ぜんたろう さん プロフィール

  •  
ぜんたろうさん: 季節とともに
ハンドル名ぜんたろう さん
ブログタイトル季節とともに
ブログURLhttp://zenta1964.blog.fc2.com/
サイト紹介文春、夏、秋、冬、薔薇を中心としたガーデニング日誌。
自由文日当たりが良くなく狭い我が家ですが、約70種の薔薇を栽培。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/12/27 21:18

ぜんたろう さんのブログ記事

  • 秋っぽくなってなってきた。夏剪定と今の薔薇たち。[写真追加]
  • ● 9月3日(日) 今日は朝から青空広がる良い天気。 天気予報でも「残暑厳しいというより秋晴れです。」と言っていた。カラッとして清々しい。 四季咲の薔薇は10〜11月に綺麗に一斉に咲かせるため、この時期に「夏剪定」を行う。 とロザリアンの教科書には書いてある。 この時期、既に蕾が上がってきているものや、咲いているものがあるので、剪定の仕方がよく分からないというより、なかなか思いきって剪定できない [続きを読む]
  • パンジー・ビオラをセルトレイに移植。順調順調。
  • ● 9月2日(土)早いもので9月になった。今日はあいにく朝から雨。半袖半ズボンでは肌寒く感じるほど涼しい。お盆、8月14日に種まきをしたパンジー・ビオラ、順調に育っている。8月14日に写真の下側の3つを撒いた。 ・ビオラ ビビエッセンスビーナス ・パンジー ナチュレクリアレモン ・よく咲くスミレ ソーダラテその後、上の2つを概ね一週間遅れごとに撒いた。 ・パンジー ナチュレオーシャン ・ビオラ ビ [続きを読む]
  • 紫陽花の挿し木をポット上げ。今の薔薇達。
  • ● 8月27日(日)ここのところ暑い日が続いたが、今日は少し涼しくすごしやすい。8月最後の日曜日。世の中の子供達は夏休みの宿題に追われているのかな。これは、紫陽花を挿し木にしたもの。6月25日、7月9日に挿したので、2ヶ月近くなる。枯れずに葉が展開してきているので上手く根が張ったのであろう。そろそろ植え替え頃か。※一番下側にある葉っぱの種類が違うやつはコバナランタナ。ということで、ポット上げを実施 [続きを読む]
  • 可憐なモンクゥール。
  • ● 8月7日(月)暑い暑い。今日も暑い日になりそう。こんな中、可憐な姿を見せてくれているモンクゥール。ロサオリエンティス作出の薔薇。家の中にもって来ました。 [続きを読む]
  • 世の中は夏休み。夏の薔薇と花たち。
  • ● 7月29日(土)早いものでもうすぐ8月。朝の通勤で小学生達を見かけなくなったことで、あーそっか世の中夏休みかーということを実感。さて、暑い中、今年はバイランドが元気に咲いてくれている。春の花と比べればシャビーではあるが、たくさん花を付けてくれている。ヘンリーフォンダ。調子悪く春先は鉢を替えて養生していたが、ここに来て咲いてくれた。モンクール。うらら。繰り返し良く咲いてくれる。花は不格好ではある [続きを読む]
  • 毎年恒例京成バラ園の新苗大売り出しに負けました。
  • ● 7月9日(日)暑い暑い一日でした。福岡の朝倉、大分の日田など九州を襲った豪雨災害。懸命の捜索活動が続いていますが、不明者の無事をお祈りするとともに、早期復旧を祈願します。こんな中、申し訳ないのですが、毎年この時期、京成バラ園は新苗の大売り出しをしてくれます。2000〜3000円する新苗が2本1000円と、約5分の1の値段。嬉しいですよね。ここ数年は、植えるところがなく我慢していたのですが、残念 [続きを読む]
  • うらら、るる、二番花頑張ってます。
  • ? 6月25日(日)天気予報どおり朝から雨。梅雨ですもんね。午後からは雨は上がり曇り空。こんな中、うららが元気に二番花を咲かせている。よく咲く優秀なバラ。これはるる。うららと同じく京成バラ園作出、ジアレンウィック。イングリッシュローズ。甘い香りが漂う。27日(火)の写真。周りの蕾が咲いた。モリナール。フランスのデルバールのバラ。フランスブレイズ。フランスのギヨー社のバラ。27日(火)の写真。フルーティー [続きを読む]
  • 枇杷が10年目で初収穫。甘くて美味しい!
  • ● 6月18日(日)今日は涼しくて過ごしやすい天気。空梅雨とか言ったせいか、雨が降ってきた。これは枇杷。この家に引っ越す前だから10年前に、下の娘が頂き物の枇杷を食べた後に種をポットに植え発芽。それ以降、捨てるに捨てれず、鉢に植え替え育ててきた。今や3m程度になった。大きくなるにつれ毎年実を付けないかなと思っていたが、いよいよ10年目で始めて実がなった。「桃栗三年柿八年」というが、このことわざには続 [続きを読む]
