池上ヒロシ さん プロフィール

  •  
池上ヒロシさん: あきゅらぼ
ハンドル名池上ヒロシ さん
ブログタイトルあきゅらぼ
ブログURLhttp://acculabo.webcrow.jp/
サイト紹介文ピストル射撃競技メイン。他に実銃、ミリタリー、エアガン関連
自由文各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/12/27 13:01

池上ヒロシ さんのブログ記事

  • 2017年1月 ひたすらシリーズ結果
  • ヤマナカさんダブル優勝、2017年大活躍への布石か!?※協賛:マルゼン、ノーベルアームズ協力:赤羽フロンティアあけましておめでとうございます。2017年最初の「ひたすらシリーズ」の結果をお送りします。赤羽フロンティアビル2Fのイベントスペースをお借りして、毎月開催している「ひたすらシリーズ」ですが、毎日にように(毎週ではありません、毎日です!)なにかしらのイベントが開催されているフロンティアさんだけに、休日に [続きを読む]
  • 悪いトリガーも人によっては良い【海外の反応】
  • 前回に引き続き、「エアピストルにおいて、良いトリガーとはどんなものなのか?」といったことに付いてのお話です。まず基本として、精密射撃競技には、「キレのよいトリガー」が適していると一般的には言われています。この「キレがよい」というのは、セカンドステージにおいてトリガーが動く量が少ないという意味です。トリガーにはまずファーストステージ、「遊び」とも呼ばれる領域があります。トリガーに力を全く入れていない [続きを読む]
  • トリガーのオーバートラベルへのこだわり【海外の反応】
  • 前回アップした、TargetTalkでのシンガポールの人による新規エアピストル購入相談。「何を買ったらよいのでしょうか」みたいな質問自体は、この手の掲示板だと超頻出質問ということもあって当初は「検索しなさい、同種の質問はたくさんあります」みたいな回答しかつかなかったのですが、質問者さんが突っ込んだ内容に踏み込んでくると、それに答えたくなる人が出てきます。特に、その質問者さんの言うところの「こだわり」というの [続きを読む]
  • シンガポールの射撃スポーツ事情【海外の反応】
  • 「日本よりも銃規制が厳しいところ」として例に出されることが多い国がシンガポールです。聞いた話だからどこまで本当なのかはわかりませんが、日本ならば誰でも普通に買ったり撃ったりできる玩具のエアガンですら実銃あるいはそれに準じるものとして扱われるため、なんの気なしに玩具銃を預入荷物に入れたまま入国しようとした人が「銃の密輸を企んだ」と見なされてとんでもない目にあう、なんてこともあるとか。 「日本よりも厳 [続きを読む]
  • 疲れないエアピストルが欲しい【海外の反応】
  • オリンピック種目にもなっている「10mピストル競技」。空気とかガスの力で鉛の弾を撃って10m先にあるターゲットを狙い、どれだけ正確に撃ち続けられるかを競うスポーツです。その競技に使われる「エアピストル」には、「何の力で弾を撃つのか」によっていくつかの種類があります。現在主流になっている……というよりほとんどそれしか使われていないのがプリチャージ式。圧縮空気式とかPCPなんて呼ばれることもありますが、銃につ [続きを読む]
  • 2016年12月・ひたすらシリーズ結果
  • ※協賛:マルゼン、ノーベルアームズ協力:赤羽フロンティア土・日と二連ちゃんで試合だったのでUPが遅れましたが、土曜日に赤羽フロンティアにて開催されました、いつもの「ひたすらシリーズ」の結果をお送りします。いやしかし、来月はもう来年なんですねえ。今年は特に自分にはいろいろとありまして最初のほうはもう自分の人生どうなるんだって感じでしたが、春の終わりあたりから盛り返してきて、年末となった現在、「銃と射撃 [続きを読む]
  • マルゼンのデジタルカメラピストルってどうなった?
