空き家 さん プロフィール

  •  
空き家さん: 空き家再生記
ハンドル名空き家 さん
ブログタイトル空き家再生記
ブログURLhttp://akiyasaisei.hatenablog.com/
サイト紹介文香川県三豊市で空き家を購入し、カフェ開設に向けて家族みんなで古民家の再生を行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/12/29 17:00

空き家 さんのブログ記事

  • 2階床張り
  • 二階客席の床を張りました。床組みの不陸が大きく、調節だけで丸一日掛かってしまいました。柱ー柱で5〜6?高さが違うとビー玉が転がるようになるのですが、この現場では34?も違う所がありました。椅子がカッコよすぎて椅子の撮影会のようになっていますが、撮りたかったのは床と席の雰囲気です。椅子に座った時の風景です。丁度、堤防が隠れるように設計したのですが、カフェの客層を踏まえて女性の身長に合わせると、20〜 [続きを読む]
  • 漆喰テスト
  • 漆喰は他の左官材料に比べ扱いやすく、DIYに向いていると言われます。テストで内部の壁を一部塗ってみました。予想以上の仕上がりになり、剥がれてくる様子もないので一安心です。しばらく置いて、ひび割れや色の変化が出てこないか確認しようと思います。材料は、既調合品(水を入れて混ぜるだけ)の「大和しっくい」を使いました。20?で送料込みで2800円です。これで約10畳施工できます。外部の漆喰は、練り混ぜ済みの [続きを読む]
  • 八角柱
  • カウンターの所に柱を新設しました。柱に大きな傷があった事もあり、面を大きくとって八角形に加工しています。「八」という数字は風水的に縁起が良いらしく、弁柄を塗って部屋のアクセントにしようと思います。 [続きを読む]
  • 和風、洋風
  • 〜風明確な定義はないけれども、〜足りうる要素を持っている時に使う言葉だと思うのですが、和風、洋風とは何だろうかと考えることがあります。日本瓦を使っているから和風、暖炉があるから洋風、いろいろありますが、板材の扱いが違うことが挙げられると思います。張り方、塗装、材種中でも面白いと思ったのは、大先輩の大工の教えですが、板の幅が広いと和風、狭いと洋風になるそうです。人間の顔はたった数ミリの違いだけで印象 [続きを読む]
  • 床張り
  • 床張りがスタートしました。結局、床の仕上げは拭き漆(2回塗り)に決定しました。地松の玄関框も同じように、拭き漆で仕上げました。紫掛かった黒でいい感じになってくれたと思います。 [続きを読む]
  • 生かし取り
  • 石臼の支点になっていた石を生かし取りしました。玄関に移設予定です。最初はあまりの重さにビクともせず、車用のジャッキでは歯が立たず、どうなることかと思いましたが、あの手この手を使い、何とか移設完了しました。どこから持ってきたのかわかりませんが、ユニックもない時代によくここまで運んだなと、不思議でなりません。 [続きを読む]
  • 足場解体
  • 長い間お世話になった足場が仕事を終えて去っていきました。外部工事は目途がついたので一安心です。あと少し、下のほうの板張りが残っていますので、しっかりとやりきりたいと思います。 [続きを読む]
  • 板張り
  • 諸事情があり、4日ぶりの現場になりました。今日は、風が吹く中、助っ人と一緒に板張りです。「渋すぎず、甘すぎず」を目標に混色した外壁材が、イメージ通りに仕上がってくれたので、満足しております。休んでいる間に塗ってもらった漆喰も良い感じに仕上がっていました。 [続きを読む]
  • 黒カフェ
  • 白鷺城の別名で有名な姫路城ですが、秀吉の時代では黒い城だったようです。うちのカフェも今、幻の黒カフェになっています。透湿防水シートの上にバラ板を打ち、アスファルトフェルトを張った状態です。たぶん、話題に上がるだろうと思っていたのですが、案の定、黒い外壁もいいねという話が出てきました。他の現場でも、この工程の時に来られた施主様は、同じようにおっしゃる事が多いです。自分もそう思います。武家屋敷みたいで [続きを読む]
  • 土壁
  • 土壁の補修をしました。材料は解体した際にでた土壁を再利用しています。新築の時のように1から用意すると、すさを入れたり発酵させたりと手間がかかるのですが、再利用の場合は水を加えて練るだけで十分です。多めに確保しておいて正解でした。紐は棕櫚縄を使用しました。面白いことに最初の左官さんは麻縄、次の修繕ではビニール紐が使用されていました。自分の場合は、補修すべき木舞のピッチが所々狭くなっており、麻縄では通 [続きを読む]
  • 踏み天井
  • 1階の天井を施工しました。(上の写真)杉板(30?)を使用し、2階の床にもなる、踏み天井と呼ばれるものです。ロフトや納屋などでよく使われます。ここも元々は納屋だったようで、その名残が残っていました。仕上げは、拭き漆(3回)です。既存の部分(下の写真)との色合いも馴染んだかなと思います。 [続きを読む]
  • 柱補修
  • 柱の根本が見事なまでに腐っていました。補修しなくてはなりません。しかし、この柱は隅柱(家の角にある柱)で通し柱(1階から2階まで続いている柱)取り換えることは困難で、壁を壊さないことには、継ぐこともできません。どうしたものかと思い悩んだのですが、エポキシを使って補修することにしました。最近では、文化財の補修にも用いられているようで、性能を確認したのですが、柱の補修に十分なものだと思います。まず、柱 [続きを読む]
  • 水仙
  • 現場に水仙の花が咲きました。花壇のようになっていたので、前の方が育てられていたものだと思います。20年ほど人が住んでいないはずなのですが、毎年咲き続けていたのかと思うと、感慨深いものがあります。これからも大切にしていきたいです。 [続きを読む]
  • 下準備
  • このリフォームの場合、基準にできるようなものがなかったので、まずはレベルで水平の基準を作りました。それをもとに新設する窓の部分の土壁を解体しました。いい感じに瀬戸内の島々が見えるなと思うのですが、10分も掛からないくらいで解体できてしまったので、こんな簡単に壊れていいものだろうかと、少々不安になります。明日は、窓枠を入れたり、竹木舞を編みなおそうかと思います。 [続きを読む]
  • 外部解体
  • 今日から外部工事のスタートです。                                                                  せっかく今期の冬は暖冬だと思っていたのに、ここ数日で急に寒なってきたので、早めに片付けたいと思います。                               期待していた分、余計に寒く感じます。外部の解体をした写真です。      [続きを読む]
  • 塗装完了
  • 外部板張り用の塗装、すべて完了しました。塗料は、キシラデコールのエボニーとウォールナットとやすらぎ(白木用)を1:1:6で混合したものを使用しました。二回塗りです。                  25坪分も塗ると塗りも塗ったなという気分になり、干している景色も壮観なものになりました。                                      次の塗装は、1.5倍もの量がある床材 [続きを読む]
  • 束石施工
  • 束を支える束石を施工します。                                                               工期や湿気対策を考えると、ベタ基礎で全面にコンクリートを打設したほうが良いとは思うのですが、見積もりをしてみたらビックリするような金額だったので、一つ一つ束石を据えることにしました。全部で50個あります。                      [続きを読む]