(自称)青春系ダンスユニット○〜まる〜 ネギシ さん プロフィール

  •  
(自称)青春系ダンスユニット○〜まる〜 ネギシさん: ねぎ置き場〜ひっそり貯えるネタの貯蔵庫〜
ハンドル名(自称)青春系ダンスユニット○〜まる〜 ネギシ さん
ブログタイトルねぎ置き場〜ひっそり貯えるネタの貯蔵庫〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/negi_tea
サイト紹介文青春系ダンスユニット○〜まる〜の左。ダンス、小説、三十路が送るブログエンターテイメント
自由文生まれてきたからには、人びとの記憶の残る何かを残したいという大志があるが、基本意気地なしであんまり冒険できてないぽっちゃりさん。(自称!)青春系ダンスユニット○〜まる〜の左。
映像でも小説でもだれかのハートに何かを直撃させたがりなおじさん。
最近パパになり、息子にデロデロ説あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/12/28 22:36

(自称)青春系ダンスユニット○〜まる〜 ネギシ さんのブログ記事

  • クーラーを味わったら
  • クーラーを味わったらクーラーを消すことの恐ろしさにおびえるクーラーを味わったらクーラーを消してもまたすぐに欲しくなるクーラーを味わったら部屋の中で汗をかくことが特別になるクーラーを味わったら外の温度を知らなくなる夏に逆に汗をかくためにラーメンを食べたり扇風機の首降りが戻ってくるのを待ち遠しく感じたり汗でベタベタになってチューペットが二つに折りにくくなったりたまに入ってくる自然の風に癒されたりそんな [続きを読む]
  • もうすぐ父ちゃんになる
  • もうすぐ父ちゃんになる父ちゃんっていうのは不思議で母のように試練が与えられるでもなく妻の頑張りによって父ちゃんにシフトするそしてその日からはもうずっと父ちゃんで父ちゃんなんだからと言われるようにもなりますそして本人の気持ちの確認もなく頑張って支えていかないとねといろんな人に言われますこんか感じでとんとん拍子で人の親としてのレールにのっていくわけで俺、父ちゃんになったんだなぁ…という感慨は寝かしつけ [続きを読む]
  • 比べれば
  • 人が一人だけだったら、たぶんたくさんのことが揉め事なく回るかもしれない。人がいるから喧嘩をし人がいるから悩み人がいるから権力が生まれる人が一人だけだったら、多くの競争がなくなるかもしれない一人だけなら、足が早いも遅いもない頭がいいも悪いもないお金がないもあるもないだけど独りになった途端に何のためにがんばるのか誰のために走るのか分からなくなってしまうかもしれない人は人との関わりのなかで喜びを感じ、何 [続きを読む]
  • 線と円と
  • どこまでも延びていく線といつまでも回っている円線は同じところをいつまで回ってるんだと円のことを理解できない円はどこまで延びりゃ気がすむんだよと線のことを理解できない同じことの繰り返しの毎日だとしたらつまらないだけどよくやったと自分の歩いてきた道を振り替えることも大事何度も何度も練習して繰り返し習得することだってあるひたすら脇道もなく前に進んでいくだけの人生だったらつまらないだけど無心でひたすら新し [続きを読む]
  • 時間がある人とない人
  • 時間がないないと言っている人と時間にゆとりがある人もともと同じ24時間365日なのになんで時間の量が増えたり減ったりやりたいことの量?大人になったから?仕方がないじゃない?時間がないないそれって気持ちの余裕がないないいっぱいいっぱいでもうできないもともとあんなに時間があったのに生き方は自分で決めてきただけなのに誰も時間を埋める義務はないのに時間がないない時間で決めて動く時間がないない決められて動く時間 [続きを読む]
  • 休日の電車に乗っている時間に
  • 久しぶりに電車に乗った。通勤とは違ったタイミングの電車に乗った。通勤のときの電車はもはやそれは神経を尖らした人々が乗り、自分も目的地に着くためだけの手段としての電車だ。今日は休日の電車みんながなんとなく乗っていることを肯定的に捉えている空気の電車夫婦は久しぶりの会話を楽しみ友達同士で初めてのお出かけをし一人で読書を楽しむ紳士思えばこんな電車の中でないとぼんやり座って何もないときを過ごすことなんて無 [続きを読む]
  • あごを見せられる関係
  • ヒトは自分の弱点を人に見せないようにがんばるでも自分から波のように弱さを吐露するときもあるヒトはがんばることを隠しつつがんばることをみて欲しいという弱みを見せられるのはどんな人?弱みを見せられる人はいますか?あごを差し出せるような人が一人でもいたらガスが抜けていくように人生の休憩になるのにな初めて見せるときは誰だって怖い誰だって人より優位に立ちたい好きな人にも完璧でいたい完璧じゃなくて、いい。そう [続きを読む]
