ちゃは さん プロフィール

  •  
ちゃはさん: Breast&ovarian malignant tumor
ハンドル名ちゃは さん
ブログタイトルBreast&ovarian malignant tumor
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/reirei317
サイト紹介文2007年乳がん・ステージ3c。2015年卵巣粘液性がんステージ1c3以上。重複がん患者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/12/26 18:25

ちゃは さんのブログ記事

  • 誰のためでもなくただ自分のために
  • なんだかんだと忙しい4日間が終わり 今日はだらだらと過ごす一日。土曜日は次女の高校ラストの役員会。次女はとっくに卒業していたけど後援会の役員として残っていた。高3の夏に卵巣がん発覚。2度の手術や抗がん剤治療で副会長としての仕事はほとんどできなかった。後援会もしかり。でも役員会に行くだけで会えてうれしいと温かく迎えてくれた仲間がいた。心から感謝。長かったPTA生活にも終止符。PTAは大変という人が多 [続きを読む]
  • ステキ女医先生の愛に包まれて
  • 本当は婦人科9か月目の経過観察診察のはずなのに後腹膜腫瘍のことでいっぱいいっぱいだった私のために卵巣がんのお話はほどんどぜず、私の気持ちを落ち着かせる精神腫瘍科のような診察になってしまった。診察時間が約2時間遅れになっていたのに、私に真正面から向き合ってくださったステキ女医先生。先生大好き。診察室に入って泌尿器での診察のことを報告。手術できないという事実に動揺している私に先生は「経過観察でいいと思う [続きを読む]
  • 後腹膜肉腫は 手術対象外
  • 5月12日(金)泌尿器の診察室に入った時「やはり肉腫でした。悪性ですが乳がんの肝転移があるため手術対象外です」という宣告を受けた。☆ものすごく大きな手術になるので体力も落ち肝転移が進行してしまう可能性がある☆腎臓を残せないのでこの先抗がん剤治療が必要になった時治療に支障が出る☆悪性度の低い高分化の脂肪肉腫のため手術の必要のない物である可能性も大きい 画像に写った9年前にはすでに8cmあってその後全く変 [続きを読む]
  • メディアに露出するということ
  • およそ8年前「がん患者」として大学の教壇に立ったことが新聞記事になった。当時はがん患者であることを世間にカミングアウトできなかったので私は「43歳の女性」として記事にしてもらった。もちろん写真などはない。それががん患者としての私とメディアの出会いだった。その後は何事もなく過ぎていき、東京マラソン当選のときも電話取材はあったがその後は音沙汰なし。メディアに出ることはなかった。時が過ぎ私は乳がんと卵巣 [続きを読む]
  • いよいよ明日 後腹膜腫瘍の結果発表
  • 明日は血液検査→泌尿器外来→婦人科外来その前に 尿検査の量が足りませんでしたとお呼び出しされたら笑える。もうカンファレンスも終わってるから明日後腹膜腫瘍に関しては決着がつくであろう。もう結果待ちにも慣れたもので全然ドキドキしない。それよりステキ女医先生に3週間ぶりに会えるのが楽しみで仕方ない。3月4月は検査たくさん&第九&入院でいっぱい会えたけど5月は明日だけ。だから会えてる時間めいっぱい幸せに浸 [続きを読む]
  • 尿検査で苦戦 まさかの事態w
  • MRIが無事終わり、さあ尿検査だ!と思ったもののMRIの前にトイレに行ってしまったのでまったく尿意を感じない。まいったなーと思いつつしばらく待って、トイレに。やっぱりでないけどちょっとはとれたからまあいいかと思いコップを所定の位置において会計へ。会計を待っている間にまさかのお呼び出し。受付に行くと「量が足りないようなのでもう一度お願いします」どれくらいあれば足りますか?と聞いてみたらさっきのと足す [続きを読む]
  • MRI無事終了 
  • 昨日 無事にMRI終了。胸のMRI×2脳のMRI×1下腹部MRI×2肝臓MRI×1そして今回のMRIで7回目。尿検査があるので少し前の駅からずっとトイレを我慢して病院到着。検査20分前なので先に尿検査をと思ったらMRIに呼ばれてしまった。早くできそうなので尿検査より先にMRIをとのこと。同意書も書いてこなかったのに予想外の展開で慌てて同意書と問診票を書き、仕方がないのでトイレに行き、MRI検査室に [続きを読む]
