競馬中毒者 さん プロフィール

  •  
競馬中毒者さん: 競馬中毒者が世界一周
ハンドル名競馬中毒者 さん
ブログタイトル競馬中毒者が世界一周
ブログURLhttp://killkeibaka.blog.fc2.com/
サイト紹介文競馬中毒者が競馬で資金を稼ぎながら世界一周します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/12/27 07:22

競馬中毒者 さんのブログ記事

  • 高松宮記念(G1)振り返り
  • 高松宮記念は◎レッツゴードンキが2着に好走。締め切り直前に複勝オッズが悪くなって、180円しかつかなかったのはちょっと残念だが、まあとりあえず的中してよかった。今回、購入してくださった方ありがとうございました。そしておめでとうございます。できれば応援 もお願いします。↓ はこちらで、レース自体はほぼ想定通りだったかなと思っている。・勝利に近いのは重馬場巧者の先行馬・が、シュウジ・ソルヴェイ [続きを読む]
  • スプリングS予想振り返り
  • 今週から始めた有料コンテンツであるが、残念ながら外れとなってしまった。幸先良いスタートを切りたかったし、結構自信があったレースだったし、思ったよりオッズもついていただけに残念である。購入していただいた方には本当に申し訳ない。↓以下有料コンテンツの内容である。--------netkeibaの予想オッズを見る限り、サトノアレス、アウトライアーズ、トリコロールブルー、モンドキャンノの4頭の争いと世間では見ているらしい [続きを読む]
  • 「偶数枠は有利、奇数枠は不利」というのは本当か調べてみた
  • 「スタートが良くない馬なので偶数枠希望」「スタートを待たされることになる奇数枠は不利」競馬新聞や競馬ブログを読んでいるとこういった言説を目にすることがある。実際レースを見ていれば分かるが、ゲート入れは通常、奇数枠→偶数枠→大外枠の順で行われる。奇数枠に入った馬はスタートまで待たされるため、集中力を欠いたり、興奮したりしやすく、出遅れやすいというのが理由らしい。というわけで実際に調べてみた。-------- [続きを読む]
  • 出遅れが有名なデムーロ騎手について調べてみた
  • 出遅れが有名なデムーロ騎手について、少し調べてみた。調査前の仮説は下記二つである。①出遅れてもスムーズに追走できる外枠の方が成績が良いのではないか?②出遅れにくい偶数枠の方が成績が良いのではないか?まず「①出遅れてもスムーズに追走できる外枠の方が成績が良いのではないか?」についてであるが、下記のようになった。-----------------------------------------------枠番 着別度数 勝率 連対率 複 [続きを読む]
  • お詫びとお知らせ
  • 「フェブラリー的中で調子に乗ったまま お願いしますキャンペーン」(詳しくはこちら)を実施中なわけであるが、はやくも先週の時点で躓いた。恥ずかしくて死にたい。が、この調子だと100位以内は難しいかなと客観的に思う。自分の力不足であり、これまで してくださった方には申し訳なく思う。ただこのまま少数の人しか見ないブログで予想を公開し続けるのもモチベーションが続かないということもあり、予想の方は [続きを読む]
  • アーリントンC(G3) ◎ペルシアンナイト
  • 「フェブラリー的中で調子に乗ったまま お願いします」キャンペーンを実施中。⇒詳しくはこちら↓ お願いします皆様にお願いした甲斐もあり、先週末の時点で750位だったランキングが、今日時点で333位になっていた。つまりいきなり400位ほど順位を上げたわけである。 していただいた皆様本当にありがとうございます。嬉しいので、予定ではなかったのだが、今週の重賞予想を公開したいと思う。 してい [続きを読む]
  • フェブラリーS的中!!読者の皆様に厚かましいお願いをさせてください