  • 散った後の桜は
  • 散るために咲くのか不本意に散るのかは分からない桜はその優美さと豪快さで一時は空を支配して歩く者達のの歩みを止めるそれまで何事も無く平穏に暮らせていた街に桜がなければやっぱりダメだと言わしめる支配力圧倒的な春の王者、桜。でも、桜はやがて散る。散ることを知って咲く。散るのをみて、人々は自分勝手に「残念だ」と言う。桜のせいなのか、人々の心のせいなのか条件反射のように「残念」という。王者陥落のようにいう。 [続きを読む]
  • 自虐は一種の保険なのかもしれない
  • 春が来た未熟だった頃の自分もまるごと思い出してしまう桜の季節がきた初めての通学のとき胸がどきどきした何が起こるのか誰が見ているのか全くわからない、保険ゼロの状態で新しい世界に飛び込んでいく装備無しなだけにあらゆることが刺激物になり、新しい門をくぐった日のことは意外とずっと忘れないいや、忘れてはならないこなれてきた僕たちは慣れた繰り返しのリズムに自虐を加える去年よりも成長しているはずなのに去年よりも [続きを読む]
  • 燃える種
  • 才能の種をみんながもっている。花を咲かせるはいいが、枯れるまでにはずっと水をあげなければならない。花を咲かせるまでにも辛抱強い水やり。たまに忘れることもあるだろう。毎日あげられないだろう。毎日あげないとやがて水をあげること自体を忘れてしまうだろう。水をあげることを忘れると種があることを忘れてしまうだろう。そういう人達は自分のことを何というか「才能がない」自分の水やりを怠ったことを忘れて、人のことを [続きを読む]
  • 父のパズル
  • 父はプレゼントをあげることも、もらうことも嫌った。どちらかといえば、もらうことの方が嫌いだったみたいだ。記念日とかそういう気持ちをもので表現することに理解を示さなかった。そんな父が突然、メールで「今度パズルをおうくんに買ってあげましょう」と打ってきたものだから、ん?と思ったが、どうやら本気で孫にぞっこんらしい。今日久しぶりに実家に帰ったら、家の前で待ち構えて、すぐに思いの丈をペラペラと…。(今まで [続きを読む]
  • サヨナラの力
  • 春がくる。出会いという言葉でごまかされがちの「別れ」がくる。 なんとなく、みんながその言葉を避けての数日間。つい「また会えるよね?」という言葉で薄めたくなりがちの「別れ」がくる。お世話になった人、大好きな友達、尊敬していた先輩……それまで当然のごとく一緒の空間にいた人が新たな道へ進む。「サヨナラ」という言葉は、もう会えないというニュアンスを含む気がしてなかなか人は使わない。僕が今まで生きてきて、印 [続きを読む]
  • 言葉は一瞬、吠えるのも一瞬
  • ヒトはよく、あのとき、あー言ったじゃないとかさっきと言ってること違うしとか言うけれども僕はそのときの気持ちで吠えるわんそのときの気持ちで伝えたいことも違うから、吠え方も違うわんだからそのときの叫びやそのときの言葉にも生きている意味があるしリアルタイムの付加価値があるわんでも確かに言ってること違うことによってルールが変わったり仲間に迷惑かけたりすることもあるから大事なことはしっかり考えてから吠えれば [続きを読む]
  • やりきってないくらいが丁度いい
  • まだやりきっていないことが沢山あるくらいが丁度いいいまの職業に就いて、たくさんの時間をそれに割いて、その分ご無沙汰になったものもあれば、脳裏につきささるかけがえない体験もたくさんできた。一つを選ぶということは、それ以外のことを一旦置いておくことだ。でも、それはそれ以外のことを捨てるのとは意味が違う。一つをやることで、もう一つが化学変化のように違った輝きをみせることもある。やりたいことがたくさんある [続きを読む]
  • 自分らしさくらい自分で守ろう
  • 小学校から中学校に進学するとき「勉強が忙しくなるよ」と言われてこれまでの自分のままでいられるか不安になった中学校から高校に進学するとき「義務教育終わって本格的に忙しくなるよ」と言われてこれまでの自分のままでいられるか不安になった高校から大学に進学するとき「これからは自分で考えて行動するんだよ」と言われてこれまでの自分のままでいられるか不安になった大学から社会人になるとき「もう社会人になったら遊んで [続きを読む]
  • ぼくのキモチ 〜豆之助の場合〜
  • 時々恐ろしいことを考えてしまうんだ今が幸せってことはいつかは幸せでなくなってしまうんじゃないかって漠然とした不安は毎日の安心感でかき消されてしまうけれどもたまにお留守番のときに思い出してしまうことがある僕はここではない場所で生まれた僕は今のママでないママから生まれたなんとなくその記憶から僕は始まったそしてたくさん仲間がいる狭い狭い場所に長い間閉じ込められたんだ値段をつけられてみんながかわいいとか小 [続きを読む]
