためのMRI検査。私はもともとMRIが嫌い。乳腺のMRIはうつ伏せがしんどいし、腹部MRIは始まる前の痛い痛い注射が嫌。脳のMRIはまだましだったな。患者慣れしている私は受付時間の15分前に病院到着。すぐに呼ばれ検査着に着替える。そして検査中に知った。この検査は息止めがいっぱいあってしかもその時間が長いことを。去年末位からずっと咳が続いていて長時間の息止めはし [続きを読む]