  • ニチニチソウをポット上げ。マイクロアスター定植。
  • ● 6月17日(土)梅雨がどこかに行ってしまったような暑い一日であった。ニチニチソウをポット上げ。ニチニチソウは今回初めて種をまき育苗。この2枚を含め全部で59苗できた。まずまずかな。次にマイクロアスターを定植。菜っ葉のよう(笑)マイクロアスターも今回初めて種を蒔き育苗。こちらは全部で40苗ほどできた。草丈が70〜80cmにもなるようだ。前面にペチュニアを置いて、背後にマイクロアスターという配置に。 [続きを読む]
  • 梅雨入りの中、元気に咲くシンデレラとアンクル。
  • ● 6月17日(土)既に梅雨入りをしているが、雨の気配なく良い天気。今年は空梅雨かな。こんな中、庭ではシンデレラとアンクルウォルターが頑張っている。これはシンデレラ。アンクルウォルター。空に向かって!! 今年でたシュートに房咲き。ゴージャス。 愛らしいピンク。写真では分かりづらいがビーロードのよう。しっとりした赤。暑い中、元気に咲いてくれている。 [続きを読む]
  • 周回遅れのジアレンウィック。甘い香りが漂う。
  • ● 6月10日(土)ジアレンウィック。ブラインドが多く春一番はさっぱりであった。が、ここに来て周回遅れの開花。これは、昨日の姿。開花。アップライトに咲いてくれます。イングリッシュローズ。強香。甘い香りが漂います。が、春一番の咲かせ方がつかめない薔薇。LDブレスウエイト。名無しのミニバラ。薄いピンクのブーゲンビリア。ペチュニア。今年も種から育てました。ゼラニウム。 [続きを読む]
  • ペチュニアを定植。そして今の薔薇と花たち。
  • ● 6月3日(土)ビオラがくたびれてきたので、ペチュニアに植え替え。ペチュニアは3月18日に種まきをして育苗したもの。大きくなった。まずは2カゴ分、約50苗を定植。→ 3月18日のペチュニア種まきの記事レオナルドダビンチ。春先に出たベイサルシュートに房咲き。ブーゲンビリア。よくある赤ではなく、白に淡いピンク。去年、見切り品を購入。普通のブーゲンビリアと思っていたので、咲いてみてビックリ。アンジェラ [続きを読む]
  • 春の薔薇終盤。ポンポネッラ、シンデレラが綺麗に彩る。
  • ● 6月3日(土)6月最初の週末。青空広がる良い天気。我が家の春薔薇も終盤。遅咲き系の薔薇が頑張って咲いてくれている。ポンポネッラ。青空をバックに。素晴らしい花数。カップ咲きが可愛い。花持ちも良い。香りは薄い。エクセルサと。蕾もまだまだある。引き続き楽しめそう。次にシンデレラ。(もしかしたらジャスミーナ)ポンポネッラと比べて淡い可憐な感じ。中心部が濃いピンクで周辺部とのグラデーションが良い。と思う [続きを読む]
  • 最盛期を迎えたポンポネッラ。フェンスを覆い尽くすほどの花数!
  • ● 5月30日(火)今、絶好調で咲いてくれている薔薇、ポンポネッラの紹介。房になって咲く。遅咲き系のつる薔薇で、ポンポネッラが咲き始めると我が家の春のバラのピークだ。道路側のダブルアーチの間のフェンスに這わしている。 ニュードンとの共演。濃いピンクが華やか。花姿はコロンとしたカップ咲きで可愛い。エクセルサとの共演。アンジェラとも似ているが、ポンポネッラの方が花びらの数が多く豪華な感じ。ドイツのコルデ [続きを読む]
  • いよいよ我が家の薔薇、ピークです ♪
  • ● 5月28日(日)いよいよ薔薇のピーク。道路側の玄関周り。左側に2つのアーチを設置してトンネルのようにしている。アーチに這わしているバラたち。つるヒストリー(桃)、エクセルサ(赤)に加え、遅咲き系のポンポネッラ(濃桃)も咲いて来た。右側のドリームウィバーはほぼ終わり。ダブルアーチの反対側の眺め。写真では分からないが、アーチの左面を彩るのはアンジェラ。アンジェラは日陰に強く樹勢も強く、条件の悪い箇 [続きを読む]
  • ピエールドゥロンサール。素敵なバラです。
  • ● 5月25日(木)昨日に引き続き、眠い目をこすりながら今のバラを紹介。ピエールロンサール。フランスのメイアン社作出の超有名なバラ。世界バラの殿堂にも選ばれる世界中で愛されているバラ。人気のバラであちらこちらでかわいい姿を見せてくれている。中心部がピンクで周辺部が白、このグラデーションが何とも可愛い。四季咲き性は低く、株が充実してきた近年、多少返り咲く程度。香りは薄い。我が家では平面アーチに赤の小 [続きを読む]