  • 舞台上の散歩
  • 思えば舞台上から見る景色にはまったのは高校のときからだった。始まる前は暗くてお客様の顔が見えない。だけど、ぎっしり詰まっている気配を存分に感じる。緊張感で押し潰されそうになる。しかし、不思議と一歩を踏み出すと、どんどん勇気が沸いてくる。お客様の顔もちらほら見え始める。スポットが当たる。みんなが注目する。後はやるだけだ。一年生のときは舞台のこの辺。二年生のときはちょっと前進。三年生のときに、ずっと見 [続きを読む]
  • 切り絵の木々
  • コントラストを100%にした木の部分と空の部分全か無かの境目は明確シャープな形を明らかにするどちらが実態でどちらが手に触れられない存在なのかもはやわからない空が切り取られたのか木が切り取られたのかもはやわからないただ無数の線たちが美しい造形になり冬の朝のハッキリとした空気とマッチングして何かの決断を僕たちに迫っているようにもみえるどちらが本当でどちらが虚なのかもう少しすれば薄いピンクに染められる季節が [続きを読む]
  • 誕生日の親友に贈る詩
  • これを読んだとき友はもう誕生日を迎えている初めから仲良くなかったし今でもベッタリ行動しているわけではないそれでも君は言ってくれる「親友」とそれでも僕は思っている「親友」と遠くにいても本音を言い合ってもしばらく会わなくてもすぐに同じ気持ちで行動できるそう思わせてくれてありがとうこの胸のうちにある無謀で叶いそうにもない夢を笑わずに同じ気持ちで守り通せることの幸せいつだって俺は単なる平凡な歳の取り方がで [続きを読む]
  • ラジオ体操をめちゃくちゃキレてみたい
  • "2017年あけまして、ラジオ体操してみた。" を YouTube で見る久しぶりにダンスユニット◯〜まる〜の件ですが、我々にはキレという武器があるので、色々なものにキレてみたくなるものです。ボクササイズにキレ妖怪体操にキレめんつゆにキレそして今回は…ラジオ体操ぉおおお!!やってみました。うん、やった。夏休みスタンプ集めという今考えたらなんの魅力があったのか朝一のラジオ体操全力でやってた時代→いきがりたくて手を抜 [続きを読む]
  • 美容院
  • 無口な美容師さんでもいい不器用な美容師さんでもいいでも決して気さくな美容師が嫌なわけじゃない本当にありがたい軽快なテンポでハサミも踊る百戦錬磨のその話術でその場を盛り上げるだけどそんな楽しい時間を一瞬で止めてしまうとき会話が一ターンで途切れてしまうとき僕は自分のコミュニケーション力の低さに愕然とするその後しばしの沈黙を経て美容師さんの炎が燃え上がる再び百戦錬磨の話術のリベンジがくるのだだけどたった [続きを読む]
  • やるだけやった人への詩
  • やるだけやったやるだけやったがそれは自己満足のような気がして不安の波が押し寄せてくるやるだけやったやるだけやったがまだやりたいないことがある気がしてすでに後悔が始まるやるだけやった自分に誇りをもてここまでやればゴールなんてもともとないんだいまやるだけやったいまの時点での全力を出せた自己満足?自分で満足すれば充分じゃないか他に誰を満足させるの?自分で自分をほめられるくらいにがんばったあなたは充分よく [続きを読む]
  • 歯医者
  • 歯医者それは揺るぎない精神力の持ち主でないと成し遂げられない崇高な頂歯医者それは美人の助手がいても決して気持ちが揺るがない意志をもつ者が立ち向かえる究極の試練デレデレすれば明日はないにやけはすぐにバキューム音に消され美人の助手は気づかない間に別のベテランに交代になっていたりするのだそして、その日が終わっても永遠に続く次の予約痛みはとうに忘れ気がつけば思考が止まり歯垢除去に費やす診察先の見えない戦い [続きを読む]
  • 満たされない器
  • 何をやっても満たされないとき誰にあっても満たされないときもっともっと欲しくなる欲が先行してなにがなんでも満たしたくなるそういうときはおそらくその容器を満たす中身の量の問題ではなくてはたまた中身の質の問題ではなくて実は器の側の問題であるのかもしれない器が何も受け付けない状態器が傷ついている状態もしくは器が大きくなりすぎて自分じゃ扱えない状態求めるだけじゃなくて自分の手にもっているその器の方に目を向け [続きを読む]
  • 自分の年にするワン
  • 今年は様子見だとか今年は運勢悪いから大人しくしてようとか今年は○○さんに勝てないとか人間はなんで始まる前から前をみないワン僕なんか目の前のご飯しか見えていないし散歩をしたら前に進むことしか考えないワンだって出かける前から事故に会うから大人しくしてようとか今日は運が悪いから我慢しようとか周りの犬に勝てないから家から出ないなんて考えないワン僕は僕お散歩は楽しいたとえ思い通りにならなかったとしても明日の [続きを読む]