  • 「うわ、なにこれ不格好!」って思っちゃうかもしれませんが安心して下さい、これはあくまで衝撃センサーを後付して作動を確かめるための試作品です。市販品はもっとスッキリする形になります。昨年のAPSカップで体験試射を行っていた新型の光線射撃システムである「デジタルカメラピストル」。日本ライフル射撃協会が、現在使っているNEC製の「デジタルスポーツピストル」が生産終了してしまった事態を受けて、新たな新世代射撃シ [続きを読む]
  • カラーフィルターの効果を声高らかに喧伝するつもりが
  • 毎年、勤労感謝の日には東京都選手権が開催されます。今年はグリップの形を変えたり、それにともない握り方や構え方や撃ち方まで変えたりといろいろ変革に勤しんだ甲斐があって、練習だとそりゃもう5発撃ち込みした紙的には「テストターゲットのような」穴しか開いてないみたいな絶好調が続いてまして、ことしこそは念願のチャンピオンジャージを手に入れられると思っていたのですが……結果はまるでダメな状態でした。なぜだー。 [続きを読む]
  • カラーフィルターがバージョンアップ・二枚重ねが可能に
  • 発売以降、多くのピストルシューターの方に好評をいただいているカラーフィルターセット。これまでは基本、1枚のフィルターだけをセットして使うものでしたが、2〜3枚を重ねてセットできるようにバージョンアップしました。射撃場の照明の具合や、標的のタイプなどによって「サイトの見え方」は大きく変わってきます。若い頃は、少しくらいの違いだったら自分自身の眼が自動的に補正してくれて何の問題もなく「いつもどおり」に撃 [続きを読む]
  • グリップカスタムに使うパテについて教えて【海外の反応】
  • 先日、海外掲示板に立てられていたトピックから「モリーニさんにグリップカスタムしてもらった話」を紹介しました。元のトピックでは、パテ盛りに使われているパテはどこのメーカーのどんな成分のものなのかといったことについてもいろいろと情報がやり取りされていましたが、翻訳ではそこらへんは省き、グリップの形や、手に合わせるとしたらどこを基準にするべきなのかとか、そういう話をメインに紹介しました。今回は、その省い [続きを読む]
  • 2016年11月・ひたすらシリーズ結果
  • 協力:赤羽フロンティア今週の3日、文化の日に開催されました「ひたすらシリーズ」には、大勢のご参加をいただき誠にありがとうございました。嬉しい初参加の方も何人かいらっしゃいました。初参加なのに初心者じゃなく、れっきとした中級者レベルの方もちらほら。ただし今回のハイライトは、ヤマナカ社長の大活躍でしょう!雲ひとつない晴天に恵まれ、見事な行楽日和になった11月最初の休日です。先月と比べるとすっかり寒くなり [続きを読む]
  • 初心者にオススメのハンドガン【海外の反応】
  • NT選考会だ選手権だ全日本選抜だと、目を三角にして少しでも上に行こうと射撃場に日々通っている私ですが、スコアとか気にしないお気楽射撃の楽しさってものも忘れちゃいません。日本だとトイガンを使っての射撃ってことになりますが、銃規制が緩いアメリカなんかだと22口径のピストルを使ってのお気楽射撃が人気です。 狙って撃って当たって楽しい、ってのは射撃の醍醐味の一つなわけで、別に誰もがスコアアップを目指して頑張ら [続きを読む]
  • モリーニさんじきじきにグリップカスタムしてもらった話【海外の反応】
  • 前回に引き続き、今回も競技用ピストルのグリップの話です。前回のエントリでも書きましたが、グリップ造りというのは経験や勘を必要とする職人芸めいた部分が多分にある、難しい仕事です。単に手のひらの形をそのまま型どれば良いってわけではありません。競技と同じように銃を持って構えて、銃の重さがかかったときにフロントサイトがキチンとセンターに来ること。その状態で人差し指に力を入れて動かしてトリガーを引いても銃が [続きを読む]
  • 競技ピストルのグリップを改造する【海外の反応】