  • フェブラリーSは◎ゴールドドリームで単勝500円、複勝180円を的中。+56万円の勝利となった。結構すごくないですか?にもかかわらず、ブログランキング700位台というのはどういうことなのか?(不定期更新なので仕方ないかなとも思うのだが…)くだらない内容を垂れ流しているブログが多い中で、比較的役に立つ情報を提供しているという自負もあるし、予想も多くのブログより遙に高精度のものを提供していると思う。厚顔で大変申し [続きを読む]
  • フェブラリーS(G1)予想 ◎ゴールドドリーム
  • 直前のアップになってしまって申し訳ない。が、買いたい馬がなかなかおらず、迷っている間にこんな時間になってしまった…。いかんせん近走安定した成績を残している馬がいないのが悩みの種である。去年の勝ち馬モーニンはここ4戦勝利がないし、2着馬のノンコノユメも凡走続きである。4歳馬のゴールドドリームはチャンピオンズCで人気を裏切っているし、チャンピオンズC勝馬のサウンドトゥルーも展開に恵まれた印象が強く、実際こ [続きを読む]
  • 「ダートは芝と比べて高齢馬でも活躍できる」という話が本当か調べてみた
  • 芝のレースに比べ、ダートレースは高齢馬でも活躍できるという話を聞いたことがある。ダートの方が芝よりも脚元の不安が少ないため、長く活躍できるというのが理由である。ただ怪我の心配ははともかくとして、心肺機能は年齢と共に落ちていくという事実は芝馬、ダート馬を問わない筈である。【参考】年齢が競走馬の競争能力に与える影響についてそれならばダートなら高齢馬でも活躍できるというのは眉唾のように思うのだがいかがで [続きを読む]
  • 有馬記念(G1) ◎サトノダイヤモンド
  • しばらく更新していなかったが、有馬記念くらいは予想をアップしておこうかと思う。といっても、今回はほとんど迷うことはなかったし、書きたいこともほとんどないんだが…単純に能力が違うからとしか言いようがない。今年の3歳牡馬は能力が高いというのは、ずっと言われていたこと。マカヒキの凱旋門賞惨敗、ディーマジェスティのジャパンカップ敗戦で評価を落としているのだろうが、マカヒキの場合は展開がまるで合わなかったし [続きを読む]
  • 馬場ごと(良、稍重、重、不良)の枠番別成績を調べてみた
  • 読者の方からリクエストを頂いたので、馬場ごと(良、稍重、重、不良)の枠番別成績を調べてみることにした。まずは芝での結果である。■芝・良馬場における枠番別成績■芝・稍重馬場における枠番別成績■芝・重馬場における枠番別成績■芝・不良馬場における枠番別成績馬場が悪くなればなるほど、内枠の成績が良くなり、外枠の成績が悪くなるという傾向が見て取れるだろう。次にダートでの結果である。■ダート・良馬場における枠 [続きを読む]
  • チャンピオンズC(G1) ◎コパノリッキー
  • ダート転向後6連勝中のアウォーディーであるが、結論から言うと消しである。来ても仕方ないが、このオッズでは買えないかなと。まずは既に色々なブログやメディアでも言われているが、内枠が不安である。JBCクラシックが顕著であるが、この馬の良さはコーナーで捲りながら位置を押し上げて行けるところ。だがこの内枠では内を通ると詰まる可能性があるし、外を通るには距離ロスが発生してしまう。スパイラルカーブだから内で詰まる [続きを読む]
  • マイルCS(G1) ◎フィエロ
  • 本命が簡単に決まってしまったので、簡潔な記事になることをご容赦いただきたい。◎フィエロこの馬が金曜日の段階とはいえ、8番人気。もう何も迷うことはなく本命である。現在人気しているのはサトノアラジン、イスラボニータといったところだが、この2頭には去年のマイルCS、今年の安田記念と先着しており、能力的にはフィエロを上位に取りたいところである。特に安田記念が行われた東京1600mはサトノアラジン、イスラボニータの [続きを読む]
