papari さん プロフィール

  •  
papariさん: 法務マンが突然海外営業へ異動させられました
ハンドル名papari さん
ブログタイトル法務マンが突然海外営業へ異動させられました
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/papari/
サイト紹介文現在の会社で5年ほど法務にいて、その後突然海外営業部門に異動になった40代のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/12/27 00:26

papari さんのブログ記事

  • 司法試験合格後の生活状況について(修習生への給与)
  • 2016年の司法試験合格者とお祝いの趣旨でランチをしてきました。時期的にちょっと遅いですが・・・。いろいろと聞いて一番驚いたのが修習中の待遇(給与)です。現在の制度だと、修習が1年ぐらいあるらしいのですが、貸与制だそうです。月20万円程度として、1年で約300万円。最高裁が貸してくれるとのこと。ということは、働き始める時点で、最低でも約300万円の借金が発生するということになります。 それ以外にも、ロースク [続きを読む]
  • 最近の司法試験合格者の企業への就職
  • 私が勤めている会社には、ロースクールを卒業したが、司法試験には合格していない(しなかった)、という方が2名、新卒採用として法務で働いています。もう3年ほど働いていて、飲みに行ったりたまに仕事でも関わります。能力的にどうかというと、本音で厳しいことを言うと、ちょっとどうかな、と思うこともあります。ひょっとしたら、まだ若いからどう化けるか分からないというところもあるのかもしれません。でも、司法試験にも合 [続きを読む]
  • これからのアメリカ関連の事業、担当者は大変そう
  • 先週、業務中に時間が空いたので、DOC(アメリカの商務省)のHPを見ていたところ、ニュースのメールサービスがあったので、登録してみました。早速続々とニュースが届くので、さっと見ていたところ、驚いたのがこのニュース。https://www.commerce.gov/news/press-releases/2017/03/department-commerce-seeks-input-pipelines-made-americaトランプがパイプラインをすべてアメリカ製にしろと言ったので皆さんに、商務省の意見聴取 [続きを読む]
  • またまた英語でお仕事
  • 英語で仕事・ビジネスをするというのは難しいなと、よく感じます。当たり前ですが、英語+ビジネス上の常識が、必要なわけで。ビジネス常識が極端に欠けていると、お仕事にならないですからね。それで思い出したのですが、昔、ドイツから工場にお客さんが監査に来たときに、工場の総務担当の若い女性が、いつも一般工場見学の通訳をやっていたので、同じノリで、お客さんの案内をしようとして、「Hey Guys」とやったそうで・・・。 [続きを読む]
  • 海外担当の企業法務マンの役割
  • 昔は、和文契約書と比べると読むのが非常に難しいと感じていた英文契約書。最近はかなり楽に読めるようになりました。楽になったと感じたターニングポイントをそのうちまとめて書こうと思っています。例えばこれが、ターニングポイント。http://livedoor.blogcms.jp/blog/papari/article/edit?id=18805072ただ、本当に、精密・正確にやろうとすると、現地(日本も)の法制度やいろいろな規制をしっかりと検討する必要が当然あると [続きを読む]
  • 最近の司法試験合格者の就職事情(弁護士事務所)
  • いろいろと聞いておりますが、驚いています。かなり条件が悪いですね。 全部が全部直接本人から直接聞いたわけではないので、すべて本当ではないかもしれませんが、それにしても・・・。1.合格の順位がかなり重要。  3桁は論外??  (1,500人くらい合格するのでは?   4桁の間違いか?)2.最初の年の年収は○百万円  (昔はいきなり1,000万円と聞きましたが・・・)3.残業代がつかない。    事務所によ [続きを読む]
  • 英語でお仕事
  • たまに外線で、飛び込み営業のような電話がかかってくることがあります。英語で。どうにか断りたいのですが、なかなか上手くいかないこともあります。カルチャーの違いでしょうか。まず、「お前は英語がわかるのか」という上から目線で入ってくることが多く、続いて、「担当者を出せ」と言ってくることが多いです。「担当者の名前を言っていただけますか」と返すと、「忘れた」とか「兎に角出せ」というところにくるので、それでは [続きを読む]
  • 弁護士業務と行政書士業務の違い
  • ヨクヨク考えると、よくわからないところがあります。企業法務が長いと、「実際に処罰された事例はあるのか」とか、「請求書、領収書を整えればよいだろう」とか、いう発想になりがちですが、札幌弁護士会にこんな記事が掲載されていました。https://www.satsuben.or.jp/faq/shoshi/gyosei01.html分かりやすいのですが、弁護士も仕事が少なくて大変なのでしょうか、と穿った見方をしてしまいました・・・。 [続きを読む]
  • これから面白そうな行政書士業務について