  • 明日は後腹膜腫瘍の正体をつかむためのMRI
  • MRI大っ嫌いだからものすごく憂鬱。後腹膜腫瘍についてまとめておこう。2007年暮れ乳がん告知後の全身検査で後腹膜腫瘍を指摘される。そのときすでに8cm。痛くならなければほったらかしでよいといわれ素直にそれに従う。その後もCTをとるたびに後腹膜腫瘍を指摘されあるとき具体的に「腎血管筋脂肪腫」と書いてあり、どんなものか検索してみる。「4cm以上で破裂の恐れあり。治療対象」と書いてあったものの自覚症状 [続きを読む]
  • 明日は後腹膜腫瘍の正体をつかむためのMRI
  • MRI大っ嫌いだからものすごく憂鬱。後腹膜腫瘍についてまとめておこう。2007年暮れ乳がん告知後の全身検査で後腹膜腫瘍を指摘される。そのときすでに8cm。痛くならなければほったらかしでよいといわれ素直にそれに従う。その後もCTを取るたびに後腹膜腫瘍を指摘されあるとき具体的に「腎血管筋脂肪腫」と書いてあり、どんなものか検索してみる。「4cm以上で破裂の恐れあり。治療対象」と書いてあったものの自覚症状 [続きを読む]
  • 「話すこと」によって救われる
  • 24日の通院では本当にいろんな人に会った。婦人科病院は知り合いも少ないので誰かに偶然会うということはほぼないに等しいけど乳腺病院は通院歴9年4か月。患者会に所属しているということもあっていけば必ず知っている人に会う。24日に会ったのは☆一回り以上若いお友達、骨転移の先輩。何年ぶりかの再会。近況報告をしたりランマークについて教えてもらったり。治療のことは医療者から聞くよりやはり生の声がありがたいし一 [続きを読む]
  • 遠隔転移確定後 初緩和
  • まだ4月26日の続き順番が前後するけどこの日は緩和の診察からのスタートだった。乳がんからの転移が確定したことを報告。もうすでにホルモン治療を再開していたこともあり、この話はすぐに終了。相談したのは腎臓の腫瘍をどうするか。腎臓の腫瘍が見つかって9年ちょっと。私はずっと腎臓の中に腫瘍があるものだと思い込んでいた。今までの画像を緩和の先生が見てくださったところなんと、腎臓の周りの後腹膜に腫瘍があるという [続きを読む]
  • 骨転移治療 ランマーク初体験
  • 痛くないからランマークしなくてもいいですか?と聞いてみたものの答えはNO。仕方なく通院治療センターへ向かう。初治療ということもあり同意書なんかも書いていろいろ手続きをした後順番を待つ。45分くらい待つらしい。これからは診察が終わった後すぐに帰れないんだなぁとどんより。電話しながら廊下で待っていたら主治医が帰宅するところだった。手を振って去っていく。非常勤になってから患者さんをほとんど持っていないの [続きを読む]
  • 遠隔転移発覚後初診察 
  • やっと乳がん遠隔転移の書庫を作った。書庫も整理しないとものすごくわかりにくい時系列になってしまっている。体調も悪くないし、薬の副作用もないといっていいくらい。ピアサポ活動も仕事も支障なくやることができている。ただ寝ても寝ても眠い。9年弱前、ホルモン治療がスタートした時も同じような感じだった。そのうち慣れるのかな。心がしんどい時には第九のテレビ番組録画を繰り返し見る。そうすると自然と顔がニコニコして [続きを読む]
  • わたしのこれからが決まった日 その2
  • 忙しくてブログも放置気味。とりあえず時系列に沿って書こうかなとちょっと前の記事を。4月14日(金)ステキ女医先生に結果を聞いて乳腺主治医への「お手紙」をもらって都内の乳腺主治医の本籍病院にお見舞いに。とってもいい病院で心がぐらぐら揺れ動く。お見舞いに行かせていただいた方とお話しているうちに乳腺主治医登場!「確定しました。先生にお世話になります」とご挨拶。「ステキ女医先生からのお手紙、今渡していいで [続きを読む]
  • TV出演2
  • またテレビに出ます。明日11時5分 NHKひるまえほっと関東ローカルです。第九関連の番組で私は密着取材を受けました。「ステキ女医先生とのツーショットがほしい」というわがままなお願いも叶えてくださって本当に幸せな密着取材でした。この番組の放送をもって私の中の第九は一区切りつきます。番組終了後 第九を統括する記事を書こうと思っています。明日が楽しみで仕方ありません。ステキ女医先生の映像、私にとって何よ [続きを読む]