  • エリザベス女王杯(G1)予想 ◎タッチングスピーチ
  • 1番人気のミッキークイーンだが、二冠馬だし強いのは間違いないんだが、内枠がやっぱり気になる。外を回して結果を出してきた馬だし、浜中騎手も内を捌くより、外を回しがちな騎手。本当は外枠が欲しかったんじゃないだろうか。また並びも歓迎とは言えない。すぐ隣のマリアライトもクイーンズリンクも恐らくミッキークイーンを閉じ込めにかかるはず。道中で外に出すのは簡単ではなく、最後方まで下げるようなケースも考えられる。 [続きを読む]
  • メルボルンC(G1)予想 ◎ビッグオレンジ
  • 天皇賞は◎リアルスティール★ステファノスのワイド馬券が的中したおかげでややプラスとなった。が、切ったモーリスが完勝したわけで、予想としては完敗だったと思う。マイル路線は弱いとか言ってしまって、すいませんでした。で、煮え切らない結果になってしまったので、メルボルンCを予想してみようと思う。といっても知らない馬だらけなんだが……。というわけで、まずは過去のレースを見て、傾向を探ってみた。で、言えそうな [続きを読む]
  • 天皇賞・秋(G1)予想 ◎リアルスティール
  • スプリンターズS◎レッドファルクスで幸先の良いスタートを切ったものの、その後2連敗。巻き返したいところではあるが、今回の天皇賞は難解であり、もう今から降参状態ではある。というのも、絶対の信頼が置けない割に、切るのも怖いという馬が揃っているのである。まずエイシンヒカリであるが、もう東京2000mにおける1番人気の逃げ馬というだけで買いたくない。去年の天皇賞(秋)も2番人気を裏切っているわけで、ハナを切れなか [続きを読む]
  • 菊花賞(G1)予想 ◎カフジプリンス
  • サトノダイヤモンドとディマジェスティの2強対決とみられる今回の菊花賞。まあこれまでの戦績を見れば、春のG1で結果を残した馬がこの2頭しか出ていなくて、その2頭が前哨戦を勝ったのだから、まあそういう見解もしかたないかなと思う。で、この2頭を比較した場合の個人的な見解なんだが、長く良い脚を使えるのはディマジェスティで、操縦性が高く瞬発力があるのはサトノダイヤモンドかなと。まあこんな風に書くと、菊花賞ではディ [続きを読む]
  • 秋華賞(G1)予想 ◎ジュエラー
  • 先々週のスプリンターズSは◎レッドファルクスが快勝。この流れで秋華賞も行きたいところ。その秋華賞はシンハライト、メジャーエンブレム、チェッキーノと有力どころが相次いで回避となり、混戦模様の様相。漁夫の利を手にするのがどの陣営だろうか。で、まずは春の実績馬と夏の上り馬を比較してみようと思うんだが、ローズSにしても、紫苑Sにしても、春の実績馬が上位を占めたわけで、例年通り春の実績馬のほうを優位に取りたい [続きを読む]
  • 骨折が競争能力に影響を与えるのか調べてみた
  • 競走馬が骨折をした場合、骨折前ほどのパフォーマンスは望めないようなイメージがなんとなくではあるのではないだろうか?というわけで、実際の所どうなのか調べてみた。で見つけたのが、次のデータ。※データの出所はJRA競走馬総合研究所。※画像は「おら一口馬主さ始めるだ」様より拝借これを見てわかるのは、骨折は屈腱炎ほど絶望的な疾病ではないこと、中手骨、中足骨の骨折は競争能力の低下を齎しそうだが、第1指骨の骨折は気 [続きを読む]
  • スプリンターズS(G1)予想 ◎レッドファルクス
  • G1シーズンということで、予想を再開する。で、最初のスプリンターズS。人気はビックアーサーだが、このオッズでは買える気はしない。というわけで、ビックアーサーが飛ぶ展開を考える。まず考えられるのは、ビッグアーサーが逃げの手に出て、ハイペースに巻き込まれるという形。1枠1番ということで、そこそこは出していくだろうし、ミッキーアイル、シュウジ、ベルカントと先行勢も揃っているので、考えられないことはない。が [続きを読む]