  • 手のひらにピッタリと吸い付くような形をしたグリップが、競技用ピストルの特長の一つです。手の大きさや形は人によって違うので、競技用グリップは大中小のサイズ違い、さらには細かい角度違い、もちろん左右の違いなどいくつかのバリエーションがあるのが普通ですし、取り付けた後も細かい角度などを微調整できる仕組みを備えている銃もあります。それでも足りない場合は、自分の手に合わせてグリップを削ったり盛ったりすること [続きを読む]
  • 2016年10月・ひたすらシリーズ結果
  • 土曜日開催に加えて告知がちょっと力不足だったこともあって少なめではありますが、それでもなんとかマッチとして成立できる人数の参加をいただきました。ありがとうございます。一般的に「射撃はシーズンオフ」と言われるこの季節ですが、APSに限っても全国各地で公式記録会や有志による練習会が毎週のように開催されていて、ぜんぜんシーズンオフって感じがしませんね。基本的に屋内競技なので、天候や気温にはあんまり左右され [続きを読む]
  • 射撃競技、男女で撃つ弾数が違う理由とは?【海外の反応】
  • 先日の日曜日、武蔵小山駅からほど近い目黒体育館にあるエアライフル射撃場にて、東京都秋季大会エアピストル種目が行われました。全部の射座を使っても一度に撃てるのは6人だけ、しかもエアピストルだけじゃなくハンドライフルも同じ場所で行われるということで、全部で6射群、朝の9:00から夜の8:00までぶっ通しの強行スケジュールだったようです。審判の方々は本当にお疲れ様でした。この秋季大会、9月の頭に長瀞で行われた結果 [続きを読む]
  • 2016年9月・ひたすらシリーズ in 赤羽
  • ※協力:赤羽フロンティアなんかいきなり寒くなった、雨ふりの月曜日(休日)でしたが、けっこうたくさんのご参加いただきました。ありがとうございました。毎月、距離が1mずつ変化する「ひたすらシルエット」、ガスブロが快調作動する季節だけのマッチ「ガスブロ限定ひたすらブルズアイ」、そして本命のAPS競技銃ありの「ひたすらブルズアイ」の3本立てでお送りします。まず最初に、距離9mでの「ひたすらシルエット」。APSカップ [続きを読む]
  • ベトナムの状況に比べたら贅沢言えんな俺ら!【海外の反応】
  • ここしばらく、リオ五輪10mピストルで大逆転の末に金メダルをゲットしたベトナムのホアン・スワン・ビン選手についてのエントリーが続いています。読んでくれた方からTwitterで「AKで練習していたって人のことですね」ってコメントがつきまして、いやいやそんなわけないだろ、いったいどこソースよそれって思ったら、産経が記事でそんなこと書いてたんですね!国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47 [続きを読む]
  • いくらなんでも長く狙いすぎじゃないかベトナムの人【海外の反応】
  • Embed from Getty Images息詰まる10mピストル決勝を最後まで勝ち残り、ベトナムに初のオリンピック金メダルをもたらしたホアン選手。そろそろリオ五輪も終わりに差し掛かっています。射撃では、日本勢にはあまり嬉しいニュースがありませんでした。残念。ただNHK地上波で中継された10mピストル(エアピストル)決勝は、そのドラマチックな展開から、日本人が出ていなかったにも関わらず多くの方の印象に残ったようで、身の回りやネ [続きを読む]
  • 射撃用カラーフィルター Ver.3販売開始
  • メガネに取り付けて使うカラーフィルター、色の組み合わせを若干変更したバージョン3の販売を開始しました。射撃場の照明の具合、屋外射場の場合は天候や日差しの方向などによって見え方が変わってくる標的に、加齢により衰えつつある眼でなんとか対応するための手段の一つがカラーフィルターです。一口にカラーフィルターといっても、「どんな色のものを使うか」「どの程度の濃さのものを使うか」という2つのパラメーターがありま [続きを読む]