  • 3つ目のがんかもしれない
  • 4月21日(金)前から存在した腎臓の良性腫瘍が今回の検査で肉腫疑いに変化していた。まさかねーとステキ女医先生と笑いながらも念のための泌尿器の予約を入れてもらい受診をしたのが21日。画像を一生懸命見てくれた泌尿器の先生が「肉腫の可能性は高い。連休明けすぐにMRIをとりましょう。 それを医局のカンファレンスにかけます。  そして結果をおしらせします」と。はじめましての先生だったこともあり、大好きなステ [続きを読む]
  • TV出演
  • 今日午後8時 Eテレ ハートネットに出る。20人くらいの登場人物のうちのひとりなので映像は1分あるかないかといったところだろう。ステキ女医先生もたぶん見てくれるはず。今日と明日は朝から夕方まで出かけてしまうので昨日の続きは木曜日にでも。  いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 私のこれからが決まった日 その1
  • 4月14日(金)結果発表の日。家を出て駅でステキ女医先生からいただいた花束のお返しのお菓子を買う。本当は地元名菓にしたかったけど、その日に買ってその日に食べないとダメというものなので、近隣の市の名菓を買う。間違いなくおいしいので楽しんでくれるといいなぁ。電車に乗ってまずはマギーズへ。12時についてその日初めての患者だった。4月になってから落ち着いた状態が続いているとのこと。顔なじみのスタッフの方と [続きを読む]
  • 命が尽きるまでのエンドレス治療スタート
  • ついにこの日が来てしまった。転移がわかったもののどっちのがんからかわからなかった1か月はなんとなく実感もわかず事実を事実としてとらえていないそんな自分がいた。でも結果が出た今は違う。命が尽きるまでのエンドレス治療のスタート。受け入れるしかないんだけどこれは夢であってほしいと願うそんな気持ちが心のどこかにある。これから出かけるので詳細は明日にでも。 いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 肝生検入院3日目 退院
  • 4月6日(木)やはり早く目が覚め、空が明るくなっていく様子を観察。1回目の手術入院で13日2回目の手術入院で22日抗がん剤入院で4日そして今回3日最後の入院になるはずなのでトータル42日間の入院も今日で終わり。朝ごはんの前に最上階と5階の庭園を散歩する。上着なしでも寒くない。春が来たんだなぁ。最後の朝ごはん。第九も終わり 入院も終わり、「肝転移と骨転移」を抱えながら日常に戻っていかなくてはいけない [続きを読む]
  • 肝生検入院2日目 その2 
  • 4月5日(水)肝生検入院2日目ベッド上での3時間安静。おなかすいたしのどかわいたのに飲食ダメ。点滴してるからトイレにも行きたくなりそうなのにトイレもダメ。「忍」の気持ちで時間がたつのを待つ。点滴が終わったのでわーいこれで少しは楽になると思ったらなんと2本目がやってきた。夜までだそう。日帰りなんてとんでもなく無理。肝生検ってやっぱり大変。地獄の3時間が終わったので トイレに行ってナースステーションの [続きを読む]
  • がん患者さんが歌う春の第九 テレビ放映
  • 珍しく1日に2回更新今日の朝 NHKおはよう日本でがん患者さんが歌う春の第九のドキュメンタリーが放送された。ほとんど映らないだろうと思いながら見ていたら 最初の練習で立って歌えなくて座っているところや夏ごろ受けたインタビュー、そして練習風景、本番の舞台袖、本番とかなり私の映像が使われていた。最初のころの私。ほとんど立って歌うことができずいつも座っていた。夏ごろうけたインタビュー抗がん剤治療真っ最中 [続きを読む]
  • 肝生検入院2日目 その1 胸の針生検とは大違い
  • 4月5日(水)ちょうど1週間前の今頃は病人になってしまった心を朝日にいやしてもらっていた。お日様が顔を出そうとしているとき顔を出したおひさま入院は嫌なんだけど、この景色を見れるということだけはうれしい。朝は絶食。やることないから病棟内を散歩。8時半ごろ「ちゃはさーん?」といってステキ女医先生がお部屋に来てくれる。「また経験増えちゃうね」その言葉が優しかった。「普通は生検なんてしないから、乳がんだっ [続きを読む]