  • 東京都行政書士会の合格者向けの登録入会事前セミナーに行ってきました。いろいろと面白い話が聞けましたが、自分が感じた、これから面白そうな業務をここにメモしておきます。①空き家対策特別措置法関連 という法律ができるそうです。 ちょっとまだ詳細に調べ切れていないのですが、 行政への手続関連と、遺言とか相続関連が 上手くミックスされている感じですね。 そもそも、この法律の説明から入っていくというのも 良い [続きを読む]
  • ノウハウ:英文契約書読解のために必要なこと
  • スミマセン。いきなり偉そうなタイトルですが、弁護士でも何でもない実務担当の端くれが、(行政書士は合格はしていますが・・・)感じたことを書きたいと思います。 ノウハウ1ある程度の貿易実務関連の知識(できれば経験も)は必須だと思います。いろいろと経緯があり、今、何故か、輸出入関連業務をやらされています。いわゆる貿易実務というやつです。BLがどうとか、商業インボイスがどうとか、海上貨物保険の求償がどう [続きを読む]
  • 行政書士の業務の分析2
  • 前回の記事http://livedoor.blogcms.jp/blog/papari/article/edit?id=18473010が好評だったようで、かなりの閲覧を頂きましたので、調子にのって第2回を書きます。英文契約書を読んだり、翻訳するという業務もあるようですね。1ページ1万円とか、そういう料金設定のようです。高いのか安いのか何とも判断しづらい金額ですが、手間・リスク等を考えると、ちょっと安い印象です。普通の販売契約書とかであれば、さっと終わる可能性も [続きを読む]
  • 初めて、会社以外で名刺を作りました
  • 会社以外で、初めて名刺を作りました。ネットで依頼しようか悩みましたが、トラブルがあった場合にやり取りが面倒な可能性があるので、実店舗に行って来ました。意外と名刺を扱っているお店は少なく、やっとお店を見つけて依頼。店員さんが、依頼書に書いたメールアドレスを相当詳細にチェックしてくれたり、用紙を選んだりで、30分程度かかりました。費用は、キャンペーンのため割引があって 100枚で 3,000円弱。お店の側と [続きを読む]
  • 行政書士の業務の分析
  • ということで、ボチボチマーケティングというか、分析を始めています。まずは、英語がそこそこ出来るので、在留資格の更新申請とか許可はどうかと見たところ、単価が結構安いですね。4万円とかくらいのイメージでしょうか。外国人技能実習生受け入れ相談対応とかもあるようですが、グレーに近いような・・・。(スイマセン、勝手なイメージです)。これだけ単価が低いとかなり件数をこなす必要があるのでしょうか。意外なところで [続きを読む]
  • 自分のキャリアの複線化 2 行政書士
  • 実は会社内や取引先にも、行政書士と宅建を持っていることが、ちょこちょこ漏れているようで、「自宅の登記を手伝ってくれないか」とか(それは司法書士の業務です)「契約の場に立ち会ってくれないか」 とか(それは弁護士か社内の法務部の仕事)お話がくることがあります。が、断っています(あたりまえ)。会社の名刺と別に、自分の名刺も作って配ろうかとか考えたこともありますが、見つかったら、怒られるだろうな。人事 [続きを読む]
  • 自分のキャリアの複線化 行政書士と宅建
  • 最近いろいろと考えるところがあり、自分のキャリアを複線化しようと考え始めています。特に、東芝の状況などを見ると、他人事ではない気持ちになりますね。自分と関係ないところで、経営陣の責任で、給与が突然大幅に下がることもあるわけですから。ベースは今のところサラリーマンですが、そこで得た知識・経験・人脈を生かし、独立・起業もめざそうか、と。あくまで、今のところ、ベースはサラリーマンを考えていますが・・・。 [続きを読む]
  • 超お勧め書籍です「トヨトミの野望」 トヨタ自動車の内幕暴露本?
  • 最近特に、マスコミの言っていることを、信じていません(大阪の土地の問題とか)。大事な重要な情報は、自分で確認したいかないとダメだと強く自分を戒めています。というわけで、なぜか、書評などマスコミにほとんど出てこないこの本。トヨトミの野望。お勧めです。トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業 [単行本]梶山 三郎講談社2016-10-19 小説はほとんど読まないのですが、これは、ちょっと見てみて、面白かったので購入 [続きを読む]
  • 東証1部上場の会社で社長が交代するとどういうことが起きるのか
  • 法務にいたときは、社長交代というと、株主総会はどうするのかとか、シナリオは、登記は、招集通知は、挨拶状は、印鑑はとか、事務的な課題がいろいろと浮かびましたが、今は海外の営業企画にいるもので、全く、 違う様相になっています。新社長をどこのお客さんのところにお連れするのか、とかという一般的な対処も必要になりますが、それよりも驚いているのは、いろいろな、プロジェクトがパッタリと止まってしまったことです。 [続きを読む]
  • 最近、会社再編がらみの異動の話をよくききます
  • 最近、いろいろなところで異動の話を聞きますが、会社再編がらみの異動のはなしをよく聞きます。会社が合併・分割される結果、職場が変わるとか、所属する会社が変わるとか、そういう話ですね。ハッピーかアンハッピーか、よくわからないのですが。こういう経済状況なので、特殊技能が無いと、簡単には転職できず、会社に従うしかないのでしょうね。一番驚いたのは、国内大手(最大手?)某製薬会社、T社で、入社以来管理系の部門 [続きを読む]